みんなのランキング

すずちよさんの「海外の観光地ランキング」

1 0
更新日: 2020/08/11

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ウィーン(オーストリア)

ウィーン(オーストリア)

ウィーン(標準ドイツ語: Wien〈ヴィーン〉、バイエルン・オーストリア語: Wean〈ヴェアン〉、仏: Vienne〈ヴィエンヌ〉、英: Vienna〈ヴィエナ〉)は、オーストリアの首都。9つの連邦州のひとつで、都市州である。 2017年1月1日時点の人口は186万7582人。ヨーロッパ有数の世界都市である。 第一次世界大戦までは、オーストリア=ハンガリー帝国の首都として、ドイツ帝国を除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて、形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。クラシック音楽が盛んで、過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。

素敵な街

ウィーンの魅力は、徒歩圏内に観光地が凝縮されていることです。音楽好きな方はもちろん、観光客向けのお手頃価格なコンサートも毎晩あちこちで開かれています。歴史好きなかたはハプスブルク家にまつわる場所を、美術が好きな方には美術史美術館や、アルベルティーナなど。歩き疲れたらカフェでゆっくりコーヒーブレイクというのも素敵です。食事もおいしく、ケーキも有名なものがあるので、食べ歩きにもぴったりです。

2ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア語: Venezia ( 音声ファイル))は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」・「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。

定番

定番の観光地の一つですが、本島だけでなく、特徴ある他の島めぐりもおすすめです。ヴェネツィアは古い町並みがそのまま残っていて、街歩きするだけで楽しいです。迷路のような路地があり、冒険心もくすぐられます。お土産はやはりヴェネツィアングラスですが、高価な工芸品だけでなく、手ごろなアクセサリーや小さな置物もあるので、購入しやすいです。

3ミハス(スペイン)

ミハス(スペイン)

ミハス(スペイン語: Mijas)は、スペイン・アンダルシア州マラガ県のムニシピオ(基礎自治体)。コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)にあり、白い村の中心的な町として、国内で有数の観光地となっている。経済は主に観光によって成り立っている。

美しい

スペインの白い村ミハスは、地中海に面した村全体が白い建物の美しい村です。村のどこを撮影しても、写真映えします。スペインの中では比較的治安がよいのも魅力です。女性一人歩きも可能です。お土産が充実しており、手ごろなアクセサリーやスペイン各地のオリーブオイル、化粧品などのお店が多いです。

4コペンハーゲン(デンマーク)

コペンハーゲン(デンマーク)

コペンハーゲン(ドイツ語: Kopenhagen [kopənˈhaːgən])、クブンハウン(ケブンハウン)(デンマーク語: København 発音 [kʰøb̥m̩ˈhɑʊ̯ˀn] ( 音声ファイル)、コゥペンヘイゲン(英語: Copenhagen [ˌkoupənˈheigən])は、デンマークの首都。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの港)に由来する。「北欧のパリ」と比喩される。

5ベルリン(ドイツ)

ベルリン(ドイツ)

ベルリン(独: Berlin ドイツ語発音: 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は360万人とドイツでは最大の都市で、同国の首都と定められている。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング