みんなのランキング

【人気投票 1~19位】辻村深月の書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

冷たい校舎の時は止まる(上)ツナグ(小説)かがみの孤城凍りのくじらスロウハイツの神様

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数19
投票参加者数54
投票数151

思春期の若者を主軸としたストーリーに定評がある「辻村深月」。今回はそんな彼女の作品にスポットをあて「辻村深月の人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定します。直木賞を受賞した『鍵のない夢を見る』をはじめ、国民的作品「ドラえもん」へのオマージュともいえる『凍りのくじら』や、本屋大賞を受賞した『かがみの孤城』、映画化もされた『ツナグ』などの人気作品は果たして何位にランクインするのでしょうか!投票では、完結作品から新刊小説本までOKです。あなたが好きな作品も教えてください!

最終更新日: 2022/08/21

ランキングの前に

1分でわかる「辻村深月」

数々の話題作を世に送り出している「辻村深月」

1980年、山梨県出身の辻村深月。2004年に高校生のころに書き始めた作品『冷たい校舎の時は止まる』で、第31回メフィスト賞を受賞し、作家デビューを果たしました。その後、2006年に第27回吉川英治文学新人賞候補となった『凍りのくじら』をはじめ、『鍵のない夢を見る』(2012)や、『かがみの孤城』(2018)など、思春期の若者の繊細さや微妙な心情をとらえた作品を数多く発表しています。なかでも、2010年に発行された『ツナグ』は、第32回吉川英治文学新人賞を受賞し、2012年に映画化も果たしたベストセラー作品となりました。

「辻村深月」が手がけた、小説版『ドラえもん』

幼少期から『ドラえもん』のファンだったという辻村深月。2019年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の脚本、および同作の小説版を手掛けました。脚本を女性作家が単独で担当するのはシリーズ初の試みとなり、注目を集めました。

ユーザーのバッジについて

辻村深月の作品を全作品読んだことがある。

辻村深月の作品を15作品以上読んだことがある。

辻村深月の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

不安や苦しさがひしひしと伝わってきて涙がとまりません

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
子供だけではなく、大人でも生きにくい世の中。現代に生きるそんな孤独や不安を抱えた人には、この本には共感できる部分が多いのではないでしょうか。
一気に読み切ってしまった涙が止まらない本でした。

kabo

kaboさん

1位に評価

報告

全てを知ったとき、感動の波に襲われる

いじめが原因で不登校になってしまった主人公のこころ。ある日、鏡が光り、鏡の奥に入ってしまいます。そして鍵を見つけることができれば願い事を何でも叶えてくれるという狼の少女。彼女は一体なんなのか。そして集められた少年少女7人の繋がりを知ったとき、涙が止まりませんでした。ぜひ読んでほしいです。

報告

2018年本屋大賞を受賞した作品でとても読みやすい

最初からぐいぐいと作品の中に、鏡の中にひきこまれていく感じがしてとても面白い。内容も主人公たちの成長物語でありSFやミステリ要素もあり、さらには「いじめ」「不登校」というテーマも含んでいる、作者の魅力すべてが詰まった贅沢な一冊になっている。

報告
コメントをもっと読む

ひとつひとつの物語が感動!

亡くなってしまった人ともう一度合わせられるツナグ。ツナグに大切な人と合わせてもらったとき、それぞれが抱えている物が死者との対話でどのように変化するのかが見所です。はたしてもう一度死者と会うことが生者を救うのか。そしてツナグとはなんなのか。死者との対話後、ある者は救われ、ある者は捕らわれる。ぜひ読んで欲しい作品です。

報告

感動で涙が止まらない

死者と会わせてくれるツナグという人がいて、その人に様々な人物が頼みに来るという短編集です。人生において人それぞれの後悔を持っていて、死者と会うことで納得できた人もいれば、後悔が増えた人もいて、ひとりひとりに感情移入して涙します。

もも

ももさん

2位に評価

報告

心に沁みる作品

ツナグは、生と死をテーマにした作品です。一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれる使者との模様を描いています。誰もが考えたことがあると思います。それぞれの思いを抱え、死者と再会するシーンは、とても心に響きます。

報告
コメントをもっと読む

辻村深月といえばドラえもんですが、ドラえもんが特に溢れているのがこの作品です!

辻村深月といえば、ドラえもんの映画の脚本を担当するほどのドラえもん好きで有名です。いろいろな作品でドラえもん要素や、ドラえもんのコンセプトであるSF(少し、不思議)が登場しますが、こちらの作品は特にドラえもん愛が詰まっていて、まさに辻村深月!という感じです。

Nyao

Nyaoさん

1位に評価

報告

ドラえもんアイテム!!!なぜドラえもんアイテムなのかは読んでみてください

藤子・F・不二雄を崇拝する父親が失踪して5年の月日が流れ、高校生になった娘に降りかかる様々な出来事。話の流れに逆らわず、ドラえもんの道具が出てくるのもなんだかほっこりします。一言では言えないなんとも不思議なでも優しい気持ちになれる作品です。

kabo

kaboさん

3位に評価

報告

大人になってから読むとより感動できる

ザ・思春期な女子高生が主人公ですが、さまざまな悩みを抱えながら1人の少年に出会うことで成長していく物語です。母の病気と向き合うことや友人関係のごたごたなど大変なことが多く降りかかりますが、変わっていく主人公を見ると元気が出る作品だからです。

報告
コメントをもっと読む

辻村深月のデビュー作

2004年に刊行され、第31回メフィスト賞を受賞した辻村深月のデビュー作です。
高校3年生の生徒たちが主人公です。ある日突然、無人の校舎に8人の高校生が閉じ込められ、そこからの脱出を目指す物語です。
校舎からの脱出には、名前の思い出せない自殺した同級生が関わっているのではないかと考え、そこから物語が大きく動き出します。
ミステリーでありながら、ファンタジーでもある、時空を自由自在に操りながら紡がれる青春小説の体もなしていると感じます。
辻村深月さんは、まだまだお若く、これからたくさんの作品を生み出していくかと思いますが、それらを読む前[続きを読む]

報告

伝説はここから始まった!

辻村ワールドが始まった一冊です。すべてがつながっている初期作品の世界観はここがスタート。小説内には辻村深月というキャラクターが登場し、SF(少し、不思議)で最後の最後でどんでん返し、名前トリックもあり、など辻村深月といえばこれ!という特徴がぎゅっと詰まっています。

Nyao

Nyaoさん

4位に評価

報告

衝撃のデビュー作

この本がデビュー作と知ったときは驚きました。それくらいすごく良くできた作品だと思います。
ミステリーではあるけれど、それ以上に青春だったりとか、恋愛だったりとか、いじめなどの問題だったりとか、ファンタジー要素まであるという盛沢山の本です。

mino

minoさん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

個性的なキャラクター

辻村さんの作品はどれも個性的なキャラクターが多いように思いますが、この本は特にキャラクターがぶっ飛んでいる気がします。けれど自分から離れてしまっていないというか、感情移入してしまう部分は多いです。
展開もあっと驚くようなミステリー要素がありつつも、ハートフルで素敵です。
チョコレートケーキ、見てみたいし食べたいです。

mino

minoさん

2位に評価

報告

一途に思う愛がアツイ

主人公の公ちゃんを思ってる気持ちと好きだからこそ起こす行動に共感出来るのはもちろんですが、後半のどんでん返しと怒涛の伏線回収、公ちゃんが持つ秘密とはなんなのか。スロウハイツ皆の団結力に心打たれること間違いないからです。

報告

全ての小説のナンバーワン

この本は今まで読んだ本の中でも1番好きな本です。長いけれどあっという間に読み終えてしまいます。そして、読み終わった後に終わってしまうことさえも残念に思ってしまうほどでした。
登場人物たちが決して完璧ではなく、けれど完璧ではないからこそいいんです。そして、いつきくんの成長っぷりが応援したくてたまらなくなります。
合間合間に出てくるおじいちゃんの料理もおいしそうで、食欲までそそられます。

mino

minoさん

1位に評価

報告

ラスト数ページで全てがひっくり返る!

主人公の自殺した同級生を探すいつき。彼は未来から来て、同級生の誰かが自殺し、自分はそれを止めるために時を遡ったと言います。いつきに協力するあすなや他の仲間たち。はたして自殺する同級生とは誰なのか。いつきたちは自殺を止めることができるのか。そして、ラスト数ページで世界がひっくり返ります。ぜひ読んでください。

報告

家族を描いた全7篇の物語です。

家族の在り方は家族によって異なります。そして、面倒なこともあり、うっとうしいこともあり、逃げたいこともあり、家族がいて良かったと思うこともあり、かけがえのない存在と思う瞬間もあるのも事実。すべてひっくるめて家族なんだと思いました。

usa

usaさん

3位に評価

報告

家族に接する温かさと難しさを痛感

全7編からなる家族の物語です。一つ一つが身近な存在をテーマにしているだけあって、あっという間に読んでしまいました。
平凡な日常にありそうな話だからこそ、心に響きます。読んだあと家族に優しくしたくなりますよ!

kabo

kaboさん

2位に評価

報告

子育て世代には重いテーマです。

子供を授かりたくても授かることができなかった人、授かったら困ってしまうのに授かってしまった人。それぞれに色んな葛藤を抱えているし、とても深刻な問題になりかねないし、でも、現実に起こりうる問題でもあると感じました。

usa

usaさん

1位に評価

報告

ファンタジーだけじゃない小説

不思議な力を持つ主人公の少年が、大好きな女の子のためにその力を使い凶悪犯と戦おうとするお話ですが、その大切な力を使うまでの期間に同じ力を持つ先生と一緒に考え悩みながら成長していく姿を見ると応援したくなる作品だからです。

報告

知っている人にたくさん出会える一冊!

辻村深月の初期作品は、キャラクターが作品を超えて登場することで有名です。こちらの作品には「凍りのくじら」で出てくる人も登場しますし、違う作品で大きな謎を残す人物の秘密が描かれてもいます。辻村ワールドが大好きな人は、あっと驚く仕掛けがいっぱい見つけられるでしょう。

Nyao

Nyaoさん

2位に評価

報告

思春期の恋と友情が優しい作品

島はぼくらとは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島・冴島での話です。四人の幼馴染の高校生と大人たちの温度差もリアルで、離島の現状が良く分かる作品でもあります。地方の過疎化についても書かれており、青春ものだけど考える部分も多かったです。

報告

短編ミステリーで読みやすい

『鍵のない夢を見る』は「犯罪」というテーマを扱い人間の本性、本質をあぶり出そうとする短編ミステリー集で一遍だけ読もうと思っているのに面白いから次に次にとどんどん読んでいってしまう。辻村深月は長い小説が多いがこれは長編より短編が好きな人にも読んでもらえると思う。

報告

びっくりするような展開の連続

最初読んだときは外れかなと思ってしまいました。けれど、読み直しているうちにどんどん好きになってしまいました。
究極の片思いというか、こんなに悲しい結末を迎えなくてもいろんな方法があったんではないかと思ったりとか、いろんな複雑な気持ちになります。
それでも読んでしまうほどの魅力のある本です。

mino

minoさん

3位に評価

報告

13V.T.R.

V.T.R.

引用元: Amazon

参考価格616円(税込)

もっと見る

「スロウハイツの神様」のチヨダコーキが書いたラノベが読めるなんて感動!

こちらの作品は「スロウハイツの神様」という別作品に登場する小説家・チヨダコーキが執筆したという設定で辻村深月が書いているラノベです。微妙に文体が違うのに、どこか辻村節が見え隠れしています。そして辻村ファンなら絶対に読みたいコーちゃんのラノベが実際に読めるなんて、感動しかありません!

Nyao

Nyaoさん

3位に評価

報告

ドラマ化もされた、あたたかい気持ちになりたい人におすすめです

人気結婚式場の一日を舞台にした作品。作品を通して、人ってなんだろうなってちょっと考えさせられる作品です。大安の日にホテルで行われるの4組の結婚式をそれにかかわる人たちの視点で捉えています。
幸せいっぱいの話かと思って読んでいたら…。でも最後には温かい気持ちになれるので最後まで読んでほしい作品です。

kabo

kaboさん

4位に評価

報告

題名に鳥肌

母親を殺してしまった女性と彼女のかつての友人の二人をメインに描かれています。彼女たちの心情などがとても細かく繊細に表現されていて、共感できるところが多いです。そして、なによりも最後で題名の意味が分かり、鳥肌が立ちました。

もも

ももさん

4位に評価

報告

ママ友、保活、受験などなど、子供にまつわる内容です。

同じく子供を育てる身としては、わかるわかると共感しながら読めました。

usa

usaさん

4位に評価

報告

少年の成長物語

母親と暮らす少年。記者に追われて逃げている2人。なぜ親子は逃げているのか。そして日本各地を逃げる2人は、それぞれの環境で強く生きます。成長していく母親と少年。そして2人が逃げる原因となった父親の存在。少年と母親の成長過程に注目です。

報告

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ