1. トップ
  2. エンタメ
  3. 江國香織の書籍ランキング

江國香織の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

  • きらきらひかる(小説)
  • 東京タワー(小説)
  • 冷静と情熱のあいだ Rosso
  • 落下する夕方
  • つめたいよるに

童話作家としてデビューし、多くの小説作品で賞を獲得している「江國香織」。小説家としてだけでなく、翻訳家や詩人としても活躍しています。今回は、そんな彼女の作品にスポットをあて「江國香織の人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定します!12編を収録した恋愛短編集『号泣する準備はできている』や、アルコール依存症の妻と同性愛者の夫、その夫の恋人との奇妙な関係を描いた『きらきらひかる』、2組の対極なカップルを描く『東京タワー』など多数の名作がラインアップ!あなたのおすすめ作品も教えてください。

  • 参加者数9
  • アイテム数19
  • 投票数49

最終更新日: 2020/05/24

1分でわかる「江國香織」

絵本から小説まで、さまざまな作品を手掛ける「江國香織」

1964年、東京都出身の江國香織。1987年に発表した『草之丞の話』が小さな童話大賞を受賞し、童話作家としてデビューを果たしました。その後も『きらきらひかる』(1991年)や『デューク』(2000年)、『東京タワー』(2001年)など小説やエッセイ、童話から絵本まで幅広いジャンルで作品を生み出し、その多くが映画化・テレビドラマ化されています。

「江國香織」の受賞歴

1992年に『きらきらひかる』で第2回紫式部文学賞を受賞したほか、2004年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞、2015年には『ヤモリ、カエル、シジミチュウ』で第51回谷崎潤一郎賞を受賞するなど、江國香織には多数の受賞歴があります。2019年3月現在では12作品が多彩な賞を受賞しています。

本ランキングにおける「江國香織の作品」の定義

このランキングにおける「江國香織の作品」の定義は、彼女が手がける小説作品です。エッセイや共著・アンソロジー、童話なども投票が可能です。ただし、海外の絵本を翻訳した児童文学作品はランキング対象外となります。

このランキングに投票しているユーザーのバッジについて

  • 江國香織の作品を全作品読んだことがある。

  • 江國香織の作品を15作品以上読んだことがある。

  • 江國香織の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。

投票ポイント・不正投票について

マイランキングを作ってみる

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

TOP5集計グラフ

このランキングには、十分なデータが集まっていないためグラフが表示できません。
投票への参加ご協力をお願いいたします。

ランキングの詳細・コメント

条件による絞り込み:なし

1きらきらひかる(小説)

きらきらひかる(小説)

引用元: Amazon

『きらきらひかる』は、江國香織が1991年に発表した小説。また、それを原作とした1992年公開の日本映画。 アルコール依存症気味の妻と同性愛者の夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。題名は、詩人入沢康夫の「キラ...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 2
注目

映画化もされた、江國香織の代表作の一つ

まさに江國香織ワールド。アルコール依存症の妻、同性愛者の夫、夫の彼氏、字面を見るとドロドロの愛憎劇のようですが、むしろ真逆。日常がさらりと軽やかに綴られています。互いを尊重し合う3人の関係性は心地よく、何度も読み直したくなるだいすきな一冊。

1人がいいねしていますいいね!
注目

読みだしたら止まらない

3時間ほどで一気に読めました。

1人がいいねしていますいいね!
新着

切ない思いと優しさが溢れてキラキラしてるラブストーリー

主人公の笑子がアルコール依存症で気持ちが不安定なのだが、その不安定な気持ちになぜか共感できる。例えば、同性愛者である夫の睦月に対して、時々酷く残酷な気持ちになったり、でもやっぱり睦月の顔を見るだけで安心できたり。私自身が同じような環境に置かれたことは全くないのに「そうだよね。わかるよ」と笑子に言ってあげたい気持ちになる。相手を好きだからこその苛立ちとか優しさとか甘えとか、いろんな感情を感じることができる素敵な作品だと思う。

0人がいいねしていますいいね!

2東京タワー(小説)

東京タワー(小説)

引用元: Amazon

大学生の透は恋の極みにいた。年上の詩史と過ごす甘くゆるやかなひと時、世界はみちたりていた。恋はするものじゃなく、おちるものだ。透はそれを、詩史に教わった。一方、透の親友・耕二は、女子大生の恋人がいながらも、蠱惑的な喜美子に夢中だった。...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

代表作

映画化も果たした人気作品。
初めてよ読んだ江國香織の作品です。

1人がいいねしていますいいね!
注目

「恋はするものじゃなく、おちるものだ」まさにこの言葉です。

ふたりの少年と年上の恋人の恋愛小説。不倫とかあまり好きではないが、はまりました。
少年側、主婦側どちらに感情移入するかによって、かなり印象が違うかと思いますが、どちらになっても切ない。
映画にもなっているのでそちらをみた後また読むのも面白いかと思います。

0人がいいねしていますいいね!
新着

綺麗な不倫

不倫に綺麗という言葉は矛盾するのかもしれませんが、この物語に描かれているカップルは、美しさを感じました。実際はどうなのかしらないけれど、こんな人たちが東京タワーが見えるところに実在するんだろうなと思ってしまう小説でした。

0人がいいねしていますいいね!

3冷静と情熱のあいだ Rosso

冷静と情熱のあいだ Rosso

引用元: Amazon

恋する全ての人に捧げる恋愛バイブル。純粋で切ない珠玉のラブストーリー! 2000年5月25日ミラノのドゥオモで再会を約したかつての恋人たち。江國香織、辻仁成が同じ物語をそれぞれ女の視点、男の視点で描く甘く切ない恋愛小説。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

澄んだ空気感

恋をしている女性目線で描かれているので、空気感が澄んでいます。イタリアには行ったことがないけれど、擬似体験ができました。欲望のままに、ふわふわ恋愛の中を生きていて、どこかで現実から目を背けているところが痛々しかったです。でも嫌な感じは一切しないところが、江國香織さんの文章なのだと思いました。

0人がいいねしていますいいね!

4落下する夕方

落下する夕方

引用元: Amazon

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。逃げることも、攻めることもできない寄妙な三角関係。そして愛しきることも、憎...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

夕方は、あいまいで落ち着く時間

時間をかけて失恋すること、掴みどころがないのにどうしようもなく魅力的な女のひと。経験したことはないのになんだか懐かしいような気持ちに。現実世界なら、自分の好きな男が好きな女も、その人には好かれていない男も、誰からも好かれていない自分も見たくないけど!江國香織が描く世界なら或いは、、

1人がいいねしていますいいね!

5つめたいよるに

つめたいよるに

引用元: Amazon

デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった―。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った…。出会いと分れの不思議な一日を綴った「デューク」。コンビニでバ...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

10年以上前の作品とは、思えません。

21編の短編集。短いながらも読み応えがあります。ちょっと不思議な感じがするのは、私だけではないはず。温かい気持ちになれる作品です。ハンカチを用意した作品もあるので、涙腺が緩い私は、かなり泣かされました。

0人がいいねしていますいいね!

6草之丞の話

草之丞の話

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

衝撃な透明感

衝撃的な出会いでした。高校の授業で教科書にのっていお話だったんです。それまで本に興味を持てなかった私は「なんだ、この透明感の文章は!!」と授業中、叫びそうになるのをこらえると同時に本の世界に引きずり込まれていきました。この衝撃があったからこそ、たくさん本を読めるほど好きになりました。

0人がいいねしていますいいね!

7間宮兄弟(小説)

間宮兄弟(小説)

引用元: Amazon

『間宮兄弟』(まみやきょうだい)は、江國香織の小説。初出は「女性セブン」2003年7月10日号~2004年1月1日号。2004年9月29日、小学館から発売(ISBN 4093874999)。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

間宮兄弟になんだか、ほっこりします。

女性にもてない兄弟の話なのに、なんだかほっこりしました。
自分の苦手なものと好きなものをちゃんとわかっていて選んで生活する兄弟の暮らし方は、なんだか羨ましく感じました。

0人がいいねしていますいいね!
注目

こんな兄弟に出会いたい

映画化された本です。ボードゲームをしたり、カレーを作ったり、大きなお皿にフルーチェを食べながら、おしゃべりしてます。そんな毎日を送りたいけどなぜか、なかなか送れません。ある意味、そんなにハードルが高くない幸せがたくさんつまっていて楽しい小説です。いつかこんな兄弟にあってボードゲームをしたいです。

0人がいいねしていますいいね!

8思いわずらうことなく愉しく生きよ

思いわずらうことなく愉しく生きよ

引用元: Amazon

『思いわずらうことなく愉しく生きよ』(おもいわずらうことなくたのしくいきよ)は、江國香織による日本の小説。 女性ファッション雑誌『VERY』(光文社)にて2001年10月号から2003年12月号まで連載された。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

読んでいくうちにはまりました

とても個性溢れる3姉妹。読んでいくうちに三姉妹に共感を持ち、はまってしまいました。

犬山家の家訓、「思いわずらうことなく愉しく生きよ」まさに、今私に必要なのこれだなあって妙に納得しました。

0人がいいねしていますいいね!

9流しのしたの骨

流しのしたの骨

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

透明感とあたたかさ

初めて買った小説です。江國香織さんらしい、ものすごく優しい透明感のある文章で一つの家族を「栞」という登場人物の視点から描かれているんですが、どこにでもある普通の家族の日常を暖房のきいた部屋でゆったり眺めて、人に寄り添っているようなあたたかな気持ちにさせられます。

0人がいいねしていますいいね!

10ぬるい眠り

ぬるい眠り

引用元: Amazon

半年間同棲していた耕介と別れても、雛子は冷静でいられるはずだった。だが、高校生のトオルとつきあっていても、耕介への想いはじわじわと膨らんでゆく。雛子は、大学四年の夏、かけがえのない恋を葬った(表題作)。新聞の死亡欄を見て、見知らぬ人の...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

『きらきらひかる』の3人のその後も

表題作を含む9本の作品による短編集。『きらきらひかる』の3人のその後のお話も。江國香織さんの本は読了後の何とも言えない余韻が特徴ですが、前の話の余韻を残したまま次の物語を読み進める『ぬるい眠り』は、一冊読んでいる間ずっとふわふわした気持ちに浸れます。

1人がいいねしていますいいね!

11こうばしい日々

こうばしい日々

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

ピーナッツバターとブルーベリージャムのトーストが美味しそう

アメリカに住む日本人の子供が主人公で、その子の生活が描かれているのだが、特に特別なことは起こらない日常を描いているのに、生き生きとした生活を垣間見ている気持ちになれる。特に食べ物の描写が好きで、チョコレートブラウニーや、クッキーサンデークリーム等美味しそうな食べ物がたくさん出てくる。その中でも、トーストにピーナッツバターとブルーベリージャムをのせて食べるシーンが大好きで、真似してみたら、やっぱりとても美味しかった。

0人がいいねしていますいいね!

12ホテルカクタス

ホテルカクタス

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

可愛くてキュンとする

きゅうりと帽子と数字の2のおはなしです。強烈にかわいらく、わかりやすく、絵本のようです。ただ絵がなくても、想像しなくても、字を読むだけでその世界にスッと入り込めてしまいます。ファンタジックになってないのは、それぞれに尊敬が込められているからのでしょうか。そして、それぞれのキャラクターが最高です。きゅうりは、パリッとなるように鍛えています。帽子は、渋いんです。数字の2は割り切れないと困ってしまいます。かわいさに胸がキュンとなる小説はこれが初めてです。

0人がいいねしていますいいね!

13ホリー・ガーデン

ホリー・ガーデン

引用元: Amazon

果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。まるで自...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

なんだか羨ましくもある2人です。

対照的な二人の物語です。学生時代から30歳になる今までずっと一緒だった彼女達はお互いの事をよく知っているだけに気になることもあり、本音が出たりしますが…。2人の距離感など、江國香織さんらしく読みやすかったです。

0人がいいねしていますいいね!
注目

読む時の自分によって、感情移入する人が変わる不思議な作品

20代で初めて読んだ時は、自分にフィルターをかけながら適当に周りをごまかしながら生きる果歩に感情移入し、こんな人になりたいと淡い憧れすら抱いていた。30代になって仕事も生活も落ち着いた頃に読んでみると、果歩の生き方がふわふわしているように感じて、それに苛立ちを感じている友達の静枝に感情移入している自分がいた。若い時に読んだ時は静枝はサブキャラぐらいの感じで捉えていたのに。読む時期によって、こんなにも印象が変わるのかと驚いた作品でもある。

0人がいいねしていますいいね!

14号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

引用元: Amazon

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから――。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った「じゃこじゃこのビス...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 2

15神様のボート

神様のボート

引用元: Amazon

あたしは現実を生きたいの。ママは現実を生きてない。 消えたパパを待って、あたしとママはずっと旅がらす……。恋愛の静かな狂気に囚われた母と、その傍らで成長していく娘の遥かな物語。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1

16なつのひかり

なつのひかり

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

夏が好きなった

高校の時、図書館で借りて夢中で読みました。文章から少し暑くて、少しだけまぶしく感じるような「なつのひかり」がキラキラとこぼれて出てくるような感覚を覚えました。「やどかり」が出てきます。文章を読むだけで、視覚、触覚(そよ風をうけとめる感覚)、嗅覚をやわらかに刺激されるような本で不思議です。

0人がいいねしていますいいね!

17スイートリトルライズ(小説)

スイートリトルライズ(小説)

引用元: Amazon

この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、自分一人で対処するべきで、誰かに―たとえ夫でも、救ってもらえる類のものではない。瑠璃子と二歳下の夫、総。一緒に眠って、一緒に起きる。どこかにでかけてもまた一緒に...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1

18いくつもの週末

いくつもの週末

引用元: Amazon

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1
注目

結婚後にわかりました

結婚前に読んだときはピンときませんでしたが、結婚後に再読したら、なんとなくわかる!と思いました。文章にするとあっさりしすぎてしまうのですが、決して夫婦関係が悪いわけでもなく、壊れているわけでもなく、でも夫婦はこういう部分があってこそなのだと納得させられる本でした。既婚者にオススメです。

0人がいいねしていますいいね!

19薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

引用元: Amazon

恋は世界を循環するエネルギー。日常というフィールドを舞台に、優しく、ときに物憂げに、何ものをも畏れず繰り広げられる、9人の女性たちの恋愛。都会的タッチの「恋愛運動小説」。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数 1

このランキングに参加したユーザー

  1. 1
    冷静と情熱のあいだ Rosso
    冷静と情熱のあいだ Rosso
  2. 2
    東京タワー(小説)
    東京タワー(小説)
  3. 3
    いくつもの週末
    いくつもの週末
続きを見る
ノムノム(女性・30代)
0人が共感しています共感!
  1. 1
    草之丞の話
    草之丞の話
  2. 2
    流しのしたの骨
    流しのしたの骨
  3. 3
    ホテルカクタス
    ホテルカクタス
  4. 4
    なつのひかり
    なつのひかり
続きを見る
しるこサンドしるこサンド(女性・30代)
0人が共感しています共感!
  1. 1
    きらきらひかる(小説)
    きらきらひかる(小説)
  2. 2
    東京タワー(小説)
    東京タワー(小説)
  3. 3
    冷静と情熱のあいだ Rosso
    冷静と情熱のあいだ Rosso
  4. 4
    神様のボート
    神様のボート
続きを見る
汐 里汐 里(女性・20代)
1人が共感しています共感!
  1. 1
    つめたいよるに
    つめたいよるに
  2. 2
    思いわずらうことなく愉しく生きよ
    思いわずらうことなく愉しく生きよ
  3. 3
    間宮兄弟(小説)
    間宮兄弟(小説)
  4. 4
    東京タワー(小説)
    東京タワー(小説)
続きを見る
kabokabo(女性)
0人が共感しています共感!
  1. 1
    きらきらひかる(小説)
    きらきらひかる(小説)
  2. 2
    こうばしい日々
    こうばしい日々
  3. 3
    ホリー・ガーデン
    ホリー・ガーデン
続きを見る
りんごりんご(女性・40代)
0人が共感しています共感!
  1. 1
    きらきらひかる(小説)
    きらきらひかる(小説)
  2. 2
    落下する夕方
    落下する夕方
  3. 3
    ぬるい眠り
    ぬるい眠り
  4. 4
    号泣する準備はできていた
    号泣する準備はできていた
続きを見る
mipemipe(女性・20代)
1人が共感しています共感!

あわせて読みたいランキング

十角館の殺人

エンタメ >

ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

転生したらスライムだった件 (1)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

図書館戦争(小説)

エンタメ >

有川浩の書籍ランキング

あなたがおすすめしたい有川浩の作品を教えて下さい!

マイランキング
作成・投票