みんなのランキング

【人気投票 1~41位】星新一の書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

未来いそっぷ悪魔のいる天国ボッコちゃんきまぐれロボット午後の恐竜

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数41
投票参加者数50
投票数204

製薬会社の長男として生まれ、社長を継いだ時期もあった星新一。「ショートショートの神様」として高い評価を受ける大作家です。今回みんなの投票では「星新一の人気書籍ランキング」を決定!代表作『ボッコちゃん』やインターネット社会の到来を予測した『声の網』、環境問題に触れた『おーい、でてこい』、冒険長編ファンタジー作品『ブランコのむこうで』などの作品がランクイン?あなたがおすすめしたい星新一の作品も教えてください。

最終更新日: 2022/08/12

ランキングの前に

1分でわかる「星新一」

ショートショートの神様「星新一」

1926年生まれ、東京都出身の「星新一」。原稿用紙10枚程の分量で書かれ、ラストにはどんでん返しが待っている「ショートショート」という形式を得意としています。巷では「ショートショートの神様」と称されるほどでした。1949年、自身の代名詞である「ショートショート」の第1作『狐のためいき』を発表。その後、自身の代表作である『ボッコちゃん』や『ようこそ地球さん』、『きまぐれロボット』、『おーいでてこーい』などのショートショートを次々と執筆します。さらに、インターネット社会の到来を予見したと言われる『声の網』やファンタジー作品『ブランコのむこうで』などの人気作を世に送り出しました。1997年肺炎にて還らぬ人となります。しかし星新一の功績を讃えて、1998年に日本SF大賞特別賞が授与されました。

製薬会社の社長を務めた

星製薬創業者の長男として誕生した星新一。後を継ぐため、大学院で勉学に励んでいました。そして創業者の父が亡くなったことで、短い間ではありましが父の後を継ぎ星製薬株式会社の取締役社長及び副社長を務めました。

ユーザーのバッジについて

星新一の作品を全作品読んだことがある。

星新一の作品を15作品以上読んだことがある。

星新一の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

定番のショート・ショート作品集

最初に星新一さんの作品を読んだのは教科書に載っていた「このボッコちゃん」と「おーい、でてこーい」でした。大人になって改めて星新一さんを読み始めるきっかけとなった、印象的な作品です。星さんのショート・ショートのらしいブラック・ユーモアや意外な結末等ぎゅっと詰まった濃厚な作品集です。これは定番であり不動の1位ですね。

サブ

サブさん

1位に評価

報告

星新一らしい世界

星新一はほぼ全て読んでいるのに、毎回結末が予測を超えています。
中学生の時初めて読んだ時はロボットのボッコちゃんが不気味で怖かったけれど、大人になってから疲れている人間にはこのくらい人間らしくない適当な対応で十分なのかも、と恐ろしいことに理解してしまいました。

報告

初星新一はこの1冊から

たまたま書店で手に取ったボッコちゃんが私に取ってのファースト星新一。星新一の代名詞とも言えるショートショートをギュッと凝縮した名作で、夢中になって読んだのを覚えています。表題作はもちろん、近未来やアンドロイドなどSF的要素も満載でとにかく面白い!

報告
コメントをもっと読む

視点を変えて読み直す楽しみが含まれている作品

この作品にはどんでん返しがあり、味方だと思っていた人物が実は敵だったりと、意表を突かれる展開が用意されているだけあって読んでいて衝撃を受ける作品です。
そのため一度読んだ後に、また違った視点で読み直してみると本作の良さを真に理解する事ができます。

報告

短いのに怖さが味わえる

ブラックな味わい多めの掌編集ですが、決して嫌な感じはせず、読後感が心心地良いのは星新一さんの小気味よい文体のなせる業です。中でも「追い越し」はシンプルなオチながらめちゃめちゃ怖い。ショートショートでこんなにゾクリとさせられたのは初めて。

えみ

えみさん

1位に評価

報告

ブラックユーモアの宝庫。

すべての短編がブラックユーモア満載です。恐ろしいだけでなく、唇と肛門が人間と逆の位置にある宇宙人とキスして宇宙人と交流できたと勘違いしている人間たちなど、バカバカしくて思わず笑える作品もあって、全部が総合的に面白いです。

報告
コメントをもっと読む

小学生以上の全年代が読める名作

星新一さんの、漢字が読めれば(あるいはかなさえふってあれば)小さな子でも読める文章の読みやすさは本当にすごいと思います。角川つばさ文庫から出ているものはルビが振ってあるしイラストもかわいらしいので、小学生の子にもおすすめです。読書の楽しさを知ることができると思います。

報告

ロボットの話はほんとに飽きません。


なんでもできるロボットと銘打ってますがあるときやはり不具合、故障が起きてロボットはおかしな行動をとることにより大変な目にあってしまいます。自分でも読める内容ですし、小学生でも読める内容です。幅広い年層に親しみやすい作品です。

報告

初めて読んだ作品

星新一さんの作品で初めて読んだ作品なので印象深いです。短編なのに起承転結がしっかりしていて博士の発明や不思議な世界観がありとても面白かったです。1度読んだら忘れることが出来ない展開でページをめくる手が止められませんでした。

とら

とらさん

1位に評価

報告

心に残ります

さすが星新一と言わしめる一作です!誰もが知っているイソップ物語を彼ならではの解釈で物語を彩っています。それでいて、う〜ん!と誰もを唸らせること間違いありません!まさしくSF界の天才!ショートショートの鬼才と言えましょう!

stella

stellaさん

1位に評価

報告

アレンジが秀逸

短編集なので非常に読みやすい1冊だと思います。「ウサギとカメ」や「北風と太陽」などの話をアレンジしているのですが星新一がやるとはちゃめちゃになっているのですが、とても面白いです。何度も読み返しています。

ai

aiさん

3位に評価

報告

読みやすい短編の詰め合わせ

元となったイソップ童話をうまくアレンジした話ですが、短いながらも非常に上手にまとまっているので、とても読みやすいです。
そしてこの本の魅力は何と言っても収録している話の豊富さです。この本には30作以上の話が収録してあり、どれもが適度な長さの話なので読みやすく、時間のある時にサッと読む事ができる手軽さも相まって万人にお勧めできる良作です。

報告
コメントをもっと読む

恐竜たちの悲鳴が胸に刺さる

ある日突然に世界各地によみがえった太古の恐竜たちが、現代に生きる人類に鋭い警鐘を鳴らす風刺劇です。科学の暴走や核戦争の愚かさへの痛烈なメッセージと共に、滅びゆく者たちへの静かなレクイエムも心に残りました。

報告

初心者でも読みやすい

50年も前にこんな世界を見ていた先生は本当にすごいと感じました。午後の恐竜はとても読みやすく、初心者でもいい手のつけやすい良い作品だと思いました。上品な大人の読み物に仕上がっていて、非常に楽しめました。

ai

aiさん

1位に評価

報告

子供向きに見えて実はそうではない作品

何気ない日常を続けていたのに起床すると外には恐竜が…というトンデモ展開の話です。
一見すると子供向けの作品と思えますが、実はそうでもなく、作品の真理にはダークな部分が含まれています。
そのためこの作品は大人向けのダークファンタジーと言えるでしょう。
是非、大人に読んでもらいたい作品です。

報告
コメントをもっと読む

初めて読んだ星新一作品

ラジオドラマで聴いて、ノックの音がで始まることが印象に残り書店で購入したことが、星新一のファンになるきっかけです。実際に本を読んで、すべて書き出しは、同じだが全く違う話しが、いくつも集められて面白く感じ、ショートショートに嵌まりました。

たろ

たろさん

3位に評価

報告

バリエーション豊かなストーリー展開が面白い

収められている15話の書き出しが「ノックの音が」から始まる。それだけでもワクワクする。主人公の元に様々な人たちが訪ねてきてストーリーが広がっていくのだが、私が一番好きなのは地球上に生き残った一人の男の元に「ノックの音が」という話です。

報告

シンプルイズベスト

題名はシンプルなんですが。。その次に続く物語が全て奥深いです。ハラハラドキドキでありながら、決して読者を裏切らない文才は流石です!物語が楽しみたいなら是非読んでみてください。どれも外れはありませんが特にお勧めです。

stella

stellaさん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

意表は突かれるが決して嫌な気分にはならない

辛口な書き方なのに読んでいて苦しくならず、「そうきたか」とこちらがにやりとしてしまうような話の連続で、読んでいて気持ちがいいです。いったいどうやったらこの話を思い付けるんだろう、といつも思います。子どものころに読んでも楽しかったし、大人になってから読み返すとまた新しい発見がある、すてきな一冊です。

報告

面白い

これも星新一ワールド炸裂です。大抵、どれも外れはないのですが。。ガッツリ読みたいので有ればお勧めの本の一冊です。これで、誰もが星新一ワールドに引き込まれることは間違いないでしょう!ゆっくりご堪能ください。

stella

stellaさん

4位に評価

報告

中学の思い出

中学生のとき友人と一緒に図書館で借りました!読後の友人の悟りを開いたような顔が忘れられません。

報告

楽しい!

何というかこれぞ星新一ワールドと言えるでしょう!ラストが痛烈でスッキリします。人によってはそうじゃないのかな?けれど、このシニカルさが星ワールドの醍醐味です。特とご堪能してください。とにかく読めば分かります!

stella

stellaさん

3位に評価

報告

奇想天外

独特な世界観があり予想だに出来ない奇想天外なストーリーは、読んでいてとても引き込まれます。人の心理なども上手く描かれていますし、人間の闇など濃い内容で凄く読み応えもあります。何度読んでも楽しめる作品です。

報告

設定が奇想天外

ちょっとした電車の待ち時間や、移動中の車内で読めるので私のライフスタイルにピッタリの作品です。人工冬眠の流行という想像できない設定を思いつき、素晴らしいストーリー展開をしている著者は天才だと思いました。

報告

近未来の予言

ショートショート作品。東日本大震災の時にこの作品を何故か思い出しました。とある場所で穴が発見された。深い穴で奥が見えない穴。発見者がおーいでてこいと叫んでも反響もない底なし穴。結局、穴は産廃は処理つかわれ、時には使用済み核燃料も捨てられる。ある時、天空からおーいでてこいと叫ぶ声が聴こえてくる。穴の底は天空にあったと連想でき、何時か使用済み核燃料も天空から降ってくる予感する作品。

たろ

たろさん

2位に評価

報告

単純明快でわかりやすいドンデン返し

中学校の英語の教科書にも載っているくらい簡単な内容ですっと頭に入ってきます。ある日見つけた穴に何かいないか呼びかけ、何もないからごみ捨て場にすると遠い未来でその呼ぶ声が聞こえてきて…という分かりやすいオチです。私はここから星新一の作品に触れるようになったので、入門編としてはたいへんおすすめです。

ちぃ

ちぃさん

2位に評価

報告

空想とは思えない

この作品が描かれた頃を考えるとかなり斬新な設定だったと思います。星新一がSF作家として有名ですが、この作品がまさにそれを象徴するような作品だと思います。一人の男を通じてかなり世界観が広がる展開が面白い。

報告

SF、ミステリ、時代物、なんでも収録されている作品

星新一氏といえばショートショートの旗手であり、本作も例によってショートショート集となっています。星さんの作品はバラエティに富んでいるものが多いですが、本作はとりわけその傾向が強くSFやミステリなどバランスよく色々な物語に触れることができます。はじめて星新一を読むという方にぴったりの一作です。

koshiki

koshikiさん

1位に評価

報告

矛盾

文明の発展にともない自然が減少し、地球上にゾウは最後の一頭になった。そのゾウもついに死に、種そのものがこの世から消える。
それでもそのニュースに世界中の子供たちは今夜ゾウの夢を見る。人は生き物を殺しながら生き物を愛す。
そうした矛盾は皮肉だけれど、少なくとも確かにそこには無ではない何かはある。最初から何も持っていなければ「失う」という概念さえ分からないのだから。

ユリ

ユリさん

1位に評価

報告

文明の利器と人間の欲

現代の人々は、これまでに培った技術をもって生活している。過去の文明の発達によって高度な文明社会を築いたが、それが当たり前になっていることに警報を鳴らすと共に、高度な技術は自分の力ではないことを思い出させるようなドキッとする作品。読んだあとは、ケータイすらもありがたく感じる。

報告

15殿さまの日

殿さまの日

引用元: Amazon

参考価格683円(税込)

もっと見る

星新一らしい時代劇

星新一さんにしては珍しい時代もので、なおかつ皮肉なオチやどんでん返しがあるわけでもありません。ただ私はその淡々と進んでいく感じが好きで、時折読み返したくなります。急にコメディチックになるところも予想外で楽しいです。

teen7

teen7さん

1位に評価

報告

現代を当てているかのようで逆に怖い

番号をどうぞという作品は、現代のマイナンバーを当てているかのような話で、保険証や住民カードなどを無くしてしまったがために自分を証明できず、暴行事件を起こして自分の身分を証明するという内容です。今国民に当てられているマイナンバーもそのうち自分を証明するものの一つとなるのではないかと恐ろしくなる感情を抱きました。

ちぃ

ちぃさん

1位に評価

報告

星新一が本当に書きたかった本

ショートショートの星新一が書く長編。題材は父親で星製薬の創業者の星一。星一が苦学して学んだアメリカ留学の時に薬に注目したきっかけや、野口英世や後藤新平とのエピソードや起業して製薬の認可などで、星一が時の政府と闘い続ける姿勢に心をうたれた作品。

たろ

たろさん

1位に評価

報告

18おみそれ社会

おみそれ社会

引用元: Amazon

参考価格485円(税込)

もっと見る

ありそうでない世界観にぞっこん

現代社会を少し異なる視点から見つめた作品で、ありそうでないストーリー展開で星作品の中でも個性的なストーリーを集めた一冊。星先生らしい文体と独特のユーモアが面白く一気に読んでしまえ、物事には色々な見方があるのだなと感じました。

報告

19白い服の男

白い服の男

引用元: Amazon

参考価格484円(税込)

もっと見る

架空の世界なのにゾッとする

星新一にしては少し長めのショートショートです。
昔のロシアか、 北朝鮮か?と思うような異常な監視されすぎた未来の社会の話です。
こんなにロボットのように監視された社会なのに人間の欲望が滑稽でちょっと笑ってしまいます。

報告

変わった設定と納得の結末が面白い

人間のさまざまな妄想を取り扱う銀行という設定は最高だと思いました。そこから自然な流れで大変な出来事が多発して、好き勝手な事をしていると、合理的な理由で皮肉な結果になる展開が、大変納得できて面白かったです。

報告

21

21位~40位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ