みんなのランキング

美桜さんの「ジャンプ漫画ランキング」

140
更新日: 2020/11/22

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1シティーハンター(漫画)

シティーハンター(漫画)

引用元: Amazon

作者北条司
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1985年13号~1991年50号)
巻数全35巻

人生のバイブル

子供時代は、絵の綺麗さ、各キャラの魅力、話のスピード感に魅了されて読んでた。大人の今、人生の大切な事、当日の流行、心理学が上手く盛り込まれて、改めて何回でも読み返したくなる作品。絵、話、構造、組立、など読めば読む程新しい発見に驚かされる。獠のキャラ、手を抜く時は上手く抜く、嫌われる勇気、ありのままの自分など今となっては自己啓発本に見られる内容が、CH連載時に既に組み込まれてる凄さ。まさに人生のバイブルです。

2暗殺教室(漫画)

暗殺教室(漫画)

引用元: Amazon

作者松井優征
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2012年31号〜2016年16号)
巻数全21巻

なんなんだ…

丸顔に点の目、単純なのに何故が惹かれる。シンプルな設定なのに話は深い、単純な先生に対して複雑な生徒とサブ先生キャラ、ギャグ漫画と思いきや先生と生徒の心の交流による終盤のシリアスと感動話。ギャップにやられます!

3バクマン。(漫画)

バクマン。(漫画)

引用元: Amazon

作者原作:大場つぐみ / 作画:小畑健
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2008年37、38合併号~2012年21、22合併号)
巻数全20巻

リアリティ

主キャラに寄り添って応援したくなる作品。漫画を目指してる人だけじゃなく、漫画が害と言われていた昔の人にも読ませたい話である。どんな職業も苦労なしではこなせないが、漫画家や編集者と言う職業の並外れた活力や努力を思い知らされる。今となっては、漫勉などで彼らの日常や裏舞台を知る機会が出来、漫画や漫画家達に対する理解が深まったが、もっと評価されて良い立派な職業だと再確認させられました。

4SLAM DUNK(漫画)

SLAM DUNK(漫画)

引用元: Amazon

作者井上雄彦
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1990年42号〜1996年27号)
巻数全31巻

5I"s(漫画)

I"s(漫画)

引用元: Amazon

作者桂正和
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1997年19号〜2000年24号)
巻数全15巻

6約束のネバーランド(漫画)

約束のネバーランド(漫画)

引用元: Amazon

作者原作:白井カイウ / 作画:出水ぽすか
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2016年35号~)

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる