みんなのランキング

恐竜らぶさんの「恐竜の種類ランキング」

840
更新日: 2020/07/23

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1パラサウロロフス

パラサウロロフス

パラサウロロフス (Parasaurolophus) は、中生代白亜紀後期 (約7,650万 ~ 7,300万年前)の北アメリカ大陸に生息した大型の鳥脚類。属名は「サウロロフスに近い」の意。ただし、サウロロフスとは特に近縁という訳ではない。

とにかく見た目がキュート!

パラサウロロフスの頭についているトサカのようなものが変わっていて印象に残る。そこを使って音を響かせ、仲間と会話していたらしく、どんな声だったのかなと考えるとワクワクする。目の可愛さもきゅんきゅんポイント❤️

2ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル(学名:Velociraptor)は、約7,500万- 約7,000万年前(中生代白亜紀後期)の東アジアにあった大陸に生息していた小型肉食恐竜。獣脚類に属す。化石はモンゴル、中国、ロシア東部から、V. mongoliensis とV. osmolskae の2種が発見されている。当時これらの地域は中央アジア以西とは切り離された大陸の一部であった。

頭が良い!

集団戦で強い相手と戦う姿がかっこいい。頭が良くて思いがけない戦いをするところにドキドキさせられる。動きにスピードがあって、大きな鉤爪で相手を引き裂くところは興奮する!ジュラシックワールドで活躍したのも好きな理由!

3ステゴサウルス

ステゴサウルス

ステゴサウルス(学名:Stegosaurus)は、ジュラ紀後期 (約1億5,500万 ~ 約1億5,000万年前)、現在の北米大陸に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも特に有名な属の1つである。ステゴサウルスを含む剣竜類の化石は複数個体がまとまって発見されることがあり、群れで行動していたとする説の根拠の1つとなっている。

ちょっとおばか

とても頭が小さく脳みそもイマイチなので馬鹿でかわいい❤️シッポを踏んでも神経が伝わるのが遅く、痛いと気づくのが遅いらしく、のっそりして穏やかなイメージ。背中の板がたくさんあるのも特徴的でファッショナブル。

4ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス(学名:Brachiosaurus、'腕のトカゲ'の意)は、約1億5,400万 ~ 約1億5,300万年前(中生代ジュラ紀後期, マルムからチトニアン)、当時のローラシア大陸西部およびゴンドワナ大陸の一部に棲息していた、巨大な草食性恐竜の一種(1属)。竜盤目- 竜脚形亜目- 竜脚下目- ブラキオサウルス科に分類される。

いかついが優しい

あんなに図体がでかいのに、優しそうな顔でもしゃもしゃ草を食べてるかと思うと愛おしい❤️

5アンキロサウルス

アンキロサウルス

アンキロサウルス (Ankylosaurus) は中生代白亜紀後期(約6,800万 - 6,600万年前)の現北アメリカ大陸に生息した植物食恐竜の属の一つ。鳥盤目 - 曲竜下目 -アンキロサウルス科に属する。属名は「連結したトカゲ」の意。

鎧が立派!

鎧のような背中と大きな石のようなものがついた尾っぽがかっこいい!肉食竜と戦うかっこいい姿が想像できる。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング