みんなのランキング

ポーランドの観光地人気ランキング!ポーランド旅行でおすすめの観光スポット・名所は?

ヴロツワフ(ポーランド)ワルシャワ(ポーランド)クラクフ(ポーランド)グダニスク(ポーランド)ポズナン(ポーランド)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数5
投票参加者数2
投票数9

みんなの投票で「ポーランドの観光地人気ランキング」を決定します!ドイツの東側に位置する、ポーランド共和国。親日国として有名で、歴史的な観光名所も数多く存在することから、日本人旅行客からも人気を集めています。世界遺産に登録されている「ワルシャワ歴史地区」や「クラクフ歴史地区」、自然あふれるリゾート地「ザコパネ」などの定番から、知る人ぞ知る穴場まで投票OK!あなたがおすすめする、ポーランドの観光スポットに投票してください!

最終更新日: 2020/11/04

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「ポーランドの観光地」

歴史的な観光名所があふれる、ポーランド

ヨーロッパの中央に位置する、ポーランド共和国。親日国としても知られ、首都ワルシャワをはじめ世界遺産に登録される歴史的名所が多いことから、日本人旅行客から人気を集めています。また、ショパンやキュリー夫人、コペルニクスなどの偉人たちの出身地でもあり、彼らに縁のあるスポットを巡れることも魅力です。穴場も良いですが、ポーランド観光にはずせないのは定番。初めて登録された世界遺産の1つ「クラクフ歴史地区」、歴代の国王や英雄が埋葬されている「ヴァヴェル大聖堂」、大自然が美しいリゾート地「ザコパネ」など、見どころ満載なスポットが目白押しです。

関連するおすすめのランキング

ポーランド料理ランキングはこちら!

ポーランド料理ランキング

ポーランドの観光地はランクイン?

海外の観光地ランキング

世界の絶景スポットランキング

世界遺産ランキング

世界の大聖堂・教会ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ポーランドの観光地が投票対象です。特定の施設名、もしくは地域(エリア)の名称で投票をお願いします。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1クラクフ(ポーランド)

クラクフ(ポーランド)

クラクフ(Kraków, Pl-Kraków.ogg ['krakuf][ヘルプ/ファイル], 独: Krakau クラカウ, 仏: Cracovie クラコヴィー)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。

もっと見る

世界遺産第1号!中世からの伝統ある街並み

ポーランドいちの観光都市といえば、ヨーロッパで最も美しい街と称されるクラクフ。首都ワルシャワに次ぐ第二の都市であり、中世からの伝統的な街並みとさまざまな時代の芸術と美術が融合した素晴らしい建物が数多く残っています。

クラクフは11世紀から首都として約500年ほど栄え、14世紀から18世紀にかけては旧王宮ヴァヴェル城の隣にある大聖堂で国王の戴冠式が行われていました。また何百年とつづく風習や文化を大切に残しているところからも、”ポーランドの京都” と呼ばれています。
観光スポットも国内で最も美しいと言われる聖マリア教会、現在も多くの学生が通うポーランド最古の大学ヤギェウォ大学(1364年創立)、アートな雰囲気に満ちた旧ユダヤ人街・カジミェシュ地区など見どころスポットもたくさん!

クラクフから車で約20分ほどのヴィエリチカにはクラクフ旧市街と同じく世界遺産第1号である、ヴィエリチカ岩塩坑があります。ほかにも日帰りで行ける範囲の素晴らしい遺産が数多くあり、一週間滞在しても飽きないかもしれません。

カスプシュイック綾香

『ポーランドなび』管理人

カスプシュイック綾香さん

1位に評価

2ワルシャワ(ポーランド)

ワルシャワ(ポーランド)

ワルシャワ(WarszawaPl-Warszawa.ogg [varˈʂava][ヘルプ/ファイル];ヴァルシャヴァ、英: Warsaw、ワルソー[ˈwɔːrsɔː])は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。人口約180万人。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。

もっと見る

年々目まぐるしく発展するポーランドの首都

16世紀末にポーランドの政治拠点がワルシャワへ移って以降、現在までワルシャワはポーランドの首都です。ショパンやキュリー夫人に所縁のある場所や博物館もあり、特に歴史やクラシックが好きな日本人にとってワルシャワなしのポーランド観光は考えられないでしょう。

ワルシャワは18世紀末からはプロイセン、ロシア領となり、第二次世界大戦中はナチスの襲撃によって街の8割以上が破壊されました。戦後、ポーランド人は何十年とかけて旧市街を見事に復元し、その努力が報われ、1980年には世界遺産として登録されています。
また、ユダヤ歴史博物館やコペルニクス科学センターなどここ十数年から近年に出来た博物館も多く、学びのある旅を求める人にもピッタリ。どの施設も、体感型の展示内容で誰でも分かりやすく学べるような工夫が凝らされています。

そして旧市街には古き良き街並みを残しつつ、中央駅周辺やビジネス地区は開発が進み、高層ビルや斬新な現代建築をたくさん見ることができます。発展を遂げたワルシャワの活気は日本や欧米のビジネス都市と何ら変わりなく、ポーランドの目まぐるしい成長を実感できるでしょう。

カスプシュイック綾香

『ポーランドなび』管理人

カスプシュイック綾香さん

2位に評価

3グダニスク(ポーランド)

グダニスク(ポーランド)

グダニスク(ポーランド語: Gdańsk グダーニスク、IPA: ( 音声ファイル))は、ポーランドの都市。バルト海南部に面するポモージェ(ポメラニア)地方東部に位置し、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市であり、ポモージェ県の県都である。ポーランド語名の発音は片仮名転写が難しく、グダンスクと表記されることがあり、政府観光局はグダンスク、市役所はグダニスクと表記しており、公的機関においても表記が分かれている。カシューブ語ではGduńsk(グダンスク)。また、ドイツ語名のダンツィヒ(Danzig 、ダンチヒとも)でもよく知られている。

もっと見る

琥珀で有名!バルト海に面した活気ある港街

ポーランド北部・バルト海に面するグダニスクの歴史は10世紀にさかのぼり、13世紀前半からは正式に貿易の街として急成長しました。14世紀にはドイツ騎士団が約150年間支配したのちに再びポーランド領に戻ったものの、事実上は独立していたという特別な街です。

そのような歴史や地理もあってか、グダニスクにはポーランドの他都市には見られないような特徴がいくつかあります。旧市街は「長いマーケット(ドウゥギ・タルグ)」と呼ばれるエリアがあり、さまざまな装飾とカラフルに彩られた細長い建物がたくさん。そこから数十メートル歩いた先の港沿いには遊歩道があり、新鮮なシーフード料理を美しい眺めの中で楽しむことができます。

近年は第二次世界大戦博物館やヨーロッパ連帯センターといった大規模な施設がオープン。ワルシャワ同様に現代の歴史を詳しく学ぶこともでき、一方で港街ならではの水や船に因んだ博物館、アトラクションも目白押し。特にファミリーやカップルにオススメしたい街です。

カスプシュイック綾香

『ポーランドなび』管理人

カスプシュイック綾香さん

3位に評価

4ヴロツワフ(ポーランド)

ヴロツワフ(ポーランド)

ヴロツワフ(ポーランド語: Pl-Wrocław.ogg Wrocław[ヘルプ/ファイル]、ドイツ語: Breslau ブレスラウ、ハンガリー語: Boroszló ボロスロー)は、ポーランド西部にある第4の都市で、ドルヌィ・シロンスク県の県都。歴史的にシロンスク地方の中心都市で、ポーランドの中でも最も古い都市のひとつである。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっている。

もっと見る

かわいい小人たちが住む、おとぎ話の世界観

ポーランド西部のヴロツワフは長くハプスブルクやドイツの領土でしたが、建国当初からポーランドにとって重要な街でした。
1000年に初代国王ボレスワフ1世がポーランドの領土として治め、1335年に統治者のヘンリー王子が亡くなってから第二次世界大戦終戦までの間は他国に所有されています。

複雑な歴史背景から独特の景観をもつヴロツワフ ですが、観光スポットが集まる中央広場は13世紀のポーランド領時代に建設されました。広場にある中世ゴシック様式の市庁舎はヴロツワフで最も古い建築物の一つであり、今でも要人が訪れた際は伝統的に中へ招かれます。各建物にユニークな特徴と歴史があり、ニセモノの窓も隠れていたりするのでよく探してみてください。

また可愛い小人の像が至るところにあり、まるで生きているかのようにアイスを食べたり、金庫からお金を下ろしたり、野原で寝ていたりします。現在250体以上あると言われ、すべて写真に納めたくなるのは女子だけではないはず。第一号「小人のお父さん」はほかの小人より何十倍と大きいのですぐに見つけられるかもしれません。

カスプシュイック綾香

『ポーランドなび』管理人

カスプシュイック綾香さん

4位に評価

5ポズナン(ポーランド)

ポズナン(ポーランド)

ポズナンまたはポズナニ(Poznań・Pl-Poznań.ogg [ˈpɔznaɲ][ヘルプ/ファイル])は、ポーランド西部に位置する、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都である。ラテン語名はポスナニア(Posnania)、ドイツ語名はポーゼン(Posen)、イディッシュ語名は פויזן (Poyzn)。ヴィエルコポルスカ県の県都である。人口は約53万人で、これはポーランド5番目の規模である。ポーランド分割後、プロイセン王国に管理され、1871年にはドイツ統一となりドイツ帝国となった。

もっと見る

日常に馴染む古い街並み、ポーランドの奈良

近郊のグニェズノに並び、ポーランド王国最初の首都であるポズナンはポーランド西部に位置する最古の街。ポーランドを国家として導くきっかけとなったミェシュコ1世(〜992)が政治の拠点とした場所であり、建国の歴史をしっかりと学べる近代的で立派な博物館もあります。

13世紀半ばに建設された中央広場はクラクフとヴロツワフに並び欧州最大の規模を誇ります。その真ん中にあるレトロな装飾と模様が施された低層の建物はポズナンのトレードマーク。
ポーランド分割後の18世紀以降はプロイセン支配下のもと繁栄してきましたが、それでもポーランドの街としての面影が強く残っています。

そして、ポズナンに来たらベーカリーやスイーツショップに売られている、名物「聖マルチンのクロワッサン」を食べるのもお忘れなく!中には日本では珍しい、ポピーシードがたくさん詰まっています。ポズナン市民に100年以上も親しまれてきた伝統的なお菓子で、毎年聖マルチンの日(11月11日)には数百トン消費されます。

カスプシュイック綾香

『ポーランドなび』管理人

カスプシュイック綾香さん

5位に評価

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ヨーロッパの観光地をもっとチェック!

イギリスの観光地ランキング

ロンドン観光地ランキング

フランス観光地ランキング

デンマークの観光地ランキング

このランキングに関連しているタグ

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ