みんなのランキング

ももみさんの「フランスのお菓子ランキング」

121
更新日: 2020/08/10

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1シュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)

シュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)

シュークリームは、生地を中が空洞になるように焼き、その空洞にカスタードクリームなどを詰めた洋菓子の一種。フランス語で「chou à la crème」(シュー・ア・ラ・クレーム)と呼ばれる菓子である。詰めるクリームについては、洋菓子店・各メーカーなどによって、チョコレートクリームや果汁(イチゴ、メロン、マンゴー等)を使ったクリームなど、様々なバリエーションが存在する。

王道

シューの香ばしさと、クリームの甘さが絶妙。何個でも食べたい。

2マカロン

マカロン

マカロン(仏: macaron)は、卵白と砂糖とアーモンドを使った焼き菓子の一種。成分の半分以上が砂糖で、たいへん甘い。口の中で少し舐めた後吸うと甘い汁が出でくるのはこのためである。形状は、直径数センチの半円形を両方から合わせた形をしている。

かわいい

見た目がとにかくかわいくて、ずっと眺めていたい。外はサクサク、中は何とも言えない不思議な食感でやみつきになる。

もっちり

初めて食べたときの衝撃は忘れられない。マシュマロみたいな、でも食べてみるとマシュマロとはちょっと違ってもっちり。フルーツの香りが広がってとても美味しい。

4フロランタン

フロランタン

フロランタン(仏: florentins)はフランスの菓子。ドイツではフロレンティーナ(独: Florentiner)と呼ばれる。いずれにせよ「フィレンツェの」という意味で、カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから伝えた。 また、パリの製菓職人フロランが考案した、イタリアとは何の関わりもない菓子という説もある。

相性抜群

カリカリのアーモンドと、サクサクのクッキーの相性抜群。

5カヌレ・ド・ボルドー

カヌレ・ド・ボルドー

カヌレ(仏:Canelé)はフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー(cannelé de Bordeaux)。 フランスのボルドー女子修道院(fr:Couvent des Annonciades)で古くから作られていた菓子。蜜蝋(みつろう)を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴である。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である。外側は黒めの焼き色が付いており固く香ばしいが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つ。

モチモチ

中のモチモチ感がたまらない。見た目の形もかわいい。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる