みんなのランキング

松本人志出演の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

しんぼるR100大日本人さや侍ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数6
投票参加者数6
投票数19

みんなの投票で「松本人志出演の人気映画ランキング」を決定!お笑い芸人として一時代を築き上げただけでなく、映画監督としても数々の名作を世に送り出している、松本人志。自らも俳優として多数の作品に出演し、独特の存在感を発揮しています。初の監督長編映画となる主演作『大日本人』や、松本人志ならではの感性が炸裂した『しんぼる』、SMがテーマの衝撃作『R100』など、注目作が大集結!あなたがおすすめする松本人志出演の映画作品を教えてください!

最終更新日: 2020/12/11

ランキングの前に

1分でわかる「松本人志」

マルチな才能で監督・脚本・キャストを兼任

松本人志

松本人志
(引用元: Amazon)

松本人志は1963年9月8日生まれ、兵庫県出身。1982年に小・中学生の頃の同級生である浜田雅功とお笑いコンビ・ダウンタウンを結成し、吉本興業のタレント育成所に入ります。多数のレギュラー番組を獲得し芸人として順調に成長する傍ら、1996年にドラマに友情出演し俳優デビュー。2001年には、バラエティ番組の企画で自主制作した短編映画『佐助(SASUKE)』の主人公を演じました。その後、映画監督としての活動に本格的に乗り出し、初の長編である『大日本人』(2007年)や、最新作の『R100』(2013年)など、自らが手がけた作品に出演しています。

関連するおすすめのランキング

松本人志の出演作は何位にランクイン?

面白い映画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別人気の映画をチェック!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

皮肉

大大日本人という名の佐藤大役が松本人志で主演監督。秘本に現れる大きな怪獣を退治するのが大日本人の仕事で、その仕事は世襲制であるところが設定として面白い。怪獣物や変身ヒーロー物好きの松本監督らしい戦闘シーンで、昭和生まれの私にとっては懐かしい感じを受ける映像です。大日本人は強い怪獣を前にして、敵前逃亡するシーンが悲しくもあるが面白い。大日本人の日常生活でのシチュエーションは、夫婦間の問題など色々とうまくいかない状況にあり、どこか諦めた様などんよりとしたキャラクターが演じられ、そこも人間臭くて面白くも考えさせられる。

シュールな特撮もの

これまで見た事がある特撮映画の中でも特にシュールで特撮作品としては品質はかなり低いです。
ですが、これの面白さは特撮の面ではなく大日本人という存在が獣と戦う運命にあるというあまりに理不尽さを描いている点にあります。
それは通常見られる特撮ものとは全く違った姿で描かれていて誰からも感謝もされない主人公の苦悩を描いてます。
これは普段見る特撮の光景とは全くの逆の光景で情けないですが、それはすごく自然な事のように描かれているのが良いですね!

笑わせてくれるギャグ映画です

日本人が巨大化して敵と戦うなど、完全にギャグ映画として作られています。くだらないと言えばくだらない内容と言うことができますが、笑いのつぼを考えた演出の数々は松本氏だからこその映画だと思わせてくれます。この作品に限っては、最初からそのようなくだらない映画だと分かって見るといいでしょう。笑

コメントをもっと読む

2R100

R100

引用元: Amazon

『R100』(アールひゃく)は、2013年10月5日に公開された日本映画。松本人志監督作品第4弾。未体験リアルファンタジーエンタテインメント作品。SMを題材にしている。

もっと見る

劇中劇がメインという面白い作品です

本人の出演はそれほど重要でもない警察官役に留まっていますが、話のほぼ全てが実は劇中劇で、その内容の映画を考案し、撮った監督が100歳を迎える人物だというとても面白い話になっています。オチとしては弱いと感じるかも知れませんが、最初からそのようなストーリーだと分かっていたとしても、とても楽しい話です。いかにもお笑い芸人が考えたと言える話ながら、劇中劇が作品のほとんどだという驚きの作りは松本氏ならではで、彼だからこそこのような映画が撮れたのだと思っています。

SM作品

主人公がドMの作品になっているのですが、女王様と戦おうとする面白い物語になっていて、常に笑わせてもらいました。変なボンテージに入会してしまい、そこからさまざまな事件に巻き込まれていく感じが面白かったです。

3さや侍

さや侍

引用元: Amazon

『さや侍』(さやざむらい)は、2011年6月11日公開の日本映画で、松本人志監督作品第3作である。第64回ロカルノ国際映画祭正式出品作品。第一回インターナショナル・コメディー・フィルム・フェスティバル上映作品。

もっと見る

面白い作品

さや侍のさやってなんのことだろう?と思いながらこの映画をみましたが、さやに焦点をあてている昔の武士の話は今までにみたことがなかったので、面白い!!という印象から見始めました。監督もつとめながら、かなりいい出来になっていると思います!

最後まで目が離せない

最初から最後までの物語の展開が早く、見ていてあっという間に終わってしまう映画でお気に入りです。最後の最後まで、展開が読めないです。途中途中に笑いもありますが、戦闘シーンも多々あり、とても素晴らしい仕上がりになっている映画です。

江戸時代を描いた

江戸時代を背景に描かれた作品なのですが、かなりコメディ寄りになっていて面白かったです。悲しみを背負っている若者たちに、何とかして笑いを提供しようと頑張る主人公が素敵でしたし、ギャグがとても面白かったです。

4しんぼる

しんぼる

引用元: Amazon

『しんぼる』は、2009年9月12日に公開された日本映画。「松本人志 第二回監督作品」。 キャッチコピーは、「想像もつかない“何か”が起こる…」。

もっと見る

何だかよく分からない展開から面白くなっていきます

主演の“男”を務めた松本氏が真っ白い部屋に閉じ込められているシーンから始まり、何だかよく分からない映画だと思ってしまいましたが、話が進むに連れて面白くなっていく作りはさすがだ同氏だと思いました。最初だけで見るのをやめてしまう人が居るかも知れませんが、きちんと最後まで見て欲しい映画です!

まっちゃんらしい

まっちゃんらしい映画だなぁと思ったのが何よりの感想です。
演技もこの作品の脚本自体も最初はよくわからないなぁと感じるところが多かったですが、天才のまっちゃんらしい発想というか、わけのわからない世界観というか、すごいと感じましたね。

面白かったです。

最初の見始めはあまり、楽しさがわからなかったのですが、終盤にかけて物語がつながっていき内容がわかるととても面白かったと感じました。終始松本人志さんが登場するので、松本人志さんが好きな人にはぜひおすすめしたい作品となっています。

面白かった!

お笑いが好きなので、最初から最後まで楽しく見られました。
普段みる映画とちょっと違う形の映画ではありましたが、お笑いの本質を知って少し近づけたような気がします。
大御所がたくさん出てくるので、色んな人の話を聞けて面白かったです!

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

松本人志の出演作は何位にランクイン?

面白い映画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別人気の映画をチェック!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

お笑い好きはこちらも注目!

お笑い芸人ランキング

吉本芸人ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ