みんなのランキング

うさみさんの「海外の観光地ランキング」

4 0
更新日: 2020/06/25

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1シンガポール

シンガポール

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく、英語: Republic of Singapore、マレー語: Republik Singapura、簡体字: 新加坡共和国、繁体字: 新加坡共和國、タミル語: சிங்கப்பூர் குடியரசு)、通称シンガポールは、東南アジアに位置し、シンガポール島及び60以上の小規模な島々からなる共和制国家。

この国に来たらここ! が1日で達成できるベストオブ観光地!

便利、安全、分かりやすい。を全て備えているので海外初心者の方にも自信を持ってオススメします。
街を歩くだけでもヨーロッパほど洗練されておらず、安全を求めた海外旅行にありがちな「東京と変わらないじゃん」というガッカリもありません。
有名な観光地を短時間で回れて、島のリゾートにも電車ですぐ行けるんですよ。
南国で穏やかな人が多く、快適な旅をお約束します!

2バリ島(インドネシア)

バリ島(インドネシア)

バリ島(インドネシア語: Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島である。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共に第一級地方自治体(Provinsi)であるバリ州を構成する。2014年の島内人口は約422万人である。バリ・ヒンドゥーが根ざした地域として知られるが、1990年代以降、イスラム教徒の移民流入が目立つようになっている。

カラッと過ごしやすい! リゾートと言えばここ!

リゾート地は数あれど、物価の安い有名リゾートは少ないものです。
バリ島は英語より日本語の方が通じるんじゃないかというくらい、日本語で客引きをしてくれます。
ぼったくりも多いので、アジアらしい雰囲気を感じたい方は是非!

3上海(中国)

上海(中国)

上海市(シャンハイし、簡体字: 上海市、拼音: Shànghǎi (Zh-Shanghai.ogg 聞く)、呉語発音: 、英語: Shanghai ( 音声ファイル))は、中華人民共和国の直轄市である。 同国の商業・金融・工業・交通などの中心地。強力な世界都市であり、アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界9位と評価された。 2012年6月時点の常住人口は2,400万人を超え、市内総生産は2兆3,560億元(約45兆円)である。中華人民共和国国務院により国家中心都市の一つに指定されている。 略称は滬(簡体字: 沪/こ:フー)だが、古称の申(しん:シェン)も用いられる。

気軽に海外行きたければ、まずここ!

中国は広く、様々な土地がありますがオススメするならやはり上海。
実は日本人が多く、親日家も多いです。
日本人だと分かるや否やタクシー下ろされたり、エキサイティングな体験もたまにできます笑
グルメ旅行をするなら是非! オススメです!

4ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア語: Venezia ( 音声ファイル))は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」・「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。

ベタすぎるけど

説明も不要かと思いますが、誰しもが憧れる街ですね。
陽気な人が多く、女性は歩くだけで幸せな気分になります笑
パスタはもちろん、パンやコーヒーといった日常的な食べ物をローカルのお店で食べると、その国の色がわかって楽しいですよ。

5ロンドン(イギリス)

ロンドン(イギリス)

ロンドン(英語: London ( 音声ファイル))はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)にあたる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。

バーテンダーの聖地!

フレアバーテンディングというバーテンダーの技術を競う世界最高峰、ロードハウスがある街ですね。
日本人も多く出場しており、未だトップはとれていません。
観戦は誰でもできて、近隣のBARでは頼むと世界レベルの技術を見せてくれるので、ファンにとっての聖地なんです!
行く際には、チップが必須なので細かいお金を用意しておきましょう笑

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング