みんなのランキング

クリステン・スチュワート出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

ランナウェイズパニック・ルームトワイライト〜初恋〜チャーリーズ・エンジェル(2019年)スノーホワイト(2012)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数20
投票参加者数13
投票数48

クールでユニセックスなスタイルが似合う、クリステン・スチュワート。子役で出演した映画『パニック・ルーム』で注目を集め、着実にキャリアを積んでいきました。そこで今回は、みんなの投票で「クリステン・スチュワート出演の人気映画ランキング』を決定します!ロバート・パティンソンとの共演で大ブレイクを果たした『トワイライト』シリーズをはじめ、グリム童話を大胆にアレンジした『スノーホワイト』、華やかな世界で生きる女優の光と影を描いた『アクトレス〜女たちの舞台〜』など、すべての作品がラインアップ!あなたのおすすめ映画を教えてください!

最終更新日: 2021/02/27

ランキングの前に

1分でわかる「クリステン・スチュワート」

子役から人気女優へと転身を遂げた、クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワートは、1990年4月9日生まれ、アメリカ出身の女優。1999年からテレビドラマに端役として出演し、映画『パニック・ルーム』(2002年)で主演のジョディ・フォスターの娘役を演じたことをきっかけに注目を浴びるように。その後、多くの映画に出演し、着実にキャリアを積んでいきました。

『トワイライト』シリーズで大ブレイク!

クリステンの知名度を一気にあげたのは、ステファニー・メイヤーのベストセラー小説原作の『トワイライト』シリーズ。人間とヴァンパイアの禁断の恋を描いた物語で、主役のベラ・スワンに彼女が、ヴァンパイアのエドワード役にロバート・パティンソンが抜擢。2008年に第1作目『トワイライト~初恋~』が公開され、ほかの恋愛映画とは一線を画す''ファンタジー設定''で、世界中が大熱狂。女性を中心に爆発的な人気を呼びました。

クリステン・スチュワート出演の映画作品

彼女はほかにも、グリム童話「白雪姫」を原作に、独特のアレンジを加えたダークファンタジー作品『スノーホワイト』(2012年)、仏・瑞・独 合作のドラマ映画『アクトレス〜女たちの舞台〜』(2015年)など、数々の話題作に出演しています。

関連するおすすめのランキング

ユーザーのバッジについて

クリステン・スチュワート出演の映画を全作品観たことがある。

クリステン・スチュワート出演の映画を20作品以上観たことがある。

クリステン・スチュワート出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1トワイライト〜初恋〜

トワイライト〜初恋〜

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間121分
原作ステファニー・メイヤー『トワイライト』
監督キャサリン・ハードウィック
脚本メリッサ・ローゼンバーグ
製作マーク・モーガン、グレッグ・ムーラディアン、ウィック・ゴッドフレイ
製作総指揮-
メインキャストクリステン・スチュワート(ベラ・スワン)、ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)、テイラー・ロートナー(ジェイコブ・ブラック)、ビリー・パーク(チャーリー・スワン)、ピーター・ファシネリ(カーライル・カレン)ほか
主題歌-
公式サイト

吸血鬼に狼男、この恋どうなる!?

吸血鬼と人間が出会い、惹かれ合い、禁断の恋愛関係へという定番の流れだけど、クリステン・スチュワートと相手役のロバート・パティンソンがとにかく美しく、ふとした仕草や表情に見とれているうちに映画が終わってしまう。二人がイチャイチャしてるところまで美しいなんて‥!恋愛が始まったばかりの相手が気になるドキドキ感、相思相愛の盛り上がりを味わうことができる。続編もあるので、クリステン・スチュワートの美しさを(もちろんストーリーも!)長く楽しめる。

人と吸血鬼の純愛

普段吸血鬼系の映画や恋愛ものは見ないがこの作品ははまった。シリーズを通して素晴らしいがベラとエドワードがお互いに惹かれあっていき、シリーズを通して愛情が深くなるのがわかるトワイライト1が良い。そして、ただの恋愛ものではなく、吸血鬼らしさや縄張り争いなどアクション的な要素も上手に組み込まれていて良かった。

shun

shunさん

1位に評価

吸血鬼に恋する普通の女の子に挑む演技力が必見。

日本でも大人気だった今シリーズの第1話。ちょっとクールな女の子だけど、どんどん吸血鬼のエドワードに惹かれていくところがなんとも甘酸っぱい。日本でも大人気だったシリーズの第1話ですが、シリーズを通してクリステン・スチュワートが綺麗な大人の女性に成長していく過程も見どころ!

ナオ

ナオさん

1位に評価

残りの5件のコメントを読む

2パニック・ルーム

パニック・ルーム

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間112分
原作-
監督デビッド・フィンチャー
脚本デビッド・コープ
製作ギャビン・ポローン、ジュディ・ホフランド、デビッド・コープ、シーン・チャフィン
音楽ハワード・ショア
メインキャストジョディ・フォスター(メグ・アルトマン)、フォレスト・ウィテカー(バーナム)、ドワイト・ヨーカム(ラウール)、ジャレッド・レト(ジュニア)、クリステン・スチュワート(サラ・アルトマン)ほか
主題歌-
公式サイト-

ドキドキの連続

パニックスリラー的な映画の中でもこの映画は観てるこっちがハラハラしたりもどかしくなるような映画。それだけ映画の中に引き込まれる作品。新しい家でセーフルームがあったのだがある日強盗が入って逃げ込むことができたがその後がハラハラするシーンの連続。外部との連絡や強盗の目を掻い潜って脱出を試みたりとにかく面白いし、観ていてもどかしい。

shun

shunさん

2位に評価

”女性”になる前の中性的な魅力が前回の一作

クリステン・スチュワートと言えば、目元がきりっとしたイケメン系美人ですが、この作品の中の彼女はショートカットに少年のような体形で、一見性別が分からないような不思議な魅力がありました。
幼いながらも演技力は高く、ちょっと低めの声で皮肉っぽく話す様子も素晴らしいので絶対字幕がおすすめです。

Ryo011

Ryo011さん

1位に評価

ハラハラハラハラ止まらない

パニックルームという密室の状況から強盗達と戦う親子のサスペンス映画。母親役が有名なジョディ・フォスターで、可愛い子役がクリステン・スチュワートだが、なんだかクールな顔つきが似ている気がする。そこまでの怖さはないので、クリステンの立ち向かう姿を要チェック!

残りの3件のコメントを読む

3チャーリーズ・エンジェル(2019年)

チャーリーズ・エンジェル(2019年)

引用元: Amazon

『チャーリーズ・エンジェル』(Charlie's Angels)は、エリザベス・バンクス監督・脚本、エヴァン・スピリオトポウロス及びデヴィッド・オーバーン原案による2019年のアメリカ合衆国のアクション映画である。映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズの3作目であり、アイヴァン・ゴッフとベン・ロバーツによるオリジナル版テレビシリーズと劇場映画前2作『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)及び『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003年)の続編である。 タイトルキャラクターはクリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカが演じ、2019年11月15日にソニー・ピクチャーズ・リリーシング配給で公開された。

パワフルな女性たち

エンジェルと呼ばれるスパイである女性たちが、様々なミッションを達成してゆくストーリーが格好良いです。音楽も素敵なものばかりで、おすすめです。アクションでありながらコメディでもあるので見やすくて元気かでる映画です。

変装の達人!可愛い&カッコ良いアクションも最高

女性エージェントが全員可愛いかった中で、クリステンの演じたサビーナの変装クオリティがどれも素晴らしかったです。キリッとした顔でマシンガンのような銃を抱えているのも勇ましくてとてもカッコ良かったです!

4ランナウェイズ

ランナウェイズ

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間107分
原作シェーン・カーリー『ネオン・エンジェル』
監督フローリア・シジスモンディ
脚本フローリア・シジスモンディ
製作アート・リンソン、ジョン・リンソン、ウィリアム・ポーラッド
製作総指揮-
メインキャストクリステン・スチュワート(ジョーン・ジェット)、ダコタ・ファニング(シェリー・カーリー)、マイケル・シャノン(キム・フォーリー)、ステラ・メイヴ(サンディ・ウェスト)、スカウト・テイラー=コンプトン(リタ・フォード)ほか
主題歌-
公式サイト-

完成度バリ高

伝説のガールロックバンド”The Runaways”の伝記映画。
インパクト最強のライブパフォーマンスは必見。
映画見るまで知らなかったけど、どうやら彼女たちは海外より日本での人気が高かったらしい。
見る前にさらっと”The Runaways”のこと調べてから見たのだが、クリステン・スチュワートがジョーン・ジェット本人にそっくりすぎてびびった。

Minnie

Minnieさん

1位に評価

黒塗りメイクが似合いすぎて可愛すぎる!

クリステン・スチュワートはやはり不機嫌そうな表情が魅力的です。
この映画でもほとんどの時間不機嫌そうな表情をしていて、唇がとがっているのがすごくかわいいです。
冒頭で革ジャンを切るシーンで一瞬だけ本当にうれしそうに笑うのですが、表情が本当にリアルで、そのシーンだけでも見る価値ありです。

Ryo011

Ryo011さん

2位に評価

5スノーホワイト(2012)

スノーホワイト(2012)

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間127分
監督ルパート・サンダース
メインキャストクリステン・スチュワート(スノーホワイト)、シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)、クリス・ヘムズワース(エリック)、サム・クラフリン(ウィリアム王子)、イアン・マクシェーン(ビース)ほか
主題歌-
公式サイト-

新しい童話

誰もが知ってる白雪姫をアクション要素を取り入れて新しい形の映画になっている。童話のりんごの下りなどストーリーは原作通りにしっかり進めながらアクション要素と新しい演出を取り入れていて、童話好きじゃない人も楽しめる映画だった。また、邪悪な女王を演じたシャーリーズセロンの演技が本当に悪役でありながらどこか悲しげで完璧に演じきっていてあくやでありながら感情移入してしまう名演技だった。

shun

shunさん

3位に評価

魅力的になった

最初子役で見たときには、変わった顔立ちだけどすごく印象に残る子だなぁと思っていたのですが、年齢を重ねるにつれてその変わった顔立ちが素晴らしいくらい魅力的になっていて驚きました。白雪姫を演じることができる女優さんは世界にわずかしかいないと思いますが、この映画ではクリステンしかいません!

はる

はるさん

3位に評価

ダークな白雪姫

かなりダークな世界観です。ダークファンタジーな映画が好きなので、観ました。思った以上に暗い場面もありましたが、恐い映画が好きな人にはおすすめです。可愛らしい白雪姫とはまた違った魅力のあるダークな映画でした。

6アクトレス 女たちの舞台

アクトレス 女たちの舞台

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間124分
原作-
監督オリヴィエ・アサヤス
脚本オリヴィエ・アサヤス
製作シャルル・ジリベール
撮影ヨリック・ル・ソー
メインキャストジュリエット・ビノシュ(マリア・エンダース)、クリステン・スチュワート(ヴァレンティン)、クロエ・グレース・モレッツ(ジョアン・エリス)、ラース・アイディンガー(クラウス)、ジョニー・フリン(クリストファー)ほか
主題歌-
公式サイト-

女優の光と影が繊細に描かれている

女優たちの光と影の部分を繊細に描いている作品です。また女優生命の短さ、苦悩、世間からの酷評など華やかな世界ほど裏側で抱えている女優たちの孤独な心は見ていて泣けました。クリステンが演じたマネージャーも健気に頑張る素敵な女性でした。

7ザスーラ

ザスーラ

引用元: Amazon

『ザスーラ』は、2005年のアメリカ合衆国のSFファンタジー映画。ボードゲームで起こったことが実際の現実世界でも起きてしまうという内容で話題を呼んだ『ジュマンジ』や『急行「北極号」』の作者クリス・ヴァン・オールズバーグの同名絵本が原作。 撮影はカリフォルニア州のロサンゼルスとカルバーシティで行われた。

こんなボードゲーム嫌だ

3人姉弟が始めるゲームの内容(実際に起きて欲しくない)が現実に起きてしまって、さあどうなる?!無事にみんなで終わらせることができるのか?!という家族で楽しめる映画だ。お姉ちゃん役でクリステン・スチュワート出演しているが、これまた様々な災難にあう。思春期真っ盛りのお姉ちゃん姿をぜひみて欲しい!

8パーソナル・ショッパー

パーソナル・ショッパー

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間110分
監督オリヴィエ・アサヤス
メインキャストクリステン・スチュワート(モウリーン・カートライト)、ラース・アイディンガー(インゴ)、シグリッド・ブアジズ(ララ)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アーウィン)、タイ・オルウィン(ゲイリー)ほか
主題歌-
公式サイト-

9イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルド

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間148分
監督ショーン・ペン
メインキャストエミール・ハーシュ(クリストファー・マッキャンドレス)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(ビリー・マッキャンドレス)、ウィリアム・ハート(ウォルト・マッキャンドレス)、ジェナ・マローン(カリーン・マッキャンドレス)、キャサリン・キーナー(ジャン・バレス)ほか
主題歌-
公式サイト-

10イエロー・ハンカチーフ

イエロー・ハンカチーフ

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間96分
原作山田洋次『幸福の黄色いハンカチ』
監督ウダヤン・プラサッド
脚本エリン・ディグナム
製作アーサー・コーン
製作総指揮リリアン・バーンバウム
メインキャストウィリアム・ハート(ブレッド)、マリア・ベロ(メイ)、クリステン・スチュワート(マーティン)、エディ・レッドメイン(ゴーディ)、桃井かおり(モーテルの女主人)ほか
主題歌-
公式サイト-

11トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間116分
原作ステファニー・メイヤー『トワイライトⅣ』
監督ビル・コンドン
脚本メリッサ・ローゼンバーグ、ステファニー・メイヤー
製作ウィク・ゴッドフリー、カレン・ローゼンフェルト、ステファニー・メイヤー
音楽カーター・バーウェル
メインキャストクリステン・スチュワート(ベラ・カレン)、ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)、テイラー・ロートナー(時ジェイコブ・ブラック)、マッケンジー・フォイ(レネズミ・カレン)ほか
主題歌-
公式サイト-

ついにヴァンパイアになったベラ

夫婦として結ばれたエドワードの体液を体内に注入したため、バラはヴァンパイアになってしまいます。肌は青白く、目は赤くなります。その姿は、もともと美しかった見た目をより美しくさせていました。ヴァンパイアになった後の方が美人ですし、人としての芯も強くなっていて好きでした。

りり

りりさん

2位に評価

12アドベンチャーランドへようこそ

アドベンチャーランドへようこそ

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間107分
監督グレッグ・モットーラ
メインキャストジェシー・アイゼンバーグ(ジェイムズ)、クリステン・スチュワート(エミリー)、ライアン・レイノルズ(コンネル)、マーティン・スター(ジョエル)、ビル・ヘイダー(ボビー)ほか
主題歌-
公式サイト-

13オン・ザ・ロード(2012年)

オン・ザ・ロード(2012年)

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間137分
監督ウォルター・サレス
メインキャストサム・ライリー(サル・パラダイス)、ギャレット・ヘドランド(ディーン・モリアーティ)、クリステン・スチュワート(メリールウ)、キルスティン・ダンスト(カミール)、ヴィゴ・モーテンセン(オールド・ブル・リー)ほか
主題歌-
公式サイト-

14カフェ・ソサエティ

カフェ・ソサエティ

引用元: Amazon

『カフェ・ソサエティ』(原題:Café Society)は2016年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。監督・脚本はウディ・アレン、主演はジェシー・アイゼンバーグが務める。

15エージェント・ウルトラ

エージェント・ウルトラ

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間96分
原作-
監督ニマ・ヌリザデ
脚本マックス・ランディス
製作アンソニー・ブレグマン、ケヴィン・フレイクスほか
音楽マーセロ・サーヴォス
メインキャストジェシー・アイゼンバーグ(マイク・ハウエル)、クリステン・スチュワート(フィービー・ラーソン)、トファー・グレイス(エイドリアン・イェーツ)、コニー・ブリットン(ヴィクトリア・ラセター)、ウォルトン・ゴギンズ(ラファ)ほか
主題歌-
公式サイト-

16モンスターズ 悪魔の復讐

モンスターズ 悪魔の復讐

引用元: Amazon

『モンスターズ 悪魔の復讐』(原題:Lizzie)は2018年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画である。監督はクレイグ・ウィリアム・マクニール、主演はクロエ・セヴィニーとクリステン・スチュワートが務めた。

17ロスト・エモーション

ロスト・エモーション

引用元: Amazon

『ロスト・エモーション』は、2015年制作のアメリカ合衆国のSF映画。 リドリー・スコット製作総指揮。日本でもロケが行われ、世界的建築家の安藤忠雄の建築物が撮影に使用された。

18トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間117分
監督ビル・コンドン
メインキャストクリステン・スチュワート(ベラ・スワン)、ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)、テイラー・ロートナー(ジェイコブ・ブラック)、ピーター・ファシネリ(カーライル・カレン)、エリザベス・リーサー(エズミ・カレン)ほか
主題歌-
公式サイト-

結婚式のシーンが好きです

ついにエドワードとの結婚式を挙げることになります。花嫁姿は誰でもいつもより綺麗になると思いますが、クリステン・スチュワートはもともとが美人なのに、ウェディングドレスまで着たらもう本当に天使かと思うくらい綺麗でした。その後のハネムーン旅行で初夜を迎えるときに緊張する姿も可愛いです。

りり

りりさん

3位に評価

19ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

引用元: Amazon

『ジェレマイア・ターミネーター・リロイ』は2018年に公開された米英加合作のドラマ映画である。監督はジャスティン・ケリー、主演はローラ・ダーンが務めた。本作はサバンナ・クヌープが2011年に発表した自叙伝『Girl Boy Girl: How I Became JT Leroy』を原作としている。

イメチェンしたかっこいいクリステン・スチュワート!

日本では未公開の映画ですが、今までのヘアをばっさり切って坊主のクリステン・スチュワートが見られます。最初からハラハラドキドキの、まさにザ・スリラーです。本作でもクールなクリステン・スチュワートですが、演技力は毎作上がっている気がします...。

ナオ

ナオさん

3位に評価

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1ランナウェイズ

    ランナウェイズ

  2. 2トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  3. 3パニック・ルーム

    パニック・ルーム

  4. 4パーソナル・ショッパー

    パーソナル・ショッパー

詳細を見る
Minnie

Minnieさんの評価


0
  1. 1パニック・ルーム

    パニック・ルーム

  2. 2ランナウェイズ

    ランナウェイズ

  3. 3トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

詳細を見る
Ryo011

Ryo011さんの評価


0
  1. 1トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  2. 2パニック・ルーム

    パニック・ルーム

  3. 3スノーホワイト(2012)

    スノーホワイト(2012)

詳細を見る
shun

shunさんの評価


0
  1. 1トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  2. 2チャーリーズ・エンジェル(2019年)

    チャーリーズ・エンジェル(2019年)

  3. 3スノーホワイト(2012)

    スノーホワイト(2012)

詳細を見る
猫ちゃん

猫ちゃんさんの評価


0
  1. 1トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  2. 2トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2

    トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2

  3. 3トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

    トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

詳細を見る
りり

りりさんの評価


0
  1. 1パニック・ルーム

    パニック・ルーム

  2. 2トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  3. 3スノーホワイト(2012)

    スノーホワイト(2012)

詳細を見る
はる

はるさんの評価


0
  1. 1チャーリーズ・エンジェル(2019年)

    チャーリーズ・エンジェル(2019年)

  2. 2トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  3. 3アクトレス 女たちの舞台

    アクトレス 女たちの舞台

詳細を見る
ふうか

ふうかさんの評価


0
  1. 1トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  2. 2ザスーラ

    ザスーラ

  3. 3パニック・ルーム

    パニック・ルーム

詳細を見る
たけまる

たけまるさんの評価


0
  1. 1トワイライト〜初恋〜

    トワイライト〜初恋〜

  2. 2パニック・ルーム

    パニック・ルーム

  3. 3アンダーウォーター

    アンダーウォーター

詳細を見る
ナオ

ナオさんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ