みんなのランキング

押切蓮介の漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

サユリ(漫画)ミスミソウ(漫画)ハイスコアガール(漫画)ピコピコ少年焔の眼

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数9
投票参加者数10
投票数36

『でろでろ』で「ホラーギャグ」という新境地を開拓し、『ミスミソウ』で衝撃的な惨殺シーンを描いた人気漫画家の押切蓮介。今回みんなの投票では「押切蓮介の漫画人気ランキング」を決定します。前述の『でろでろ』や『ミスミソウ』、累計110万部を売り上げた『ハイスコアガール』、霊との死闘を描いた『サユリ』など多くの名作がある中、どの作品がランクイン?あなたがおすすめしたい押切蓮介の漫画作品も教えてください。

最終更新日: 2020/08/27

ランキングの前に

1分でわかる「押切蓮介」

新ジャンルを開拓した「押切蓮介」

押切蓮介は1979年生まれ、東京都出身の漫画家。1998年、「週刊ヤングマガジン」に『マサシ!!うしろだ!!』を発表しデビューを飾ります。しかしこの後、なかなか芽が出ず長い下積み時代を送ることに。転機は2003年に連載を開始した『でろでろ』。この作品がヒットしたことで「ホラーギャグ」という新ジャンルが浸透しました。

「押切蓮介」の主な漫画作品

ゲームを題材にした『ハイスコアガール』やグロテスクな復讐シーンが話題になった『ミスミソウ』、霊に家族を殺されていく『サユリ』などが人気を集めます。特に代表作である『ミスミソウ』は、小説化と実写映画化が行われるほど、高く評価された作品になりました。ちなみに押切蓮介が描く女の子は可愛いとしばしば評判に挙がります。

中止になった『ハイスコアガール』のアニメ化

累計110万部を売り上げた『ハイスコアガール』はアニメ化が予定されていました。しかし、作中に登場するゲームキャラクターの著作権の問題から、スクウェアエニックスに訴えられアニメ化が中止されます。その後ほとぼりも冷めた頃に、2018年に1期が放送され、2019年に第2期が放送されることが決定しました。

関連するおすすめのランキング

最も面白い漫画は?

>面白い漫画ランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

>全54ジャンル別漫画ランキング

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ハイスコアガール(漫画)

ハイスコアガール(漫画)

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル青年漫画
出版社スクウェア・エニックス
連載増刊ヤングガンガン(2010年 Vol.11)
増刊ヤングガンガンビッグ(2011年 VOL.1~VOL.3)
月刊ビッグガンガン(2011年 VOL.1~2018年 VOL.10)
巻数全10巻

懐かしい!

この漫画では格闘ゲーム中心に取り扱われているんですけど、その中心的に位置するのがストリートファイター2。ハイ、私も当時はゲーセン通いして超ハマりました。それだけにこの漫画には共感出来る部分が多く、懐かしく感じます。まあ私の場合、周囲に女性はいませんでしたけど・・(涙)。

大輔

大輔さん

1位に評価

恋愛とゲーム要素が熱い

ゲームの対戦を基調とする切磋琢磨する要素と、恋愛要素がちょうどいい感じで噛み合っていてとても読みやすく、どっちの展開であっても面白いので途中で飽きることなく読み進めることができます。また、長すぎず、結末までサクッと読めるのもこの漫画の長所かなと思います。

格ゲーブーム世代にはたまらない。

1990年代の格ゲーブームを舞台に、主人公とライバル女子のゲームセンターなどでのやり取りを漫画にした作品なのです。
自分は同世代な事もあり、色んな場面で「あ~そんな事もあったよな」と思わず食いついてしまう懐かしさに溢れた作品です。

ice

iceさん

1位に評価

残りの1件のコメントを読む

2ミスミソウ(漫画)

ミスミソウ(漫画)

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル青年漫画
出版社ぶんか社
連載ホラーM(2007年6月号~2009年6月号)
巻数全3巻

押切蓮介らしい復讐系漫画

虐めがテーマというだけあって、かなり重たい漫画です。イジメの末に家族を焼き殺されたり、心の支えになってくれていた相場は裏ではとんでもないヤツだったりと。また真相をしってからの主人公野咲春花の復讐劇もえぐいです。まあイジメた方の自業自得ではあるんですけどね。こういうタブー的なジャンルをズバっと描写している所はさすが押切蓮介ですね。

大輔

大輔さん

3位に評価

人の怖さを描いたいじめ漫画

いわゆる鬱漫画としてかなりの知名度を誇る作品だと思います。
ホラー作品だと思いますが、幽霊等の未知の対象ではなく、敵意を持った人間が一番怖いよね?といった作りになっています。
感情の描写が見事ですが、いわゆる胸糞作品なので推奨する相手を選ぶ作品ですね。

ice

iceさん

2位に評価

ゾッとする

怖くて本当にもう読みたくないとまで思ってしまうのがミスミソウでした。でもまたしばらくすると読みたくなる中毒みたいなものがあります。内容も人間の恐怖を基調としていて、人を動かす想いの強さや集団の同調心理の怖さなど人間って怖いなと思わされる作品です。

残りの2件のコメントを読む

3ピコピコ少年

ピコピコ少年

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル少年漫画
出版社太田出版
連載CONTINUE(2007年35号より2009年47号)
巻数全1巻

何故親という生き物はゲームをピコピコと呼ぶのだろう

まずこの漫画を読んで一番共感出来たのは、親はゲームをピコピコと称する事ですね。なんでしょうかこれ。そういう決まりでもあるのでしょうか笑。私の親や祖父母も子供の頃にゲームをしていると「またピコピコか?」なんて怒られたものです。この漫画もそういう場面が多々あり、いかに親バレせずに遊ぶかなんて話もあります。懐かしいですねほんと。

大輔

大輔さん

2位に評価

自分の子供の頃を思い出してしまう作品

作者押切蓮介さんの半生を描いた作品なんですけど、この内容が私の少年時代とかぶるんですよね。私の子供の頃にゲーム&ウォッチが流行り、ファミコン等の家庭用ゲームにずぶずぶとハマっていました。それだけにあ~自分もそうだったな~と共感して懐かしい気分にさせてくれます。

実話ゆえのリアル

押切先生の幼少期のゲームにまつわる実話を描いた作品です。ゲーム好きや押切先生のファンなら絶対読んだ方がいい作品。

4サユリ(漫画)

サユリ(漫画)

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル青年漫画
出版社幻冬舎コミックス
連載コミックバーズ(2010年3月号~2011年5月号)
巻数全2巻

怪異相手に戦うのが凄い

悪霊等の怪異が登場するホラー作品って、大体主人公やその家族がなすすべもなくやられていくものです。せいぜいなんとか逃げ切るか、逃げ切った!かのように見せて実はまだ憑りついている~なんてエンドが大半です。でもこの作品は中盤以降、怪異相手にスカっとするような復讐を成し遂げていくのが見物です。ばあちゃん凄すぎます!

お化けなんて怖くない!命を濃くして立ち向かえ!!

お化けというのは平たく言ってしまえばただの負のエネルギーの塊。出来ることはびっくりさせて精神を弱らせるくらい。
なら、お化けに唯一対抗できるもの、お化けになくて人間にしかないものそれは生命力!
生命力を漲らせば、お化けなんて怖くない!そう言うことを教えてくれる漫画です!!

王道のホラー漫画

新居に引っ越してきた一家を襲った恐怖。読みながらビクっとする場面もあり、またホラー漫画ではあるがクスっと笑える部分もあります。

5焔の眼

焔の眼

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル青年漫画
出版社双葉社
連載漫画アクション(2011年9月20日号~2014年3月4日号)
巻数全6巻

設定がいい

設定が斬新で、押切先生の独特の世界観が描かれています。全6巻と漫画の中ではかなり短いほうですが、ちゃんとストーリーとしてまとまっていて、描き切れていないや不完全燃焼で終わってしまったみたいなことはないです。圧倒的強さでねじ伏せていくクロがどんどん成長していくのもこの漫画の面白いところだと思います。

6ゆうやみ特攻隊

ゆうやみ特攻隊

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載月刊少年シリウス(2007年1月号~2014年7月号)
巻数全13巻

迫力のあるホラーバトル漫画

押切先生お得意のホラー漫画にバトル要素が強く加わっておりその戦闘シーンはかなり迫力があります。

7でろでろ

でろでろ

引用元: Amazon

作者押切蓮介
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(2003年~2009年)
巻数全16巻

スト2をテーマにしているところがいい

団塊ジュニア世代なら、よほどのゲーム嫌いでもない限り一度はプレイしたことがあるであろう不朽の名作・ストリートファイター2。この作品はスト2を主軸にゲーム関係のことを紹介しながら面白おかしく描いてくれています。アーケードだけでなくPCエンジン等の家庭用ゲームも取り扱っているので、オールドゲーマーなら共感できること間違いなし!

ババア・イズ・ノットデット!ババアの底力を思い知れ!!

僕はこの作品に押切蓮介さんの心の底にあるパンクス精神をかんじました!!
ババアが主人公なのもパンク!!
ババアに化け物と戦わせるのもパンク!!
巻数が一巻しかないのもパンク!!
人生、何か行動しなければ何も変わらない。変わろうと思っても弱い自分や周りの意見に流され何にもなれずに終わる…
人生を変えるには弱い自分をはっ倒し!周りの意見には唾を吐くくらいの根性がなければ変わらないと
この漫画に教わりました!

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1ハイスコアガール(漫画)

    ハイスコアガール(漫画)

  2. 2ミスミソウ(漫画)

    ミスミソウ(漫画)

  3. 3ゆうやみ特攻隊

    ゆうやみ特攻隊

  4. 4サユリ(漫画)

    サユリ(漫画)

詳細を見る
ニッキー

ニッキーさんの評価


0
  1. 1ハイスコアガール(漫画)

    ハイスコアガール(漫画)

  2. 2焔の眼

    焔の眼

  3. 3ミスミソウ(漫画)

    ミスミソウ(漫画)

詳細を見る
ナハマジャ

ナハマジャさんの評価


0
  1. 1ピコピコ少年

    ピコピコ少年

  2. 2ハイスコアガール CONTINUE

    ハイスコアガール CONTINUE

  3. 3サユリ(漫画)

    サユリ(漫画)

詳細を見る
  1. 1ハイスコアガール(漫画)

    ハイスコアガール(漫画)

  2. 2ミスミソウ(漫画)

    ミスミソウ(漫画)

  3. 3サユリ(漫画)

    サユリ(漫画)

詳細を見る
ice

iceさんの評価


0
  1. 1ハイスコアガール(漫画)

    ハイスコアガール(漫画)

  2. 2ピコピコ少年

    ピコピコ少年

  3. 3ミスミソウ(漫画)

    ミスミソウ(漫画)

詳細を見る
大輔

大輔さんの評価


0
  1. 1ミスミソウ(漫画)

    ミスミソウ(漫画)

  2. 2サユリ(漫画)

    サユリ(漫画)

  3. 3ぐらんば

    ぐらんば

詳細を見る
司馬健

司馬健さんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ