みんなのランキング

ミラ・ジョボビッチ出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

バイオハザード:ザ・ファイナルフィフス・エレメントバイオハザード(映画)ジャンヌ・ダルク(映画)バイオハザード II アポカリプス

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数30
投票参加者数35
投票数152

フレンドリーな性格にかわいい笑顔が魅力的な「ミラ・ジョボビッチ」。抜群のプロポーションからモデルとしてキャリアを開始し、現在はハリウッド女優として大活躍しています。今回は「ミラ・ジョボビッチ出演の人気映画ランキング」をみんなの投票で決定!活躍の幅を広げるきっかけとなったSF映画の金字塔『フィフス・エレメント』や彼女の代表作である『バイオハザード』シリーズ、英雄となった少女の生涯を描いた伝記映画『ジャンヌ・ダルク』など多くのヒット作があるなか1位に輝く作品とは!?あなたのおすすめ映画も教えてください!

最終更新日: 2021/05/04

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「ミラ・ジョボビッチ」

バイオハザードで知られるミラ・ジョボビッチ

ミラ・ジョヴォビッチは、1975年12月17日生まれ、アメリカの女優。1988年に映画デビューを果たすと、1997年公開されたSF映画『フィフス・エレメント』でヒロインを好演し話題に。1999年にはフランスの英雄ジャンヌ・ダルクの半生を描いた主演映画『ジャンヌ・ダルク』が、2002年には日本のゲームを題材としたサバイバルホラー『バイオハザード』がそれぞれ公開。特に主人公のアリスを演じた『バイオハザード』は全6作が制作される、彼女の代表作となりました。

愛娘とバイオハザード最終作で共演!

ミラ・ジョボビッチは、代表作『バイオハザードシリーズ』を手掛けた監督「ポール・W・S・アンダーソン」と2009年に結婚しました。2人の間に生まれた長女「エヴァ・アンダーソン」は、『バイオハザード:ザ・ファイナル』(2016年)に重要な役どころで出演。美しすぎる親子の共演に注目が集まりました。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

ミラ・ジョボビッチは何位に?こちらも必見!

歴代ハリウッド女優ランキング

ユーザーのバッジについて

ミラ・ジョボビッチ出演の映画を全作品観たことがある。

ミラ・ジョボビッチ出演の映画を20作品以上観たことがある。

ミラ・ジョボビッチ出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1バイオハザード(映画)

バイオハザード(映画)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー家庭用の医薬品で高シェアを誇る大企業・アンブレラ社には、細菌兵器の研究開発を手掛ける軍事企業という裏の顔があった。ある日のこと。アンブレラ社の地下研究所で、生物兵器T-ウイルスが施設内に漏れ出し、その場にいる所員全員がT-ウイルスに感染する。事態の収束を図るアンブレラ本社は、自社の特殊部隊を現地に派遣。派遣された研究所内には、記憶喪失の女性アリス・アバーナシーや、警官だと名乗る謎の男性マット・アディソンなどがいた。そんな彼らを、人工知能の罠と、ゾンビ化したT-ウイルスの感染者たちが襲う。生き残りをかけたアリスたちの戦いの結末やいかに。
制作年2002年
上映時間100分
監督ポール・W・S・アンダーソン
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス・アバーナシー)エリック・メビウス(マット・アディソン)、ハイケ・マカチュ(リサ・アディソン)、ジェームズ・ピュアフォイ(スペンサー・パークス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
バイオハザード(映画)U-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中

もっと見る

ずっとゾンビと戦う宿命を背負って

たぶんミラ・ジョヴォヴィッチ本人も思っていなかったのではないでしょうか。自分がずっとゾンビと戦い続けることになるなんて。でも結果的に女優がこんなアクション映画大作のシリーズで主役をし続けるという、かなり羨ましいポジションでキャリアを獲得することができました。一体ミラ・ジョヴォヴィッチが倒したゾンビの数はどれくらいなのか、誰か数えていないかな。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

3位に評価

まずはこれ。

バイオハザードシリーズ最初の作品。記憶喪失ってのもあると思いますが、ミラジョボビッチ演じるアリスにまだ初々しさが残っています。ブロンドヘア×赤いキャミワンピが一番印象的な初代。その後、ホラーというよりも完全アクションとして次々と敵を捌いていきますが、まずは四の五の言わずこれを。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

日本人では知らない人はいない、大人気ゲームの実写化

大人気テレビゲームの実写化作品。日本人男性でこの有名ゲームをプレーしていない人はいないんじゃないでしょうか。
シリーズを通して、見覚えのあるキャラクターも登場し、興奮すること間違いなし。ミラが演じるアリスというキャラクターは、映画オリジナルキャラクターでゲームをプレーしたことがない人でも楽しめます。ゾンビを次々に倒すミラの姿が爽快の傑作。
この映画がきっかけでミラは日本で有名になりました。

yui

yuiさん

2位に評価

コメントをもっと読む

2フィフス・エレメント

フィフス・エレメント

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間126分
監督リュック・ベッソン
メインキャストブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(リー・ルー)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、トリッキー(ライトアーム)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中

もっと見る

ゾンビと戦う前に宇宙を救った

リュック・ベッソン監督&ブルース・ウィリス主演作ですが、ミラ・ジョヴォヴィッチが大作で世界に広く知られた大事な一作でもあります。世界を救う5番目の要素「フィフス・エレメント」をめぐる壮大なSF。でもそれよりもミラ・ジョヴォヴィッチの個性的すぎる存在感が魅力。この頃からコミック的なファンタジーとの相性を発揮していたのか。この作品はゾンビと戦いまくるためのウォーミングアップなのです。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

1位に評価

まだ初々しいミラ

私が初めてミラ・ジョヴォヴィッチを観た映画ですが、最初はブルースウィルスが好きだからと見始めました。デビュー作では無いものの今の演技よりは初々しさが残っています。SF好きでミラが好みならば観ておいて損はなし!赤髪がとても似合い、不思議なエロティシズムを感じられる映画です。

小梅

小梅さん

1位に評価

時代を先取りした圧倒的なシャレオツ世界観

ミラ・ジョボビッチの名を有名にした映画で、幼い頃に見た映画の中では印象に残っている衝撃的な作品。オレンジ色のミラの姿は美しく、共演しているブルース・ウィリスもセクシー。SF好きは勿論、女優ミラ・ジョボビッチの魅力を存分に味わえる代表的作品なので、どんな方にでもおすすめ。

yui

yuiさん

1位に評価

コメントをもっと読む

3ジャンヌ・ダルク(映画)

ジャンヌ・ダルク(映画)

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間158分
監督リュック・ベッソン
メインキャストミラ・ジョボヴィッチ(ジャンヌ・ダルク)、ジョン・マルコヴィッチ(シャルル7世)、フェイ・ダナウェイ(ヨランド・ダラゴン)、ダスティン・ホフマン(ジャンヌの良心)、ヴァンサン・カッセル(ジル・ド・レ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ゾンビと戦う前にフランスを救った

ジャンヌ・ダルクは最も有名な偉人かもしれませんが、日本でのキャラクター化などの創作が人気すぎて、さすがに本来のジャンヌ・ダルクが忘却されている部分も否めません。でもこの映画で我らがミラ・ジョヴォヴィッチがその歴史を自ら体現してご教授してくれます。かなり過激な描写を連発しているので少し見るのは精神的にキツイかもしれないというのがネックですけど…。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

2位に評価

フランスで実際にいた英雄を描いた映画

17世紀のフランスが舞台の実際に存在したといわれる英雄をモチーフにした映画。ミラの男勝りな短髪が見られる映画もコレ。
ジャンヌダルクは他にも存在しますが、近年の技術により映像がすごくきれいで、戦闘シーンは迫力があります。

yui

yuiさん

3位に評価

強い

これまた、リュック・ベッソン監督作品。ジャンヌダルクを演じてるはずなのに、素でやってるのかなと思った。強い!綺麗!かっこいい!この人はなにをやっても綺麗。

まめ

まめさん

2位に評価

コメントをもっと読む

4バイオハザード:ザ・ファイナル

バイオハザード:ザ・ファイナル

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間106分
監督ポール・W・S・アンダーソン
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)、アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)、ショーン・ロバーツ(ウェスカー)、ルビー・ローズ(アビゲイル)、ローラ(コバルト)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://bd-dvd.sonypictures.jp/biohazard6/

もっと見る

ミラといえば

ミラ・ジョボビッチといえば、やはり「バイオハザード」でしょ!シリーズの中でもこのラストフィルムは特にいいです。ホラームービー系でアクションムービー系が絶対好きな人に絶対グッドです。また彼女の冷徹な感じがなんとも言えません。

最終章

14年間にわたるシリーズ作品の最終章を飾るにふさわしい作品だ。
1作目から変わらぬミラの美貌と、アクションのキレがカッコよく、最後まで中だるみなく観れる。
ミラのバイクにまたがる堂々とした姿も個人的には好き。

ゆき

ゆきさん

1位に評価

シリーズ最終作

大人気バイオハザードシリーズ最終作。
過去作品と比べても迫真の演技が一際輝いている。
また第1弾からみたくなった。

Minnie

Minnieさん

1位に評価

コメントをもっと読む

5バイオハザード II アポカリプス

バイオハザード II アポカリプス

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間94分
監督アレクサンダー・ウィット
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(ミラ)、シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン)、ジャレッド・ハリス(アシュフォード博士)、オデッド・フェール(カルロス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

原作に忠実

あまりに原作に忠実なジルや演出に影をひそめると思いきや、ミラ演じるアリスのゾンビ無双の始まりとなってしまった。
原作に近い表現を数多くしてくれており、なおかつスタイリッシュなアクションで爽快さも失わない見事な作品!

masakari

masakariさん

2位に評価

2作目

待ってました2作目!ミラがかっこよくて大好き。

6三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間111分
監督ポール・W・S・アンダーソン
メインキャストローガン・ラーマン(ダルタニアン)、マシュー・マクファディン (アトス)、 レイ・スティーヴンソン(ポルトス)、ルーク・エヴァンズ(アラミス)、ミラ・ジョヴォヴィッチ (ミレディ・ド・ウィンター )ほか
主題歌・挿入歌When We Were Young / テイク・ザット
公式サイト-

もっと見る

これしかない

【歴史】と【ミラ】を堪能するならこの作品しかない! ... という思いから選びました。それから、今の自分がそうでありたいという思いから、男性たちと互角に渡り合う二重スパイの《ミレディ》に憧れてやまないという思いもあります。そして、中世の世界に3Dアクションが組み込まれていますから、見ごたえもあります。私にとってはバイオハザードシリーズを抑えて堂々のトップに相応しい作品です。

ドレスも似合う…

なかなか珍しいミラのドレス姿が見れる映画ですが、その正体は女怪盗?!しかも色気使うシーンもあって「あれ?これって不〇子ちゃんみたい…」なんて思ってしまいます。
この時代ではこんな自由奔放な事を女性がする事はなかったのでしょうが、自分の好きに生きているようなキャラがとても魅力的でした。とある所に
盗みに入る際にビスチェ姿で行動しているシーンはドキドキしました!

小梅

小梅さん

3位に評価

スタイル抜群

さすがモデル出身なだけあってスタイルが良くてドレスがとても似合う。

7バイオハザードV リトリビューション

バイオハザードV リトリビューション

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間96分
監督ポール・W・S・アンダーソン
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス・アバーナシー)、ショーン・ロバーツ(アルバート・ウェスカー)、ミーガン・シャルバンティエ(レッドクイーン)、ミシェル・ロドリゲス(クローンレイン)、リー・ビンビン(エイダ・ウォン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

金属バッドで戦うの新鮮

前髪ぱっつんでチェックシャツ、そしてどっから生まれたのか子供がいる、という斬新なはじまり方します。その後「やっぱ気のせいだったけど、こういうのもたまにはいいね」的なかんじで収まります。渋谷のスクランブルで中島美嘉がパッカーンッするのはこのシリーズ。従来よりもSFみが強いというか、ちょっと違った見せ方です。全身黒のピタピタでヴァンパイアハンター感ある衣装もいい。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

ビジュアル良し

ミラだらけになる。ミラ好きなら喜ぶ作品。シリーズ作としてはあまりよくないけど、バイオハザードの人気キャラ、レオンがかっこよくてミラも綺麗で見た目が良い。

まめ

まめさん

4位に評価

8バイオハザード III

バイオハザード III

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間94分
監督ラッセル・マルケイ
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス・アバーナシー)、アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)、オデッド・フェール(カルロス・オリヴェイラ)、スペンサー・ロック(Kマート)、マイク・エップス(ロイド・ジェファーソン・ウェイド)ジョシュ・ハッチャーソン(ショーン・アンダーソン)、ルイス・ガスマン(ガバチョ)、ヴァネッサ・ハジェンズ(カイラ二)、ヴァネッサ・ハジェンズ(カイラニ)ほか
主題歌・挿入歌Don't be Afraid / L'Arc-en-Ciel
公式サイト-

もっと見る

人類最強

スタートから割と衝撃的なシーンで飛ばしていきます。世界の人々は完全にアンデッド化、無法地帯と化した地上が舞台。組織から逃げ回っているアリスはすっかり洗練されて出てきます。個人的に衣装が好み。武装してはいるものの、スタイリッシュでファッショナブル。どこであんなロングコート見付けてきたんだ。かっこいい。あと、アリスのクローンに赤いキャミワンピを着せまくってますが、誰の趣味なのか気になるところ。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

強い!

前に増してパワーアップ!強くてかっこいい。ゲーム感も強いかもと思います。

9エターナル 奇蹟の出会い

エターナル 奇蹟の出会い

引用元: Amazon

「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ主演で贈るハートウォーミングストーリー。ひょんなことから恋に落ちた教師・スラヴァとナージャ。ところが結婚式当日、スラヴァは校長の陰謀によりサッカーチームの監督にされてしまい…。

もっと見る

アクション映画では見ることのできない女性らしいミラの姿がとってもキュート

アクション女優としてではない、ミラの一面を楽しみたい人にはこの映画が一番。ロシア語を話すミラも新鮮でとってもキュート。
恋人を待つ可憐な女性を演じたミラの姿は、どんな男性もきっと惚れてしまうはず。他の映画とのギャップに心を奪われました。

yui

yuiさん

5位に評価

新鮮

これまで、アクション女優としてのイメージが強かっただけに、この映画で見せた平凡で一途な女性の姿は、とても新鮮でした。笑って泣けて、最後には心の中がとても暖かくなり、人との出会いは偶然から始まることもあるのだと思わせてくれた作品です。

ゆう

ゆうさん

1位に評価

10サバイバー(2015)

サバイバー(2015)

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間97分
監督ジェームズ・マクティーグ
メインキャストミラ・ジョボヴィッチ(ケイト・アボット)、ピアース・ブロスナン(時計屋)、ディラン・マクダーモット(サム・パーカー)、アンジェラ・バセット(クレイン駐英大使)、ロバート・フォスター(ビル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

かっこいい!

テロ防止の為、ビザ審査をしていたミラ。あやしいと思った相手を調べていたらあらぬ容疑をかけられ、殺し屋さんといろんな組織に追われて逃げつつも、テロ阻止!!中盤から信念を貫く感じでどんどんカッコいくなってくる!

強すぎ

とにかくミラが強すぎる。どの映画でも強いんだけどw。しかしミラは年をとらない、ピアーズブロスナンが年をとったなぁと思いました。

まめ

まめさん

5位に評価

11パーフェクト・ゲッタウェイ

パーフェクト・ゲッタウェイ

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間97分
監督デヴィッド・トゥーヒー
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(シドニー)、スティーヴ・ザーン(クリフ)、キエレ・サンチェス(ジーナ)、ティモシー・オリファント(ニック)、マーリー・シェルトン(クレオ)、クリス・ヘムズワース(ケイル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

アクションスリラー

新婚旅行が二人組の猟奇殺人犯によって恐怖へと変わってしまうアクションスリラー。
どんでん返しとハワイの美しい自然をご堪能あれ!

Minnie

Minnieさん

3位に評価

12チャーリー

チャーリー

引用元: Amazon

『チャーリー』(Chaplin)は、1993年公開のイギリス映画。チャーリー・チャップリンの生涯を描いた伝記映画。 第65回アカデミー賞主演男優賞、美術賞にノミネートされ、第46回英国アカデミー賞では主演男優賞を受賞した。

もっと見る

悪女っぽい

チャールズ・チャップリンの伝記映画で、彼女は、チャップリンの最初の妻だったミルドレッド・ハリス役で出演しています。

当時の彼女はまだ17歳。ミルドレッド・ハリスも実際に十代でチャップリンと結婚したので、年齢的にもぴったり合っています。

この映画で一番印象に残っているのが、彼女がチャップリンを演ずるロバート・ダウニー・ジュニアを誘惑するシーン。初めて映画館で観たとき、十代とは思えない色っぽさに引き込まれてしまいました。ミルドレッドの悪女っぽい雰囲気もぴったりで、まさに彼女しか考えられない配役です。

dsjnf

dsjnfさん

1位に評価

13フューチャーワールド

フューチャーワールド

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間88分
監督ジェームズ・フランコ、ブルース・ティエリー・チャン
メインキャストジェームズ・フランコ(ウォーロード)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ドラッグロード)、ルーシー・リュー(クイーン)、スーキー・ウォーターハウス(アッシュ)、ジェフリー・ウォールバーグ(プリンス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

地球を救うアンドロイド

荒廃した地球に住む荒廃した人間。
アンドロイドがそんな世界を救うというストーリー。
人間が使い物にならなくて、アンドロイドに助けられるというのはちょっぴり悲しい。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

14ミリオンダラー・ホテル

ミリオンダラー・ホテル

引用元: Amazon

『ミリオンダラー・ホテル』(The Million Dollar Hotel)は、2000年に公開されたドイツ・イギリス・アメリカの合作映画。ヴィム・ヴェンダース監督。 第50回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(審査員賞)を受賞。

もっと見る

美しい愛の物語、悲しく切なさもあって心に残る。音楽がまた美しい。

15フェイシズ(2011年)

フェイシズ(2011年)

引用元: Amazon

『フェイシズ』(Faces in the Crowd)は、2011年のアメリカ合衆国のミステリ・サスペンス映画。2011年9月16日にカナダのアトランティック映画祭で初上映された[2]が、本国アメリカでは劇場公開されず、DVDスルーとなった。

もっと見る

ドキドキ

少し前に深夜の映画枠で放送してた。人の顔が認識できないという役柄で、犯人が誰かを考えるのにドキドした。

読めない

最後の最後まで展開が読めないストーリーが面白かった

にー

にーさん

3位に評価

16アナーキー(2014年)

アナーキー(2014年)

引用元: Amazon

『アナーキー』(原題: Cymbeline、別題: Anarchy)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたクライムドラマ映画。ウィリアム・シェイクスピア作の戯曲『シンベリン』を現代のニューヨークに置き替えた作品。

もっと見る

強い

したたかで強い妻の役にハマっていた

にー

にーさん

2位に評価

17ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレット

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間87分
監督カート・ウィマー
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(ヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフ)、キャメロン・ブライト(シックス)、ニック・チンランド(ファーディナンド・ダクサス)、ウィリアム・フィクナー(ガース)、セバスチャン・アンドリュー(ナーヴァ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

とにかくミラの戦闘シーンがかっこいい

ミラの美しく、気高く、かっこいい姿を見たい人には間違いなくこの映画をお勧めします。舞台は近未来の世界で未知のウイルスと人類は戦っています。
ミラは作中で殺し屋を演じ、陰謀を企む政府と戦っていくという話。話の内容よりも、黒色で長髪のヴァイオレット役のミラがただただ美しくかっこいい。
ファンには是非見て欲しい一作。

yui

yuiさん

4位に評価

18バイオハザード IV アフターライフ

バイオハザード IV アフターライフ

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リーゾンビ化を促すT-ウイルスの蔓延により、滅びつつある人類。超人的な身体能力を武器に多くのゾンビを葬ってきたアリスは、自身のクローンを率いて日本の渋谷にある、アンブレラ社の東京地下要塞を襲撃する。東京を後にしたアリスは、ウイルスによる感染の影響が及んでいないという噂の「アルカディア」を目指し、アラスカへ。そこで旧友のクレア・レッドフィールドと出会ったアリスは、飛行機に乗って、ロサンゼルスへ向かった。2人は大量のゾンビに囲まれたロスの刑務所で、ウイルスに感染されていない生存者たちを発見する……
制作年2010年
上映時間97分
監督ポール・W・S・アンダーソン
メインキャストミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス・アバーナシー)、アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)、ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド)、ボリス・コジョー(ルーサー・ウェスト)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

19記者たち~衝撃と畏怖の真実~

記者たち~衝撃と畏怖の真実~

引用元: Amazon

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(きしゃたち しょうげきといふのしんじつ、原題:Shock and Awe)は2017年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はロブ・ライナー、主演はウディ・ハレルソンとジェームズ・マースデンが務めた。

もっと見る

20ストーン(2010)

ストーン(2010)

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間109分
監督アンガス・マクラクラン
メインキャストロバート・デ・ニーロ(ジャック・メイブリー)、エドワード・ノートン(ストーン)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ルセッタ・クリーソン)、フランセス・コンロイ(マデリン・メイブリー)、ピーター・ルイス(ミッチ・ウォーデン刑務所長)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

狂わされる

彼女自身が狂わされ、また彼女が狂わせます。3人の中でさまざまな思惑が絡み合う中でどんな結末になるのか全く分かりませんでした。
ミラ自身の美しさが際立つ作品でもあり、最後まで見ていくと怖くなってしまう部分もあり、最後にはどんでん返しがあり、何度も見たくなる作品です。

21

21位~30位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ