みんなのランキング

樋口一葉の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

 闇桜・うもれ木軒もる月 一葉恋愛日記現代語で読むたけくらべ 現代語で読む名作シリーズ 大つごもり

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数2
投票参加者数1
投票数2

みんなの投票で「樋口一葉の人気書籍ランキング」を決定!24歳という若さでこの世を去った樋口一葉ですが、わずか1年半の間に後世に残る作品を生み出しました。代表作の『たけくらべ』を始めとして、遊女をテーマにした『にごりえ』や明治に翻弄された女性を描き出す『十三夜』、大晦日を意味するタイトル『大つごもり』、雲のような恋を描いた『ゆく雲』などの名作のなかから見事上位にランクインする作品は一体?あなたがおすすめする、樋口一葉の作品を教えてください!

最終更新日: 2020/10/08

ランキングの前に

1分でわかる「樋口一葉」

短い生涯でいくつもの名作を生み出した「樋口一葉」

1872年生まれ、東京都出身の作家・樋口一葉。樋口一葉の代表作の1つ『たけくらべ』は、ある決められた運命を背負った男女の実らない恋を描いた小説です。ちなみに「男女の叶わない恋」は樋口自身も体験したことでした。『たけくらべ』が高く評価された後は、遊女を題材にした『にごりえ』や明治という時代に翻弄された女性の辛さを描き出した『十三夜』、大晦日を意味する『大つごもり』、移り変わりゆく雲のような恋を描いた『ゆく雲』などの作品を次々と世に送り出します。14ヶ月の間にこれらの名作を生み出したということで、この期間は「奇蹟の14カ月」と呼ばれました。しかしその才能溢れる女性小説家は、24歳という若さで短い生涯を閉じることになります。

名作『たけくらべ』のきっかけ

幼い頃は裕福だった樋口一葉ですが、兄の病死と父の事業の失敗・病死によって、貧乏のどん底に。17歳にして、一家の大黒柱として家計を支えなければいけませんでした。21歳の時に荒物・駄菓子屋を経営。売り上げこそ少なかったものの、この時の経験が後の名作『たけくらべ』の題材を思いつくきっかけになったと言われています。

関連するおすすめのランキング

短編小説人気ランキングはこちら!

短編小説ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、樋口一葉が手がけたすべての書籍に投票可能!あなたがおすすめする樋口一葉の作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

運営からひとこと

「たけくらべ」や「十三夜」など、さまざまな作品が集まった「樋口一葉の人気書籍ランキング」!そのほかにも有名小説家の人気書籍ランキングなど、投票受付中のランキングが多数あります。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

短編小説人気ランキングはこちら!

短編小説ランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ