みんなのランキング

ケイさんの「PCエンジンソフトランキング」

11 1
更新日: 2020/05/28

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

まえがき

間違いなく一番お金のかかったゲーム機です。
よくこんな物を購入したと今思い出しても感心します、
ただ音声を当たり前にした偉大な機種でもあります。

ランキング結果

1天外魔境II 卍MARU

天外魔境II 卍MARU

引用元: Amazon

ジャンルRPG
対応機種PCエンジン、PS2、ゲームキューブ
プレイ人数1人
対象年齢-
発売日1992年3月26日
メーカーハドソン
公式サイト-

RPGの名作!

田舎に住むガキ大将が成長してジパングを救う王道のストーリー!
ただところどころでかなり血なまぐさい話が出てきます。
ただ、世間があいつらに逆らったらやばいって感じをだすにはこれくらいのインパクトは必要なのかもしれません。
だからこそ村人たちは勇者を求め、それにこたえる主人公に希望を見出していたのでしょう、そこらへんにいる村人のセリフでも、妙なリアリティがあったりします。
ゲームシステムはオーソドックスなRPGなので、レベル上げが好きな方には若干ヌルゲーになります。
豊富な乗り物や、多数のダンジョンなど飽きがきにくいのでお勧めです。
後、このPCエンジン版が一番グロイです。

2スナッチャー

スナッチャー

引用元: Amazon

ジャンルアドベンチャー
対応機種PCエンジン、PS、セガサターン、MSX
発売日1992年10月23日
メーカーコナミ(KONAMI)
公式サイト-

音声の罠

上の項目に入ってませんがPCエンジン版もあります。
サイバーパンクな世界観と妙にリアルな設定で、ゲームの世界にぐいぐい引き込んでくれます。
アドベンチャーゲームですが、ちょっとした戦闘もあり飽きません。
描写がグロイところがあるので耐性のないかたはちょっと辛いかもです。
音声の罠と書きましたが、初見の方はネットで調べずにやってみてほしいです。私はものの見事に引っ掛かり大声で叫んでしまいました。

3コブラ 黒竜王の伝説

コブラ 黒竜王の伝説

引用元: Amazon

『コブラ 黒竜王の伝説』(こぶら - こくりゅうおうのでんせつ)は、1989年にハドソンから発売されたPCエンジンCD-ROM2用コマンド選択式アドベンチャーゲーム(デジタルコミック)。 寺沢武一の漫画作品『コブラ』(1978年 - )を原作としており、ゲーム内容は主人公「コブラ」を操作し、観光宇宙船クイーン・ラブ号を舞台に宝物を盗み出すために黒竜王との闘いに挑む事を目的としている。

山田コブラ

このゲームのコブラはルパンで有名な山田康雄さんが声をあてています。原作者がどうしても山田さんがいいとの希望での出演となっったと書いてあったと思いますが、私のコブラはどこかひょうきんなイメージがあったのでテレビでの野沢那智さんが好みです。
山田コブラは声の効果もあってかなりハードボイルドな作品になっています。
音声の偉大さを痛感した作品にもなってます。

4イースI・II

イースI・II

引用元: Amazon

ジャンルアクションRPG
対応機種PCエンジン
発売日1989年12月21日
メーカーハドソン
公式サイト-

CDのパワー!

圧巻のアニメーションとBGM!その全てが心地よかったゲームです。
さりげない効果音一つでも良くできていて、ゲームの段階が一つ上がったと感じた作品です。
ストーリーも勧善懲悪ながらも大人もすっと入れる作りです。
色々とリメイクされていますが、PCエンジン版が一番好きでしたね~、なんでだろう?

やらなきゃわからない

画面は地味でBGMもなし!何が面白いんだって方も多いでしょうが、不思議と遊んじゃうゲームでした。
チームは選べるけどグラフィックはほとんど変わらないし、書いてるとマイナスしかないような感じですが、本当に面白かったです。
PS4ででないかな~

あとがき

CDロムロムの登場で一気にゲームの質を変えたゲーム機です。
6月23日現在PCエンジンミニがでるとのことですが、CDのソフトがないとかなり寂しくマニアックになりそうです。
発売まで気長に待ってます!頑張れコナミ!
ご覧いただきありがとうございます!

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる