みんなのランキング

小泉今日子の人気曲ランキング!みんながおすすめする曲は?

学園天国 / 小泉今日子なんてったってアイドル / 小泉今日子あなたに会えてよかった / 小泉今日子木枯しに抱かれて / 小泉今日子ヤマトナデシコ七変化 / 小泉今日子

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数23
投票数96

みんなの投票で「小泉今日子の人気曲ランキング」を決定!歌手としてだけでなく、女優や執筆活動などを行っている“小泉今日子”。80年代アイドルとして松田聖子や中森明菜の2強に続いた存在であり、ヒット曲を連発したことでも有名です。自身が出演するドラマに起用された『優しい雨』をはじめ、オリコン上位を獲得した『ヤマトナデシコ七変化』や『渚のはいから人魚』など、全シングル・アルバムがラインアップ!あなたがおすすめしたい好きな曲も教えてください!

最終更新日: 2021/08/23

ランキングの前に

1分でわかる「小泉今日子」

アイドルとして一時代を築いた、小泉今日子

80年代を代表するアイドルとして、松田聖子と中森明菜の2強に唯一対抗する存在であった「小泉今日子」。“キョンキョン”の愛称で親しまれ、歌手のみならず女優としても地位を確立しています。アイドルとしてデビューしたのは、1982年の『私の16才』。翌1983年に『まっ赤な女の子』『優しい雨』で大ブレイクを果たし、人気絶頂期の1984年には『ヤマトナデシコ七変化』『渚のはいから人魚』などを立て続けにリリースし、シングル売上枚数30万枚を超えるヒットを飛ばしました。その後も、『木枯しに抱かれて』(1986年)や『学園天国』(1989年)、『あなたに会えてよかった』(1991年)多くの名曲を発売し、すべての作品はタイアップ曲としてテレビドラマの主題歌やCMソング、イメージソングに起用されています。

関連するおすすめのランキング

人気No.1の邦楽が決定!

邦楽ランキング

小泉今日子の出演作もチェック!

小泉今日子出演ドラマランキング

小泉今日子出演映画ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、これまでに「小泉今日子」名義で発表されたすべての曲に投票可能です。全シングル・アルバム収録曲のなかで、あなたが好きな楽曲に投票してください!

ユーザーのバッジについて

小泉今日子の曲を全曲知っている。

小泉今日子の曲を30曲以上知っている。

小泉今日子の曲を10曲以上知っている。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1あなたに会えてよかった / 小泉今日子

あなたに会えてよかった / 小泉今日子

引用元: Amazon

アーティスト小泉今日子
作詞・作曲小泉今日子 / 小林武史
リリース1991年5月21日『あなたに会えてよかった』
収録アルバム『afropia』
タイアップTBS系ドラマ『パパとなっちゃん』

もっと見る

キョンキョン最大のヒット曲!

「さよならさえ上手に言えなかった〜」という歌詞に、悲哀をビシビシと感じます。悲しいんですけど、それ以上の温もりや愛を感じるから、愛される名曲なのだと思います。

またキョンキョンに歌ってほしい。とびっきりの名曲です。

さよならさえ......

「さよならさえ上手に言えなかった」という歌詞が妙に印象的なこの曲。

キョンキョンの歌い方がまた、いじらしい。と感じる。この曲を聞くと、遠い昔に思いを馳せながら、思わずため息が「ホォ」っと漏れてしまう。

やっぱこれで決まりだよね!

やっぱコレだよね。悲しいけど明るくて、前向きになれる失恋ソングです。実際、失恋した時に泣きながら聞いた思い出が(笑)今では懐かしい思い出です。

masacco

masaccoさん

1位に評価

コメントをもっと読む

アイドル中のアイドル

この曲を歌っている小泉今日子を端的に表しているのがこの曲でしょう。なんといってもタイトル名はなんてったってアイドルです。
今ならこういうタイトルもありでしょうけど、当時このタイトルで問題ないどころか超人気だったのはさすがですね。ノリといいテンポといい、今聴いても乗れちゃう名曲です。

なんてったってアイドルですから(笑)

この曲で一気に小泉今日子がアイドルに押し上げられたと言う伝説の1曲がこれ。飛ぶ鳥落とす勢いで一気にアイドルになった彼女のストーリー的な1曲です。お勧め!!

masacco

masaccoさん

4位に評価

皮肉な歌詞

当時アイドルの全盛期とも言われる時代におニャン子クラブのプロデューサーの秋元康と組み痛烈にアイドルの皮肉を歌い沢山の注目を受けたその歌詞にご注目!

ksk

kskさん

2位に評価

コメントをもっと読む

3木枯しに抱かれて / 小泉今日子

木枯しに抱かれて / 小泉今日子

引用元: Amazon

アーティスト小泉今日子
作詞・作曲高見沢俊彦
リリース1986年11月19日『木枯しに抱かれて』
収録アルバム『Hippies』
『コイズミクロニクル〜コンプリートシングルベスト 1982-2017〜』ほか
タイアップ東映映画『ボクの女に手を出すな』主題歌

もっと見る

お正月だからなんなのさっていう

正月の歌番組で前口上を読み上げたキョンキョンが可愛いです!

それは置いておいて、この曲はめちゃめちゃ名曲!キョンキョンが一つ一つのフレーズを、それはそれは丁寧に歌っているところが素晴らしい。秋の雰囲気が漂っていて、侘しさを感じます。

鈍感

大学卒業後、就職した会社の同期でカラオケに行った時に聴いた曲。歌った同期の女性が、ある一人に向かって歌っていたので、何故かなぁと思っていました。お開きになった後に違う子に聞いてみたら「え?あの子、○○君のことが好きなの知らないの?!」とお叱りを受けた思い出が。男は鈍感です。

JS

JSさん

1位に評価

異国情緒漂う曲調が印象的♪

どこか異国情緒を含んだイントロと曲調が特徴的ですね。実はアルフィーの高見沢俊彦の作詞・作曲なのですね! だからそうなのか!って思いがしました。どこか《メリーアン》的な雰囲気を感じます。冬に向かう木枯らしが吹く季節・・。片思いの切なさと重ねてキョンキョンらしく表現しています。

momaki

momakiさん

1位に評価

コメントをもっと読む

愛し合ってるかい!?

愛し合ってるかい!?で一躍有名になったこの曲。楽しくて明るくて、大好きな曲です。今でもカラオケで歌ってる(笑)みんなで盛り上がれる曲だと思います。

masacco

masaccoさん

2位に評価

ノリノリです!♪

ご存じ、フィンガー5の大ヒット曲。このカバーバージョンですね。テレビドラマ《学園天国》でヒロイン役としてキョンキョンも出演していました。そのエンディングで歌ったこの曲。ノリに乗っていますね!

momaki

momakiさん

5位に評価

カラオケで歌いました。

よくカラオケで歌って盛り上がりました。元気があって、パワフルに歌うキョンキョンが可愛いくて、大好きな曲です。自分で歌ってもテンション上がります。

kabo

kaboさん

1位に評価

テンポが良い

「ヤマト~ナデ~シコ七変化~」のフレーズが歌いやすく、テンポも良いのでカラオケで歌いやすいですね。途中で「順調愛情課長に~」というところで早口にならないとダメですけど、そこがまたいい。これぐらい詰めてくれると歌が下手な私でもそれなりに聴こえますし、ほんと助かります。

体も心も七変化

アップテンポのメロディーと女性の妖艶な魅力を七変化と揶揄し歌い上げられたこの歌を聴くとちょっと危ない女性に恋をしたくなる

ksk

kskさん

4位に評価

なつかしい、のにどこか新しい。

懐かしいけど、今でもどこか新しい和のテイストが盛りだくさんのこの曲。今でも十分ヒット曲になりえそうな曲だと思います。

masacco

masaccoさん

3位に評価

疾走感!

小泉今日子初出演の映画 生徒諸君! の主題歌でロマンチックな歌詞と疾走感溢れるサウンドで思わず聴き入ってしまいます

ksk

kskさん

1位に評価

不思議な一曲。MEWってなに・・?

何とも不思議な歌詞ですよね。MEWってなんでしょう? 私には子猫の鳴き声のように聴こえてくるのですが・・。でも《心にMEW》とのフレーズでは意味が合わないし・・。互いの心を試した言葉が、別れを生んでしまったようです・・。その寂しい心をMEWって表現しているかのようですね。

momaki

momakiさん

4位に評価

せつなくなるけど…

この曲も別れの曲です。2人の心の距離が感じる曲。この曲を聴くとせつなくなります。でも好きな曲なんです。

kabo

kaboさん

3位に評価

8潮騒のメモリー / 小泉今日子

潮騒のメモリー / 小泉今日子

引用元: Amazon

アーティスト天野春子(小泉今日子)
作詞・作曲宮藤官九郎 / 大友良英、Sachiko M
リリース2013年7月31日『潮騒のメモリー』
収録アルバム『コイズミクロニクル〜コンプリートシングルベスト 1982-2017〜』
タイアップ連続テレビ小説『あまちゃん』挿入歌

もっと見る

あまちゃん

あまちゃんといえばこの曲。

薬師丸ひろ子verも良いが、キョンキョンverも良い。いや天野春子verといった方が良いだろうか。

この曲を聞くと、当時の記憶が走馬灯のように蘇る。名曲だ。

小泉今日子といえばコレ

小泉今日子の前半期でなら、この曲が一番人気でしたね、実際この曲が小泉今日子のオリコンチャート週間1位を取った曲ですし、デビュー当時の小泉今日子を知る私としてはインパクトが強いです。
またテンポもよくて歌詞もわかりやすく、歌いやすいのも良いですね。

恋に正解なんてない!

何が正しく何が間違っているのかなんて分からない、分かっていても素直に行動出来ない。
そんな誰しもが感じたことのある感覚をロマンチックに歌い上げられたこの歌を聴くとどこか切なくなってくる、、、

ksk

kskさん

5位に評価

キョンキョンの歌声が心に響きます。

キョンキョンというより小泉今日子さんと言ったほうがいいくらい、優しく透き通った声で歌う、優しい雨は、心に響きます。キョンキョンが歌う別れの曲は、どの曲も泣けます。

kabo

kaboさん

5位に評価

ほっと落ち着きたい時の一曲。

元気で明るい曲が多い中で、ちょっとホッとしたい、ほのぼのしたいなと思えた時に聞きたい一曲。なかなかの名曲です。

masacco

masaccoさん

5位に評価

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

懐かしの名曲をチェック!

歌謡曲ランキング

懐メロランキング

小泉今日子はランクイン?

昭和アイドルランキング

80年代女性アイドルランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ