みんなのランキング

【人気投票 1~15位】カン・ドンウォン出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

世界で一番いとしい君へ私たちの幸せな時間隠された時間オオカミの誘惑1987、ある闘いの真実

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数15
投票参加者数19
投票数61

みんなの投票で「カン・ドンウォン出演の人気映画ランキング」を決定!端正なルックスと抜群の演技力で注目を集める韓国の俳優、カン・ドンウォン。演技派俳優として、数々の映画やドラマで活躍しています。映画では、イ・ビョンホンとの共演で話題を集めた『MASTER/マスター』(2016年)や、900万人を超える観客動員数を記録した『華麗なるリベンジ』(同年)、南北統一された2029年の朝鮮半島を舞台にしたSFアクション『人狼』(2018年)など、人気作品のなかで上位にランクインするのは?あなたのおすすめ映画に投票してください!

最終更新日: 2022/03/03

ランキングの前に

1分でわかる「カン・ドンウォン」

2003年に俳優デビューしたカン・ドンウォン

カン・ドンウォンは、1981年1月18日生まれ、韓国出身。186cmという高身長を生かしてモデルとして芸能界入りし、2003年にテレビドラマ『威風堂々な彼女』で俳優デビューを果たしました。幅広い役を演じ分け、演技派俳優としての地位を確立。2010年に兵役のため芸能活動を休止するも2014年に復帰し、その後数々の映像作品で主演に抜擢されています。

映画『オオカミの誘惑』で大ブレイク!

2004年に韓国で公開されて大ヒットを記録したカン・ドンウォンの主演作『オオカミの誘惑』。切ない三角関係を描いたこの作品で彼は、イ・チョンア演じる少女に一目惚れされる高校生役を好演しました。劇中に見せるキラースマイルで多くの女性を虜にし、彼の人気を押し上げるきっかけとなりました。

まだある!カン・ドンウォンの出演映画

オオカミの誘惑』以外にもカン・ドンウォンはいくつもの映画に出演。自身初となる刑事役を好演した『MASTER/マスター』(2016年)や、キスシーンで話題を集めた『華麗なるリベンジ』(同年)、40kgに達する強化スーツを着てアクションシーンに挑んだ『人狼』(2018年)などが代表的です。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2022年版

ユーザーのバッジについて

カン・ドンウォン出演の映画を全作品観たことがある。

カン・ドンウォン出演の映画を10作品以上観たことがある。

カン・ドンウォン出演の映画を5作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1隠された時間

隠された時間

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間130分
監督オム・テファ
メインキャストカン・ドンウォン(ソンミン)、シン・ウンス(スリン)、キム・ヒウォン(スリンの義父)、クォン・ヘヒョ(アン刑事)、ムン・ソリ(ミン・ギョンヒ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

純粋な愛と、信じること

この映画で小学生同士の真っ直ぐで強い愛を見せられた。絶対的に信じ合えて、相手を第一に考えられるっていうのは理想的な愛だなあと思うけど現実は、ひとを簡単には信じられないし、自分ばっかりになったり、利益とか考えたりして、そうやって純粋に人を愛するって難しい。特に大人になってからは。
カン・ドンウォンの、体は大人だけど中身は真っすぐで子供らしい弱さも持っている演技がすごく良かったし、純粋な愛に心がキレイになる。

パル

パルさん

2位に評価

報告

切ない話

タイトルだけみたらミステリーなのかなって勝手に思ってたけど、蓋を開けてみたらファンタジー感強めな作品だったwwwそれにしても、カン・ドンウォンかっこよすぎたなー。イケメンすぎて焦りが止まらんかったwwwww韓国の作品は、なぜかエンドロールまでしっかりみたくなる。

報告

不思議な気持ちになる

隠された時間。というタイトル通り、世間との時間軸の違う世界で生きる話。これだけ聞くとただのパラレルワールドの話に思えるが、子供の頃から大人になるまで自分たち以外が止まった世界に生きる過酷な話でもある。最後まで未知な部分が残る作品で、もう一度見返したくなる。

りん

りんさん

3位に評価

報告
コメントをもっと読む

2私たちの幸せな時間

私たちの幸せな時間

引用元: Amazon

『私たちの幸せな時間』(わたしたちのしあわせなじかん、原題:우리들의 행복한 시간、英題:Maundy Thursday/Our Happy Time)は、2006年公開の韓国映画。 韓国で多くの文学賞を受賞しているベストセラー女流作家コン・ジヨンの同名小説の映画化。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

号泣

私は、見た映画を何度も見返すことが多いのですが、この映画は頭が痛くなるほど大号泣しすぎて、2回目をまだ見れずにいる作品です…笑 ストーリーを思い出すだけで、切なくて、胸が締め付けられる思いでいっぱいで、悲しくなるので、しばらく見返すことはできなさそうです。カン・ドンウォンの尊さを最大限に引き出した感動の良作だと思います!!!!

報告

人生で大切なことを教えてくれる

自殺未遂を繰り返す女と、殺人を犯して死刑を待つだけの男。ふたりの人物が抱える過去の消えない傷を目の当たりにする映画。誰もが大小関わらず傷をどこかに抱えていて、それを一人でどうにかしようと隠していることも多いんじゃないかと思う。そんなひとに対して、一人じゃないことを教えてくれて、生きることの辛さも幸せも教えてくれる。

パル

パルさん

1位に評価

報告

涙腺崩壊

この映画みたとき、嗚咽するほど泣いて次の日、目が腫れまっくて大変だったな、、、、、、。笑 ラスト20分くらい、まじでありえないほど泣いた。笑 観終わった後も、しばらくあの感情を引きずってた気がする、、、。

ユキ

ユキさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3オオカミの誘惑

オオカミの誘惑

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間113分
監督キム・テギュン
メインキャストカン・ドンウォン(チョン・テソン)、チョ・ハンソン(パン・へウォン)、イ・チョンア(チョン・ハンギョン)、チョン・ダヘ(チョ・ダルム)、イ・チョニ(ユ・ウォン)ほか
主題歌・挿入歌告白 / イ・スフン
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

出世作

私がカン・ドンウォンを知るきっかけになった作品。カン・ドンウォンとチョ・ハンソンがかっこよすぎてキュンキュンが止まりませんでした。内容が頭に入ってこないくらいカン・ドンウォンがとにかく魅力的でした。女の子なら一度は憧れるであろう、学校内ツートップイケメン二人から言い寄られて、自分のために二人が喧嘩するっていう展開…、王道だけどキュンキュンしてしまう私…(古い)

報告

ビジュアル最強

カン・ドンウォンを愛でる作品。女の子の夢と憧れを全部詰め込んだ素晴らしい作品でした。少女漫画的なシチュエーションで、韓ドラにありがちな展開、そういうベタな作品、すごく大好きです╰(*´︶`*)╯♡この映画を生み出した監督に感謝です。笑

モモ

モモさん

2位に評価

報告

イケメン!

さえないヒロインが、チョット悪そうなイケメン2人に振り回される話は、やっぱり王道でありながら観てしまう作品!イケメンの目の保養にもなります。少しワルという部分が余計に胸キュンを誘うので、きゅんきゅんしたいときにはおすすめ!

りん

りんさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

4世界で一番いとしい君へ

世界で一番いとしい君へ

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間117分
監督イ・ジェヨン
メインキャストカン・ドンウォン(ハン・デス)、ソン・ヘギョ(チェ・ミラ)、チョ・ソンモク(ハン・アラム)、ペク・イルソプ(チャン)、”、イ・ソンミン(イ・スンテ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

泣ける


難病の息子を持つ若い夫婦。若くして結婚した2人はそれだけでも多くの困難がある。それに加えて息子は早く年老いていく病だった。夫婦の向き合い方、息子との向き合い方、家族という形。いとしい君。というタイトルが胸にグッとくる作品。

りん

りんさん

2位に評価

報告

余命もの

良くも悪くも、余命もの作品によくあるありきたりなストーリーではありましたが、やっぱり感動せずにはいられませんでした。ラストの想像はついてても、涙を止めることは不可能ですね…!!重たいテーマを取り扱っているけれども、コミカルで笑えるシーンもたくさんあるので、とても見やすい映画だと思います。

報告

息が詰まるほど泣きまくった。家族愛を描いてる系の映画って絶対泣いちゃう、、、、。結末は予測してたんだけど、それでも感動した。カン・ドンウォンがなくと、こっちまで泣きたくなってくる。父親役なんだけど、ドジっ子で子供っぽい感じがまた、たまらなく可愛いwwwww

報告
コメントをもっと読む

51987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実

引用元: Amazon

『1987、ある闘いの真実』(いちきゅうはちなな、あるたたかいのしんじつ、原題:1987)は、2017年公開の韓国映画。1987年1月14日の学生運動家朴鍾哲拷問致死事件から6月民主抗争に至る大韓民国(韓国)の民主化闘争を描く。 韓国では2017年12月27日に公開され、1か月余りで観客動員数700万人を超えた。2018年8月29日時点で、上映スクリーン数1299、観客動員数723万1830人、興行収入5237万9028アメリカ合衆国ドルに達した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

実際にあった話

後世に残すべき韓国映画だと思う。韓流映画のなかでも、民主化運動とか政治に関することをテーマに取り上げている作品って、すごい作品が揃っていると思う。正直、1987年の韓国でこんなことが起きていたなんて知らなかったので、すごく衝撃だった。若い世代は、お隣の国の歴史を知らない人も多いかと思うので、こういう映画はみておいた方がいい気がする!

報告

ノンフィクション

うちが生まれるちょっと前に、お隣の国・韓国で実際にこんなことが起きていたなんて、、、、と衝撃だった。よくこれを映画にできたなと思えるほど、相当センシティブな内容で、常に目が離せないスリリングな展開に目を奪われた。日本だったら、こういう政治的な問題とかを絶対映画に取り上げないよね。笑

報告

衝撃の実話

警察の隠蔽だったり、筋の通らない話を堂々と言い続ける感じが、今の日本政府の状況に重なって見える部分があり、他人事ではない思いになりました。

報告

泣けた

前作『新感染』の4年後を描いた作品。カン・ドンウォンが相変わらずのかっこよさですごいよかった。前作は泣けなかったんだけど、この作品は声出るくらいめちゃくちゃ泣けた。登場人物も変わっているので、続編というよりかは、また別の物語って感じだった!!!前作見てなくても全然楽しめる感じ!

報告

ラブコメ

韓流作品によくあるベタなストーリー展開で、だいたいの筋は予測できちゃうんですが、笑あり涙ありで最後まで楽しめる映画です。難しい内容のシーンもまったくないので、サクッと肩の力を抜いて鑑賞することができました(*´∇`*)なんかわかんないけど、この作品のカン・ドンウォン、田中圭に見えてくる。笑

モモ

モモさん

1位に評価

報告

悪魔系ホラー

エクソシスト系の作品。韓流でこういう感じの作品ほかにみたことないんだけど、想像してたよりもすごいおもしろかった!!!前半はそんなに怖くないんだけど、後半は怒涛のごとくドキドキハラハラ展開が続いて、結構疲れたwwww

報告

リメイクでも面白い

元々日本の小説で、映画化もされてた作品をリメイクしたもの。
国が違うと少しまた違った作風になるのでそこもまた面白い。主人公の何だか頼りない感じや逃げ惑う必死さはハラハラする。結末も分かっていても、最後まで目が離せない作品だった。

りん

りんさん

4位に評価

報告

10超能力者

超能力者

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間113分
監督キム・ミンソク
メインキャストカン・ドンウォン(チョイン)、コ・ス(ギュナム)、ピョン・ヒボン(チョンシク)、チョン・ウンチュ(ヨンスク)、ユン・ダギョン(ヒョスク)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

悪役

悪役のドンウォン氏もかっこよすぎて無理〜〜〜〜〜〜汗汗 ドンウォン氏にあの目で見られたら余裕で操られるよね、、、!笑 日本でもリメイク版を山田孝之がやってるけど、アタシは断然オリジナル派。

あや

あやさん

3位に評価

報告

不器用な男たちの絆

北朝鮮のスパイと、韓国の元国家情報員。身元を明かさないままお互い敵だと予想して腹の探り合いをしていくうちに、お互いの人間としての良さや、個人の色んな事情が見えてくる。この映画はシリアスな部分も描きつつコメディタッチなので、すごく見やすくもあるけれど重みもある。エンターテインメントでありながら社会的な要素も存分に盛り込まれたまさに韓国映画!というすごくバランスの良い映画です。

パル

パルさん

3位に評価

報告

13MASTER マスター

MASTER マスター

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間143分
監督チョ・ウィソク
メインキャストイ・ビョンホン(チン・ヒョンピル会長)、カン・ドンウォン(キム・ジェミョン)、キム・ウビン(パク・チャングン)、オム・ジウォン(シン・ジェンマ)、オ・ダルス(ファン・ミョンジュン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

14あいつの声

あいつの声

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間122分
監督パク・チョンピョ
メインキャストソル・ギョング(ハン・ギョンべ)、キム・ナムジュ(オ・ジソン)、カン・ドンウォン(犯人)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ