みんなのランキング

dkoさんの「恐竜の種類ランキング」

361
更新日: 2020/07/30

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ティラノサウルス

ティラノサウルス

ティラノサウルス(学名:genus Tyrannosaurus)は、約6,800万- 約6,600万年前(中生代白亜紀末期マストリヒシアン)の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。大型獣脚類の1属である。他にティランノサウルス、チラノサウルス、タイラノサウルスなど数多くある呼称については第一項にて詳しく述べる。

巨大な化石が印象深い

私は若い時、アメリカのイリノイ州の大学に留学していましたので、その間にシカゴにあるフィールド自然博物館に何度か行きました。この博物館には全長約13メートル、高さ約4メートルという巨大なティラノサウルスの化石標本が展示されていますので凄く感動しました。そしてその巨大な化石の周りにはティラノサウルスの肉付きのカッコ良い絵も展示されていたり、ティラノサウルスについての説明書きもされていたので、とても印象が残っている恐竜となりました。

2ステゴサウルス

ステゴサウルス

ステゴサウルス(学名:Stegosaurus)は、ジュラ紀後期 (約1億5,500万 ~ 約1億5,000万年前)、現在の北米大陸に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも特に有名な属の1つである。ステゴサウルスを含む剣竜類の化石は複数個体がまとまって発見されることがあり、群れで行動していたとする説の根拠の1つとなっている。

カッコ良い恐竜

ステゴサウルスには背中に尾ひれみたいな板状の骨が付いていて、しっぽの先には鋭いスパイクが付いている所が特徴的でカッコ良い恐竜だと思います。映画「ジュラシック・パーク」に登場している数々の恐竜たちの中でも存在感がありました。

3スピノサウルス

スピノサウルス

スピノサウルス(Spinosaurus)は、中生代白亜紀前期から後期(約1億1,200万 - 9,350万年前)の現アフリカ大陸北部に生息していた獣脚類(魚食・肉食恐竜)。

ワニみたいな顔

スピノサウルスの顔はワニみたいに長くて、背中には巨大な帆みたいな突起があるところが特徴的でカッコ良いと思います。またこの恐竜は陸だけでの存在感だけでなく泳ぎも得意で水中での存在感もあったみたいですので、そんなワイルドなところが好きです。

4カスモサウルス

カスモサウルス

カスモサウルス(Chasmosaurus)は、中生代白亜紀後期カンパニアン(約7,650万 - 7,550万年前)に北米大陸に生息していた角竜下目の恐竜の属の一つ。 属名カスモサウルスは、「穴のあいたトカゲ」を意味する。これは、頭部のフリルに(軽量化のためと考えられている)穴があいているからである。しかしこの「穴」は、トリケラトプスを除き、ほとんどの角竜に見られるため、カスモサウルス特有の物ではない。

5ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス(学名:Brachiosaurus、'腕のトカゲ'の意)は、約1億5,400万 ~ 約1億5,300万年前(中生代ジュラ紀後期, マルムからチトニアン)、当時のローラシア大陸西部およびゴンドワナ大陸の一部に棲息していた、巨大な草食性恐竜の一種(1属)。竜盤目- 竜脚形亜目- 竜脚下目- ブラキオサウルス科に分類される。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング