みんなのランキング

北杜夫の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

どくとるマンボウ青春記どくとるマンボウ航海記ぼくのおじさん(小説)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数4
投票参加者数2
投票数4

医師の一家に生まれ、自身も精神科医として勤めながら同人雑誌で小説を連載していた北杜夫。芥川賞を受賞したことで若い世代に多くのファンを抱える人気作家となりました。今回はそんな『北杜夫作品』のおすすめ人気ランキングをみんなの投票で決定!インド洋から欧州へ船で渡った体験を描いたエッセイ『どくとるマンボウ航海記』や、第二次大戦末期に安死術に抵抗した医師たちの苦闘を描く『夜と霧の隅で』、ある裕福な一家が没落の一途を辿る『楡家の人びと』など、人気の代表作は何位にランクインしているのか!?あなたがおすすめしたい北杜夫の作品も教えてください!

最終更新日: 2020/01/29

ランキングの前に

1分でわかる「北杜夫」

作家だけでなく精神科医としても活躍する「北杜夫」

1972年5月1日、東京都出身の、北杜夫。大学卒業後は精神科医として勤める傍ら、作家を志し同人雑誌「文藝首都」で数々の小説を連載。1958年には、船医としての経験をユーモラスに描いた『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーとなり、1960年には『夜と霧の隅で』で第43回芥川龍之介賞を受賞。作家としての地位を確立し、『楡家の人びと』(1964年)や『巴里茫々』(2011年)など、84歳でこの世を旅立つまで数々の作品を作り出してきました。ユーモラスな文体で綴られた彼の作品は、若い世代を中心に高い支持を獲得し、エッセイや純文学、児童文学、ファンタジーなど手がけるジャンルは多岐に渡ります。

関連するおすすめのランキング

ジャンル別の人気作品はこちらでチェック!

恋愛小説ランキング

SF小説ランキング

短編小説ランキング

このランキングの投票ルール

本ランキングにおける北杜夫の書籍の投票範囲は、彼が手がける作品です。随筆や共著、エッセイなどの作品にも投票が可能です。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

ユーモアがあって面白い

かなり真面目な文章なのに、こんなに面白く読めるのって冷静にすごいよなと思った作品。作者のユーモラスな感じに、すごいハマった。どのページにも笑えるポイントがあって、ワクワクした気持ちで読み進められる本なので、世代を問わずに楽しめると思う。

報告

何度読んでもいい本

自分が高校生のときに初めて読んでから、30回以上は読み返している本。本当に何度読んでも飽きないし、時間が経ってからまた読みたいと思わせてくれる。作者の、ときどき笑えるギャグ線とスマートさ、ちょっと自虐的さもあるなかに、芯があるような、そんな文章がすごく好き。

報告

ダメな叔父さんの話

ダメおじさんの日常を小学生の甥っ子目線でユーモラスに描いた作品。僕がこの甥っ子なら、ダメなオジサンを慕ってしまうだろうな、、、と思いながら読んだ。

報告

運営からひとこと

作家と精神科医の2つの顔を持つ、北杜夫の作品が大集結する「北杜夫の人気書籍ランキング」。ほかにも、ジャンル別・作家別の人気書籍ランキングも公開中。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

ジャンル別の人気作品はこちらでチェック!

恋愛小説ランキング

SF小説ランキング

短編小説ランキング

ほかの人気作家たちの作品も必見!

有川浩の書籍ランキング

伊坂幸太郎の書籍ランキング

辻村深月の書籍ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ