みんなのランキング

河瀬直美監督の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

光(映画)玄牝 -げんぴん-あん朝が来る(映画)2つ目の窓

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数12
投票参加者数8
投票数40

世界的に評価の高い作品を数多く手掛けてきた映画監督「河瀬直美」。特にカンヌ国際映画祭にいくつもの出品しており「カンヌに愛された映画監督」の名を欲しいままにしています。今回みんなの投票で決めるのは「河瀬直美監督の人気映画ランキング」。樹木希林を主演に迎えた『あん』、失明寸前のカメラマンと人生に迷う女性のラブストーリー『光』、オスカー女優ジュリエット・ビノシが主演した『Vision(ビジョン)』などの話題作のほか、話題の新作もランクイン?あなたが好きでおすすめしたい河瀬直美監督作品を教えてください。

最終更新日: 2020/12/01

ランキングの前に

1分でわかる「河瀬直美」

自主制作映画で注目を集めた河瀬直美

河瀬直美は、1969年5月30日生まれ、奈良県出身の映画監督。専門学校を卒業したのちに手掛けた自主制作映画『につつまれて』と『かたつもり』が山形国際ドキュメンタリー映画祭の各賞を受賞し、注目を集めます。その後も映画監督としていくつもの作品を手掛けるほか、2020年の東京オリンピック公式記録映画の監督にも抜擢されました。

『萌の朱雀』で世界的な評価を得る

河瀬直美が初めて商業用に制作した映画は1997年に公開された『萌の朱雀』。この作品で彼女は、カンヌ国際映画祭のカメラ・ドール(新人監督賞)を、史上最年少となる27歳で受賞します。山村における過疎化の現実を描いた同作品は、当時中学生だった女優・尾野真千子のデビュー作としても知られています。

カンヌに愛された映画監督

『萌の朱雀』以外にも、世界的に評価の高い河瀬直美監督作品は多数。特にカンヌ国際映画祭とゆかりがあり、グランプリを受賞した『殯の森』(2007年)をはじめ、「ある視点」部門のオープニングとして公開された『あん』(2015年)、日本人監督として最多(8度目)出品となった『光』(2017年)などが話題に。2018年には、同映画祭のディナーで意気投合したフランスの名女優、ジュリエット・ビノシュが主演した『Vision(ビジョン)』が公開されました。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

このランキングの投票ルール

本ランキングは、「河瀬直美が監督を手掛けたすべての映画作品」を対象としています。あなたがおすすめしたい作品に気軽に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1あん

あん

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間113分
監督河瀬直美
メインキャスト樹木希林(徳江)、永瀬正敏(千太郎)、内田伽羅(ワカナ)、市原悦子(佳子)、浅田美代子(どら春のオーナー)ほか
主題歌・挿入歌水彩の月 / 秦基博
公式サイトhttp://an-movie.com/

もっと見る

河瀬直美監督×樹木希林

刑務所を出所し、どら焼き屋の雇われ店長を務める千太郎(長瀬正敏)の前に現れたお婆ちゃん・徳江(樹木希林)。どら焼き屋で働きたいと話す彼女を雇うことになり、「あん」づくりを任せることに。すると、徳江のつくるあんが評判を呼び、どら焼きやは大繁盛。しかし、徳江が過去にハンセン病を患っていたことが噂となってしまい、次第にお客さんが減っていき…… 徳江はどら焼きやを去ってしまうことになるが……。

樹木希林さん、長瀬正敏さんの人間味溢れる縁起、樹木希林さんの孫娘の自然体な縁起が心地いい。市原悦子さんも出ていたんですね。
いい意味で映画っぽくない[続きを読む]

報告

名画

「あん」は、樹木希林さんの最後の作品でしたね。ワカナ役を演じていたのが、樹木希林さんの実のお孫さんだったというの観賞後に知り、またじわじわと感動が蘇りました。メッセージ性の強い作品で、すごく考えさせられました。樹木希林さんの演技は圧巻で、スーッと引き寄せられるというか…とにかく演技力がずば抜けてるなと、素人のボクでも感じました!そして、あのどら焼きがすごく食べたい…!!

報告

号泣

樹木希林さんが素晴らしすぎました!樹木希林さんといい、市原悦子さんといい、日本の映画界は本当にいい女優さんを失ってしまったな、、、とつくづく思います。樹木希林さんの表情やセリフ、すべてから終始目が離せませんでした!いろんな思いや感情が溢れてきて、気づいたら涙が枯れるほど泣いていました、、、!!!

サラ

サラさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2玄牝 -げんぴん-

玄牝 -げんぴん-

公式動画: Youtube

制作年2010年
上映時間92分
監督河瀬直美
メインキャスト吉村正ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

自然分娩のドキュメンタリー

河瀬直美監督の良さが出ている映画。河瀬直美監督は、こうしたドキュメンタリーこそ真価を発揮するように思う。

本作はこれまで2万人以上もの自然分娩を請け負ってきた吉村医院の吉村正院長と、自然分娩のために吉村医院を訪れる妊婦たちを追ったドキュメンタリーである。
吉村医院を訪れ、自然分娩に挑む妊婦さんたち、吉村医院で働く医師、助産師さんたちリアルに描かれている。
途中、意外にも思える方向へと描くテーマがシフトしていく点が非常におもしろかった。

報告

すごい着眼点

自然分娩をテーマとしたドキュメンタリーです。いろいろな人の思惑、感情がリアルで見応えありました。

報告

ドキュメンタリー

ヒューマンミステリーの要素はありつつも、私的にはドキュメンタリー映画のような印象を受けました。幸せな家庭で育った人間は、愛情をもらわずに育った人の気持ちを理解するのは難しいだろうし、幸せな人は幸せのままに、不幸な人は不幸なままに、その連鎖は続いていくんだな、、、、と色々と考えさせられる内容でした。エンドロールでアサトがひかりにかけた言葉で、泣いてた涙がさらに加速して、鼻水まで止まらなくなるほど大号泣しました。

サラ

サラさん

3位に評価

報告

丁寧

「あん」もだけど、河瀬直美監督作品は丁寧で優しい。
シビアなストーリーだけど不思議と落ち着きました。

報告

4光(映画)

光(映画)

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間101分
監督河瀬直美
メインキャスト永瀬正敏(中森雅哉)、水崎綾女(尾崎美佐子)、神野三鈴(智子/時江)、小市慢太郎(明俊)、藤竜也(北林監督/重三)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://hikari-movie.com/

もっと見る

耳で感じる映画

視覚障害者の方の人生観について、深く考えさせられる映画でした。作中には、さまざまな「光」の描写が映し出され、視覚的にも感動しましたが、風の音や人の話し声、街の音などが使われた「音声ガイド」が新鮮で、聴覚的にも美しい映画で、とても感動しました!実際に、私も目を閉じて音を感じてみましたが、耳から入ってくる情報で自分なりの映像を作り出して創造する感覚が忘れられません、、、、!!

サラ

サラさん

2位に評価

報告

52つ目の窓

2つ目の窓

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間110分
監督河瀨直美
メインキャスト村上虹郎(界人)、吉永淳(杏子)、杉本哲太(徹)、松田美由紀(イサ)、渡辺真起子(岬)、村上淳(篤)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

クセ

河瀬直美監督の作品って、クセが強めな作品が多いですよね。この映画も、なかなかのクセものだとボクは思います。各ショットの描写が圧巻すぎて、終始圧倒されまくっていました。河瀬直美監督の作品は、まさに「芸術映画」って感じで、テレビやPCでみるにはもったいないというか…、やっぱり映画館の大画面で鑑賞したくなる作品だなと思います。

報告

静かなラブストーリー

淡々と静かに進んでいくラブストーリーで、『静かな雨』という題名に相応しい映画だったと思います。そして見終わる頃には、たい焼きが食べたくて食べたくて、仕方がなくなります。笑

サラ

サラさん

4位に評価

報告

9七夜待

七夜待

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間90分
監督河瀨直美
メインキャスト長谷川京子(彩子)、グレゴワール・コラン(グレッグ)、キッティポットマンカン(マービン)、村上淳(美しい僧)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://www.phantom-film.jp/library/site/nanayomachi/index.html

もっと見る

21

21位~28位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ