みんなのランキング

【人気投票 1〜14位】アンルイスの人気曲ランキング!おすすめの名曲は?

WOMAN / アン・ルイス六本木心中 / アン・ルイスあゝ無情 / アン・ルイスグッド・バイ・マイ・ラブ / アン・ルイスKATANA / アン・ルイス

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数17
投票数50

70~80年代にかけて数々のヒット曲を世に送り出してきた、アンルイス。グラドルやアイドル歌謡で活躍したのち、歌謡ロックに転向しほかのアイドルとは一線を画す存在として、''歌謡ロックの女王''と称されました。そこで今回は、みんなの投票で「アンルイスの人気曲ランキング」を決定します!デビュー曲『白い週末』をはじめ、多数のアーティストにカバーされる大ヒット曲『六本木心中』や『あゝ無情』など、すべてのシングル・アルバム曲がラインアップ!あなたがおすすめの楽曲も教えてください!

最終更新日: 2022/05/07

ランキングの前に

1分でわかる「アン・ルイス」

70~80年代に活躍した''歌謡ロックの女王''、アンルイス

アン・ルイス(アン・リンダ・ルイス)は、1956年6月5日生まれ、兵庫県出身。アメリカ海軍の軍人であった米国人の父と日本人の母をもつハーフで、70~80年代の''ニューミュージック''時代を駆け抜けた人気歌手です。デビュー当初、グラビアアイドルやアイドル歌謡で活躍したのち、歌謡ロックに転向し数々のヒット曲を世に送り出してきました。パワフルな歌声やかっこいい衣装で、ほかのアイドルとは一線を画す存在として、''歌謡ロックの女王''と称されました。

アンルイスの楽曲

彼女が歌手デビューをしたのは、1971年に発売されたシングル『白い週末』。まだ、アイドル路線であったこの楽曲はムード歌謡に近いものでした。その後、「グッド・バイ・マイ・ラブ(1974年)」が大ヒットし、一躍人気を集めることに。ほか、オールディーズテイストの楽曲『リンダ(1980年)』、多数のアーティストにカバーされている名曲『六本木心中(1984年)』、カラオケの盛り上がり曲としても人気が高い『あゝ無情(1986年)』といった人気曲を多く生み出しています。

関連するおすすめのランキング

最も人気のある邦楽曲は?

邦楽・J-POPランキング

懐メロ好きならこちらチェック!

懐メロランキング

人気のカラオケソングにも注目!

カラオケの定番曲ランキング

話題のアーティストは何位にランクイン?

アーティストランキング

歌唱力No.1アーティストが決定!

歌唱力の高いアーティストランキング

このランキングの投票ルール

アンルイス名義で発表された楽曲であれば、どの作品にも投票OK。ただし、他アーティストがカバーした同名タイトルの曲は投票対象外となります。

ユーザーのバッジについて

アンルイスの曲を全曲知っている。

アンルイスの曲を30曲以上知っている。

アンルイスの曲を10曲以上知っている。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1あゝ無情 / アン・ルイス

あゝ無情 / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲湯川れい子 / Nobody
リリース1986年4月21日『あゝ無情』
収録アルバム『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ』
『Womanism II』
『me-mySELF-ann-i ”refreshed”』
タイアップ『ヴァーナル』 CMソング
フジテレビ系 『不信のとき ウーマン・ウォーズ』 主題歌

もっと見る

こういう女性って魅力的

自身があって強気な女性を描いた歌詞が魅力的で、こんな女性に私は憧れたりします。なによりも、この曲のレコードのアン・ルイスさんが麗しすぎてたまりません。ハーフでお人形さんのような顔立ちでこのカバーでは全身ピンクという見た目でそれがとても美しくて魅力的です。

ゆあ

ゆあさん

2位に評価

報告

代表曲

衣装やメイク、曲調もロックでまさに彼女の代表曲。終始、髪の毛を振り乱して歌う姿はかっこいい。先日、テレビを見ていてふと、このときのロックな雰囲気が息子・美勇士とそっくりでびっくりしました。

報告

パワフルな歌声が素敵!♪

六本木心中に続くアンルイスの代表曲だと言えるでしょう。強がりな女性を演じてはいるけれど、やはりそこには都会的な孤独感や空虚感を感じます。それにしても、やはりパワフルな歌声が素敵ですね。

momaki

momakiさん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

2六本木心中 / アン・ルイス

六本木心中 / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲湯川れい子 / NOBODY
リリース1984年10月5日『六本木心中』
収録アルバム『Womanism II』
『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ』
タイアップ合同酒精『ワリッカ・ハイボールCAN』CMソング

もっと見る

彼女の代表曲

1984年に発売された『六本木心中』は彼女の作品の中でも大ヒットを記録し、代表曲となっています。いまでも多くのアーティストがカバーをしており、人気アーティストJUJUもアルバム「スナックJUJU」のなかで歌っています。「長いまつ毛は卑猥なあなた」というインパクトがある歌詞が印象的で、六本木での過激な雰囲気を連想させる歌詞が聴いていてドキドキします。

ゆあ

ゆあさん

1位に評価

報告

やっぱり一番

25作目のシングル『六本木心中』。ロングヒットを飛ばした作品で、いまも彼女の一番の代表曲として知られています。ハイボールのCMにも起用されていて、ほか有線でも流れていたので耳にする機会は多かった印象。ほかの現代のアーティストにも多数カバーされていて、いまを生きる若い人も聞いたことはあるのではないでしょうか。カラオケでは必須の曲です!

報告

アンルイス真骨頂の一曲!♪

アンルイスの代表曲ですね。パワフルでカッコよくって、ロックシンガーの真骨頂ともいえる曲だと思います。《心中》というドキッとするようなタイトルで、《あなたなしでは 生きてゆけぬ》女性の孤独さと深い情念を感じさせる曲ですね。『曽根崎心中』のお初を想いだしてしまいます。

momaki

momakiさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3グッド・バイ・マイ・ラブ / アン・ルイス

グッド・バイ・マイ・ラブ / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲なかにし礼 / 平尾昌晃
リリース1974年4月5日『グッド・バイ・マイ・ラブ』
収録アルバム『グッド・バイ・マイ・ラブ』
『Womanism I』
タイアップ映画『くちづけ』主題歌

もっと見る

ローテンポ

ロックなイメージが強かった彼女が、いつしかのライブで大きな団子が2ついたような髪型で歌っていたのがすごく印象的です。アン・ルイスの曲のなかでも1位、2位を争う名曲。テレビ番組でもよく流れていました。ローテンポのポップな曲調なので、カラオケでも歌いやすい曲になっていています。

報告

しっとりとしたラブ・ロック・バラード!♪

グッとロックのイメージを変えたこの曲。しっとりとしたラブ・バラードに仕上がっていますね。別れの場面を女性の立場で描いています。冷たい別れではなく、どこか互いの温かさや愛情が感じられる曲ですね。途中のセリフが曲の全てを表しています。爽やかな別れですね。

momaki

momakiさん

3位に評価

報告

すごくファンタジックな曲調が好き

1974年に発売されたヒットソングで、ゆったりとした曲調が心地よいです。物語を読んでいるかのようなファンタジー感があって、中盤の英語でのセリフもより雰囲気を際立てています。

ゆあ

ゆあさん

3位に評価

報告

4WOMAN / アン・ルイス

WOMAN / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲石川あゆ子 / 中崎英也
リリース1989年9月6日『WOMAN』
収録アルバム『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ』
『Womanism II』
タイアップ明星食品『味の一徹』CMソング
日本テレビ系アニメ『シティーハンター ザ・シークレット・サービス』エンディングテーマ

もっと見る

ゆったりとしたラブ・ロック♪

イントロの泣きのギターが印象的! カッコいいですね。《つわものどもが夢のあとだね・・》出だしの歌詞もマネが出来ないフレーズになっています。ゆったとしたラブ・ロックですね。

momaki

momakiさん

4位に評価

報告

失恋ソング

ドレスを海に捨てに来た、、オンナなら耐えられる痛み(失恋)なのでしょうという強がり。切ない歌詞。ドレスを捨てる=自分の手から愛が離れていくという表現がすき。

久美

久美さん

3位に評価

報告

ドキっとする歌詞から始まる曲

バラバラ死体が上がったら私、、とかなり過激な歌詞から始まるがかっこいい曲。実際刀を振り下ろすわけではなく、自分の気持ちを切り裂いて貴方を忘れさせて欲しいという意味だと感じる。

久美

久美さん

1位に評価

報告

6美人薄命 / アン・ルイス

美人薄命 / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲石川あゆ子 / 松田良
リリース1989年4月21日『美人薄命』
収録アルバム『Womanism II』
『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツII』
タイアップ-

もっと見る

バラード

愛に命をかける切ない女心を歌った曲。人はいつまで生きていられるのかわからない、だから懸命に恋愛をしたい、でも貴方以外は考えられないという静かだけれど、力強い歌詞が魅力。

久美

久美さん

4位に評価

報告

7ラ・セゾン / アン・ルイス

ラ・セゾン / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲三浦百恵 / 沢田研二
リリース1982年6月5日『ラ・セゾン』
収録アルバム『LA SAISON D'AMOUR』
『Womanism I』
『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツII』
タイアップ-

もっと見る

8天使よ故郷を見よ / アン・ルイス

天使よ故郷を見よ / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲川村真澄 / 西田昌史
リリース1987年5月1日『天使よ故郷を見よ』
収録アルバム『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ』
『Womanism II』
『me-mySELF-ann-i “refreshed” (ORT)』
タイアップ三貴『カメリアダイアモンド』CMソング

もっと見る

10恋のブギ・ウギ・トレイン / アン・ルイス

恋のブギ・ウギ・トレイン / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲吉田美奈子 / 山下達郎
リリース1979年12月25日『恋のブギ・ウギ・トレイン』
収録アルバム『me-mySELF-ann-i ”refreshed”』
『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ・ウィズ・カヴァーズ』
タイアップ-

もっと見る

11千年愛 / アン・ルイス

千年愛 / アン・ルイス

引用元: Amazon

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲石川あゆ子 / 稲葉政裕
リリース1999年2月3日『千年愛』
収録アルバム-
タイアップ-

もっと見る

ギターの力強いビートがパワフルボイスにピッタリ!♪

肩ひじ張って強がって生きてきたのですね。《弱い女だなんて 初めて言われた 謎が解けるみたいでうれしかったよ・・》《今 武器を捨てる 何かと戦っていた自分にきづいた》とても分かるような気がします。ギターの刻む力強いビートがアンルイスのパワフルボイスにピッタリ! 心地いい一曲です。

momaki

momakiさん

5位に評価

報告

12おぼえてますか / アン・ルイス

おぼえてますか / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲安井かずみ / 川口真
リリース1973年4月25日『おぼえてますか』
収録アルバム『おぼえてますか』
『グッド・バイ・マイ・ラブ』
タイアップ-

もっと見る

13リンダ / アン・ルイス

リンダ / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲竹内まりや
リリース1980年8月5日『リンダ』
収録アルバム『リンダ』
『Womanism I』
『アン・ルイス・グレイテスト・ヒッツ』
タイアップ-

もっと見る

14甘い予感 / アン・ルイス

甘い予感 / アン・ルイス

公式動画: Youtube

アーティストアン・ルイス
作詞・作曲松任谷由実
リリース1977年8月5日『甘い予感』
収録アルバム『ロッキン・ロール・ベイビー+2』
『Womanism I』
『REBIRTH ~Self Cover Best~』
タイアップ-

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ