みんなのランキング

百田尚樹の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

日本国紀海賊とよばれた男 永遠の0(小説)幸福な生活カエルの楽園

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数14
投票数55

放送作家から小説家に転身し、ヒット作を連発している"百田尚樹"。映画化やドラマ化された作品も数多くあります。そこで今回は、「百田尚樹人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定!作家デビュー作であり、文庫本が300万部突破の大ヒットをした「永遠の0」や、高度成長期の日本と共に力強く生きる主人公を描いた作品「海賊とよばれた男」、百田尚樹自身が最高傑作と評する「カエルの楽園」など、人気作品は何位にランクインしているのか!?あなたのおすすめに投票してください。

最終更新日: 2021/07/27

ランキングの前に

1分でわかる「百田尚樹」

放送作家出身の小説家「百田尚樹」

百田尚樹は、1956年生まれ、大阪府出身。関西で親しまれる長寿番組「探偵!ナイトスクープ」のチーフライターを25年以上に渡って務めるなど、数々の番組の構成を手かけました。2006年に小説家としてデビューし『永遠の0』を発表すると、100万部以上を売るベストセラーとなり、V6・岡田准一が主演を務めた映画も大ヒット。その他にも『カエルの楽園』や『日本国紀』など、数多くのヒット作品があります。

百田尚樹の受賞歴

百田尚樹にはいくつもの受賞歴があります。2008年に発売された、高校生がボクシングに青春をかける小説『ボックス!』で『第7回耀く!ブランチBOOK大賞』を獲得。さらに、戦後の激動する昭和を描いた『錨を上げよ』では『第8回本屋大賞』を、敗戦ですべてを失った日本で石油を武器に世界と戦う男の奮闘記『海賊とよばれた男』では『第10回本屋大賞』をそれぞれ受賞しています。

ユーザーのバッジについて

百田尚樹の作品を全作品読んだことがある。

百田尚樹の作品を15作品以上読んだことがある。

百田尚樹の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1永遠の0(小説)

永遠の0(小説)

引用元: Amazon

『永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹による日本の小説、またそれを原作とした漫画・映画。 放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などを手がける百田の作家デビュー作であり、執筆にあたっては第二次世界大戦で出征した著者の父親や親族が影響を与えている。当初原稿を持ち込んだ多くの出版社には認められず、縁あって2006年にサブカルチャー系の太田出版から書き下ろしで発表された。

もっと見る

映画もいいけど、原作も良き…!

作者の思想はちょっと偏り気味ですが、作品は普通におもしろい。自己犠牲の本質について考えさせられた。飛行機による戦闘シーンの描写はリアリティがある。エンタメを通して、太平洋戦争の背景を学ぶこともできる作品。

TARS

TARSさん

1位に評価

生々しい

戦時中の様子が生々しく表現されている。国のために命をかけた男の生き様が描かれています。戦争のことをほとんど知らなかったが、航空兵の戦争はどのように行われたかを知ることができた。大切なことは、戦争を二度と繰り返さない。そしてこの歴史絶対にを忘れないことだと思う。

ny4649

ny4649さん

1位に評価

誰がなんと言おうと感動できる作品

祖父の話を元に進む形の話。生々しい戦争の描写が気にならないほどには、そこに描かれた人間の生き様や感情が席巻しています。

古き良き、日本人の心

愛国心に溢れ人間思いの主人公、国岡鐵造の人生観、倫理観など、今の日本にはない熱いものがひしひしと伝わってきた。部下を家族と同じように考え、愛情を込めることがよい組織を作ると思います。

ny4649

ny4649さん

4位に評価

綿密なノンフィクションストーリー

出光興行をモデルとしたこの作品は、物語を読んでいるというよりは歴史を見ているという気持ちにさせるほど綿密に、細かく生き生きと描写されています。引き込まれること間違いなしでしょう。

主人公の並々ならぬ意志の強さ

すべてを失った主人公が挫けず、命がけで会社を、日本を奮い立たせる姿に感化される。

TARS

TARSさん

2位に評価

百田尚樹作品のなかでもかなりライトに楽しめる

歴史や政治、経済を題材にした作品が多いなか、本作は短編集となっている。夫婦や家族を題材にシニカルな短編が続き、ライトに楽しめる。

TARS

TARSさん

3位に評価

4日本国紀

日本国紀

引用元: Amazon

『日本国紀』(にほんこくき)は、百田尚樹が2018年に幻冬舎から刊行した書籍である。 縄文時代から平成時代までの書き下ろしであり、「日本通史の決定版」、「壮大なる叙事詩」と銘打たれている。また広告等では幻冬舎の創立25周年記念出版と銘打たれている。

もっと見る

本当の日本

本当の日本について考えさせられました。日本の歴史を良いことも悪いことも含めて、忠実に偏りなく、ひとつの物語として描かれています。学校では習わない箇所も数多いです。国を愛する人なら是非、一読してみてください。

ny4649

ny4649さん

2位に評価

5カエルの楽園

カエルの楽園

引用元: Amazon

百田尚樹が自身の最高傑作と断言し、ジョージ・オーウェル以来の寓話的「警世の書」と称する小説。元は自身のメールマガジンに連載していたものを単行本としてまとめたものである。表紙の装画はラ・フォンテーヌ寓話の「王さまを求める蛙」のギュスターヴ・ドレ作画によるもの、本文の挿画は百田尚樹自身による作画。 舞台となるカエルの国「ナパージュ」はJAPANをローマ字で逆読みしたものと思われるが、本文の後に物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ない旨、記載されている。

もっと見る

愛国心を持って。

平和ボケしている日本を弱肉強食のカエルの世界に例えた物語。無抵抗主義は暴力に訴えない点で立派だと思います。でも何も主張せずに相手の成すがままにしておいては平和は守れません。平和ボケした国民に愛国心を持って欲しいと訴えているように感じました。

ny4649

ny4649さん

3位に評価

6夢を売る男

夢を売る男

引用元: Amazon

輝かしい自分史を残したい団塊世代の男。スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター。自慢の教育論を発表したい主婦。本の出版を夢見る彼らに丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。現代人のいびつな欲望を抉り出す、笑いと涙の傑作長編。

もっと見る

本好きには刺さる一冊

出版界を舞台としたブラックコメディのような作品。まさかの作者自身までも否定するような言葉を使うシーンもありますが、その中には結局本や活字への愛が溢れています。

7影法師

影法師

引用元: Amazon

『影法師』(かげぼうし)は、百田尚樹による日本の時代小説。著者初の時代小説である。時は江戸時代の茅島藩(架空な藩)の下士の家に生まれ、幼い日に目の前で父親を切り捨てられた勘一(後の名倉彰蔵)と 中士の家の次男に生まれ、剣も才も人並み外れて優れた磯貝彦四郎。2人は親友となった。しかし、後に、彦四郎の不遇の死を知った彰蔵は、その死の真相を追う。

もっと見る

涙なしには読めません。

時代小説なんて自分は読まないジャンルだなんて思っているあなたへ。
この作品は、そんな本のジャンルの垣根をも超えて読者の心に刺さる作品です。電車でなんて読めません。涙が止まらないから。

8モンスター(小説)

モンスター(小説)

引用元: Amazon

『モンスター』は、日本の作家・百田尚樹による小説。2010年に発表された。 美容整形の世界に触れながら、一人の女の生涯を追っていく物語で、人々の心の闇や「美しさ」のあり方を描いている。 2013年に同名で映画化され、同年11月には文庫本の発行部数も100万部を突破した。

もっと見る

10至高の音楽 クラシック 永遠の名曲

至高の音楽 クラシック 永遠の名曲

引用元: Amazon

19歳のときにクラシック音楽にめざめて以来、ほぼ毎日クラシックを聴いている作家百田尚樹が、ベートーヴェン「運命」、チャイコフスキー「白鳥の湖」などの不朽の名曲や、『永遠の0』『海賊とよばれた男』を執筆中に聴いていた曲など計26曲を紹介。

もっと見る

クラシック評論の名作

クラシックを聴くのが好きな私ですが、解説や作家についてを深く知る機会や新しい作品・作家の開拓の仕方がわかっていなかったため、この本はとても重宝しました。クラシックに全然通じていない人にも興味を持ってもらえるような、わかりやすい導入作品となっています。

12BOX!(ボックス!)

BOX!(ボックス!)

引用元: Amazon

『BOX! ボックス!』は、百田尚樹による日本の青春・スポーツ小説。2008年6月19日に太田出版から出版された。また、2010年5月22日に『ボックス!』の題名で日本映画が公開された。監督は李闘士男、主演は市原隼人。

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ