1. トップ
  2. エンタメ
  3. アニメ・漫画
  4. 福本伸行漫画ランキング
  5. たっぷり見せて去っていくさんのランキング

2020/06/18

たっぷり見せて去っていくさんの「福本伸行漫画ランキング」

  • 0
  • 0

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作って投票

たっぷり見せて去っていくさんのランキング詳細・コメント

1銀と金(漫画)

銀と金(漫画)

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社双葉社
連載アクションピザッツ(1992年~1996年)
巻数全11巻

もっと見る

傑作中の傑作

ダラダラ引き延ばしがなかった頃の、福本伸行本人がちゃんと絵を描いている頃の大傑作。例えば、音楽のアルバムにも収録曲に駄曲が全くない傑作という作品があるが、この漫画はまさにそれに相当するつまらない話が一つもないすべてが面白い作品。確かVシネマにはなっていたが、出来ればアニメ化もしてほしかった。話の時代設定から今それを実現するのは難しいか。男なら誰でも銀さんに憧れるはず。

2天 -天和通りの快男児-

天 -天和通りの快男児-

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀ゴールド(1989年~2002年)
巻数全18巻

もっと見る

登場キャラクターたちの魅力

今となっては、スピンオフ作品の「アカギ」のほうが知名度が高くなってしまったが、大元のオリジナルはこちら。個性派ぞろいの強豪雀士たちと主人公との対決を軸に、数々の人間ドラマが描かれる。途中、中だるみするが最終話に向けた単行本のラスト3巻は死をテーマにした永久保存版レベルの完成度。個人的に共感するところが少なくなかった。

3賭博黙示録カイジ:カイジシリーズ1

賭博黙示録カイジ:カイジシリーズ1

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(1996年~1999年)
巻数全13巻

もっと見る

途中までは文学作品を超えていた

個性的すぎる絵、かつてなかったネームと擬音、そして奇想天外な話の設定などなど漫画史に残る快作。1位にしなかったのは後半やや話の展開と小細工のネタに疑問符がついたためだが、それは前半が凄まじすぎたから故。今でもたまに読み返すが、枠役どもクズさ加減がやはり秀逸。

4無頼伝 涯(ブライデン ガイ)

無頼伝 涯(ブライデン ガイ)

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊少年マガジン(2000年16号~2001年8号)
巻数全5巻

もっと見る

掲載誌を誤って打ち切られた秀作

たった5巻で終わってしまったが、更生施設にぶち込まれた主人公による脱出ゲームは後の冗長な作品群とは大違いの抜群のスリルに溢れている。主人公の涯のキャラクターに一本筋が通っているところが魅力だった。出来れば10巻くらい読みたかった作品。

5アカギ 〜闇に降り立った天才〜

アカギ 〜闇に降り立った天才〜

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀(1992年4月号~2018年3月1日号)
巻数全36巻

もっと見る

8巻までは素晴らしかった

やはり外せない代表作。アカギの年齢が中学生頃の序盤はストーリーも主人公も剃刀のような切れ味だった。鷲巣戦に入る頃まではトンデモない傑作になると思っていたが、まさかその後あんなに長く続くとは、誰が予想したであろうか。まあ、鷲巣が地獄で彷徨うあたりは笑えたが。

このランキングに共感できましたか?

0 共感!総合ランキングをみる
マイランキング
作成・投票