1. トップ
  2. エンタメ
  3. 乾くるみの書籍ランキング

乾くるみの人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

  • イニシエーション・ラブ(小説)
  • リピート
  • セカンド・ラブ(小説)
  • Jの神話
  • スリープ

数々の傑作ミステリー小説から恋愛小説まで幅広いジャンルの作品を手がける「乾くるみ」。今回は、彼の作品にスポットをあてた「乾くるみの人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定します!過去に自分に戻り人生をやり直した人たちが次々と殺されていくSFミステリー『リピート』や、恋愛小説ながら”最高傑作ミステリー”ともいわれる『イニシエーション・ラブ』、6年ぶりの長編作品となったSF超大作『スリープ』などの人気作品は何位にランクインしたのか!あなたがドハマりしたタイトルも教えてください。

  • 参加者数30
  • アイテム数17
  • 投票数127

最終更新日: 2020/10/28

ランキング結果を今すぐチェック自分のランキングを作って投票

ランキングの前に

1分でわかる「乾くるみ」

34歳で作家デビューを果たした「乾くるみ」

1963年、静岡県出身の乾くるみ。小学校の頃からミステリーにはまり、数々の推理小説を読んでいたそう。高校生になると自身で執筆活動をはじめ、大学生で江戸川乱歩賞に初応募するが落選。卒業後はIT企業に就職しましたが、1998年に発表したミステリー小説『Jの神話』が第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビューを果たしました。その後は『塔の断章』(1999年)や『リピート』(2004年)、『スリープ』(2010年)など数々の名作を生み出してきました。なかでも、2004年に発刊された『イニシエーション・ラブ』は150万部を超えるベストセラー作品となりました。

もう一度読み返したくなると話題の『イニシエーション・ラブ』

2004年に発刊された大人気作『イニシエーション・ラブ』。終盤まではピュアで甘酸っぱい恋愛ものとして展開されていきますが、最後に衝撃的なミステリー要素が盛り込まれていることで話題となり、2005年の第58回日本推理作家協会賞長編、および連作短編集部門の候補となったほど。また、人気テレビ番組「しゃべくり007」でくりぃむしちゅーの有田哲平がこの作品を紹介したことでも話題となり、放送後の1ヶ月で21万部を増刷したといいます。2015年には、「松田翔太」と「前田敦子」主演で映画化され、興行収入は13.2億円に達しさらに注目を集めました。

このランキングに投票しているユーザーのバッジについて

  • 乾くるみの作品を全作品読んだことがある。

  • 乾くるみの作品を15作品以上読んだことがある。

  • 乾くるみの作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。

投票ポイント・不正投票について

マイランキングを作ってみる

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

TOP5集計グラフ

合計ポイント差

  1. 1位イニシエーション・ラブ(小説)

  2. 2位リピート

  3. 3位セカンド・ラブ(小説)

  4. 4位Jの神話

  5. 5位スリープ

ポイント男女比

  1. 1位イニシエーション・ラブ(小説)

  2. 2位リピート

  3. 3位セカンド・ラブ(小説)

  4. 4位Jの神話

  5. 5位スリープ

男性女性

ランキングの詳細・コメント

条件による絞り込み:なし

1イニシエーション・ラブ(小説)

イニシエーション・ラブ(小説)

引用元: Amazon

『イニシエーション・ラブ』は、乾くるみによる日本の小説。 タロットカードの6番「恋人」を題材としたタロットシリーズの一作で、1986年から1987年頃の旧静岡市を舞台としている。 内容は恋愛小説だが、本編に仕掛けられているどん...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数8
注目

なんといっても!

映画で見てから原作も読みたいと思って読みました。あらすじのを読んで叙述トリックだと思い警戒して読んだが半分正解で半分騙されたという感じです。一度読んだだけでは、?なところがありました。二度読んで、なるほど!と言えます!

注目

同一人物と思わせるようなトリック

よくあるラブストーリーで、ふられたマユがかわいそうだと思ったのですが、最後のページまで読んで、え?って思って読み返してしまいました。
物語が2部構成になっていてまさかの展開が待ち受けており、読者を騙すような書き方の工夫がすごいと思います。
マユは2人の呼び方を統一していて、多分間違えないように同じニックネームを考えたのだと思いますが、そう考えるとかわいそうだと思ったマユはしたたかな人なんだなと思いました。
読み返して見ると細かい伏線に気づき、新たな発見があって違った見方ができます。

新着

最後のどんでん返しが本当に凄い!

事前に、最後の2行でどんでん返しがあって、すごく面白いよ!と勧められて読んだので、本当に色々な想像をしながら読みましたが、全く見当違いの予想で、まんまと騙されました。

恋愛のミステリー小説は、珍しくて、何度も再読し、映画も観にいくほど、大好きな本です!

驚きの一言

ネットで「二度読み必死」「最後まで読んで必ず読み返してみること間違いなし」と言われていて読んだら確かに
今まで読んだミステリーの中でも一番驚きがあって二度目に読んだ時に初めてこの小説の面白さ深さがわかるように作られており、小説を読んで感動したので1位に選びました。

必ず読み返す作品

これを読んだ人で、繰り返し読み返さないなんてことは、ないと思う。良い話として終わるかと思いきや、大どんでん返しが待っていて、もはやミステリーを読んでいるような気分にさせられた。他の作品にも繋がる人物が出てきたりするので、併せて読みたい。

文章のマジック

裏表紙の内容説明にかかれている「必ず二回読みたくなる」の説明にふさわしく初めて読んだときは最後の最後まで主人公が違うというトリックがわかりませんでした。
小説での時代背景もうまく利用されていて、文章のマジックを見ているようでした。

映画化された名作!

最後の最後まで結末がわからない作品なので、ドキドキしながら最後まで一気に読めるところが良いです。恋愛小説のようなのですが、ミステリーの要素があるので、飽きずに最後まで読めます。映画化もされていて、知名度も高いので1位に選びました。

ドキドキさせられます

1度目読んだときにはあまりよく意味がわかりませんでしたが、2度目に再び読んだ時に話がよく理解できます。ただの恋愛小説だと思ってはいけません。マユちゃんはとてもしたたかだし、たっくん気をつけて!とはらはらドキドキさせられます。

絶対に騙される恋愛ミステリー

1980年代の東京と静岡を行き来しながら、とあるカップルの出会いから別れまでを描いています。当時のヒットナンバーに肖った各章のタイトルに隠された意味と、「A面」と「B面」の2部構成になっている理由には驚かされるでしょう。

意外さ

映画を見る前に読んだのですが、くりーむしちゅーの有田さんの紹介で興味を持ちました。サイドAとbBで時間軸が変わっていたのでまんまと最後まで気づかず種明かしが余計に楽しめました。80年代の雰囲気も感じてよかったです。

騙された感じになるのが良かったです。

合コンの話の時は、平凡なストーリーかと思いましたが、あとの展開がすごく怖くてミステリー好きな私には最高の作品に感じました。どんどん謎が広がり、解明されて閉じていく感じ、そして著者に騙される感じが良かったです。

2度読みした

恋愛小説でミステリーの小説。違和感を持ちながらも最後まで読み進めていくと、最後にどんでん返し。
この感じが求めていたものだ!と思ってしまいました。キャラクターにはあまり共感出来ないけど、トリックが好きです。

衝撃の結末で文句なしの1位!

最後のページのインパクトがとにかく強烈な作品です。最後のページに辿りつくまでは、そんなに面白くないかもと思って読んでたのに、あまりの衝撃にまた頭から読み返したくなる名作。間違いなく乾さんの代表作です。

本格ミステリベスト10にも選ばれた作品!くるみさんの代表作です!

心理サスペンス的要素も多くドキドキしながら一気に読んでしまいました。トリックには驚かされました。最後まで読まないとこの本の面白さはわからないと思います。

「2回読みたくなる」と絶賛されたミステリーです。

最後から2行目、が重要です。理解力に乏しい私は、「え??どういうこと?」となりました。それにしてもこの技術には脱帽です。

残り12件のコメントを見る

2リピート

リピート

引用元: Amazon

『リピート』は、乾くるみによる小説。「文藝春秋」掲載分をまとめ、2004年10月25日に文藝春秋より出版。2007年11月10日に文春文庫より文庫化。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

過去に戻ってやり直せる夢のようなストーリー

抽選で選ばれた主人公にある日電話がかかって来て、数ヶ月前に戻ることができるというSFミステリーです。
主人公に電話をかけた風間はランダムにリピートする人を選んだと話しますが、なんか怪しいし不思議な感じがしました。
本当に過去に戻れるのかな?と思ったら、本当に戻れてしかも今までの記憶はなくならないまま体だけ戻れるという便利な方法でした。
もし、過去に戻れるならと思ったこともあるし、夢のような出来事ですが、風間が集めたメンバーにはある理由があって集められていました。
それを知った時、リピートしても結局人間は自分の運命には逆らえないのかなと思った話でした。

注目

最後まで読んでください

乾作品は最後まで読まないと面白さが伝わらない!この作品もまさにそんな作品です。最後までじっくり読んでほしいと思います。

現在の記憶を持ったまま十カ月前の自分に戻れるとしたら――。
この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げていきます。なぜ不審な死が起きるのか?ページをめくらずには居られるなくなります。

新着

最後までドキドキ

10か月だけ前に戻れるリピート。
大学生の毛利は選ばれたが、猜疑心のあるまま過去へと。
この過去へと戻る行為のためかなりの時がかかり、そこにはリアリティが生まれていく。
けれども、過去に戻ると次々と犠牲者が……いったい犯人は誰なのか。その真意は何か……。
ラストの見解にインパクトがあり、過去を変えようとすればタイムスリップの掟をまざまざと見せつけられ、印象に残る作品だった。

ハラハラドキドキの時間物ミステリー

本作はイニシエーション・ラブで有名な乾くるみ氏がループ現象をテーマに描いた時間物の作品です。繰り返す時間の中で良い思いをする主人公たちですが、一人の人間の死をきっかけに物語はあらぬ方向へ転がっていきます。ループというSF的な設定を使いつつ、謎解き要素もある本作はSF好きにもミステリー好きにもおすすめの一作になっています。

内容がわかりやすく、読みやすい。

現実離れしたストーリーでありながら、内容的にはわかりやすく、最後まで一気に読めます。リピートという言葉が印象的で、物語の構成もはっきりしていて、わかりやすい作品です。ミステリータッチなので、飽きることがないところも好きです。ドラマ化もされており、知名度が高く、2位に選びました。

トリックがなかなか分からない所が良い

読み始めから、中盤まで来るとだいたいオチが見えてくるものは読む気が無くなってしまうのですが、この作品は、中盤に来ても作者に良い意味で騙されっぱなしでオチが全くよめなかったところが良かったです。いろいろやり直して幸せになれるのか?考えさせられました。

過去に戻る殺陣ミステリー

過去に戻れるという導入の場面から、主人公の心情と自分ならどうするのかなという心情が入り乱れて
主人公になったつもりで読めてしまいとても読みやすいので2位にしました。
ただイニシエーションラブに比べるとラストのインパクトにかける内容でした。

過去へ戻るシーン

主人公が優越感からか、どんどん性格が悪くなってるように思えてきます。また誰もが、過去に戻りたいと一度は思ったことがあると思います。しかし、過去に戻ることは必ずしも良いことばかりではないと、この本を読んで思いました。

設定が面白すぎる

現在の記憶を持ったまま過去に戻れるという夢のような設定に、楽しい気分でしたが、そこから恐怖に落とされてビックリしました。人生のやり直しをする十人の男女という設定は、興味深すぎて読むしかないと思った作品です。

設定はおもしろい

今の記憶を持ったまま過去へ戻る主人公。タイムトラベル系はもう絶対良くないことが起きる、ガッカリするだろうと思っている私には絶対にやりたくないことの一つ。この小説を読んで、その気持ちが一層強くなりました。

人生やり直せたらいいのにと思うけれど、そうとも限らないかもしれない。

現在の記憶を持ったまま10か月前の自分に戻れるとしたら?強欲な私は得することしか考えないと思います。やり直しに挑んだ10人の男女は一体どうなるのか、引き込まれました。

残り8件のコメントを見る

3セカンド・ラブ(小説)

セカンド・ラブ(小説)

引用元: Amazon

1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。そこに春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは……。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる、僕の心。ラ...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

かわいそうすぎる裏切り

先輩・彼女から嘘をつかれ、騙され、裏切られた主人公があまりにかわいそうすぎる内容になります。
また序章とエンディングで主人公が幽霊になっており彼女の幽霊が見えると言うことだけ嘘ではないという設定も悲しいがよく作りこまれた内容だと思います。
悲しすぎるどんでん返しのストーリーです。

注目

独特なラスト!

怪しげなプロローグから始まり、最後まで悶々とします。読み進めていくうちに、女の怖さを感じました。最後の章は二回も読み返し、その後序章を読んだら見方がガラッと変わった!途中から予測できる展開でした。が、やはり面白いです。どんでん返しが独特です!!

新着

複雑だけどおもしろい

イニシエーションラブと似ていてやはり騙されてしまいました。でもイニシエーションより複雑で一度読むだけでは理解できなかったので登場人物を整理しながら再度のチャレンジをしました。誰が誰だかわからなくなる、をクリアすれば楽しめます。

イニシエーション・ラブに続く二度読み必至!!

『イニシエーション・ラブ』に続く二度読み必至の作品です。恋愛ミステリリーがあまり好きではないですが、この作品ははまりました。ところどころに伏線があるので見逃さないように読んでください。解説を含めて読んでみると面白いと思います。

驚愕のどんでん返し

恋愛ミステリーとしての完成度はピカ一だと思います。スキーで出会った彼女、とても幸せな日々だった。そこに彼女そっくりだけれど、大胆なもう一人の女性が登場します。揺れ動く彼の心理。そして驚愕のどんでん返し。女性は怖い。

懐かしさが満載で良かったです。

あの時代の懐かしさが大勢の人々と共感できたようで、大変うれしかったです。若い時の感情の特徴も思い出しながら認識できたのもとても良かったです。著者の考えたトリックも趣きがあり、かなり素晴らしいと思いました。

恋愛心理

男性作家とは思えないほどかなり女性心理、それも恋愛について深い想いがこめられている。登場人物それぞれの心の揺れ、それも恋愛について読む側にとり、かなり考えさせてくれるところが面白い。恋愛を考える作品です。

自分の彼女とそっくりなもう一人の女性は?

身なりのいい紳士は余計なことをしてくれた、と思ったものです。正明は災難だなと。恋愛ミステリーですが、作品のテクニックにこれまた神感動しました。

残り5件のコメントを見る

4Jの神話

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

新しい種類のエロス

全寮制の女子高という舞台でのミステリーかと思えば、SF?的な新たな生命体が巻き起こす新しい種類のエロ小説です。
遺伝子や染色体など難しい部分も多かったですが本当にこういう新たな生命体が生まれる可能性があるのではないかと思わせるぐらい説明がしっかりされていました。

注目

ミステリかと思いきや?!

物語の導入部分はミステリかと思いきや、だんだんと怪しい方向へ…乾さんのデビュー作ですね。ミステリとSFの混ざったとんでも解決に導かれます。後半の描写にエログロ風味が強いですが、全体的な雰囲気推しで2位にランクインです。

新着

インパクト

デビュー作ですが、とてもインパクトを受けた作品です。一言で言うとヤバいです。オカルトやホラーのような雰囲気があり、次々に起こる不可解な謎が夢中になって読めますし、読み応え十分で読んだ後は暫く余裕も残りました。

5スリープ

スリープ

引用元: Amazon

テレビ番組の人気リポーター・羽鳥亜里沙は、中学卒業を間近にした二月、冷凍睡眠装置の研究をする“未来科学研究所”を取材するために、つくば市に向かうことになった。撮影の休憩中に、ふと悪戯心から立ち入り禁止の地下五階に迷い込んだ亜里沙は...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

変態的発想の愛情と想像力豊かな近未来

愛する人間をクローン人間として作り近くに置いておくという実際にクローン人間を正確に作れるのなら考える人間も出てくるのではないかと思わせる内容と近未来を表す風呂の瞬乾装置の発想力はすごいと思います。
また乾先生ならではの最後まで主人公がクローン人間とわからずのどんでん返し感もおもしろいところです。

注目

SFチックですが、やっぱり乾作品は驚きがいっぱい!

SFチックな部分があるので、苦手な人も多いかもしれませんが、最後まで読んで損はないと思います。乾ワールドにどっぷりはまります。タイトルがなぜスリープなのか考えながら読んでいくと面白いと思います。主人公の亜里沙の表記にも注目して読み進めていってください。

新着

時空が歪んでる

やはり時間のトリックというところは前の2作と変わらなくて好きです。でもちょっと話が飛びすぎていてついてはいけないところがありました。ただラストに向けてのとっ散らかった話を回収してゆくのはカタルシスを感じるほど鮮やか。

近未来の科学の感じがいい

舞台がどことなく近未来のような感じで科学や冷凍催眠の内容で最初はとっつきにくいかったのですが
研究所の冷凍催眠技術の秘密を主人公が知った辺りからに話にのめり込むようになり最後のどんでん返しを期待していたのですが先が読めたので3位にしました。

面白かったです

途中で、ん?と困惑しながら読みましたが、しっかりと仕掛けが効いていて面白いと思いました。独創的な世界観とスピード感があり、読みやすいです。自分が思っていること、心の奥底で考えているようなことが言語化されていて読むのが楽しいです。

残り2件のコメントを見る

7カラット探偵事務所の事件簿

カラット探偵事務所の事件簿

引用元: Amazon

『カラット探偵事務所の事件簿』(カラットたんていじむしょのじけんぼ、The Mystery File of Carat Detective Office)は、乾くるみによる日本のミステリのシリーズ。文庫判のカバー装画は上条衿。『文蔵』...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

まさか助手が女性で作者

いろいろな事件の短編集的な小説となっており、各事件の内容的にはそんなにおもしろい内容はないのですが、高校の同級生の所長の古谷と助手の井上が二人でやっている探偵事務所で最後まで助手が女性だと全く気が付きませんでした。
また古谷のひそかな井上に対する恋心やこの事件簿を助手の井上が書いていたというところがおもしろい展開と思います。

8匣の中

匣の中

引用元: Amazon

探偵小説の愛好家グループの中心人物・伍黄零無が奇妙な言葉を残し密室から消えた。メンバーの仁行寺馬美が書くモデル小説通り、仲間達もまた密室で殺される。死者を愚弄するような装飾と暗号。目眩く推理合戦。すべてを裏切って全宇宙を揺るがす真相。...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

独特な雰囲気

易や陰陽、数学、物理などを交えながら、次々と密室で死んでいく仲間の死の謎を皆で討議していく「本格」的な展開。最後は、乾シリーズの独特な世界に引き込まれます。

9物件探偵

物件探偵

引用元: Amazon

利回り12%の老朽マンション!? ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート? 新幹線の座席が残置された部屋?? ――そんなアヤシイ物件の謎、解けますか? 『イニシエーション・ラブ』で日本中をまんまと騙した作家が、不動産に絶対欺されな...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

「不動産ミステリー」という言葉、初めて聞きました。

不動尊子は物件の声を聴くことができたり、気持ちを読み取ることができる力をもっています。この特殊能力を聞いただけでもワクワクして、ぐいぐい読めました。

注目

不動産女子と物件巡り

若干中学3年生にして宅地建物取引主任者の資格を取得した、不動尊子が訳あり物件に纏わるトラブルを解決していく連作集です。土地や建物の「声」を聞くことができる異色なヒロインの魅力だけでなく、今時の不動産業界の裏話も盛り込まれていて勉強になります。

10蒼林堂古書店へようこそ

蒼林堂古書店へようこそ

引用元: Amazon

書評家の林雅賀が店長の蒼林堂古書店は、ミステリファンのパラダイス。バツイチの大村龍雄、高校生の柴田五葉、小学校教師の茅原しのぶ―いつもの面々が日曜になるとこの店にやってきて、ささやかな謎解きを楽しんでいく。かたわらには珈琲と猫、至福の...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

こんな古書店があったら是非行きたいです。

書評家が店長をしている古書店。珈琲とネコがいて、なぞ解きをする。なぞ解きと言ってもささやかなもの。のんびり、ゆっくり、穏やかに読める本です。

11林真紅郎と五つの謎

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

ささっと読める短編集

5話の短編集で、さらっと読めるのがオススメのポイントです。乾さんらしからぬ軽い雰囲気の作品ですが、最後的なオチは「そうなるか!」という気持ちにさせられます。一筋縄ではいかないのが、さすが乾作品といったところ。

14北乃杜高校探偵部

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

青春の1ページに刻まれた事件の謎

京都府宇治市の歴史ある学校を舞台に、次々と巻き起こる不可思議な事件を生徒たちが解き明かしていく青春ミステリーです。暗号から殺人予告までの謎解きのスリルと、高校生らしい日常の描写とのバランスが絶妙でした。

15塔の断章

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

16六つの手掛り

六つの手掛り

引用元: Amazon

雪深い山荘で、宿泊者が死体となって発見された。誰もが知り合ったばかりで、死の真相は不明。だが事件の解明は、その山荘ならではの情景の、些細な変化によってもたらされた(「六つの玉」)。探偵役と一緒に、鮮やかな謎解きを追えるミステリー六編。...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

短編集でも乾ワールドは楽しめます

六編からなるミステリー作品。見た目は「太ったチャップリン」の男、林茶父が華麗に謎を解き明かします。短編集でも乾ワールドが楽しめます。解説も含めて読んでほしい作品です。解説を読んでからまた本作を読んでみると見方が変わると思います。

17セブン(小説)

セブン(小説)

引用元: Amazon

「――というわけで、うちの寿命の三年と九ヵ月を遣うて、本格的なデスゲームが楽しめるように舞台を整えさせてもらいました」 私立曙女子高等学院の生徒会室に集まった七人の生徒たち。生き残りをかけて互いを出し抜く頭脳戦がいま、始まる・・・...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

一話一話が面白い短編小説

7に関係する話の短編小説です。なかでもゲームものは、ルールは単純そうでも駆け引きが複雑でなかなか理解するのが難しかったです。作家は、数学科を卒業しているとのことで納得できる作品でした!

このランキングに参加したユーザー

  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  3. 3
    リピート
    リピート
  4. 4
    物件探偵
    物件探偵
続きを見る
usausa(女性・40代)
  1. 1
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  2. 2
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  3. 3
    Jの神話
    Jの神話
  4. 4
    物件探偵
    物件探偵
続きを見る
タカタカ(男性・60代以上)
  1. 1
    リピート
    リピート
  2. 2
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  3. 3
    カラット探偵事務所の事件簿
    カラット探偵事務所の事件簿
  4. 4
    マリオネット症候群
    マリオネット症候群
続きを見る
koshikikoshiki(男性・20代)
  1. 1
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  2. 2
    リピート
    リピート
  3. 3
    嫉妬事件
    嫉妬事件
  4. 4
    Jの神話
    Jの神話
続きを見る
たむのたむの(男性・40代)
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    リピート
    リピート
  3. 3
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  4. 4
    スリープ
    スリープ
続きを見る
KapiKapi(女性・40代)
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  3. 3
    匣の中
    匣の中
  4. 4
    No Image
    塔の断章
続きを見る
ゆんゆんゆんゆん(女性・20代)
  1. 1
    リピート
    リピート
  2. 2
    蒼林堂古書店へようこそ
    蒼林堂古書店へようこそ
  3. 3
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  4. 4
    マリオネット症候群
    マリオネット症候群
続きを見る
  1. 1
    スリープ
    スリープ
  2. 2
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  3. 3
    リピート
    リピート
  4. 4
    No Image
    林真紅郎と五つの謎
続きを見る
こまこま(女性・20代)
  1. 1
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  2. 2
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  3. 3
    リピート
    リピート
  4. 4
    カラット探偵事務所の事件簿
    カラット探偵事務所の事件簿
続きを見る
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    Jの神話
    Jの神話
  3. 3
    No Image
    林真紅郎と五つの謎
  4. 4
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
続きを見る
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    リピート
    リピート
  3. 3
    スリープ
    スリープ
  4. 4
    Jの神話
    Jの神話
続きを見る
そっくそっく(男性・30代)
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    リピート
    リピート
  3. 3
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  4. 4
    スリープ
    スリープ
続きを見る
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    Jの神話
    Jの神話
  3. 3
    マリオネット症候群
    マリオネット症候群
  4. 4
    カラット探偵事務所の事件簿
    カラット探偵事務所の事件簿
続きを見る
すぎもとすぎもと(女性・20代)
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  3. 3
    スリープ
    スリープ
  4. 4
    リピート
    リピート
続きを見る
  1. 1
    Jの神話
    Jの神話
  2. 2
    匣の中
    匣の中
  3. 3
    マリオネット症候群
    マリオネット症候群
  4. 4
    クラリネット症候群
    クラリネット症候群
続きを見る
サムスサムス(男性・30代)
  1. 1
    リピート
    リピート
  2. 2
    マリオネット症候群
    マリオネット症候群
  3. 3
    カラット探偵事務所の事件簿
    カラット探偵事務所の事件簿
  4. 4
    スリープ
    スリープ
続きを見る
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    物件探偵
    物件探偵
  3. 3
    北乃杜高校探偵部
    北乃杜高校探偵部
続きを見る
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    Jの神話
    Jの神話
  3. 3
    カラット探偵事務所の事件簿
    カラット探偵事務所の事件簿
  4. 4
    スリープ
    スリープ
続きを見る
kami_tkami_t(男性・30代)
  1. 1
    リピート
    リピート
  2. 2
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  3. 3
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
続きを見る
bitter3bitter3(女性・30代)
  1. 1
    イニシエーション・ラブ(小説)
    イニシエーション・ラブ(小説)
  2. 2
    セカンド・ラブ(小説)
    セカンド・ラブ(小説)
  3. 3
    リピート
    リピート
  4. 4
    匣の中
    匣の中
続きを見る
ny4649ny4649(男性・20代)
次の1人を見るkeyboard_arrow_down

あわせて読みたいランキング

十角館の殺人

エンタメ >

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

転生したらスライムだった件 (ライトノベル)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

図書館戦争(小説)

エンタメ >

有川浩の書籍ランキング

あなたがおすすめしたい有川浩の作品を教えて下さい!

マイランキング
作成・投票