みんなのランキング

REBECCA(レベッカ)の人気曲ランキング!おすすめの名曲は?

RASPBERRY DREAM / REBECCAMOON / REBECCAフレンズ / REBECCAMAYBE TOMORROW / REBECCALONELY BUTTERFLY / REBECCA

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数31
投票参加者数160
投票数660

みんなの投票で「レベッカの人気曲ランキング」を決定!80年代のバンドブームを象徴するカリスマロックバンド「REBECCA(レベッカ)」。紅一点であるNOKKOのパワフルなボーカルは、多くの人の心をつかみました。代表曲である『フレンズ』(1985年)、『RASPBERRY DREAM』(1986年)などの楽曲がランクイン?あなたがおすすめしたい、レベッカの名曲を教えてください。

最終更新日: 2022/01/22

ランキングの前に

1分でわかる「REBECCA(レベッカ)」

80年代のバンドブームを牽引したレベッカ

REBECCA(レベッカ)は、1982年に結成され1984年にシングル「ウェラム・ボートクラブ」でデビューしたロックバンド。ボーカルNOKKOの力強い歌声とカリスマ性で人気を博した、1980年代後半に生じたバンドブームを象徴するグループとして知られています。幾度かの解散・再結成を経て、2015年以降も精力的に活動を継続中。

レベッカの代表曲

レベッカを語るうえで欠かせないのが、1985年に発売した4thシングル『フレンズ』。NOKKOのハイトーンボイスが際立つ一曲で、世代を超えて愛されています。大人なムード漂うリズミカルなナンバー『RASPBERRY DREAM(ラズベリー・ドリーム)』(1986年)や、「幽霊の声が聞こえる」と話題になった『MOON(ムーン)』(1988年)なども、レベッカを象徴する楽曲です。

名バラードも収録された大ヒットアルバム

[item-image|19a43a]

1985年にリリースした4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜(レベッカ フォー 〜メイビー トゥモロー〜)』が、130万枚以上を売り上げる大ヒットを記録。大ヒット曲『フレンズ』のほか、ライブで披露されることも多い名バラード『Maybe Tomorrow』も収録されています。

関連するおすすめのランキング

邦楽の人気No.1は?

邦楽・J-POPランキング

カラオケで歌いたい曲ランキングはこちら!

カラオケで盛り上がる曲ランキング

邦楽の名曲ラブソングがずらり!

邦楽ラブソングランキング

このランキングの投票ルール

このランキングは、「REBECCA(レベッカ)名義で発表されたすべての楽曲」を投票対象とします。シングル曲はもちろん、カップリング曲やアルバムの収録曲などを含めた全曲に投票OK。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1フレンズ / REBECCA

フレンズ / REBECCA

引用元: Amazon

アーティストREBECCA
作詞・作曲NOKKO / 土橋安騎夫
リリース1985年10月21日『フレンズ/ガールズ ブラボー!』
収録アルバム『GOLDEN☆BEST REBECCA』
『レベッカスーパー・ベスト』
タイアップ日本テレビ系『ハーフポテトな俺たち』エンディング

もっと見る

浪人したときに聞いた1曲

大学受験に失敗して、予備校、図書館、自宅の往復の電車の中や自転車に乗りながら聴いていたレベッカ。エスカレーターで大学に入学した彼女を同級生に取られて、精神的にボロボロだった時、この曲だけは何度も聴いて、口ずさんでいました。

JS

JSさん

1位に評価

報告

青春の思い出

レベッカのフレンズを聴いていたのは私の青春時代です。だからこの曲を聴くと、青春時代の色んな思い出が思い浮かんで来て心が熱くなります。この曲はイントロからアップテンポで心が躍りますし、それでいて歌詞がちょっとナイーブなので心の奥に響きます。

報告

レベッカといえばフレンズでしょう

当時観ていたドラマで使われていた曲で、ドラマを観る度にフレンズという曲が大好きになっていきました。アップテンポな曲調と澄み切った声が凄く魅力的ですし、歌詞も凄くイイ。時代を感じさせない名曲だなって思います。

大輔

大輔さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

独特の世界観

Nokkoの個性的な声と不思議な世界観の歌詞の組み合わせが魅力的です。
「娘は13になって 盗みの味覚えて」や「家を飛び出して戻らなくなった」のあたりから
主人公は、どうやら万引のクセがついた不良娘で
「大切に生きてと 彼女は泣いた」の彼女に当たるのは母かな等と想像出来ます。
抽象的な歌詞から不良娘とその母の物語をなんとなく想像させられるのは作詞のセンスの巧さなんでしょうね。

ice

iceさん

1位に評価

報告

オカルトを抜きにして

センパイという幽霊の声が聞こえてくると言って話題になりましたが、そんことがどうでもいいよ思えるほどに名曲です。NOKKOが子気味良いダンスを踊りながら歌っているのが特徴できでした。

切なくて感情が入ってしまいます。

報告

切なくて泣けてくる歌詞とメロディ

とびっきり可愛くて元気になる曲も多いレベッカですが、この曲は聞くたびにじんわりと心にしみ、懐かしいような泣けてくる歌詞やメロディが魅力です。

報告

強さと優しさに溢れた名曲

NOKKOの歌声が前面に出たロックバラードです。前半のパートは、音の数が少なくしんみりと心に響く歌声が印象的です。後半からは、激しさと優しさを持った曲調に変化します。前半で泣けて、後半で元気になる楽曲です。歌詞も前向きで、メッセージ性が強いです。そのため、何度も頭の中でリフレインします。中毒性がある名曲です。

報告

これこれ!レベッカ最高

ドラマの挿入歌に使われていました。しっかしNOKKOの声は伸びやかで澄んでいて、ものすごいインパクトです。

彼女のボーカルに元気と生きる希望をもらっていました。最高です。

報告

心に突き刺さった

恋愛や勉強での辛いことを紛らわしていたこの曲、ラズベリードリーム。それがYoutubeで聴けるのが最高です、グッときてます。涙こらえてます。

魂を揺さぶる曲とはこの曲のこと。共感してくれる人、いるのではないですか?

報告

かっこいい系

名曲MOONの続編とでもいうべき、不良系といっては語弊があるかもしれませんが、かっこいい系の曲です。

報告

ノッコの真骨頂

切ない曲、当時好きだった彼のことを思い出します。歌声もパワフル。かっこよくて強い女性の理想像のように思えてファッションも何もかもノッコに憧れたものです。

報告

初めて聞いた曲

レベッカの曲の中で初めて聞いた曲で聞いていてとても気分が高揚するような感じの曲で一番好きな曲です。大げさかもしれませんが、このような曲がこの世の中にあるのかと思った曲でそのくらいに衝撃を受けた一曲です。

Brendon

Brendonさん

1位に評価

報告

圧倒的なノリのよさ

オリーブの姉妹曲 オーリブの方が曲の完成度は高いけど

ken

kenさん

3位に評価

報告

7ヴァージニティー / REBECCA

ヴァージニティー / REBECCA

引用元: Amazon

アーティストREBECCA
作詞・作曲宮原芽映 / 土橋安騎夫
リリース1984年11月21日『NOTHING TO LOSE』
収録アルバム『NOTHING TO LOSE』
『The Best Of Dreams』
『GOLDEN☆BEST REBECCA 』
『Super Hits』ほか
タイアップフジテレビ系ドラマ『リップスティック』挿入歌

もっと見る

レベッカ最高の未来曲

90年のバンドブームを予感させる名曲ですね。
ただ名曲にして難曲 さすがのNOKKOも歌い終わると消耗が激しいみたい。

ken

kenさん

1位に評価

報告

ボーカルの凄さとメンバーの凄さを同時に感じる

紹介を間違えてNOKKOの凄さがよけい分かった名曲。
ライブでは、どんどんNOKKOは
原曲の輪郭を勝手に超えていくんだけど
それに動じないメンバーのレベルが凄い。

ken

kenさん

2位に評価

報告

ずっと聞いていた

これ大好きでした。力強く、かっこいい。ノッコのスター性をまざまざと見せつけるようです。

報告

プログレッシブな名曲

ギターのフレーズもベースラインも素晴らしい。バンドの底力を感じます。懐かしさや清々しさも感じる名曲。4枚目のアルバムは名盤だと思いますがこの曲がいちばん好きです。

山梨けんいちさん

1位に評価

報告

クールなロックナンバー

たしかアルバムに収録されている曲だったはず。2曲目か3曲目かに入っていて、素晴らしいロックナンバーで、アルバムを聞くたびに、この曲を繰り返しリピートで流し続けていました。

報告

全ての曲で1番好きです

最高傑作はこの曲だと思ってます
グルーヴが最高。

山梨けんいちさん

1位に評価

報告

21

21位~31位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ