みんなのランキング

石田衣良の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

うつくしい子ども4TEEN池袋ウエストゲートパーク(小説)娼年(小説)眠れぬ真珠

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数21
投票参加者数15
投票数61

コピーライターを経て、36歳で小説家へと転身した石田衣良。若者を取り巻く環境を巧みに描いた作品を中心に、人気を博しています。そこで今回は、みんなの投票で「石田衣良作品おすすめ人気ランキング」を決定したいと思います。第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞してデビューを飾った『池袋ウエストゲートパーク』や、直木賞『4TEEN(フォーティーン)』、島清恋愛文学賞『眠れぬ真珠』などの受賞作が上位に名を連ねるのでしょうか。『美丘』や『娼年』といった映像化された作品も気になるところ……あなたのお気に入りは何ですか?

最終更新日: 2021/07/08

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「石田衣良」

デビュー作で一躍人気を集めた「石田衣良」

1960年、東京都出身の「石田衣良」。コピーライターを経て、36歳の時に小説家になることを決意。1997年に『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞し作家デビューを果たしました。この作品は後にテレビドラマ化やコミック化がされ、“IWGP”の愛称で親しまれ20年近く経った今も根強い人気を誇っています。その後、2003年に第129回直木賞を受賞した『4TEEN フォーティーン』や、テレビドラマ化を果たした『眠れぬ真珠』(2006年)や『美丘』(2009年)など、多数の人気作品を生み出しています。男性作家でありながら、恋愛小説では女性の描写に定評があり、また、社会的問題となった事件をテーマにした作品や、勇気づけられるメッセージを多く綴ったエッセイなど、幅広い作品を手がけています。

本ランキングにおける「石田衣良の書籍」の投票範囲

本ランキングにおける石田衣良の書籍の投票範囲は、彼が手がける作品です。共著やアンソロジー、エッセイからも投票可能です。石田衣良の人気書籍ランキングではあなたがおすすめする作品についての投票をお待ちしています。

ユーザーのバッジについて

石田衣良の作品を全作品読んだことがある。

石田衣良の作品を15作品以上読んだことがある。

石田衣良の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1池袋ウエストゲートパーク(小説)

池袋ウエストゲートパーク(小説)

引用元: Amazon

『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)、石田衣良の連作短編小説集シリーズ。略称、『I.W.G.P.』。第1篇「池袋ウエストゲートパーク」が第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞、『オール讀物』への連載を経て、文藝春秋より1998年から2010年にかけて第1シーズン10巻が刊行された。3年半を経た2014年から第2シーズン既刊4巻が刊行されている。

もっと見る

最新の社会問題をテーマにした内容が多く、面白いだけでなく勉強になる

池袋西口公園周辺で起こる様々な問題を主人公である真島誠が仲間たちと共に解決していく話です。
最近の社会問題などを幅広く取り入れた内容になっており、社会問題について知ることができます。
主人公の親友で、池袋ウエストゲートパーク周辺の若者集団を取りまとめているキングこと安藤たかしが非常にかっこよくて、いつも主人公を助けてくれるところが見どころです。
その他にもさまざまな個性あるキャラクターが出てきて飽きません。オススメです。

石田衣良先生の代表作と言えばやはりこのシリーズ。

シリーズ通して主人公真島誠が池袋周辺のトラブルに巻き込まれ、泥臭くもかっこよく解決する姿が爽快でスカッとします。また、ギャング集団のキングこと安藤崇など脇を固めるキャラクター達がどの人物も魅力的でシリーズを読み進める毎に変化がわかってくるのもシリーズを通して読む魅力です。まるで現実世界の池袋にも、彼らが生きているように感じさせてくれる作品です。

てる

てるさん

1位に評価

石田衣良を知っている人は誰もが知っている作品

石田衣良さんといえば物語の分かりやすさとエンターテイメントな世界観が魅力でミステリーというよりも人間ドラマっぽさが特徴的です。その中でも特にこの作品はドラマ化にもなり個性的なキャラクターと共に様々なトラブルを解決していくストーリーで石田衣良といえばこの作品というイメージがあります。

yoda

yodaさん

1位に評価

コメントをもっと読む

24TEEN

4TEEN

引用元: Amazon

『4TEEN』(フォーティーン)は、石田衣良による日本の連作短編小説。第129回直木賞受賞作。続編に本作の2年後を描いた『6TEEN』がある。 2004年にWOWOW制作により『ドラマW』の一作としてテレビドラマ化された。また、海埜ゆうこ作画で漫画化され、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。

もっと見る

爽やか・甘酸っぱいだけじゃない思春期ならではの人間臭さを感じる青春小説

「東京・月島を舞台とした14歳の少年少女たちの青春群像劇」というと、下町の人情溢れる人々の中で主人公たちがつまずきながらも大人に向かって明るく成長していく…と想像していました。しかしこの作品は思春期だからこそ感じる人間の負の部分や独特の閉鎖的な人間関係、性に関する興味関心など、どちらかというと表からは遠ざけたくなる青春の一部分が凝縮されている作品でした。目をそむけたくなる場面もありますが、明るい部分だけ見せない青春小説は新鮮でした。

てる

てるさん

2位に評価

若い頃の淡い思い出が蘇ってくる一冊

石田衣良の直木賞受賞作です。
思春期真っ只中の中学生4人組の青春を書いたものです。個人個人、それぞれ問題や障害があり、個人ごとのストーリーが各章で書かれています。
思春期の少年が抱える悩みや想い、友達の大切さを教えてくれる爽やかでで感動的なお話です。

愛すべきバカたち

男の子ってバカだなと思うには十分な作品でした。
決して悪い意味ではなく、バカで可愛いねってことなのですがこれが自分が同世代の時に読んだらまた感想は違ったかもしれません。
大人になってから読んだので彼らの迷い、友情、日常がとても美しく思えました。

aoi

aoiさん

2位に評価

コメントをもっと読む

3娼年(小説)

娼年(小説)

引用元: Amazon

『娼年』(しょうねん、call boy)は、石田衣良による日本の恋愛小説。著者初の恋愛小説であり長編作品である。第126回直木賞候補作。 続編に『逝年』があり、両作とも幸田育子作画で漫画化され『オフィスユー』(集英社)で連載されていた。

もっと見る

人の欲望が可愛らしいと思える作品

何の特徴もない普通の大学生が娼夫として働き、体を売りながらも出会った女性たちの多様な魅力を受け入れていくことで人として成長を見せていく物語です。
主人公は、最初女性に対して寛容ではありませんでした。しかし、客の女性たちが望むプレイを一緒にしていくことで、以前なら拒絶していた恥ずかしい部分をも可愛いと感じるまでに変化していきます。2人きりの世界だから見せられる様々な形をした欲望を見て、驚きだけでなく感動するはずです。

yokutoku

yokutokuさん

2位に評価

他になくストレートに人間の欲望に切り込んだ一作

性欲求は人間だれもが持っているものですが、目をそらしたり、隠したりしがちなものです。
それを素直に表現することの素晴らしさを教えてくれる作品でした。
普通なんてものはどこにもなくて、深いところを見れば人間みな個性があって素晴らしいという勇気をもらえます。

Ryo011

Ryo011さん

2位に評価

衝撃的

松坂桃李さん主演の映画でも話題となった作品です。かなり激しく、これを映画化したのもすごいと思いました。
原作でもかなり過激な描写が続きます。しかしそれだけでなく、いろいろなことを考えさせてくれる作品だと思います。

mino

minoさん

4位に評価

コメントをもっと読む

4うつくしい子ども

うつくしい子ども

引用元: Amazon

緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳の弟だった!崩壊する家族、変質する地域社会、沈黙を守る学校…。殺人者のこころの深部と真実を求めて、十四歳の兄は調査を始める。少年の孤独な闘いと成長を痛ましくもみずみずしく描く、感動のミステリー。

もっと見る

スピード感溢れるミステリーが交差する!!

とにかくスピード感が感じられる作品!
猟奇的な事件が起こるミステリーにも関わらず、描かれている子どもの成長は心温まる部分も多く、だが最後はやはりヒヤリとする。
この強弱がたまらなく癖になる!!
主人公の男の子が大人の力を借りて糸口を掴んでいく姿は、子どもの成長の早さも感じられるリアルな作品。

冒険心とゾクゾク感がある作品

まだ中学生になったばかりの弟が殺人事件を起こすという衝撃的かつ残酷なスタートで引き付けられましたが、単純なミステリーに終わらず主人公の「ぼく」が真相を追うために活動するところに不謹慎ながらワクワクを覚えてしまいました。
ミステリーと冒険の要素がうまく織り交ざっていて読みごたえがありました。

aoi

aoiさん

1位に評価

5眠れぬ真珠

眠れぬ真珠

引用元: Amazon

『眠れぬ真珠』(ねむれぬしんじゅ)は、石田衣良による日本の小説作品。第13回島清恋愛文学賞受賞作。 吉田まゆみ作画で漫画化され『女性セブン』で連載された。2015年に黒谷友香主演で配信ドラマ化、2017年に藤原紀香主演でテレビドラマ化。

もっと見る

女性が年を重ねる悲しさと美しさを描く、ラブストーリーの傑作!

こんな風に年を重ねていきたい、自分の人生にもまだ何が起こるかわからない…そんな風に希望を与えてくれる作品です。
年下の青年との時間の描写がとにかく美しいです。何度も読み返したくなります。
ラスト、女性の悲しさと強さを象徴するシーンが石田衣良小説の中で最も好きなシーンでした。

Ryo011

Ryo011さん

1位に評価

疑似体験できる

なかなかぶっ飛んだ内容の設定ですが、自分にはまず現実では起こりえない(起こせない)からこそ、本の世界で疑似体験をさせられている気持ちになり、どんどん引き込まれていきました。
描写がリアルすぎて、その点にもドキリとさせられます。

ノム

ノムさん

2位に評価

石田ワールドにはまりました。

女性視点の描写がリアルと言われてる作品。年下男性との恋愛をオトナの女性なら、どうしなくてはいけないのか、かなり考えさせられました。
人を愛することに正解は、ないのかもしれませんが…。石田ワールドにはまります。

kabo

kaboさん

4位に評価

6約束

約束

引用元: Amazon

池田小学校事件の衝撃から一気呵成に書き上げた表題作はじめ、ささやかで力強い回復・再生の物語を描いた必涙の短編集。人生の道程は時としてあまりにもハードだけど、もういちど歩きだす勇気を、この一冊で。

もっと見る

短編なのに涙が止まらない!

短編なのに中盤から後半にかけて涙が止まらなくなる感動作。
ある親子がテーマになっているが、子どもの純粋さと大人の弱さを絶妙なバランスで表現していて
涙活したい方にオススメ!
短編だから、本を読むのが苦手な方でもすぐに読み終えることができます!

石田衣良の暖かい短編

これはかなり短めの短編が集まった短編集となっています。この中の1つ、「ハートストーン」が私は大好きなんです。おじいちゃんと孫の暖かい関係に、そしておじいちゃんの愛情に涙が止まりません。その他のお話も暖かい感じですごく素敵です。

mino

minoさん

2位に評価

重苦しいけどさわやかな読後感

それぞれの背景が悲惨だから、読み始めはつらい
でも、やまない雨はないのだと教えてくれる一作だと思う
人生につかれた時にこそ読んでほしい。
また一歩踏み出せるはずだから。

7北斗 ある殺人者の回心

北斗 ある殺人者の回心

引用元: Amazon

『北斗 ある殺人者の回心』(ほくと あるさつじんしゃのかいしん)は、石田衣良による日本の小説。

もっと見る

人の影の部分に重点を置いた作品

石田衣良さんの作品では仲間と共に問題を乗り越えていく明るめの感じの作品が多い中この作品はとても思いテーマで主人公の北斗が幼い頃から親からひどい虐待を受けていてその後も波瀾万丈な人生を歩みあることがきっかけで女性を刃物でさしてしまい死刑囚になってしまい裁判になるストーリーで何かと考えさせられる作品です。

yoda

yodaさん

3位に評価

救いようのない切なさ

この小説を最初読んだときのどうしようもなさは言葉に表しきれないです。この苦しさは本当に読んでみてほしいとしか言えない作品です。残酷な運命に読んでいるこちらまで絶望してしまいます。中山優馬さん主演でwowowでドラマ化されていました。

mino

minoさん

1位に評価

10の恋愛短編集で様々な恋の物語を読める

石田衣良の作品では珍しい恋愛小説。10個の短編集になっていて、10個それぞれの恋愛模様が書かれています。それぞれの年代、それぞれの立場や状況がある人たちのそれぞれの恋愛事情を感じることができる感動の恋愛小説です。泣きたいときに読むと必ず泣けるお話があるはずです。

大人の恋

ほろ苦く、それでいて柔らかな恋愛短編集。大人の恋に浸りたい時に。

9アキハバラ@DEEP(小説)

アキハバラ@DEEP(小説)

引用元: Amazon

『アキハバラ@DEEP』(アキハバラアットディープ)は、石田衣良の長編小説。秋葉原を舞台に、若者たちの活躍を描いている。小説は『別冊文藝春秋』2002年1月号 - 2004年7月号に連載され、2004年に文藝春秋から刊行された。

もっと見る

オタクな主人公がオタクならではのスキルで事件に立ち向かう姿。

秋葉原を舞台に、吃音症で話が苦手だが知識豊富な主人公「ページ」を中心としたオタクたちが繰り広げる秋葉原テイスト満載の青春小説です。社会からドロップアウトし自分の趣味に邁進しているオタクたちが出会い、物語は動き出します。そして、あるプロジェクトを成功させますが、その利権を狙う敵との攻防が繰り広げられます。スピード感がありながらも、秋葉原の特色や各キャラクターの得意分野を生かした能力バトルのように感じて読んでいてワクワクしました。

てる

てるさん

3位に評価

とにかく面白い

アキバ発のPOPカルチャーが広く広がっている現在。以前は、秋葉原=オタクの街というイメージでした。秋葉原という電脳街を舞台に書かれた作品です。誰一人、自分と同じ人がいないから面白いんだと思えた作品です。吃音、女性恐怖、色素欠乏症など個性豊かなオタクたちが結束していく姿最高に面白い!

kabo

kaboさん

3位に評価

AI社会とは

若者を通してAIを考えれる一作かと。何年も前にこんな物語を書いた筆者はやはりただものではないと感じた

格差社会の問題をSFとして見事に描いた作品

1つのタワーに住む上流階級と下層住民の対立や地底に住む部族など、限られたところにしか人が住めなくなった世界で行われる醜い争いを解決しようと奔走する男の物語です。当時の韓国で起きていた超格差社会の実態を見た作者が、物語として残したいと思ったそうです。人としては大した差はないのに、交流がないだけで互いをここまで憎んでしまうという人の怖さを感じた作品です。

yokutoku

yokutokuさん

1位に評価

読みやすい

短編のエッセイが集まった本なのでひとつひとつの話が短くまとめられていて、どこから読んでも読みやすいです。
ですが結局は全部読み漁ってしまうほど、ひとつひとつの話の内容が面白く、どうして石田さんはこんなにも気持ちがわかってくれるのだろうと感心させられる本でした。

ノム

ノムさん

1位に評価

12美丘

美丘

引用元: Amazon

野性時代』2004年12月号から2006年2月号まで連載され、2006年10月に角川書店より刊行された。 難病を発症した女子大生・美丘と、彼女に恋をした太一の13か月間の恋の物語。太一の視点から描いた回想録という形式を取っている。

もっと見る

尊い命

小学生の頃ドラマでも見たが、かけがえのない日常がどれだけ幸せか痛感する作品。恋に落ちるというのも一概にこうだとは言えないもので、愛の形もそれぞれだというのがとても良かった。死に向かうとき恋人が横にいてくれるというのは儚いものだなと思った。

aki

akiさん

4位に評価

過激で純粋なラブストーリー

かなり激しめの描写もあったりして、過激めなお話です。しかし、すごくピュア。純粋で、まっすぐで、きれいなラブストーリーです。吉高由里子さん主演でドラマ化していて、そちらはもう少し柔らかい表現になっていて見やすいと思います。

mino

minoさん

3位に評価

13波のうえの魔術師

波のうえの魔術師

引用元: Amazon

『波のうえの魔術師』(なみのうえのまじゅつし)は、石田衣良の小説。 2002年に『ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜』として、フジテレビでテレビドラマ化された。

もっと見る

経済の入門書

フリーターの主人公が、ある老人との出会いにより株式投資の世界を学び投資家として成長していく作品。
作者が作家になる前の経験をもとにしているだけに、株式売買の基本や投資の本来の目的がとても分かりやすく物語の中に描かれていて勉強になる一冊。
そして、毎日の習慣の中で、いろいろな情報に触れるだけでなく、選択して記録することの大切さを実感できるはずです。

yokutoku

yokutokuさん

3位に評価

リアルなのにファンタジーっぽくもある!

デイトレードについて、何も知識の無い私でも読むことができた作品。
比ゆ的な表現も”さすが石田衣良”と思わせられる。
リアルなお話にも関わらず、随所に感じられるファンタジー感は本当にすごい!
特に、闘志あふれる男性に呼んでもらいたい作品。

いろんな愛があって面白かった

はじめ題名を読んで不思議に思って買ったが、同じマンションに住むいろんなひとたちの生活が短編で書かれていて読みやすく面白かった。なるほど、愛がないのか、と複雑な家庭の事情を女たちが乗り越えて行く話で強く在りたいものだなと思った。

aki

akiさん

2位に評価

151ポンドの悲しみ

1ポンドの悲しみ

引用元: Amazon

30代女性の恋模様を描いた、優しい短編集 本好きの人にしか恋ができないOL、夫以外の男性にときめく妻、いつ同棲が終わってもいいように準備をしているカップル――。女性の切ない恋愛模様を描いた傑作短編集。(解説/藤田香織)

もっと見る

苦い恋愛

スローグッドバイよりも更に苦みを増した恋愛模様。憂鬱な日に浸れる。

快楽深い


ドロドロの不倫の話で、男たちの欲望などに塗れたような作品であまり好きにはなれなかった。とても官能的で、女性を無下に扱うようなことはしない主人公だが、結局は離婚、不倫相手にも去られたのに、また見知らぬ女に手を出してしまう男のサガというものにわかるような理解したくないような複雑な気持ちにさせられた。

aki

akiさん

3位に評価

イライラさせれらながらも放っておけない

ウジウジして暗い小説だと思っているのですが、でもどこか放っておけない危うさが2人にはあって一気読みしてしまいました。
彼らは青過ぎて冷めたところがある私からするともっと他の道はあったでしょうと言いたくなるのですが、その脆さがこの小説の魅力でもありました。

aoi

aoiさん

3位に評価

18再生

再生

引用元: Amazon

妻を自殺で亡くしたシングルファーザー、恋人から突然別れを切り出されたOL、不況に苦しみ、鉛のような心と身体をもてあます会社員……思うようにいかない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を踏み出そうとする勇気。苦しんでも、傷ついても、人は夢見ることをやめられない──。平凡な日常に舞い降りたささやかな奇蹟の瞬間を鮮やかに切り取り、かじかんだ心に血を通わせる感動の短篇集。

もっと見る

辛く悲しくても前を向いて進むしかない

石田衣良の短篇集の文庫版です。
思うようにいかない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を辛くて悲しくても前を向いて歩き出すしかないんだと思いました。「日常」を切り取った作品だからこそ、引き込まれました。

kabo

kaboさん

5位に評価

いまどき女性のリアル

いまどきの女性の特徴が四人ともとてもリアルに表現されていました。自分のまわりにこんな友達いる!となんども頷きながら読みました。自分も同じような年齢で女性だったので、よりストーリーに親近感を覚えました。
どうやって石田さんはここまでのネタを集めてるのか感心でしかありませんでした。
文章も難しくないので、小説を読み慣れてない方にはすごくおすすめだと思います。

ノム

ノムさん

3位に評価

超現実的な東京と、非現実的な女性が織りなすハイスピードなストーリーが魅力!

とても現実的な東京の描写で、非現実的な女性と繰り広げられる恋が次々新しい展開をむかえます。
まさしく現代のシンデレラストーリーに強く引き付けられました。
読んでいると新しい世界に飛び込んで、人生を駆け抜けたくなります。

Ryo011

Ryo011さん

3位に評価

21

21位~21位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ