みんなのランキング

宇野千代の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

私のしあわせ人生幸福おはん幸福は幸福を呼ぶ恋愛作法

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「宇野千代の書籍人気ランキング」を決定!着物デザイナーや実業家、編集者など多才な面をもつ小説家「宇野千代」。恋多く女性としても有名で、自身の体験をもとに描かれた作品が多くあります。自身の実体験を元にした小説『色ざんげ』や、ドラマ化・映画化・舞台化された彼女の代表作『おはん』、自身の恋愛体験を綴った自叙伝『生きて行く私』などの人気書籍のなかから見事上位にランクインするのは果たして?あなたがおすすめする宇野千代の作品も教えてください!

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「宇野千代」

独特な人生観で読者の心を掴む「宇野千代」

1897年11月28日生まれ、山口県出身の「宇野千代」。1921年に、処女作『脂粉の顔』が日刊新聞「時事新報」の懸賞短編小説に1等で当選し、作家デビュー。多才で知られる彼女は、執筆活動のほかにも着物デザイナーや実業家、編集者としても活躍していました。また、その美貌と自由奔放な性格から“元祖肉食系女子”と呼ばれるほど恋多き女性として知られ、結婚と離婚を幾度も繰り返していたそう。そういった彼女の波乱に富んだ恋愛遍歴は多くの作品で描かれ、幅広い世代の女性から熱い支持を得ています。

「宇野千代」の著書

色ざんげ

色ざんげ
(引用元: Amazon)

98年間の人生で数多くの書籍を世に送り出してきた宇野千代。同棲していた画家・東郷青児をモデルとした作品『色ざんげ』(1933年)をはじめ、第10回野間文芸賞、第9回女流文学者賞を受賞した作品『おはん』(1957年)や、1984年と1991年にドラマ化され、根強い人気を誇る自伝『生きて行く私』(1983年)など、数々の人気作品を生み出しています。

関連するおすすめのランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、宇野千代が手がけたすべての書籍に投票可能!あなたがおすすめする宇野千代の作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ