みんなのランキング

ティム・バートン監督映画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスチャーリーとチョコレート工場(映画)シザーハンズビッグ・フィッシュアリス・イン・ワンダーランド(2010年)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数17
投票参加者数46
投票数143

みんなの投票で「ティム・バートン監督の人気映画ランキング」を決定! 世界最高峰のダークファンタジーを創造する、巨匠ティム・バートン。カラフルで愉快なファンタジーコメディ『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)、大人気ディズニー作品の実写化『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)など、ティム・バートン監督作品のなかで見事1位に選ばれるのは?あなたが名作だと思う、ティム・バートン監督のおすすめ映画作品を教えてください!

最終更新日: 2021/09/16

ランキングの前に

1分でわかる「ティム・バートン」

空想の天才、監督ティム・バートン

ティム・バートンは、1958年8月25日生まれのアメリカ人映画監督。学生時代をカリフォルニア芸術大学で過ごし、卒業後にウォルト・ディズニー・スタジオにアニメーション実習生として勤務。そこでの才能を見出され、1982年の映画『ヴィンセント』で監督デビューを果たします。以来、奇抜な映像センスと独自の世界観で、ディズニー作品をはじめとする幅広い映画ジャンルを手掛けています。

ティム・バートン作品の常連キャスト

ティム・バートン監督作品では、バートンが信頼をおく常連キャストによる個性的なキャラクターが見どころ。公私ともに友情を築いている名俳優ジョニー・デップや、バートンと恋愛関係にあった女優ヘレナ・ボヘム=カーターなど、ゴシック調の奇抜な特殊メイク・衣装を着こなすカメレオン俳優が勢揃い。バートンの理想とするファンシーな世界観を見事演じきっています。

鬼才ティム・バートンの映画作品

ティム・バートンが細部までこだわった美しい映像作品は、まるで夢のように幻想的。大人気DCコミックスの初となる実写映画『バットマン』(1989年)、両手がハサミの人造人間と少女の恋愛模様を描いた『シザーハンズ』(1990年)、クリスマスの定番ミュージカルアニメーション『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)など、ティム・バートンならではの魅力が詰まった名作が多数です。映画ファンから根強い人気を誇る、ファンタジーとユーモアが融合した『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)、ディズニーの人気作品を実写化した最新映画『ダンボ』(2019年)も見逃せません。

関連するおすすめのランキング

映画好き必見!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

人気の洋画もチェック!

面白い洋画ランキング

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1シザーハンズ

シザーハンズ

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間105分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(エドワード・シザーハンズ)、ウィノナ・ライダー(キム)、ダイアン・ウィースト(ペグ)、アンソニー・マイケル・ホール(ジム)、キャシー・ベイカー(ジョイス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

ティムバートン驚異の名作!

1990年代に公開された名作映画です。両手がハサミでできているという誰も考えつかなかった斬新な発想で製作された作品。発明家によって作り出された手がハサミで出来た人造人間の物語なのですが、描写や造形がなんとも美しいのです。シザーハンズが手のハサミを使って氷をカットするシーンはとても神秘的でクリスマスになると必ず観たくなる名作映画です。

きこ

きこさん

1位に評価

マイノリティのための映画

はみ出し者だった過去のあるティム・バートン。この映画でも「変わり者の個性を受け入れ肯定する」という彼の姿勢が伺える。主人公のエドワードを嫌う人もいるけれど、他者と違う彼を愛する人もちゃんといる。ピュアなラブストーリーと見せかけて、マイノリティ応援映画なのだと勝手に思ってます。

ティム・バートンとジョニー・デップのコンビを決定づけた作品

最初は当時ファンだったウィノナ・ライダー目当てに見た映画ですが、人造人間のエドワードを演じたジョニー・デップの演技にすっかり魅了されてしまいました。ティム・バートンとジョニー・デップの初のコンビとなった作品ですが個人的には1作目からすでに最高傑作が出来上がった感じです。

コメントをもっと読む

2チャーリーとチョコレート工場(映画)

チャーリーとチョコレート工場(映画)

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間115分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(ウィリー・ウォンカ)、フレディー・ハイモア(チャーリー・バケット)、デビッド・ケリー(ジョーじいちゃん)、ヘレナ・ボナム=カーター (バケット夫人)、ディープ・ロイ (ウンパ・ルンパ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ポップな世界観と裏腹のダークな感情

主人公のウィリー・ウォンカが貧乏な家のチャーリー少年と出会い、心を開いていくストーリーが温かい気持ちにしてくれます。一見、夢のようなチョコレート工場であるかように見せて、オモチャがどろどろに溶けたり、集団で小さいおじさんが出てきたりする遊び心も大好きです。

ティム・バートンの名作映画

ティム・バートンといえばこの映画を思い浮かべる人が多いと思います。ポップでカラフルな世界観なのにどこか奇妙さがあり、これぞティム・バートンの技術だなと感じます。主演のジョニー・デップの奇才な演技力が映画の世界観をより盛り上げます。

May

Mayさん

1位に評価

世界観とキャラクター

世界観が好きです。カラフルな映像や、こびとが出てきたり、チョコレートのさまざまな仕掛けがあったり歌って踊ったり。こどもから大人まで楽しめる作品だと思います。また、キャラの濃いこどもたちもとてもおもしろいです。

sor

sorさん

1位に評価

コメントをもっと読む

3ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ

引用元: Amazon

制作年2003年
上映時間125分
監督ティム・バートン
メインキャストユアン・マクレガー(エドワード・ブルーム〔回想〕)、アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)、ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)、ジェシカ・ラング(サンドラ・ブルーム)、ヘレナ・ボナム=カーター(ジェニファー・ヒル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

人生はかくありたいもの

2003年の作品。父親の語る奇想天外な思い出話が、おとぎ話のようで、その美しい映像とあいまってとても素敵。主演のユアン・マグレガーそんな父との交流はとても心温まります。父の本当の姿とは、そこには人生はかくありたいものというものがある。

marukh

marukhさん

1位に評価

父と子の感動物語

ティム・バートン作品の中で一番好きな映画。何度もみて何度も泣きました。父親が話す壮大なホラ話のファンタジックな演出はティム・バートンならでは。恋をした瞬間に時が止まるというシーンが個人的に好きです。相変わらずスティーヴ・ブシェミが良い味出しててgood!

感動

父の話を嘘だと思っていた青年が本当のことに気づくのが感動する作品。色使いがとても素敵で、およそありえない出来事で綴る話に引き込まれます。

4ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間76分
監督ヘンリー・セリック
メインキャスト市村正親(ジャック・スケリントン)、土居裕子(サリー)、三ツ矢雄二(フィンケルスタイン博士)、大平透(町長)、園岡新太郎(ロック)、松澤重雄(バレル)ほか
主題歌・挿入歌-
制作会社タッチストーン・ピクチャーズ
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ジャック・スケリントン

ナイトメアービフォアクリスマスキャラランキング

好きなナイトメアー・ビフォア・クリスマスのキャラは?

不気味な世界観と心温まるお話が最高

ティムバートン監督の真骨頂映画、そしてディズニー映画の中でも人気が高い作品となっています。
世界観が素晴らしく、当時の映像技術とは思えないほどのクオリティが魅力です。
キャラも個性的で、大人でも楽しめる作品だと思います。

NOMURA

NOMURAさん

1位に評価

クリスマスといえばナイトメア!

クリスマスをテーマにしたクレイアニメのような作風が特徴的な映画です。タイトルにもクリスマスというフレーズが入っているように、サンタを誘拐し、主人公のジャックがクリスマスを支配するという内容の映画なのですが、ミュージカル色の強い映画となっているため挿入歌がとても印象的です。子供から大人まで家族揃って楽しめる映画となっています。

きこ

きこさん

3位に評価

なにゆえかそれを超えない

クリスマスタウンというお伽話である。縫い目の目立つ縫いぐるみのジャックとサリーちゃんが主人公。腕がもげたり詰め物がはみ出たりと縫いぐるみが古くなってしまった時に悩むことが展開している。お菓子とクリスマスプレゼントが溢れ夢のメルヘンだ。

ヤマ

ヤマさん

1位に評価

5アリス・イン・ワンダーランド(2010年)

アリス・イン・ワンダーランド(2010年)

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間109分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(マッドハッター)、ミア・ワシコウスカ(アリス)、クリスピン・グローヴァー(ハートのジャック)、マット・ルーカス(トウィードルダムとトウィードルディー)、マイケル・シーン(白うさぎ)ほか
主題歌・挿入歌Alice / アヴリル・ラヴィーン
公式サイト-

もっと見る

ジョニー・デップの新たな顔を生み出した

この作品の特徴として、やはりジョニー・デップ演じるマッドハッターを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
いままでは、パイレーツシリーズのジャックスパロウのイメージが強かったのですが、この作品でまた新たなジョニー・デップを生み出した。
世界観が独特で、映像がきれいなところもポイントです。

NOMURA

NOMURAさん

2位に評価

夢がある作品

アリス・イン・ワンダーランドは、19歳のアリスの新たな冒険を描くファンタジー映画です。ティムバートン監督の想像力にいつも驚かされます。独特の世界観が上手く表現できている作品です。アリスが戦う?なんて思ってもいなかったです。

キャストと映像

まずキャストが好きです。ジョニー・デップは海外俳優でいちばん好きだし、アン・ハサウェイは美人だし、ヘレナ・ボナム=カーターも個性的で好きな女優です。また、映像がカラフルで美しく、不思議の国のアリス特有の世界観も好きです。

sor

sorさん

5位に評価

コメントをもっと読む

6ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライド

引用元: Amazon

『ティム・バートンのコープスブライド』(Tim Burton's Corpse Bride)は、2005年公開のティム・バートン監督によるロシアの民話を元にしたファンタジーアニメーション映画。1993年公開の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』同様、ストップモーション・アニメーション撮影で製作された。 アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートし、2005年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の長編アニメ賞に輝いた。

もっと見る

ストーリーと映像

幽霊の花嫁というファンタジーな設定が好きです。また映像の切り替わりがはっきりしていて、元の世界が白黒、死者の世界がカラフルというかんじも好きです。死者たちが陽気ですごく可愛く見えます。ディズニーっぽい世界観が好きなので選びました。

sor

sorさん

3位に評価

白黒世界に愛を

全編モノクロのちょっぴり怖い雰囲気が漂います。ですが、この映画のテーマは愛で、それも純愛。脚本ではティム・バートン作品の中で1番好きな作品かもしれません。最後のシーンでは涙を誘われます。愛する人と一緒に見たい作品です。

May

Mayさん

2位に評価

死んだ花嫁

死者の森での結婚についてのメルヘン。ウェディングドレスを着た死体、死者たる花嫁に結婚の誓いを立てる冴えない男。誓いの言葉で死者の国に連れ去られた!男の名前が犬の名前だったビクターという名前なのが、メルヘンらしい。

ヤマ

ヤマさん

3位に評価

7スリーピー・ホロウ

スリーピー・ホロウ

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間105分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(イカボッド・クレーン)、クリスティーナ・リッチ(カトリーナ・ヴァン・タッセル)、マイケル・ガンボン(バルタス・ヴァン・タッセル)、ミランダ・リチャードソン(ヴァン・タッセル夫人)、キャスパー・ヴァン・ディーン(ブロム)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

バートン色の映画

とにかくグレーな色のイメージが強い映画です。クリスティーナ・リッチが出演しています。彼女の顔色と映画のグレーな感じがすごく怪しげな雰囲気をより怪しく見せてくれます。しかも主演はジョニー・デップ。重厚な感じもありながらどこか不思議な雰囲気を醸し出すバートン映画ならではの映画だと思います。

演出が素晴らしい作品

スリーピー・ホロウは、首なし騎士の伝説を題材としたサスペンスホラー映画です。独特の世界観がより恐怖感を感じます。映像や演出が不気味で、ティム・バートン監督の個性が強く出ています。サスペンス要素もしっかりしているので、推理好きな人にオススメです。

ダークな世界観に浸れる

首を切断する連続殺人事件が起こる映画ですが、ティム・バートン監督の作風のおかげか、グロテスクな印象が薄いところが好みです。スプラッター映画が苦手な自分でも、楽しく見ることができました。ティム・バートン作品初体験だったので、とても思い出深い1作です。

コメントをもっと読む

8エド・ウッド

エド・ウッド

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間127分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(エド・ウッド)、マーティン・ランドー(ベラ・ルゴシ)、サラ・ジェシカ・パーカー(ドロレス・フーラー)、パトリシア・アークエット(キャシー・オハラ)、ジェフリー・ジョーンズ(アメージング・クリズウェル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

憎めない変人

史上最悪と言われた映画監督、エド・ウッドの奇妙な人生におかしくも切なさを感じます。かつての有名俳優ベラ・ルゴシとの、大タコ格闘シーン撮影などメチャクチャで思わず笑ってしまうシーンが続出します。エド・ウッドには女装壁があったり、一筋縄ではいかないキャラクターが多いですが、不器用ながら映画への熱意が人一倍強い所などに魅力を感じます。

名コンビ+怪優

この頃にはもう名コンビとなっていたティム・バートンとジョニー・デップ。二人のコンビで映画がつまらないわけはないのですが、それに輪をかけてというか、アカデミー助演男優賞も取ったルゴシ役のマーティン・ランドーの演技が素晴らしかった。名コンビにさらにスパイスが加わりより面白い映画になりました。

史上最低の監督の真実とは

実在した映画監督エド・ウッドを描いた映画。史上最低の映画監督と呼ばれた男エド・ウッド。史上最低の映画といわれるが、何とも言えない魅力を放つエド・ウッド作品が生まれていく過程をあたたかい目線で描いた傑作。ベラ・ルゴシなど登場人物も本物に似ていて楽しい。

marukh

marukhさん

2位に評価

9ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間127分
監督ティム・バートン
メインキャストエヴァ・グリーン(ミス・ペレグリン)、エイサ・バターフィールド(ジェイク)、サミュエル・L・ジャクソン (バロン)、エラ・パーネル(エマ)、ジュディ・デンチ(ミス・アヴォセット)、テレンス・スタンプ(エイブ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ティムバートン作品の世界観全開

この映画は、ティムバートン好きの方にオススメしたい映画です。
逆に言うと、ティムバートンを全く知らない方は物足りないかもしれません。
不思議な子供たちが出てくるのですがどれも個性的でティムバートンらしさを感じれる映画です。
奇妙な世界観が好きな方にオススメです。

NOMURA

NOMURAさん

3位に評価

不気味で奇妙な世界 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちは、ティムバートン監督らしい不気味で奇妙な映画です。こどもたちの冒険映画なのですが、独特の世界観がミステリアスに感じます。CGがキレイなのも特徴的で、技術の進歩が分かります。何とも不思議で想像力豊かな作品です。

子供の可能性が詰まっている

予告編から内容が気になる作品です。子どもの目線から描かれているが、一番の魅力だと思います。大人から見たら奇妙な力や能力、見た目でも集結すれば大きな力になることを証明してくれます。スリリングな展開があっても、勇気をつけてくれる作品です。

10ビートルジュース

ビートルジュース

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間92分
監督ティム・バートン
メインキャストマイケル・キートン(ビートルジュース)、アレック・ボールドウィン(アダム・メイトランド)、ジーナ・デイヴィス(バーバラ・メイトランド )、ウィノナ・ライダー(リディア・ディーツ)、キャサリン・オハラ(デリア・ディーツ )ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

有名テーマパークのショーにも採用されたホラーコメディ!

1988年代に公開されたホラーコメディー映画の「ビートルジュース」。初見で観たのは幼少期ですが、どハマりしてしまいビデオも購入するぐらいファンになってしまった作品です。この映画の面白さは、なんといってもホラー要素よりコメディ色が強所!挿入歌もハリー・ベラフォンテのPOPなサウンドが耳に残る名曲がかかっています!

きこ

きこさん

2位に評価

ティム・バートン好きなら絶対楽しめるホラーコメディ

1988年の作品。この時代ならではのCGではない映像技術とかって味があって良いですよね。映画全体の雰囲気が楽しくて、死後の世界の設定とかもおもしろい。ウィノナ・ライダーが宙に浮きながらダンスしてるのが可愛くて好き。ちなみに現在続編を企画中なんだとか。楽しみです。

メルヘンな幽霊

死んでしまった新婚カップルが主人公。新婚幽霊がビートルジュースという人間退治のバイオエクソシストを呼びだし、人間を退治し始めた!!幽霊というものに実体があると、こんなに迷惑できちがいなのか!!殺人兵器もメルヘンに早変わりだ。

ヤマ

ヤマさん

4位に評価

11PLANET OF THE APES 猿の惑星

PLANET OF THE APES 猿の惑星

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間120分
監督ティム・バートン
メインキャストマーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)、ティム・ロス(セード将軍)、ヘレナ・ボナム=カーター(アリ)、マイケル・クラーク・ダンカン(アター隊長)、クリス・クリストファーソン(カルービ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

異色の猿の惑星

猿の惑星シリーズで初めて見た映画で、他の作品よりも印象に残っています。猿の惑星に、ティム・バートン監督のダークで幻想的な要素がうまく混ざり、独特の雰囲気になっているところが好きです。シリーズ中では異色ですが、とても気に入っています。

面白いおかしいエイリアンアタックムービー

90年代の隠れたティム・バートン作品だと思います。CG技術もちょっとショボい感じだけど、それが味があっていいです。火星人の見た目も笑っちゃうビジュアルだけど、人の襲い方はホラーです。軍でも太刀打ちできない火星人の撃退方がまた秀逸な方法だったのも、最後はスカッとする展開なのが良いです。

13スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

引用元: Amazon

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(スウィーニー・トッド フリートがいのあくまのりはつし、英: Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street)は2007年にイギリス・アメリカで製作された、ティム・バートン監督のミュージカル・ファンタジー・ホラー映画。

もっと見る

スリル満点

映像も内容もとてもスリルのある作品だと思います。スプラッタホラーなかんじで、カミソリで人を次々に殺めていくシーンは目を閉じてしまいそうになります。ゾッとする部分もありますが、歌も入っていてファンタジー感もあるので、ホラーが苦手でも見やすいと思います。

sor

sorさん

4位に評価

14フランケンウィニー

フランケンウィニー

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間87分
監督ティム・バートン
メインキャスト湯屋敦子(スーザン)、宮本侑芽(フシギちゃん)、近藤春菜(体育の先生)、平川大輔(エドワード)、赤星昇一郎(ブルゲマイスター町長)、小倉史也(ナソル)、壤晴彦(ジクルスキ先生)、吉永拓斗(ヴィクター)ほか
主題歌・挿入歌-
制作会社ティム・バートン・プロダクションズ
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/animation/1166.html

もっと見る

1人の少年の執念が生んだ感動作品

愛犬を交通事故で亡くした少年が、科学の力を使い生き返らせる物語。全編モノクロですが、家族の愛や温かみを感じられる作品です。私自身犬を飼っているのもあって、涙なしには見られませんでした。映画を観た後、もし自分なら亡くなったペットを生き返らせるのか考えさせられました。

May

Mayさん

3位に評価

15ダーク・シャドウ

ダーク・シャドウ

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間114分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)、エヴァ・グリーン(アンジェリーク・ブシャール)、ベラ・ヒースコート(ヴィクトリア・ウィンターズ)、ミシェル・ファイファー(エリザベス・コリンズ・ストッダード)、クロエ・グレース・モレッツ(キャロリン・ストッダード)ほか
主題歌・挿入歌Get It On / T.REX
公式サイト-

もっと見る

16ダンボ(映画)

ダンボ(映画)

引用元: Amazon

制作年2019年
上映時間112分
監督ティム・バートン
メインキャストエド・オズモンド(ダンボ)、コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、 ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、 フィンリー・ホビンス(ジョー・ファリア)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

17バットマン(1989)

バットマン(1989)

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間127分
監督ティム・バートン
メインキャストマイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ロバート・ウール、パット・ヒングル、ビリー・ディー・ウィリアムズ、マイケル・ガフ、リー・ウォレス
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ダークナイト(2008年)

ジョーカーがかっこいい映画ランキング

映画『バットマン』シリーズで、一番好きな実写版ジョーカーは?

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ