みんなのランキング

麻雀漫画人気ランキング!みんながおすすめするマージャン漫画は?

兎−野性の闘牌−咲−Saki−アカギ 〜闇に降り立った天才〜哲也〜雀聖と呼ばれた男〜凍牌

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数15
投票数56

あなたがぜひともおすすめしたい「麻雀漫画」の最強ランキングを人気投票で決定!類まれな特殊能力や冴え渡る1点読み、豪運すらも味方につけて展開される闘牌最強戦は読者をも緊張させる心理戦を繰り広げてくれます。読むだけで勉強になり、実際に打ちたくなること間違いなし!ギャンブル漫画の王、福本先生の作品「天」や「アカギ」、伝説の勝負師の青春を描く「哲也」、登場メインキャラは全員女子!萌え系麻雀作品「咲-Saki-」は果たして何位にランクインしているのでしょうか。あなたがおすすめ作品を教えてください。

最終更新日: 2021/09/28

ランキングの前に

1分でわかる「麻雀漫画」

『哭きの竜』や『アカギ』など数々の名作がある「麻雀漫画」

麻雀漫画は、イカサマ飛び交う超高レートの本格ギャンブル路線のものから、玄人同士の技や知略・心理的な駆け引き・強運をも味方につけた本格志向の作品、現実ではありえない確率で繰り広げられる作品まで多彩。1969年に青年漫画雑誌『プレイコミック』に掲載された、つのだじろうの読み切り作品『發の罠』がはじまりとされています。その後、1975年に日本初の麻雀漫画雑誌『漫画ギャンブルパンチ』が創刊されたことを皮切りに、70年代後半から80年代半ばにかけて多くの専門誌が刊行され、同時に麻雀漫画も増えていきました。代表作として、「背中が煤けてるぜ」のフレーズでファンを沸かした王道麻雀漫画『麻雀飛翔伝 哭きの竜』をはじめ、ギャンブル漫画の第一人者・福本伸行氏の『天 天和通りの快男児』(1989年)や『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』(1992年)や『哲也-雀聖と呼ばれた男』(1997年)、麻雀勝者の物語が多いなか、敗れていく者たちのストーリーが描かれる『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』(1999年)などが挙げられます。また、近年では美少女×麻雀という新しいジャンルを切り開いた萌え系麻雀漫画『咲-Saki-』が話題となり、麻雀界をより一層活性化させました。

関連するおすすめのランキング

最も面白い漫画は?

面白い漫画ランキング

ジャンル別漫画ランキングはこちら

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

このランキングの投票ルール

本ランキングでは、麻雀を題材にしたすべての漫画作品に投票できます。あなた独自のランキングを作って投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1アカギ 〜闇に降り立った天才〜

アカギ 〜闇に降り立った天才〜

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀(1992年4月号~2018年3月1日号)
巻数全36巻
参考価格396円(税込)

もっと見る

麻雀と言ったらアカギ

カイジで有名になった作者の麻雀漫画がコレ!といえば絶対に読みたくなる作品であることは間違い無いかと思います。何手も先を見通す悪魔じみた麻雀をする主人公の一挙手一投足から目が離せなくなります。対峙する相手の焦燥感もじわじわと伝わってくる素晴らしい作品です。

報告

麻雀漫画の王道

なんといっても麻雀が好きな人は、誰でも知っていると思われるとても知名度が高い漫画だと思います。作者がカイジの製作者ということもあり、似たり寄ったりする場面が何度があるところがまたいいです。読んでて結構ハラハラする場面も魅力的な作品だと思います。

報告

衝撃を受けた作品

アカギ 闇に降り立った天才は、独特の麻雀理論で展開していくので、良い意味で期待を裏切られことが多いです。作品の中で登場する裏技や技術は、実在するものなので麻雀の怖さを知った作品です。とにかく斬新で、今までにない麻雀漫画です。

報告
コメントをもっと読む

2咲−Saki−

咲−Saki−

引用元: Amazon

作者小林立
ジャンル青年漫画
出版社スクウェア・エニックス
連載ヤングガンガン(2006年4号~)
参考価格586円(税込)

もっと見る

とどのつまりは青春バトル漫画

題材は麻雀なのだが、本質は女子高生達が部活でインターハイトーナメントを戦っていく青春もの。
個性豊かなキャラクター達がプライドを持って戦う王道スポ根ストーリーに、女子高生×麻雀要素を練りこんだアイデア勝ち。
そして肝心要の麻雀はと言うと、異能バトルものなんだから流行りのものが全部盛り。

スポ根×女子高生×麻雀×異能バトルで数え役満です。

なにせキャラクターがみんなカワイイ。好みのキャラがきっと見つかるはず。

ニル

ニルさん

1位に評価

報告

可愛らしい

麻雀というとどうしても男の人が好きでやっているイメージがありますが、そのイメージを覆す設定になっているのが好印象でした。女子高生をモデルにしていて、麻雀自体もしっかりとしたルールに沿って行っているのがまたより一層楽しめる要素となっています。

報告

萌の中にも麻雀

麻雀を知らない方でも抵抗感なく楽しめる良い作品かと思います。毎局プラマイ0で上がることができるという驚異の力見せる主人公が見せる麻雀のイロハだったりがわかりやすく説明されているので、これから始めようという方にもオススメの作品でもあります。

報告
コメントをもっと読む

3哲也〜雀聖と呼ばれた男〜

哲也〜雀聖と呼ばれた男〜

引用元: Amazon

作者原作:さいふうめい / 作画:星野泰視
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊少年マガジン(1997年33号~2005年2・3合併号)
巻数全41巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

人間味溢れる作品

麻雀を打ちながらその腕や技術を磨いてきた主人公の人生にわたっての物語を描いた壮大な漫画だと思います。相手になるキャラクターも個性的なキャラが多くて見ていて飽きませんし、何よりも麻雀を通して人はどう変わっていくのかという人生のあゆみを楽しめる作品でもあるかと思います。

報告

時代背景も分かる貴重な麻雀作品

哲也 雀聖と呼ばれた男は、知らない人はいないと思います。戦後復興期の生き様や時代背景を知ることができます。麻雀を知らなくても楽しめると思います。当時は、生きるために麻雀をする人が多く、今では考えられないぐらい緊張感があったことが分かります。

報告

戦後の空気

戦後の日本を麻雀で生き抜いていく哲也を描いた漫画で、主人公の阿佐田哲也は「麻雀放浪記」でも有名な実在する人物です。
そのリメイクとも言えるような作品。
もちろん麻雀がメインですが、昭和のその時代を生きた人々の価値観や、空気も感じられます。

報告
コメントをもっと読む

4兎−野性の闘牌−

兎−野性の闘牌−

引用元: Amazon

作者伊藤誠
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀オリジナル(1996年~2017年)
巻数全17巻
参考価格594円(税込)

もっと見る

能力バトル

主人公たちは高校生代打ち集団ZOOの一員としてそれぞれ麻雀に対する特殊な能力を持っているという、ある種の能力バトル漫画。
主人公は「兎」というコードネームの通り逃げを得意としていますが、その能力が磨かれ高まっていくうちに、さらにワンランク上の能力に目覚めるところなんかも最高に能力バトル。燃えます。

報告

5凍牌

凍牌

引用元: Amazon

作者志名坂高次
ジャンル青年漫画
出版社秋田書店
連載ヤングチャンピオン(2006年No.14~2011年No.9)
巻数全12巻
参考価格495円(税込)

もっと見る

クールな少年がかっこいい

元々はネット界で名を上げていた主人公が現実世界での麻雀を始め、ネットにはなかったイカサマやずる賢さを覚えて命をかけた多くのゲームを戦っていくというストーリーでアカギとは違い人の死の描写が多く過激ですがスリルが好きな人にはたまらないと思います。

報告

6ムダヅモ無き改革

ムダヅモ無き改革

引用元: Amazon

作者大和田秀樹
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀オリジナル(2006年)
近代麻雀(2009年4月~2015年)
巻数全16巻
参考価格613円(税込)

もっと見る

なんでもありすぎる

日本と北朝鮮の国交回復した時代に連載開始した問題作。実在する政治家(にしか見えない人)たちが、国家戦略・外交問題を全て麻雀で解決していく。麻雀のルールもめちゃくちゃ。言ったもの勝ちのゲームで国どうしの契約していいものなのかわからないが、戦争のかわりに麻雀で済むならそれに越したことはないのかもしれない。

報告

7哭きの竜

哭きの竜

引用元: Amazon

作者能條純一
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載別冊近代麻雀(1985年~1990年)
巻数全9巻
参考価格880円(税込)

もっと見る

迫力を感じる

麻雀自体があまりわからない人でも読める内容になっています。その理由として、作者自身も当時は麻雀についてあまり詳しくなかったため漫画を読む側の気持ちを考えて作り出された作品だと感じています。漫画の内容自体も伝えたいことが明確になっているので、最後まで飽きずに読むことができます。

報告

背中が煤けてるぜ

『哭きの竜』と言ったらもうこのセリフしか出てこない。
能條純一の独特の作風が光る氏の代表作。
実際のところ読んでいても麻雀として何をしているのかよくわからなかったりする面もありますが、実は作者も連載当初は麻雀をよく知らなかったらしい。

報告

8むこうぶち

むこうぶち

引用元: Amazon

作者天獅子悦也
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀オリジナル(1999年~)
近代麻雀
参考価格556円(税込)

もっと見る

9ノーマーク爆牌党

ノーマーク爆牌党

引用元: Amazon

作者片山まさゆき
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀オリジナル(1989年2月号~1997年4月号)
巻数全9巻
参考価格518円(税込)

もっと見る

実際に麻雀をしている感覚で読める作品

ノーマーク爆牌党は、麻雀理論が細かく交差する作品です。はじめのうちは漫画らしい作品でしたが、徐々に玄人好みの麻雀漫画に変わっていきます。自分だったら…いつの間にかに自分が麻雀をしている感覚になっています。

報告

10天 -天和通りの快男児-

天 -天和通りの快男児-

引用元: Amazon

作者福本伸行
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀ゴールド(1989年~2002年)
巻数全18巻
参考価格396円(税込)

もっと見る

11天牌

天牌

引用元: Amazon

作者原作:賀来友志 / 作画:嶺岸信明
ジャンル青年漫画
出版社日本文芸社
連載週刊漫画ゴラク(1999年~)
参考価格490円(税込)

もっと見る

12打姫オバカミーコ

打姫オバカミーコ

引用元: Amazon

作者片山まさゆき
ジャンル青年漫画
出版社竹書房
連載近代麻雀(2004年~2010年)
巻数全15巻
参考価格556円(税込)

もっと見る

13咲−Saki− 阿知賀編

咲−Saki− 阿知賀編

引用元: Amazon

作者原作:小林立 / 作画:五十嵐あぐり
ジャンル青年漫画
出版社スクウェア・エニックス
連載月刊少年ガンガン(2011年~2013年)
巻数全6巻
参考価格303円(税込)

もっと見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ジャンル別・面白い漫画作品をチェック!

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

面白い漫画ランキング

麻雀好き必見のランキングはこちら!

麻雀アニメランキング

麻雀アプリランキング

麻雀本ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ