みんなのランキング

横山秀夫の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

クライマーズ・ハイ(小説)半落ち(小説)64

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数3
投票参加者数2
投票数6

新聞記者としてキャリアを積んだのち、重厚なミステリー小説を書き上げてきた、横山秀夫。今回は「横山秀夫の人気書籍ランキング」を決定します!デビュー作となった人気のD県警シリーズ第一弾『陰の季節』(1998年)、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した映画の原作『半落ち』(2002年)や、実在の航空機墜落事故を題材に描いた『クライマーズ・ハイ』(2003年)など、話題作が目白押し。あなたがおすすめした横山秀夫作品を教えてください!

最終更新日: 2020/11/11

ランキングの前に

1分でわかる「横山秀夫」

濃密な人間ドラマを巧みに描く、横山秀夫

ルパンの消息

ルパンの消息

引用元: Amazon

横山秀夫は、1957年1月17日生まれ、東京都出身の小説家・フリーライター。新聞記者を12年間つとめ、『ルパンの消息』(1991年)での受賞をきっかけに退社した、彼。その後、フリーライターとして漫画原作や児童書の執筆を担当し、1998年に『影の季節』で小説家デビューを果たしました。以来、警察を舞台に繰り広げられる人間ドラマを描いたミステリー作を多く執筆し、人気を集めています。一時期、体調を崩して休養していましたが、『64(ロクヨン)』(2012年)のヒットをきっかけに完全復活を遂げています。

横山秀夫の書籍

関連するおすすめのランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、横山秀夫のすべての作品が投票対象です。横山秀夫の書いた作品ならアンソロジーも含め投票可能です!ただし、漫画原作やコミカライズのシナリオを担当した作品は対象外とします。

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

生きる!様々な視点が交錯する

アルツハイマー病を患った妻を殺し、二日後に自首した警察官の物語。その二日間のあいだにあった出来事を様々な人が考察する話です。
「生きる」ということの意味、主人公の人間性にただただ圧倒されたストーリーでした。

臨場感

御巣鷹山の日航機墜落事故がモチーフになった作品。
横山さんだからこそ書けたんだろうと思わせる、壮大で臨場感、現実感がある作品でした。
常に緊張感が表現から伝わってきて、最後まで固唾を飲んで読み終えました。
映画も見て見たいと思いました。

運営からひとこと

横山秀夫の作品がたくさん集まった「横山秀夫の人気書籍ランキング」。ほかにも、「ミステリー小説人気ランキング」や「百田尚樹の人気書籍ランキング」など、投票受付中のランキングが多数あります。本が好きな人はぜひチェックしてください!

関連するおすすめのランキング

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1半落ち(小説)

    半落ち(小説)

  2. 2クライマーズ・ハイ(小説)

    クライマーズ・ハイ(小説)

  3. 364

    64

詳細を見る

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ