みんなのランキング

トム・ハーディ出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

ウォーリアーBlack&White/ブラック&ホワイトマッドマックス 怒りのデス・ロードヴェノム(映画)ダークナイト ライジング

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数17
投票参加者数10
投票数46

主役から脇役までこなすイギリス俳優、トム・ハーディ。ハリウッドで数々の作品に出演する傍ら、舞台俳優としても活躍している今大注目の俳優です。そこで今回は、みんなの投票で「トム・ハーディ出演の人気映画ランキング」を決定します!悪役・ベインを演じ、肉体改造が話題となった『ダークナイト ライジング』や、メル・ギブソンから引き継ぎ主演を務めた人作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、マーベルコミックの人気の敵役を主人公にした『ヴェノム』など、すべての作品がラインアップ!あなたのおすすめ映画を教えてください!

最終更新日: 2021/05/16

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「トム・ハーディ」

映画のみならず、舞台でも活躍する俳優、トム・ハーディ

トム・ハーディは、1977年9月15日生まれ、イギリス出身の俳優。2001年に、リドリー・スコット監督『ブラックホーク・ダウン』でハリウッドデビューを果たしたのち、舞台俳優としても活躍。映画では、主役から脇役まで幅広い役柄をこなし、とくに影のある役や悪役で右に出るものはいないと呼ばれるほど。セリフが少ない役柄でも“表情”で視聴者を魅了する実力派俳優です。

『インセプション』で一躍注目を集めることに

彼の知名度が上がるきっかけとなった、2010年のSF映画『インセプション』。レオナルド・ディカプリオ主演の作品で、夢と現実が交差する世界を複雑なシナリオを交えて描いた作品です。彼は、主人公をサポートする脇役で出演。目立つ役ではなかったものの、独特の存在感を残し人気集めました。

トム・ハーディ出演の映画作品

主演作を含め、数々の話題作に出演している彼。悪役・ベインを演じ肉体改造した屈強な体つきが話題となった、バッドマンシリーズ最終章『ダークナイト ライジング』(2012年)、前作でメル・ギブソンが演じた主役・マックスを彼が引き継いだ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)、マーベルコミックの人気ヴィラン(敵)を主人公にした『ヴェノム』(2018年)などが人気と名高いです。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

ユーザーのバッジについて

トム・ハーディ出演の映画を全作品観たことがある。

トム・ハーディ出演の映画を20作品以上観たことがある。

トム・ハーディ出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間120分
監督ジョージ・ミラー
メインキャストトム・ハーディ(マックス)、シャーリーズ・セロン(フュリオサ大隊長)、ニコラス・ホルト(ニュークス)、ヒュー・キース・バーン(イモータン・ジョー)ほか
主題歌・挿入歌Out of Control / MAN WITH A MISSION×Zebrahead
公式サイト-

もっと見る

主役だけど控えめ!?作品のテンションはまさにMAX

トム・ハーディの代表作といえば、やはり「マッドマックス 怒りのデスロード」ではないでしょうか。正直主人公マックスはそれほどセリフが多くもなく、劇中活躍するのはシャーリーズ・セロンら女性キャスト中心。ただそれもマックスがトムだからこそ、自由に暴れられたのではと思います。喋らずとも重みのある役を演じられる……一流の俳優の証だと思います。

明美

明美さん

1位に評価

面白かったです。

人気の作品で気になって観てみましたが、とっても面白くて、え?!というおかしな展開も多く現実離れしている話だったので笑ってしまいました。色んな部族が出てきて戦っており、個人的には闘いの途中でのギター野郎が面白くてはまってます。

まるでオリジナルのよう。

昔あったリメイク版ですが、トムハーディが上手く演じているのでまるでオリジナルのようです。狂気に満ちた世界でそれに準じない姿を演じているのが格好良い。セリフは多くないですが存在感と表情で十分に伝わってきます

2Black&White/ブラック&ホワイト

Black&White/ブラック&ホワイト

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間97分
監督マックG
メインキャストリース・ウィザースプーン(ローレン・スコット)、クリス・パイン(FDR・フォスター)、トム・ハーディ(タック・ヘンソン)、ティル・シュヴァイガー(ハインリヒ)、チェルシー・ハンドラー(トリッシュ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

職権乱用、恋のバトル

1人の女性を巡り、CIAの2人のスパイが恋のバトルを繰り広げるラブ・コメディ。
職権乱用もなんのその、ライバルを蹴落とすためならとCIAの技術を駆使。
そこまでする!?とツッコミどころも満載。
リース・ウィザースプーンを射止めるのはクリス・パインかトム・ハーディか!?という作品。
個人的にはトム・ハーディ派。
トム・ハーディはナイスガイです!

とっても笑えるアクションコメディ

仕事の同僚と同じ人を好きになってしまったCIA捜査官を演じていて、恋のライバルとなった同僚への妨害の仕方がえげつなさすぎて笑えます。格好いいアクションと軽快に繰り広げられる会話で格好良さと面白さを同時に楽しめるので落ち込んだ時にぴったりです。

KS

KSさん

1位に評価

面白い!

コメディ要素が多くて面白かったです。1人の女性を2人のスパイで奪い合う話で、2人ともがはちゃめちゃで面白いアピールと行動を起こすのでおもしろい場面が多くて笑っちゃいます。スパイが出てくるのに、スパイらしいシーンが少ないところが珍しいです。

コメントをもっと読む

3ヴェノム(映画)

ヴェノム(映画)

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間112分
監督ルーベン・フライシャー
メインキャストトム・ハーディ(エディ・ブロック/ヴェノム)、ミシェル・ウィリアムズ(アン・ウェイング/シーヴェノム)、スコット・ヘイズ(ローランド・トリース)、リード・スコット(ダン・ルイス)、ジェニー・スレイト(ドーラ・スカース)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://bd-dvd.sonypictures.jp/venom/

もっと見る

ヴェノムのイメージが変わった

トムハーディが演じると自分が思っていたヴェノムとエディブロックのイメージがかわりました。コミカルにも演技がうまいです。ヴェノムとエディブロックの友情?共存?していくシーンは感動しました。今後の展開にも期待してます

可愛くみえてくる不思議

ヴェノムとの会話のやりとりが可愛かったです。テンポの速い漫才のような掛け合いも面白かったです。格好良さの中に可愛さがある役柄は新鮮でしたが、見事にはまっていました。ヴェノムに振り回されて眉が下がる表情が特にお気に入りです。

KS

KSさん

3位に評価

ダークヒーローの役柄がカッコイイ

ヴェノムでは、見事に残虐なダークヒーローを演じています。力強さと冷酷さに臨場感があります。トム・ハーディは、悪役が向いているのかなと感じた作品です。アクションも素晴らしいし、何でも対応できる俳優さんだと思います。

コメントをもっと読む

4ウォーリアー

ウォーリアー

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間140分
監督ギャヴィン・オコナー
メインキャストジョエル・エドガートン(ブレンダン・コンロン)、トム・ハーディ(トミー・コンロン)、ニック・ノルティ(パディ・コンロン)、ジェニファー・モリソン(テス・コンロン)、フランク・グリロ(フランク・カンパーナ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

鍛え上げられた肉体に惚れ惚れ

プロボクサーに引けを取らない肉体と繊細な演技に惚れ惚れします。色々な問題で疎遠になった家族が格闘技大会を通して、再び距離を縮めたり、新たなトラブルで遠退いてしまったりと繊細に家族の絆の再生を丁寧に描いていて、ぶっきらぼうだけど優しいトミーの役がぴったり合っています。

KS

KSさん

2位に評価

泣ける作品

ウォーリアーは、単純な格闘技映画ではありません。格闘技を通じて、様々な人間模様が描かれています。トム・ハーディの身体を張った演技も素晴らしいですが、素朴なシーンも心に響きます。見た目の肉体美とは違った優しい演技ができるので、そのギャップがよけいに熱く感じます。

5ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間165分
監督クリストファー・ノーラン
メインキャストクリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン、バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル、キャットウーマン)、トム・ハーディ(ベイン)ほか
主題歌・挿入歌Like A Dog Chasing Cars / ハンス・ジマー
公式サイト-

もっと見る

特殊メイクがすごすぎて最初見た時はトムだと気づかず!

クリストファー・ノーラン監督版バットマン三部作のラストを飾る今作で、ブルース・ウェインに立ちはだかる、最強の敵ベインをトムが演じているわけですが、特殊メイクが凄まじく、声もしゃがれたもので、最初は全く彼とは気づきませんでした。しかし強烈なインパクトのあるスーパーヴィランをもいとも簡単に演じてしまうトムは、芸達者だなと改めて感じます。

明美

明美さん

3位に評価

クリスチャンベイルに負けない存在感

主役のクリスチャンベイルの存在感もさることながら負けず劣らずトムハーディの存在感もあって、前作のヒットに負けない記録が出たと思います。バットマンがどんな策を講じてもバットマンを苦しめる、更にフィジカルの強さはトムハーディの身体があってこそと思います。

人間としてのダークヒーロー

ただのヒーローではない、バックグラウンドが暗く人間味の深いヒーローだと思わせる作品です。また、ダークナイトシリーズ3部作の中で一番印象に残りました。共演しているアンハサウェイも綺麗でカッコ良かったです。

6インセプション

インセプション

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間148分
監督クリストファー・ノーラン
メインキャストレオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン・レビット(アーサー)、マリオン・コティヤール(モル)、エレン・ペイジ(アリアドネ)ほか
主題歌・挿入歌Mind Heist / ザック・ヘムジー
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中
公式サイトhttps://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4244/

もっと見る

夢泥棒一味のムードメーカー!飄々としたキャラが魅力!

他人の夢に入り込んで記憶を改竄する「インセプション」。主人公コブを支えるエージェントの一人が、トム・ハーディ演じるイームスです。もう一人の相棒ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるアーサーが堅物なのに対して、イームスは命がけのシーンでも「夢なんだからどーんと行こうぜ」といってのける飄々としたところが魅力。二人の掛け合いはとても笑えます。

明美

明美さん

2位に評価

夢と現実の境界線を知りたい

ストーリーが少し複雑ですが、よく考えられている内容で惹き付けられました。夢と現実の境目や時間軸がわからなくなりそうなので、ものすごく集中してみれます。撮影方法もCGを使ってないなど、監督のこだわりも感じる作品でした。

ストーリーは難しいけど壮大なSFアクション

作品自体がここ近年、世界中で話題になりました。ストーリーは夢の中と現実の中と交互されており、内容も複雑で難しいですがラストは夢、という感動的な結末でした。見れば見るほど面白さがわかる作品だと思います。

7オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間85分
監督スティーヴン・ナイト
メインキャストトム・ハーディ(アイヴァン・ロック)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

窮地

1人の男がずっと運転している映像だけの映画。どこにでもある光景だが掛かってきた電話で男の人生が狂い始める。今までに見たことのない斬新な作品でとても見応えがある。ひとつ、世の男性に伝えたい!不倫すんなヨ!
見れば意味がわかります。

Minnie

Minnieさん

1位に評価

8ロックンローラ

ロックンローラ

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間114分
監督ガイ・リッチー
メインキャストジェラルド・バトラー(ワンツー)、トム・ウィルキンソン(レニー・コール)、タンディ・ニュートン(ステラ)、マーク・ストロング(アーチー)、イドリス・エルバ(マンブルズ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

罪なトム・ハーディ

どんなおじさんも彼にかかればなぜかスタイリッシュに見えるというガイ・リッチー監督作品。
ハンサム・ボブ役のトム・ハーディ。本当にイケメン!このトム・ハーディは罪。トムハ好きの人はきっとメロメロに。

そして間抜けなチンピラのジェラルド・バトラー。いつ観てもセクシー。

トム・ハーディ好きとガイ・リッチー好きの人はぜひ!

9チャイルド44 森に消えた子供たち

チャイルド44 森に消えた子供たち

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間137分
監督ダニエル・エスピノーサ
メインキャストトム・ハーディ(レオ・デミトフ)、ゲイリー・オールドマン(ネステロフ将軍)、ノミオ・ラパス(ライーサ・デミドワ)、ジョエル・キナマン(ワシーリー)、ジェイソン・クラーク(ブロツキー)、ヴァンサン・カッセル(クズミン少佐)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://child44.gaga.ne.jp/

もっと見る

残酷なスリラー作品

ソ連の捜査官で、スパイを捜査していると同時に子供ばかりを狙った連続殺人が起きているショッキングな内容のスリラー映画です。トム・ハーディは主人公で恐ろしさと優しさを持っている捜査官をよく演じられていました。

10レヴェナント:蘇えりし者

レヴェナント:蘇えりし者

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間157分
監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
メインキャストレオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)、トム・ハーディ(ジョン・フィッツジェラルド)、ドーナル・グリーソン(アンドリュー・ヘンリー)、ウィル・ポールター(ジム・ブリジャー)、フォレスト・グッドラック(ホーク)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

レオの敵

レオナルドディカプリオの敵役で存在感を発揮します。レオナルドディカプリオの復讐相手として怖いくらいの存在感があります。最終的に殺されますが、それまでの流れやレオナルドディカプリオに追い詰められていくシーンは必見です。

11レジェンド 狂気の美学

レジェンド 狂気の美学

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間131分
監督ブライアン・ヘルゲランド
メインキャストトム・ハーディー(レジー・クレイ / ロン・クレイ)、エミリー・ブラウニング(フランシス・シェイ)、デヴィッド・シューリス(レズリー・ペイン)、クリストファー・エクルストン(ニッパー・リード)、タロン・エガートン(マット・テディー・スミス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

新たな一面を見た作品

レジェンド 狂気の美学では、一人二役の双子を見事に演じています。性格の違いや表情、感情、言葉使いなど演じるのが難しかったと思います。また、実在のギャング作品なので、イメージ作りも大変だったと思います。しっかり作り込んである作品なので、今見ても面白いです。

12ダンケルク(2017年)

ダンケルク(2017年)

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間106分
監督クリストファー・ノーラン
メインキャストフィン・ホワイトヘッド(トミー)、トム・グリン=カーニー(ピーター)、ジャック・ロウデン(コリンズ)、ハリー・スタイルズ(アレックス)、アナイリン・バーナード(ギブソン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

もっと見る

意外な役柄

メインキャストかと思いきや思いの外脇役。だけど最終的には重要なポジションに。映画終盤までどれがトムハーディかわからないくらい出番が少ないです。ただ最終的に、あーあの人か!ってなります。どれがトムハーディか探すのも面白いかと。

13裏切りのサーカス

裏切りのサーカス

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間128分
監督トーマス・アルフレッドソン
メインキャストゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、キーラン・ハインズ(ロイ・ブランド)ほか
主題歌・挿入歌LaMer / フリオ・イグレシアス
公式サイト-

もっと見る

緻密なスパイ映画

二重スパイの『もぐら』探しをするスパイスリラー映画で、かなり集中して観ないとわけがわからなくなりそうなので目が離せませんでした。でもその複雑な感じに見ごたえがあり、何度か回数を重ねて観ると面白さが増していく映画です。

どんでん返し!

サスペンスのような感覚でもありながら、少しふざけたようなくだけたような場面もあったので面白く見られました。一番は、最後にどんでん返しがあるので面白いですし、最初からまた見たくなる作品で好きな作品です。

15クライム・ヒート

クライム・ヒート

引用元: Amazon

『クライム・ヒート』(原題: The Drop)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたクライムドラマ映画。デニス・ルヘインの小説『ザ・ドロップ』を原作にしており、ルヘインは本作の脚本も手掛けている。ミヒャエル・R・ロスカムが監督を務めた。出演はトム・ハーディ、ノオミ・ラパス、ジェームズ・ガンドルフィーニ。ガンドルフィーニは公開前の2013年に死去したため、本作が彼の遺作となった。

もっと見る

16欲望のバージニア

欲望のバージニア

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間115分
監督ジョン・ヒルコート
メインキャストシャイア・ラブーフ(ジャック・ボンデュラント)、トム・ハーディ〔フォレスト・ボンデュラント)、ジェイソン・クラーク(ハワード・ボンデュラント)、ガイ・ピアース(チャーリー・レイクス)、ジェシカ・チャステイン(マギー・ボーフォード)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

17ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜

ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜

引用元: Amazon

『ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜』(原題: Thick as ThievesまたはThe Code)は、2009年のアメリカのビデオ映画(日本公開は2010年)。 日本をはじめとする十数カ国では劇場公開された。

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ