みんなのランキング

もじもじさんの「男性ハーフタレントイケメンランキング」

30
更新日: 2020/10/28

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1宮沢氷魚

生年月日 / 星座 / 干支1994年4月24日 / おうし座 / 戌年
出身地アメリカ・サンフランシスコ
プロフィールMEN'S NON-NO専属モデルとして活躍中。アメリカ、カリフォルニア州生まれのクォーター。語学も堪能で、日本語と英語のバイリンガル。BS朝日「週末の本音タイム 金曜日くらい褒められたい」でレギュラーMCを務める。
代表作品雑誌『MEN’S NON-NO』専属モデル
バラエティー『炎の体育会TV』(2015)
ファッションショー・ヘアーショー『盛岡グランドホテル50周年イベント』(2015)
公式SNSTwitter
Instagram

哀愁漂う雰囲気

彼の父親である宮沢和史さんの雰囲気と音楽が大好きなので、デビュー当初から注目していました。やっぱり遺伝子には逆らえないのでしょう、独特の哀愁ある雰囲気とフェイスライン、目や鼻のパーツが好きです。ゆったりとした語り口調も好感があります。これからもどんな作品にチャレンジしてくのか興味深いです。

2栗原類

生年月日 / 干支1994年12月6日 / 戌年
出身地東京都
プロフィール1994年12月6日生まれ。東京都出身。モデルやタレント、俳優としてテレビや雑誌で幅広く活躍。主な出演作品に、映画『黒執事』『僕は友達が少ない』、日本テレビ『金田一少年の事件簿~獄門塾殺人事件~』、雑誌『MEN'S NON-NO』などがある。今後の更なる活躍が期待される。
代表作品フジテレビ『笑っていいとも!』(水曜レギュラー)(2012~)
NHK『妄想ニホン料理』(レギュラー)(2013~)
著書『LOUIS KURIHARA STYLE』(2014)
公式SNSTwitter

頼りなさそうで実はあるギャップ

スレンダーな体系と、濃すぎない顔立ちが好きです。以前見た番組の中で、好きだからこそ芸能人の自分と付き合うと迷惑をかけてしまうのではないか、そう考えすぎてしまうと語っていました。相手を思う強さと優しさに心惹かれました。また、子供向け番組ではあの落ち着いた表情でステップしている姿は萌えます。

3川平慈英

生年月日 / 星座 / 干支1962年9月23日 / てんびん座 / 寅年
出身地沖縄県
プロフィール高校、大学時代はサッカー選手として活躍。自らの経験を活かし、サッカーキャスターも務める。1986年にミュージカル『MONKEY』でプロデビュー。以後、舞台『雨に唄えば』『オケピ!』『ShoesOn!』『最悪な人生のためのガイドブック』『私はだれでしょう』などに出演。舞台を中心にドラマ・映画・CMと幅広い分野で活躍する。舞台『雨に唄えば』のコズモ・ブラウン役で第4回読売演劇大賞男優賞受賞。
代表作品舞台『ビッグ・フィッシュ』(2016)
映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』(2015)
舞台『ショーガール』(2014~2018)

歌声

濃い顔はあまり好きではないのですが、やさしい歌声に心惹かれました。子供向け番組ではもちろんのこと、連ドラの中でもいい声とキャラを演じていました。イケメン役も汚れ役も出来る順応性も良いと思います。

4浅野忠信

生年月日 / 干支1973年11月27日 / 丑年
出身地神奈川県
プロフィール1973年11月27日生まれ、神奈川県出身の俳優。1990年に松岡錠司監督の『バタアシ金魚』でスクリーンデビュー。国内外の映画で活躍し、セルゲイ・ボドロフ監督『MONGOL』は第80回(2008)米アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート、2010年には根岸吉太郎監督『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』、木村大作監督『劔岳 点の記』にて第33回日本アカデミー賞優秀主演男優賞をダブル受賞。また、熊切和嘉監督『私の男』では、第36回モスクワ国際映画祭でコンペティション部門最優秀男優賞を受賞。また、映画俳優としての顔だけではなく、自らバンドを組み音楽活動もしており近年ではSODA!として『抱きしめたい!』などのアルバムも発表している。
代表作品映画『岸辺の旅』 黒沢清監督(2015)
映画『グラスホッパー』 瀧本智行監督(2015)
映画『母と暮せば』 山田洋次監督(2015)
公式SNSTwitter
Instagram

才能ある男

彼が出ている映画は殆どと言っていいほど観ました。選んでいるのでしょうか、作品自体も好きですし、役柄も好きです。また、彼の描くシュールな絵にも惹かれます。

5ウエンツ瑛士

生年月日 / 星座 / 干支1985年10月8日 / てんびん座 / 丑年
出身地東京都
プロフィール2002年に小池徹平と結成したユニット『WaT』で路上ライブから火が付き、2005年に『僕のキモチ』でメジャーデビューを果たす。同年、TBS『正しい恋愛のススメ』で役者としてドラマ初主演。翌年から、『あいのり』『ポンキッキ』などの人気バラエティーにレギュラー出演し、そのキャラクターで老若男女問わず幅広い層から人気を博す。TBS『きらきら研修医』では主演の小西真奈美演じる織田うさこに想いを寄せる青年看護士「立岡ケン」を好演。
代表作品日本テレビ『火曜サプライズ』MC(2010~)
日本テレビ『スッキリ!!』(火曜日レギュラー)(2011~)
テレビ朝日『お願いランキングGOLD』(2010~)
チャンネルURLウエンティービー【ウエンツ瑛士】
公式SNSInstagram

親しみある芸能人

もちろん全くお会いしたことなどないのですが、何とも言えない親近感が彼のチャームポイントだと思います。色白できれいな肌をしているのも魅力的で、出演しているのを観ると、つい手を止めてしまいます。人の悪口を言わない、ようなイメージも好きです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング