みんなのランキング

川端康成の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

伊豆の踊り子乙女の港

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

大正~昭和を代表する作家のひとりで、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した人物としても知られる、川端康成。彼が手掛ける作品は、詩的でノスタルジックであったり、ときには少女小説であったり。そんな彼独特の作風から、''奇術師''という異名をもっていたほどです。そこで今回は「川端康成の作品人気ランキング」をみなさんの人気投票で決定!時代を超え何度も映画化された不朽の名作『伊豆の踊子』や、自信の実体験やその出会いをもとに製作された『雪国』、生き別れた姉妹の壮絶な運命を描いた『古都』などの代表作は何位にランクインしたのか!あなたの投票もお待ちしています。

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「川端康成」

日本を代表する大作家・川端康成

1899年生まれ大阪出身の作家・川端康成。1921年に、作家を志す同志とともに『新思潮』を創刊します。そのとき発表した『招魂祭一景』が評判を呼び、1926年には処女作品集『感情装飾』を発表。その翌年、自身の代表作となる『伊豆の踊子』を世に送り出し、大きな人気を集めました。同作は、これまでに6回ほど実写化されています。以降も、「トンネルを抜けるとそこは雪国であった」で有名な『雪国』や生き別れの双子の数奇な運命を描いた『古都』など数々の名作を世に送り出しました。1968年には日本人初のノーベル文学賞を受賞し、日本の文学史に残る偉大な功績を残しました。

悪癖で周囲を困らせた、川端康成

川端康成は偉大な作家として名高いですが、「人の顔を凝視する」という周りを困らせる悪癖があったといいます。川端が担当になった女性編集者と対面した際、黙って顔を見つめ、彼女が泣き出してしまったとのこと。その様子をみた川端康成は、不思議そうに「どうしたのですか」と問いかけたという逸話があります。

関連するおすすめのランキング

そのほか人気小説家の作品が知りたい人はこちらもチェック

太宰治の書籍ランキング

三島由紀夫の書籍ランキング

松本清張おすすめ作品

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

候補雪国

雪国

引用元: Amazon

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ