みんなのランキング

【人気投票 1〜0位】高橋源一郎の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

さようなら、ギャングたちゆっくりおやすみ、樹の下でさよならクリストファー・ロビン動物記ニッポンの小説 百年の孤独

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「高橋源一郎の人気書籍ランキング」を決定!趣味や人生経験を活かし、前衛的な作風の本を生み出している作家「高橋源一郎」。逮捕され拘置所で過ごした経験のある作者が執筆した小説『さようなら、ギャングたち』や、第1回三島由紀夫賞を受賞した『優雅で感傷的な日本野球』、第48回谷崎潤一郎賞受賞の『さよならクリストファー・ロビン』などの人気作品は果たして何位にランクインするのでしょうか?あなたがおすすめする高橋源一郎の作品を教えてください!

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「高橋源一郎」

前衛的な作品が多い「高橋源一郎」

高橋源一郎は、1951年生まれ、広島県出身の作家。1981年に長編デビュー作『さようなら、ギャングたち』で群像新人長篇小説賞優秀作を受賞しました。ちなみにこの作品は、後に執筆する『ジョン・レノン対火星人』、『虹の彼方に』と共に、「初期三部作」と呼ばれます。そして1988年には『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞を受賞する快挙を成し遂げました。2002年には『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞を受賞。さらに2012年、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞します。

恋多き男・高橋源一郎

高橋源一郎は、4回離婚して、5回結婚しています。離婚の原因は高橋源一郎の不倫が影響しているようです。ちなみに報道番組でコメンテーターとして出演することが多い「室井佑月」とも一時不倫関係にありました。それが原因で当時の妻とは離婚。不倫関係にあった「室井佑月」と結婚をしますが、結局また高橋源一郎の浮気が発覚し、離婚をすることになります。

関連するおすすめのランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、高橋源一郎が手がけたすべての書籍に投票可能!あなたがおすすめする高橋源一郎の作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

候補虹の彼方に

虹の彼方に

引用元: Amazon

参考価格1,144円(税込)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ