みんなのランキング

LUNA SEA(ルナシー)の人気曲ランキング!SLAVEおすすめの名曲は?

WISH / LUNA SEAgravity / LUNA SEAROSIER / LUNA SEAI for You / LUNA SEADESIRE / LUNA SEA

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数46
投票参加者数141
投票数703

音楽業界に革命を起こした90年代のヴィジュアル系。そのなかでも、X JAPANに続いて独自の世界を作り上げてきたバンドのひとつが「LUNA SEA(ルナシー)」。今回は、みんなの投票で「LUNA SEAの人気曲ランキング」を決定します!メジャーデビューアルバム『IMAGE』に収録されているあの名曲や、ルナシーの代表曲の1つ『ROSIER』、ライブでは合唱するのがお決まりの『TONIGHT』など、多数の人気曲がランクイン!あなたのおすすめしたい楽曲を教えてください。

最終更新日: 2021/08/03

ランキングの前に

1分でわかる「LUNA SEA(ルナシー)」

日本を代表するヴィジュアル系5人組ロックバンド・LUNA SEA

LUNA SEA

LUNA SEA
(引用元: Amazon)

LUNA SEA(ルナシー)は、ボーカルのRYUICHIやドラムの真矢など5人のメンバーからなるロックバンド。90年代に流行したヴィジュアル系を象徴する存在として知られています。1989年に結成した彼らのメジャーデビューは、1992年発売のアルバム『IMAGE』でのこと。本作には、ボーカル・RYUICHIが初めて作詞した『SEARCH FOR REASON』を含む、計12曲が収録されています。

メジャーデビュー後、彼らの代表曲のひとつともいえる『ROSIER』(1994年)をはじめ、疾走感のあるナンバー『STORM』(1998年)や、フジテレビ系ドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌『I for You』(1998年)などヒット曲を連発。とくに90年代のロックシーンで不動の人気を誇りました。

関連するおすすめのランキング

【全曲総合】ヴィジュアル系人気曲ランキングはこちら!

ヴィジュアル系(V系)バンドランキング

他バンドの人気曲もチェック!

X JAPANの曲ランキング

元V系バンドもランクイン!?

邦楽ロックバンドランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、これまでに「LUNA SEA」「LUNACY」名義で発表されたすべての曲に投票可能です。アルバム収録曲や配信限定曲への投票も受け付けています。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

カッコイイ90年代のロック!

90年代は、自分がLUNA SEAやL'Arc-en-Cielなどのロックバンドにハマった時期でした。
普段音楽を聴くだけでなく、友人とコンサートに行ったりカラオケでシャウトしたりして、かなり盛り上がっていました。その中で一番好きだった曲のひとつが、この「ROSIER」です。
RYUICHIはソロの方がすっかり有名になってしまいましたが、彼の裏声混じりの声はこういう曲の方がずっと合っています。
そしてバンドの演奏もカッコイイ!特に真矢のドラムは最高です。
今聴いても、鳥肌の立つ、熱くなれる曲です。

beavis

beavisさん

1位に評価

曲調がLUNA SEA!

ビジュアル系バンド・LUNA SEAの真骨頂ともいうべき曲でしょう。
アップテンポの小気味良いリズムとビジュアル系バンドを代表するような音の使い方といい、これはドはまりしました。
カッコイイ曲調だし、これでLUNA SEAのファンも相当増えたのでは?というぐらいの大ヒットでした。

LUNA SEAの曲の中で、1番激しい

この曲でLUNA SEAというバンドを、知りました。
激しい曲ですが、詞の内容はとても哀しい。
ライブでは、ベースのJが英語の部分を歌ったあとにマイクスタンドを投げるシーンは、超カッコイイです。
カラオケで歌うと、疲れます。(笑)

コメントをもっと読む

2gravity / LUNA SEA

gravity / LUNA SEA

引用元: Amazon

アーティストLUNA SEA
作詞・作曲LUNA SEA
リリース2000年3月29日『gravity』
収録アルバム『LUNACY』
『LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE』ほか
タイアップ映画『アナザヘヴン』主題歌

もっと見る

最高のアルペジオ

イントロからやられます。INORANの作詞原曲のこの曲。INORAN作の中でも秀でています。独創的でいて宙を浮いているような、心地よい気持ちになれます。特にライブバージョンは最初から最後まで最高にかっこよくアレンジされています。

LUNASEAらしいバラード

この曲を初めて聞いたのは、映画の主題歌になっていてCMで聞いた時でした。なんて素敵な曲なんだろう、とCDを購入しました。その頃もうかなり有名だったLUNASEAですが、この曲はかなり最高傑作な域だと思います。バラードが好きな方にオススメしたいです。

和のテイストの入ったセンチメンタルな雰囲気がこもった曲

LUNASEAのドラム担当である真矢さんが詞と曲を手掛けた珍しい作品でLUNASEAの曲の中でも異色の雰囲気を放っている曲だと思います。メロディーがゆったりした感じでやや重厚な感じのサウンドで和のテイストが少しあるセンチメンタルな雰囲気がいいですね。

コメントをもっと読む

有名すぎる主題歌

LUNASEAと言えばこの曲!と言う方も多いのではないでしょうか。社会現象にもなった神様、もう少しだけの主題歌として使われ、ドラマにとても似合う曲でした。
バラードとして聞いても良いですし、ドラマの余韻に浸るのに聞くのもオススメの1曲です。

壮大なバラード

この時代を黎明期とするいわゆるV系と呼ばれるようなバンドは海外のロックバンドの潮流を汲みながら、一方で日本にローカライズされたゴシック的な要素を多く含んでおり、LUNA SEAはその代表的存在だったと思います。
そのゴシック的な世界観が顕著に表れているのがバラードで、さまざまな要素が重なり合った壮大なジャパンオリジナルテイストを感じさせます。

ゴリ

ゴリさん

1位に評価

名曲

LUNASEAと言えばこの曲!と言う方も多いのではないでしょうか。
社会現象にもなったドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌として使われ、作品にとても似合う曲で、バラードとして聴いても良いしドラマの余韻に浸るのに聴くのもオススメの1曲です。

コメントをもっと読む

疾走感が良い

全体的に曲のテンポが速く、疾走感が駆け抜ける曲で聴いていて気持ちがいいですね。
溜まったストレスを吹き飛ばすために、またドライブ中にも聴きたい曲でもあります。
ヴォーカルの声に引っ張られるように楽器の音がついてくるし、バシーンとなるシンバルの音も気持ち良い。

今でもライブでよく演奏される超人気曲

初めてIMAGEというアルバムを聴いた時にどれもダークでデカダンな雰囲気の曲が並ぶ中、ラストのこの曲だけポジティブな歌詞で超ポップな曲調なのが逆に強烈に印象に残りました。それだけじゃなくメロディも綺麗で疾走感のあるノリの良いアレンジも普通にかっこいいです

人気曲

ダークでデカダンな雰囲気の曲が並ぶなか、ラストのこの曲だけポジティブな歌詞で超ポップな曲調なのが逆に強烈に印象に残りました。
それだけでなくメロディも綺麗で、疾走感のあるノリの良いアレンジも普通にかっこいいです。

コメントをもっと読む

初めてLUNA SEAを知って衝撃を受けた曲!

当時まだ小学生でバンドというものを知らなかったのですが、テレビで隆一さんのクールな顔立ちと痺れるような歌声に子供ながらに釘付けになりした!
歌詞の意味なんてわからなかったけど、出だしのサウンドからドキドキしちゃいます!

切ない歌詞と疾走感のあるメロディ

LUNASEAがこれまでに生み出した数々の曲の中でもかなりの名曲で、知名度も高い人気曲だと思います。
歌詞は結構切ない感じの歌詞でありながら、メロディは非常に疾走感があってサクサク進んでいき、かなり聴き心地がいいです。

切ない歌詞と疾走感のあるメロディー

LUNASEAがこれまでに生み出した数々の曲の中でもかなりの名曲で知名度も高い人気曲だと思います。歌詞は結構切ない感じの歌詞でありながらメロディーは非常に疾走感があってサクサク進んでいきかなり聞き心地がいいです。

疾走感

風が吹き荒れるときのような疾走感や躍動感を感じる曲です。
ドラムの激しいビートに乗せた、ベースやギターの音。
まるでひとつの物語が始まり、そして終わるまでが曲の中に込められているようでした。
ラストの「サヨナラ」が、とても心に残ります。

ゆう

ゆうさん

1位に評価

ビジュアル世代の鉄板曲

中学生時代にエレキギターを練習していた際、夢中になって弾いていたのがこの曲でした。
なんせカッコいい曲調で、これが演奏できれば女の子にモテると思い、必死で練習した記憶があります(笑)
カラオケに行けば、今でも歌ってしまう曲です。

世紀末的な退廃感たっぷりの名曲

この曲の全編に漂う退廃的な雰囲気が好きです。その退廃的な歌詞や歌い方がいかにも世紀末の90年代という感じで、今聴くと逆に新鮮だったりします。サビのImage or Realと呪文を唱えるように繰り返すボーカルとヴァイオリンのようなロングトーンのギターの絡みが絶妙です。

楽器の絡みが最高

ロングトーンのギターの音が非常に綺麗で魅力的な曲となっています。
サビの時にそれを強く感じるし、何かの呪文を唱えているかのようなサビの歌詞とメロディは彼らの創り上げる世界観に引き込まれていくように感じます!

世紀末的な名曲

退廃的な歌詞や歌い方がいかにも世紀末の90年代という感じで、今聴くと逆に新鮮でサビのImage or Realと呪文を唱えるように繰り返すボーカルとヴァイオリンのようなロングトーンのギターの絡みが絶妙です。

歌詞に哀愁があるのに演奏がかっこいいので体にメロディが自然と入ってくる

2018年のクリスマスライヴで20年ぶりぐらいに演奏されたのを生で見たのが良かった
LUNA SEAは一度解散があったので90年代初期の楽曲は今の鍛え抜かれたメンバーの演奏は中々観ることが出来ない中での演奏を聞けて大感動したのを覚えています

D

Dさん

1位に評価

唯一無二の絶対性 まさに”LUNA SEA”の曲

ヴォーカルも演奏も決して完璧とはいえないのに、どのパートもあるべくして存在していると感じさせる。一音でも違っていたら忽ちに崩れてしまう、そんな危うい美しさ。
退廃的で乾いた静けさと、迸り出る熱情のコントラストが素晴らしい。
歌詞のテーマを理解すると、絡み合うギターパートがヴィジュアライズされて、ぐっと胸に迫る。

syun

syunさん

1位に評価

ライブで盛り上がる曲

イントロが鳴った瞬間
ガッツポーズがおこる曲
テンション上がるライブで盛り上がる曲

イメージにピッタリ

機動戦士ガンダム THE ORIGINの主題歌として1話から4話まで使用されていた曲で、ガンダムの世界観もうまく引き出しながらLUNA SEAの曲としての雰囲気も出ていて、2つの良さが見事に表れていた曲だと思いました。

その名の通り、雨

この曲を聞くと、雨がすごく頭に浮かんできます。ねっとりとしていて、ギターソロが終わったあとはその雨が止んだような、スッキリとした情景が想像できます。リュウイチの高音に以降するときの大サビはうますぎて鳥肌たちます。

LUNA SEAならではの曲

いかにもLUNA SEAらしい曲と言った感じのする曲で、昔のこのバンドの曲調に近いような感じがしました。
バンド自体が結成から30周年という節目にリリースされた曲で、バンドの原点回帰といった感じの曲。

21

21位~40位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ