みんなのランキング

ウィレム・デフォー出演の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

オリエント急行殺人事件(2017年)プラトーンスパイダーマン(映画)スピード2永遠の門 ゴッホの見た未来

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数30
投票参加者数25
投票数87

みんなの投票で「ウィレム・デフォー出演の人気映画ランキング」を決定!強烈な個性を発揮し、さまざまな作品でアクの強い役を演じてきた名優、ウィレム・デフォー。メジャー作品からマイナー作品まで、出演本数は50作以上にも上ります。世界中から注目を浴びるきっかけとなった『プラトーン』や、複雑な役柄を見事に演じた『スパイダーマン』、フィンセント・ファン・ゴッホを演じてアカデミー賞最優秀主演男優賞にノミネートされた『永遠の門 ゴッホの見た未来』など、名作が大集結!あなたがおすすめする、ウィレムデフォー出演の映画を教えてください!

最終更新日: 2021/03/18

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1スパイダーマン(映画)

スパイダーマン(映画)

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間121分
監督サム・ライミ
メインキャストトビー・マグワイア(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン)、キルスティン・ダンスト(メリー・ジェーン・ワトソン)、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)、クリフ・ロバートソン(ベン・パーカー)ほか
主題歌・挿入歌Hero / チャド・クルーガー feat.ジョジー・スコット
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

スパイダーマン(映画)

スパイダーマン映画ランキング

スパイダーマンシリーズで好きな映画は?

アクションが派手で面白い。

ハリウッドらしいアクション映画でエンターテイメント性にあふれた面白い映画です。飽きさせることもなく最後まで集中してみることができました。名作だと思いますね。新種のクモにかまれて特殊能力を身につける主人公が活躍するという設定がとても面白くて引きつけられました。街中を糸を出しながら動き回る姿には圧倒されましたし楽しませてくれました。役者の演技もいいですし、音楽もいい。演出もいいので心をつかまれ続けた。最高の映画である。

狂気を表現させたらピカイチ

ウィレムの豹変っぷりがヤバかった。狂気を秘めた悪役をさせたらウィレムはうまいよね。完全な悪になりきれない葛藤の演技にはジーンとさせられた。

きみ

きみさん

1位に評価

ウィレム演じるゴブリンが一番印象に残った

シリーズの中では一番印象に残ったし、もっとも魅力ある敵だったのがウィレム演じるゴブリン。
ウィレムは陰のある悪役がやっぱり似合う。

コメントをもっと読む

2プラトーン

プラトーン

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間120分
監督オリバー・ストーン
メインキャストチャーリー・シーン(クリス・テイラー)、トム・ベレンジャー(ボブ・バーンズ2等軍曹)、ウィレム・デフォー(ゴードン・エリアス3等軍曹)、ケヴィン・ディロン(バニー)、フォレスト・ウィテカー(ビッグ・ハロルド)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

カッコ良すぎる

ベトナム戦争時の荒んだ最中、正義感があるエリアスというキャラクターが好き。
爆撃の中、バーンズだったと安堵したのも束の間、まさかの展開で戦争という狂気の世界が伝わってきた。
なんと言ってもポスターにもなった、まさか生きていて走り続けながらも最後は両手を挙げて天を仰ぐシーンは悲しすぎる。
主人公であるチャーリーシーン演じるテイラーよりも主人公らしいキャラクターだった。
基地のバーの様な施設では大麻を吸ったりと現実逃避する一面も人間らしさを感じた。

戦争のリアルがすごい!

この作品は非常に戦争のリアルさを描いている作品。ベトナム戦争に従軍する若者の視点からこの作品を見ることによって戦争の悲惨さや過酷さ、極限状態における人間関係についても知ることができました。小隊における派閥争いなどについても非常にリアルに描かれており実際の戦場でもこのようなことがあるんではないかと考えさせてしまう作品で印象に残る演技でした。

最後のシーンがカッコ良かったです。

衝撃的な映画でしたが、最後のシーンはカッコ良かったです。

迫力のあるシーンが多かった映画です

評論家の間では、1のバスが船になっただけだと酷評されましたが、個人的にはとても面白い映画だと思っています。タンカーに衝突するシーンや、最後のビーチサイドに大型客船が突っ込んで家などがめちゃくちゃになる場面は迫力満点でした。主演のサンドラ・ブロック氏もよかったですが、ウィレム・デフォー氏が出ていたことで物語が締まっていた。なかなか面白いと思う映画なだけに、世間的な評価が低いのはとても残念です。

主役を食うほどの悪役っぷり

ウィレムはガイガーという悪役を演じていたが、単独犯にも関わらず、半端なく厄介な敵だった。しかも主役側の俳優より存在感があって、正直食われていたようにも思う。やっぱりウィレムの悪役っぷりはすごい。

4オリエント急行殺人事件(2017年)

オリエント急行殺人事件(2017年)

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間114分
監督ケネス・ブラナー
メインキャストケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ジョニー・デップ(エドワード・ラチェット)、ペネロペ・クルス(ピラール・エストラバドス)、ジュディ・デンチ(ドラゴミロフ公爵夫人)、デイジー・リドリー(メアリ・デブナム)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

名作古典はさすがに面白い

いわゆる推理ものの名作古典のものであり、当然ながらは別に初めての映像かというわけではないのですが今の綺麗な映像でやってくれるということでだいぶ期待していたものでもありました。当然、別に原作は当然読んでいますし、新しい発見があるかどうかというのが微妙ではあったのですがそれでもやはり俳優さんの素晴らしい演技によって、十分に雰囲気を味わうことができたというのは素晴らしい作品でした。やはり映像が綺麗ですと内容がそれなりに分かっているとしてもだいぶ趣が変わってくるというのを教えてくれる作品ともなりました。

印象に残る作品です!

ウィレム・デフォーといえばやはりこの作品で、アガサ・クリスティの名作をそのまま映画化されて印象に残っています。オリエント急行といえば鉄道ファンの私にとっても特別な作品で、殺人事件が起きることで犯人やその動機について気になるものです。乗客にはそれぞれの職業があり、世界一の探偵が乗り合わせていてどのように解決するかが興味深いものでした。キャストも良く教授役を演じ、名前を知ったきっかけになる作品で印象に残りました。

面白い

アガサ・クリスティの小説が原作の映画。原作ファンも多いと思いますが期待を裏切らない。
複雑怪奇な謎に引き込まれます。

ゴッホの役作りが徹底していて素晴らし演技でした。

昔からゴッホのヒマワリの絵が好きで、彼の生涯について興味を持っていました。心を病みながらも何故あんなに素晴らしい絵を描き続けたのかを知りたかった。

雷男

雷男さん

1位に評価

映像が美しい

今やゴッホを知らない人はいませんが、ゴッホの人生はこんなにも辛かったのかと感じました。映像が美しく、フランスの美しい野山を堪能できる作品。

6処刑人

処刑人

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間110分
監督トロイ・ダフィー
メインキャストショーン・パトリック・フラナリー(コナー・マクマナス)、ノーマン・リーダス(マーフィー・マクマナス)、ウィレム・デフォー(ポール・スメッカー)、ビリー・コノリー(イル・ドゥーチェ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

印象に残るキャラクター

クラシック音楽を聴きながら捜査したり、女装をして現場に乗り込んだりと、とても個性の強い捜査官役で目が離せなくなります。

胡散臭さが好き

インテリなFBI捜査官というキャラクターが意外な様でしっくりきていたのが印象的。敵なような味方の様なキャラが好き。

7ストリート・オブ・ファイヤー

ストリート・オブ・ファイヤー

引用元: Amazon

『ストリート・オブ・ファイヤー』(Streets of Fire)は、1984年製作のアメリカ合衆国の映画。西部劇の形式を踏襲したロック映画。人が一人も死なないという珍しいアクション映画である。『キネマ旬報』において、1984年度の読者選出外国映画ベスト・テンの1位に選ばれた。高架と路地裏の町リッチモンドが舞台(ロケ地は主にシカゴ)となる。

もっと見る

絵に描いたような悪役

冷たく暗い影を落とすような顔が、まさにギャングのボス役にぴったりでした。今も昔もウィレム・ デフォーが演じる悪役は、背筋が凍りそうになるぐらいの恐怖とカッコよさが混じりあっていて圧倒されます。主人公と一対一になった時は、ギャングのボスのデフォーのほうに目が行ってしまう程の悪役の演技で、主人公より強い印象を受けました。数十年前の作品ですが、ド派手なアクションや緻密に構築された殺人発生率最悪級の街が色あせることなく見ていられる作品です。

ただただカッコ良い

上半身裸で皮パンで大ハンマーを持っているだけでカッコいい。
リーゼントスタイルがまた渋い。

8ジョン・ウィック(映画)

ジョン・ウィック(映画)

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間103分
監督チャド・スタエルスキ、デヴィッド・リーチ
メインキャストキアヌ・リーブス(ジョナサン・ウィック)、ミカエル・ニクヴィスト(ヴィゴ・タラソフ)、アルフィー・アレン(ヨセフ・タラソフ)、 エイドリアンヌ・パリッキ(ミズ・パーキンズ)、ブリジット・モイナハン(ヘレン・ウィック)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

悪役のイメージだったのに良い人役で驚いた。

激しい銃撃戦が売りの作品でしたがウィレム・デフォーの役柄に驚きました。彼には悪役のイメージが強くて、この作品でもジョン・ウィックを知人でありながら彼を狙うスナイパー役かと思いきや彼を守ろうとする姿に感動しました。感動というのは大げさかもしれませんけどウィレム・デフォーには良い人のイメージがないし驚きました。それにジョン・ウィックって命がけで守るべき人なの?とも思ったけど銃撃戦しか印象に残らなかった映画ですが彼ら二人の友情に少しウルっときた作品になりました。私の中では悪役のイメージが強いけど顔をじっくり見てみると、そんなに怖い顔じゃないと初めて気付きました。

漢気のある殺し屋

ジョンウィックを狙っている様で旧知の仲で結果的に助けるシーンが印象的。
続編ができるので有れば死んでほしくなかった。

9グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテル

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間100分
監督ウェス・アンダーソン
メインキャストレイフ・ファインズ(ムッシュ・グスタヴ・H)、F・マーリー・エイブラハム(ミスター・ムスタファ)、マチュー・アマルリック(セルジュ・X)、エイドリアン・ブロディ(ドミトリー)、ウィレム・デフォー(ジョプリング)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://www.foxmovies.jp/gbh/

もっと見る

かわいい世界観

映画の世界観が好きです。独特な感じで、色合いも全体的に淡い色味で可愛い。ピンクと水色の補色の組み合わせがキュートです。ホテルの内装も可愛くて見ているだけでテンションがあがる。独特な間合いや、音楽なんかも素敵で、衣装もオシャレで全体的に良い雰囲気だ。日本の映画にはなかなかないクオリティ。未知の世界観という感じで、ストーリーも展開がテンポ良くて見やすいので、世界観に入り込みやすいとおもいます。

10グレートウォール(2016年)

グレートウォール(2016年)

引用元: Amazon

『グレートウォール』(原題: 長城 / The Great Wall)は、2016年製作の中国・米国合作映画。 万里の長城を舞台に繰り広げられる壮絶な戦いを描いた歴史戦争アクション映画。チャン・イーモウ監督、マット・デイモン主演。ジン・ティエン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォー、アンディ・ラウらが出演。

もっと見る

アクションが良かった

大人数が大人数と戦うという映画がそもそも好きなので特に中国系の舞台というのは個人的にかなり大好きなものでした。そんな中で西洋人である主人公たちがどのようにストーリーに絡んでくるのかというのがかなり最初の段階で普通に明かされていたので言うほどねそういうところに秘密があったりするタイプのものではなかったです。しかし、とにかくアクションが良かったです。冷静に見るとこんな化け物相手に戦えるわけないだろうという感じではあるのですがそこはやはりアクションで押し切ると言うか説得力を持たせる感じでハラハラドキドキさせてくれたのは楽しかったです。

11アクアマン

アクアマン

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間143分
監督ジェームズ・ワン
メインキャストジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、パトリック・ウィルソン(オーム)、ニコール・キッドマン(アトランナ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、ドルフ・ラングレン(ネレウス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

もっと見る

CIAの工作員役にピッタリでした

元海軍出身のCIA工作員を見事に演じており、物語にも大きく関わっていました。

13アメリカン・サイコ(映画)

アメリカン・サイコ(映画)

引用元: Amazon

制作年2000年
上映時間102分
監督メアリー・ハロン
メインキャストクリスチャン・ベール(パトリック・ベイトマン)、ウィレム・デフォー(ドナルド・キンボール)、ジャレッド・レトー(ポール・アレン)、ジョシュ・ルーカス(クレイグ・マクダーモット)、クロエ・セヴィニー(ジーン)、リース・ウィザースプーン(イヴリン・ウィリアムズ)ほか
主題歌・挿入歌Something in the air / デヴィッド・ボウイ
公式サイト-

もっと見る

魅力的

魅力的な人にご注意。体裁を繕って、一見良い人そうに見える人って怖いなぁ。

197月4日に生まれて

7月4日に生まれて

引用元: Amazon

『7月4日に生まれて』(原題: Born on the Fourth of July)は、1989年制作のアメリカ映画。ロン・コーヴィックの同名の自伝的小説(1976年)を映画化した作品で、ベトナム戦争を扱った戦争映画。オリバー・ストーン監督。 主演のトム・クルーズは役作りのため、約1年間車椅子に乗って生活した。

もっと見る

戦争ものの名作だと思います

主演はトム・クルーズ氏なので、この映画ではそちらがクローズアップされるのは仕方ありませんが、ウィレム・デフォー氏演じるチャーリーがその運命を大きく変えるという重要な役柄で、同氏あっての作品でもあったと思っています。

20スパイダーマン2

スパイダーマン2

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間127分
監督サム・ライミ
メインキャストトビー・マグワイア(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、キルスティン・ダンスト(メリー・ジェーン・ワトソン)、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)、アルフレッド・モリーナ(オットー・オクタビアス)、ローズマリー・ハリス(メイ・パーカー)ほか
主題歌・挿入歌ウィ・アー / アナ・ジョンソン
公式サイト-

もっと見る

21

21位~30位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ウィレムデフォー出演作はランクイン?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

ハリウッドファンはチェック!

ハリウッド映画ランキング

ハリウッド俳優ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ