みんなのランキング

sorikaさんの「江國香織の書籍ランキング」

00
更新日: 2020/10/29

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1きらきらひかる(小説)

きらきらひかる(小説)

引用元: Amazon

『きらきらひかる』は、江國香織が1991年に発表した小説。また、それを原作とした1992年公開の日本映画。 アルコール依存症気味の妻と同性愛者の夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。題名は、詩人入沢康夫の「キラキラヒカル」という詩による(第1詩集『倖せ それとも不倖せ』に収録)。

江國香織らしさが溢れる代表作

この作品を読んだのは20年ほど前ですが、今でも読み返したくなる作品です。すごく淡々と物語が進んでいって、当たり前のように終わるのに、そこにはとても綺麗な空気が流れているような感じがしました。アル中の妻とホモの夫、なんて普通に考えたら衝撃的な内容だけど、この小説の中ではそれが当たり前で、互いに相手を想い合う日々が続いていくのです。普通なんて言葉はこの世界には存在しないんじゃないかと思うくらい、このお話の中に住む人達の日常が羨ましいとさえ感じました。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる