みんなのランキング

【人気投票 1~24位】ジョディ・フォスター出演の映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

フライトプランコンタクト羊たちの沈黙(映画)パニック・ルームタクシードライバー(映画)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数24
投票参加者数15
投票数65

子役時代から活躍し続け、ハリウッドを代表する名女優にまで登りつめた『ジョディ・フォスター』。映画『タクシー・ドライバー』で、わずか13歳で少女娼婦を演じて世界中にその名を知らしめることとなりました。今回は『ジョディ・フォスター出演の人気映画ランキング』をみんなの投票で決定!複数の主演女優賞を獲得した作品『告発の行方』や連続殺人事件を追うFBI訓練生を演じ、代名詞的作品となった『羊たちの沈黙』、地球外知的生命体と接触した女性の姿を描いたSF小説原作『コンタクト』など多くの名作があるなか1位に輝く作品とは!?あなたがおすすめの映画も教えてください!

最終更新日: 2020/12/25

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「ジョディ・フォスター」

『羊たちの沈黙』をはじめ話題作に多数出演

ジョディ・フォスターは、1962年11月19日生まれ、アメリカ出身の女優。子役として活躍し、1972年に映画デビューを果たします。転機となったのは、13歳で出演した1976年公開の『タクシードライバー』。娼婦の少女役でを好演した同作品で、アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたのをはじめ、高い評価を得ました。そして、作品賞や監督賞などアカデミー賞で主要5部門を受賞した『羊たちの沈黙』(1991年)は、彼女の代表作との呼び声が高いです。ほかにも、子役時代の名作『別れのこだま』(1976年)や、婦女暴行をテーマにした『告発の行方』(1988年)、地球外知的生命体と接触する主人公を演じた『コンタクト』(1997年)なども、彼女が出演した代表的な映画作品として挙げられることが多いです。

「ジョディ・フォスター」の受賞歴

息の長い活躍を続けるジョディ・フォスターには、いくつもの受賞歴があります。とくに、上述した『告発の行方』と『羊たちの沈黙』では、アカデミー賞とゴールデングローブ賞という偉大な2つの映画賞でともに主演女優賞を獲得しており、彼女の歴史を語るうえで欠かせません。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2022年版

面白い映画ランキング

面白い邦画ランキング

ジョディ・フォスターは何位にランクイン?

歴代ハリウッド女優ランキング

ユーザーのバッジについて

ジョディ・フォスター出演の映画を全作品観たことがある。

ジョディ・フォスター出演の映画を30作品以上観たことがある。

ジョディ・フォスター出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1羊たちの沈黙(映画)

羊たちの沈黙(映画)

引用元: Amazon

制作年1991年
上映時間118分
監督ジョナサン・デミ
メインキャストジョディ・フォスター(クラリス・スターリング)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、スコット・グレン(ジャック・クロフォード)、テッド・レビン(バッファロー・ビル)、アンソニー・ヒールド(フレデリック・チルトン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

定番ですね…でもすごい作品なのは確か

私的には5位ですが、ジョディ・フォスター初心者はこの作品から入るのでしょうね。
アカデミー賞5部門受賞を成し遂げたこの作品の面白さは色々な所で語られています。
ちなみに作中、アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士とジョディ演じるクラリス・スターリングが対面したのは、たった4カット、11分程度です。
それなのに映画全体を貫くふたりの緊迫感、さすがの名優たちです。
ジョディ自身もお気に入りとインタビューで語っている、ジョディ・フォスター道最初の一歩に最適な一本です。
しかし残酷表現があるのでご注意ください。

報告

FBI研修生を好演

何かとレクター博士に目がいきがちですが、ジョディーの演技もなかなか良いです。レクター博士と会話している時とラストの猟奇殺人犯との対決シーンの表情がいいです。画面を通して表情でこちらに緊張感が伝わってきます。続編のハンニバルでの演技は観たかったのかと聞かれればハンニバルがいまいちでしたのでオファーを断って正解だったかもしれません。

報告

パッケージが印象的すぎる

アカデミー賞女優ジョディフォスターといえば、やはりこの作品。若くて女性らしいけど、強さを感じるヒロインを見事に演じています。米国の圧倒的カニバリズムの多さ。なぜかこれを見ると、アンソニーホプキンスが超熱狂的ファンと被って、あのストーカー事件を思い出します。それは同性の方が落ち着くわ、と。続編の『ハンニバル』へ自然と導かれる。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2コンタクト

コンタクト

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間153分
監督ロバート・ゼメキス
メインキャストジョディ・フォスター(エリナー・アロウェイ)、マシュー・マコノヒー(パーマー・ジョス)、ジョン・ハート(S・R・ハデン)、ジェームズ・ウッズ(マイケル・キッツ)、トム・スケリット(デイヴィッド・ドラムリン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ジョディがSF?全身ぴったりスーツが麗しい

1997年公開で、すでに「告発の行方」や「羊たちの沈黙」でアカデミー主演女優賞を受賞し、頂点を極めた、そのあとの作品。
脚本にぬるい部分があるものの、ジョディ演じる凜とした科学者が、次第にその知見を広げていく様はまるでドキュメンタリーのようです。
そして最後はまるで恋する乙女の表情でした。
作り込まれたキャラクターを演じているはずなのですが、それを全く感じさせない、自然体としか思えないジョディはさすがです。
内容よりは演技力に注目したい、勉強したい人向けのような気もします。

報告

壮大な宇宙の世界だけでなく人間の様々な感情が含まれていて興味深い

この映画の中には壮大な宇宙の世界だけでなく、人間の愛や欲、そして信仰心信心などが織り込まれていてとても興味深い映画です。そして主演のジョディ・フォスターさんが様々な試練に立ち向かって前向きに生きる姿が美しかったです。映像が綺麗ですしストーリーも面白いので、さすがロバート・デメキス監督の作品だなと思います。 

報告

雰囲気が素敵な映画

宇宙もの。インターステラーと同じくらい好きなSF映画です。ストーリーよりもこの映画全体を通して漂う雰囲気がとても好きです。父親と会う(?)シーンは言いようのない感動に包まれます。ただ、ステロタイプな日本の描写には何度観ても苦笑します(笑)

報告
コメントをもっと読む

3パニック・ルーム

パニック・ルーム

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間112分
監督デビッド・フィンチャー
メインキャストジョディ・フォスター(メグ・アルトマン)、フォレスト・ウィテカー(バーナム)、ドワイト・ヨーカム(ラウール)、ジャレッド・レト(ジュニア)、クリステン・スチュワート(サラ・アルトマン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ある犯罪者に立ち向かう母親の姿に感動

ある晩、三人の強盗に入られた母親とその娘の臨場感あふれるバトルにハラハラドキドキが止まらないです。病気の娘を懸命に守ろうとする母親の姿が細かく描かれています。家族の愛についても映し出されている作品です。サスペンスにとどまらない感動を与えてくれます。もう何度みたかわからないくらい大好きな作品です。

報告

気付いたら息してなかった

『羊たちの沈黙』に続いて、彼女の代表作といえるこのサスペンス作品。ジョディフォスターが母親、娘役に『Twilight』で有名なクリステンスチュワートが抜擢されてます。このときからすでに美人。美人すぎる親子。そりゃ強盗に狙われる。手に汗握る展開がたまらない映画です!

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

報告

スリル満点ドキドキしっぱなし

気難しい年頃の娘と強盗から逃げてパニックルームに籠り、命の危機も迫るなかなかなか助けを呼ぶことができないのが緊張感溢れるからです。
喘息の娘の為に危険な行動を起こしたりと、ジョディの大胆且つたくましい姿にドキドキするのもポイントです。

報告
コメントをもっと読む

4フライトプラン

フライトプラン

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間98分
監督ロベルト・シュヴェンケ
メインキャストジョディ・フォスター(カイル・プラット)、 ピーター・サースガード(ジーン・カーソン)、ショーン・ビーン(マーカス・リッチ機長)、ケイト・ビーハン(ステファニー)、エリカ・クリステンセン(フィオナ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

先が読めない面白さ

飛行機で子供がいなくなった理由がなかなかわからず、ハラハラできる映画です。どう着地するかわからないストーリーが面白く、最後まで飽きずに楽しめました。特に印象に残っているのは、ジョディ・フォスター演じる母親が、必死に子供を探すシーンです。親の愛情を強く感じさせる素晴らしい演技だったと思います。

報告

更年期?

飛行機が舞台となっている作品。最初から最後まで、飛行機のなかでストーリーが進んでいきます。新しいタイプのサスペンス映画だと思いました。最後のあの壮大な画でありながらあっさりと終わるかんじが忘れられない、というかもはやあそこしか覚えていない。母親らしいヒステリー具合がさすがでした。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

報告

母の強さは偉大!

飛行機の乗員乗客全員を敵にまわしても娘が機内にいることを信じ、行動し続けた強さにドキドキしました。
例え自分がおかしくなってしまったのかと諦めそうになった時も挫けず、危険な目にあっても諦めず、娘を深く愛していることが伝わる、スリリングだけど感動もする映画だからです。

報告
コメントをもっと読む

5タクシードライバー(映画)

タクシードライバー(映画)

引用元: Amazon

制作年1976年
上映時間114分
監督マーティン・スコセッシ
メインキャストロバート・デ・ニーロ(トラヴィス・ビックル)、シビル・シェパード(ベッツィー)、ジョディ・フォスター(アイリス)、ハーヴェイ・カイテル(スポーツ)、ピーター・ボイルピーター・ボイル(ウィザード)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ジョディ・フォスターの衝撃

ロバート・デ・ニーロの狂気の怪演もさることながら、まだ幼いジョディ・フォスターが強烈な存在感を放った映画。
すらりと伸びた長い足。
猫のような青い瞳。
ジョディ・フォスターはこの頃からすでに美しい。

報告

存在感が素晴らしい

戦争の描写がほぼないのにひとりのタクシードライバーを通して戦争について描かれた作品。
13歳のあどけなさが残る彼女が演じた少女娼婦がかなり印象的。

報告

6告発の行方

告発の行方

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間111分
監督ジョナサン・カプラン
メインキャストジョディ・フォスター(サラ・トバイアス)、ケリー・マクギリス(キャサリン・マーフィー)、バーニー・コールソン(ケン・ジョイス)、レオ・ロッシ(クリフ)、アン・ハーン(サリー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

体当たりの役どころ

ジョディ・フォスターが1900年代終わり頃の社会問題であるレイプの被害者の役を演じ、内容もさることながら役に挑戦したジョディに大きな注目が集まりました。いわゆる示談に持ち込まれそうになるなど、当時のアメリカ事情を知らしめました。

報告

迫真の演技

知的で聡明というジョディ・フォスターのイメージを覆すような女性を体当たりで演じ、ジョディ・フォスターがアカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。
そして性犯罪を真正面からみつめ、一石を投げかけた社会派ドラマ。

報告

ジョディ・フォスターの見事な演技が良い

集団レイプという卑劣な被害にあってしまった女性をジョディ・フォスターさんが見事に演じていました。

報告

7白い家の少女

白い家の少女

引用元: Amazon

制作年1976年
上映時間94分
監督ニコラス・ジェスネール
メインキャストジョディ・フォスター(リン・ジェイコブス)、マーティン・シーン(フランク・ハレット)、アレクシス・スミス(ハレット夫人)、スコット・ジャコビー(マリオ・ポデスタ)、モルト・シューマン(ロン・ミリオリティ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

14歳?沈黙だけでサスペンスを感じさせる演技力

この作品が公開された1976年に、ジョディはマーティン・スコセッシ監督作品「タクシードライバー」で12歳の少女娼婦アイリス役を13歳にして演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされるなど、高い評価を得ました。
しかし主演はあくまでもロバート・デ・ニーロ。
同じ年、ジョディの主演映画と言えば「白い家の少女」です。
原作はレアード・クニークの同名小説。
この作品でジョディは、ただ黙っているだけで恐怖や畏怖を感じさせ、無垢かと思えば計算高く、悪意と見せかけて純情と、難しい脚本を見事に表現しています。

脚本が詰め込みすぎのせいか、あまり評価[続きを読む]

報告

8ブレイブ ワン

ブレイブ ワン

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間122分
監督ニール・ジョーダン
メインキャストジョディ・フォスター(エリカ・ペイン)、テレンス・ハワード(ショーン・マーサー)、ナヴィーン・アンドリュース(デイビッド・キルマーニ)、ニッキー・カート(ビタール刑事)、メアリー・スティーンバージェン(キャロル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

まさかの結末 これで本当に良いのか、ジョディ!

ジョディは「羊たちの沈黙」などでも銃を構えた迫真の演技を見せてくれますが、私にとっては演技指導の跡が見えてあまり好みではありません。またそれが主題でもありません。
この作品でのジョディは、普通の女性が銃を持ったらこういう表情をする、こういう行動に出る、というのをあくまで自然に見せてくれます。
脚本的にはかなり無理がある展開なのですが、上記の彼女と銃の関わり合いが恐ろしいほどの説得力を持っていて、背筋が凍るほどのサスペンスを感じさせます。
演技を演技と感じさせない、ジョディの真骨頂の健在ぶりが楽しめる作品です。

報告

鬼気迫る迫真の演技


夫の命を奪った殺人犯に復讐する女性を演じていますが、緊迫した演技に凄みがあり、画面に釘付けになりました。他の作品とは少し違ったジョディ・フォスターが見られたので、とても印象に残っています。R-15の陰惨さは少しきついものがありましたが、素晴らしい演技だったので、見てよかったと思います。

報告

復讐鬼演じるジョディ

暴漢に襲われ婚約者は死に、自身も瀕死の重傷を追うところからストーリーは始まります。NYの街の色合いが好きでした。ラストの展開はアメリカ映画らしからぬもので、逆にその点で意表を突かれました。復習に燃える女を好演。

報告

9アンナと王様

アンナと王様

引用元: Amazon

『アンナと王様』(アンナとおうさま、Anna and the King)は、1999年のアメリカ合衆国のドラマ映画。 この映画は1956年のミュージカル映画『王様と私』のリメイクではなく、マーガレット・ランドンが発表した伝記小説『アンナとシャム王』(Anna and the King of Siam)の元になったアナ・リオノウンズの手記『英国婦人家庭教師とシャム宮廷』(The English Governess at the Siamese Court)を原作に映画化された作品である。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ストーリーがロマンティックで素敵

イギリス人の女性がシャム王国の国王と惹かれあって行くストーリーがロマンティックで素敵でした。そして封建的な王国社会の中でたった一人の西洋人として凛と佇むアンナを演じたジョディ・フォスターさんの姿がとても美しかったです。国王を演じたチョウ・ユンファさんも優雅でカッコ良かったです。

報告

10君がいた夏(映画)

君がいた夏(映画)

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間98分
監督スティーブン・カンプマン
メインキャストマーク・ハーモン(ビリー・ワイアット)、ジョディ・フォスター(ケイティ・チャンドラー)、ハロルド・ライミス(アラン・アップルビー)、ブレア・ブラウン(ジニー・ワイアット)、ジョン・シェア(サム・ワイアット)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

主役を食う存在感

この作品はジョディ主演ではありません。しかし劇場公開のポスターやDVDパッケージなどのジョディの顔は、主演のマーク・ハーモンの10倍は大きいです(笑)。
主人公の少年時代の憧れの女性を演じているのですが、その存在感、透明感、どれをとっても「ああ、こんな女性がいたら、絶対に忘れられない」という説得力を持って迫ってきます。
デヴィッド・フォスターの名曲も80年代を感じさせる、ノスタルジックな作品です。
ちなみに公開年の1988年、ジョディは「告発の行方」でアカデミー賞主演助演賞を初受賞しています。
乗りに乗っている時期ですね。

報告

忘れられない人

ある女性の死をきっかけに蘇る少年の日の思い出。
あの眩しい夏の日。
忘れられない美しい歳上の女性。
せつない思いがあふれる青春の日々を描いた傑作。
ジョディ・フォスターの透き通るような美しさが印象的。

報告

11幸せの1ページ

幸せの1ページ

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間96分
監督マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット
メインキャストアビゲイル・ブレスリン(ニム・ルソー)、ジョディ・フォスター(アレクサンドラ・ローバー)、ジェラルド・バトラー(ジャック・ルソー)、マディソン・ジョイス(エドモンド)、マイケル・カーマン(船長)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

コミカルなジョディも素敵

サスペンス系の映画で有名なジョディ・フォスターですが、今作では極度の潔癖症で性格に難ありのコミカルなキャラクターがとても面白いのです。
島に一人ぼっちの女の子のためにドタバタ必死に出掛ける様は最早冒険!
何度みても面白い映画だと思います。

報告

リチャード・ギアとジョディ・フォスターが一緒にいる姿が素敵

この映画の主演はリチャード・ギアさんとジョディ・フォスターさんなのですが、この二人のコンビは珍しいですし、二人が一緒にいる姿は素敵でした。

報告

13ホテル・アルテミス

ホテル・アルテミス

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間94分
監督ドリュー・ピアース
メインキャストジョディ・フォスター(ジーン・トーマス)、スターリング・K・ブラウン(ワイキキ)、ソフィア・ブテラ(ナイス)、ジェフ・ゴールドブラム(ナイアガラ/ウルフ・キング)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ホノルル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

14それでも、愛してる

それでも、愛してる

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間91分
監督ジョディ・フォスター
メインキャストメル・ギブソン(ウォルター・ブラック)、ジョディ・フォスター(メレディス・ブラック)、アントン・イェルチン(ポーター・ブラック)、ジェニファー・ローレンス(ノラ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

15エリジウム

エリジウム

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間109分
監督ニール・ブロムカンプ
メインキャストマット・デイモン(マックス・ダ・コスタ)、ジョディ・フォスター(ジェシカ・デラコート)、シャールト・コプリー(M・クルーガー)、ヴァグネル・モーラ(スパイダー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

16ダウンタウン物語

ダウンタウン物語

引用元: Amazon

『ダウンタウン物語』(Bugsy Malone)は、1976年にイギリスで製作された映画作品。 禁酒法時代のニューヨークのダウンタウンを舞台に二つのギャング団の抗争を描いたミュージカル映画。出演しているのは全て子供であり、20世紀初頭のオールドファッションに身を包んだ彼らがパイ投げマシンガンを乱射しギャングを演じている。当時14歳のジョディ・フォスターが妖艶な歌姫を演じている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

17おとなのけんか

おとなのけんか

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間80分
監督ロマン・ポランスキー
メインキャストジョディ・フォスター(ペネロピ・ロングストリート)、ケイト・ウィンスレット(ナンシー・カウワン)、クリストフ・ヴァルツ(アラン・カウワン)、ジョン・C・ライリー(マイケル・ロングストリート)、ジュリー・アダムス(秘書)
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

18インサイド・マン

インサイド・マン

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間128分
監督スパイク・リー
メインキャストデンゼル・ワシントン(キース・フレイジャー)、クライヴ・オーウェン(ダルトン・ラッセル)、ジョディ・フォスター(マデリーン・ホワイト)、クリストファー・プラマー(アーサー・ケイス)、ウィレム・デフォー(ジョン・ダリウス)、キウェテル・イジョフォー(ビル・ミッチェル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

19リトルマン・テイト

リトルマン・テイト

引用元: Amazon

『リトルマン・テイト』(原題:Little Man Tate)は、1991年のアメリカ映画。ジョディ・フォスター監督・出演。ジョディ・フォスターにとっては初監督作。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

20マーヴェリック(映画)

マーヴェリック(映画)

引用元: Amazon

『マーヴェリック』(英: Maverick)は、1994年のアメリカ映画。 ロイ・ハギンズ製作、ジェームズ・ガーナー主演のテレビドラマ『マーベリック』を映画化したもので、ポーカー大会に出場して一攫千金を狙うギャンブラーと詐欺師、それに同行する保安官の活躍を描くコメディタッチの西部劇である。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~24位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ