みんなのランキング

中村文則の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

王国掏摸去年の冬、きみと別れ(小説)教団X私の消滅

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「中村文則の人気書籍ランキング」を決定!2002年『銃』でデビューしてから、数々の作品で話題集めている小説家・中村文則。芥川賞を受賞した『土の中の子供』や、ベストセラー作品「掏摸」の兄妹篇として書き上げられた『王国』など、これまでに20冊以上の書籍を展開しています。実写映画化された作品も多くあり、世の中の闇やネガティブな部分をストレートに表現し、独特の世界観を表現した作風に定評のある小説家です。みんながおすすめする書籍を教えてください!

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「中村文則」

小説家・中村文則の略歴

中村文則は、1977年9月2日生まれ、愛知県出身の小説家。大学を卒業後、フリーターを経て2002年に『銃』を発表しデビューを果たしました。重く陰鬱でネガティブな作風が魅力の彼の作品。世の中の闇に切り込み、ストレートに表現されている文章が読者の心を掴んでいます。そんな彼の思考や作品は、昔から愛読していた海外の作品からの影響を受けているそう。また、中村文則の描く作品の多くは、舞台化や映画化などメディアミックスされ、幅広いジャンルで人気を集めています。

中村文則の代表作

2002年のデビュー以来、数々の作品で賞を獲得している中村文則。デビュー作『銃』は、2018年に村上虹郎主演で映画化され話題となりました。彼の手がける作品にはほかにも、狂気的な主人公から目が離せない『遮光』や、芥川賞を受賞した『土の中の子ども』、世界で認められたベストセラー作「掏摸」の兄妹篇として発売された『王国』などが挙げられます。

初のエッセイ本『思考回路』を発売

数々の賞を受賞し、人気作家となった中村文則。2019年7月には、自身初となるエッセイ集を発売し話題となりました。本作では、作家デビューから現在までの約17年分のエッセイが111本収録されており、自身の小説誕生秘話や、愛好している作家であるドストエフスキーや太宰治への思いなども綴られています。また、東日本大震災時に出身大学のある福島に寄せたメッセージや、社会問題についてなどさまざまな問題にも触れており、タイトルにもなっているとおり中村文則の''思考回路''がこの一冊にまとめられています。

関連するおすすめのランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、中村文則の小説全てに投票可能です!あなたのおすすめする小説を教えてください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ