みんなのランキング

りゅうくんさんの「自動車メーカーランキング」

30
更新日: 2020/10/21

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ホンダ

ホンダ

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。TOPIX Core30の構成銘柄の1つ。

常にチャレンジャー

創設者の本田宗一郎氏のスピリットを受け継ぎ常に遊び心を忘れない社風で車に関係ない何事にもチャレンジ精神で立ち向かってゆく姿勢に好感がもてる。レース界においてもトップの成績を残しているにもかかわらず常にチャレンジャーであり続けるところや、市販車にもエコでありながらスポーツ性能を忘れていないところが好きだ。

2トヨタ

トヨタ

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

世界シェアトップを狙えるメーカー

欧米に旅行に行っても日本車をよく見かける。その中でもトヨタ社のプリウスがタクシーなどの営業車に使用されているのには驚かされた。それだけ信頼性があるという証なのだろう。日本人としてトヨタの技術の高さを誇らしく思う。

3日産

日産

Nissan logo by Antonio / CC BY

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。

市販車最速を目指すかっこよさ

世界の並み居るスーパーカーを相手に市販車最速を目指して開発されたGT-Rに胸躍る。エコが叫ばれる昨今、時代の波に逆らうかのように登場させたその姿勢にメーカーの技術屋としての意地を感じた。こういう車を作れるメーカーの姿勢が好きだ。

4三菱

三菱

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。 2016年10月に日産自動車が筆頭株主となり、日産自動車とフランスのルノーと共にルノー・日産・三菱アライアンスを構成している。

5マツダ

マツダ

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング