みんなのランキング

マイケル・ムーア監督の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

華氏 119華氏911ボウリング・フォー・コロンバインシッコザ・コーポレーション

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数11
投票参加者数27
投票数91

みんなの投票で「マイケル・ムーア監督の人気映画ランキング」を決定!ドキュメンタリー映画の監督として有名な、マイケル・ムーア。映画監督以外にも、テレビプロデューサーやディレクター、政治活動家としても幅広く活動しています。ジョージ・W・ブッシュ政権を痛烈に批判するドキュメンタリー映画『華氏911』や、米国の医療問題が題材の『シッコ』、アメリカの社会問題に切り込んだ『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』など、話題の名作が勢揃い!あなたがおすすめする、マイケル・ムーア監督の映画を教えてください!

最終更新日: 2021/07/03

このランキングの投票ルール

このランキングでは、マイケル・ムーアが監督・脚本を努めたすべての映画が投票対象です。あなたがおすすめする作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ボウリング・フォー・コロンバイン

ボウリング・フォー・コロンバイン

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間120分
監督マイケル・ムーア
メインキャストマイケル・ムーア、マリリン・マンソン、チャールトン・ヘストン、クリス・ロックほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

これを観ずしてアメリカ銃社会は語れない

なぜアメリカ人はあんなに銃が好きなのか。正確にはなぜアメリカの一部の人は銃に対してあれほどまでに熱狂的なのか。その真意をアメリカで一番遠慮のないアメリカ人がズンズンと撃ち抜いて穴だらけにしていく痛快ドキュメンタリーです。ドキュメンタリーは難しそう…という苦手意識を持っている人にこそオススメ。ドキュメンタリー作品の初めての一本に最もピッタリだと思います。これを観ておけばちょっとは知ったかぶりできるのではないでしょうか。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

1位に評価

この事件自体が衝撃的で記憶に深く残っているため

ポイントにも書いたコロンバイン高校銃乱射事件が起きたときにまだ子どもで、学校の先生から聞いてシンプルに外国で起こった恐い事件だな、と思っただけだった。しかし、もう少し大きくなってからコロンバインハイスクールダイアリーという本をたまたま本屋で手に入れて読んだのがきっかけで関連の書物や動画を閲覧するように。その流れで当時本作はDVDをみつけて観覧したのですが、ドキュメンタリーとはいえ作家の思想思考はみえるもので、私が読んだ本の著者でも様々な角度からの切り口で事実のなかに見えてくる形はそれぞれだなととても考えさせられた時だったからです。多分自分の人生ではじめてドキュメンタリーというカテゴリーの映画に興味をもつきっかけになった作品が本作で、マイケルムーア監督のほかの映画もその後観覧しましたが、この最初の感動は一位に値するものと感じたので選びました。

監督作品を初めて見て衝撃を受けました。

初めて見たマイケル・ムーア監督作品です。その頃はドキュメンタリーも見た事がなかったので自分の国を公然と批判する関東の姿に驚きました。それと同時に監督の行動力を尊敬しました。問題が起きて、その問題の根底には何があるのかを徹底的に調べる姿は素晴らしかったです。この映画を見てアメリカの銃社会について初めて考えました。日本では銃を持てば犯罪になります。でもアメリカでは罪になりません。色々と考えさせられる作品でした。そして他の監督作品にも興味を持ったしドキュメンタリー映画にも興味を持つきっかけとなった作品です。

藤

さん

1位に評価

コメントをもっと読む

アメリカが南北戦争以来分裂し始めた昨今、もとを辿ると911からのイラク戦争に行き着く感があり、今一度振り返るのによい教材

自由の国アメリカに育った普通の人ですら、思いつかない破天荒な突撃ゲリラ方式で、政治の中枢や大企業に斬り込むマイケル・ムーア。この作品は911の報復としてイラク戦争を始めたブッシュの大統領再選を阻む為に製作されたという。作品の中ではブッシュ家とビンラディン家との元々の密接な関係をも暴き、アメリカの正義が実は印象操作と裏取引で成り立っている事を描いており、今現在、南北戦争以来分裂し始めているアメリカの、そもそもの膿の原因を考えるにふさわしい題材だと思う。

社会派な一面がみれる作品

まずはアメリカ同時多発テロ事件からテーマをうけた作りである点、次にはその事件に対する当時のブッシュ政権の出方について批判した内容になっていた点に注目できる。まったくのフィクション、ファンタジーではなく、現実世界で起きた大きな事件を背景にして製作が進行し、作風も社会派なものだったので、なによりも考えさせられる一作になっていた。イラク戦争、フセイン政権の動きなど、歴史が分かるドキュメント性がある点で勉強にもなる作品で良かった。

当時とても話題になった作品です

この映画の公開目的が映画自体のヒットではなく、大統領選挙でブッシュの大統領の2期目の再選を阻止する為だと堂々と監督自ら言っていたのが印象的でした。日本では例えそのような映画だったとしても、とても堂々と言えるものではなく、アメリカが自由の国だと言われる所以だと強く感じました。内容はあの同時多発テロ事件への対応を揶揄するもので、それも結構的確だったと思います。ドキュメンタリー映画としてとても見応えのある作品でした。

ラウ

ラウさん

1位に評価

コメントをもっと読む

アメリカ人は医療福祉が嫌い?

医療福祉なんて貰えるものならなるべく貰っておこうとするのが当たり前のような気がしますが、なぜかアメリカ人の一部はそれを拒絶する。不思議なその行動の裏を、定番のおなじみマイケル・ムーアが荒療治で切り刻んでいきます。このマイケル・ムーアはやぶ医者のような恐れ知らずで権力に切り込み、世界一を誇るアメリカがいかにして隣国に負けているかをぶちまけます。これで顔を真っ赤にするアメリカ人がいてもやっぱり福祉は拒むのですから変な人たちです。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

3位に評価

医療問題を扱った映画

マイケルムーア監督の中で一番興味深かったですね。アメリカの医療問題を扱ったドキュメンタリーチックな作品です。アメリカでは医療保険にほとんどの人が加入していない、はいっていてもあまり保険金が支払われないのはなぜかというデリケートな問題を暴くという内容に心を打たれましたね。映画を見てアメリカの医療がなぜ高いのかとか色々と勉強したくなりました。まさに社会派の映画ですね。アメリカの医療問題に興味を持つとっかかりとなった映画でした。

アメリカの現在の医療体制に物申す内容の作品でした

内容は、日本のように国民全員に保険制度が行き渡っていないアメリカのそのような体制に対する批判で、勉強にもなった作品です。

ラウ

ラウさん

3位に評価

コメントをもっと読む

トランプを大統領にしてしまったアメリカを問いただす

ドナルド・トランプが第45代大統領が当選を確実とし勝利宣言をした「2016年11月9日」。それはアメリカ人にとって祝いの日か、それとも命日か。このドキュメンタリーは反トランプではありません。むしろ反アメリカであり、アメリカの愚かさを徹底的に暴いています。そこはマイケル・ムーアです。ふざけているようで実は根は真面目。アメリカのお気楽なエンタメ主義がトランプというブタに餌をやってしまったことがよくわかります。日本もこうなってはいけない…。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

2位に評価

分かりやすい映画でした。

トランプ大統領が選挙に勝利した背景が描かれている。私もトランプ大統領がなぜ選挙に勝ったのか疑問だったので、とても興味深く見ることが出来ました。

藤

さん

2位に評価

アポなし

アポなしでトランプに直撃。マイケルムーアははちゃめちゃだなと思いつつも、面白いドキュメンタリー映画です。

さまざまな問題

株式会社が誕生してから、どんどん企業がグローバル化していく中で、企業を分析するとわかっていく闇。
一般的な企業を人を分析するように分析してみるとサイコパスのようなものだということが見えてくる。
明確なビジョンもなしに前には進めない。停滞して、現状維持を続けるしかなくなる。企業のお話でも、個人と捉えて見てみると面白い。

政府とメディの問題点を鋭く追及している

まさに全世界にあてはまる映画作品だと思います。政府とメディアの問題点をいろんな角度から知ることができます。ジャーナリストを名乗るのは簡単だが、いったい最前線で戦っている人はどのくらいいるのだろうか?また、自分の保身ではなく国民のために働いている政治家は?とついつい考えてしまいます。米国人ジャーナリストの歴史を知ることができる貴重な作品だと思います。現代社会に警鐘を鳴らしている作品なので、若い世代に視聴してほしいです。

自らを主人公に世界侵略をするところが面白いです

自らが世界侵略をするストーリーが面白く、愛するアメリカのため他国に乗り込む姿に執着心を感じます。また、それぞれの国の政策を研究すると今起きていることと共通する部分もあり、自国に取り入れようとする姿を見ると面白いものです。このため、どのようなことが足りないか知るきっかけになり、国民のためにならない政策があぶり出されているように思います。また、今の政治や経済と似通ったところも多く、見ていて勉強になりました。

DADA

DADAさん

1位に評価

ドキュメンタリー

アメリカ社会の問題をしっかり描いたドキュメンタリー映画。
アメリカらしい人それぞれの問題というか、バラバラさを感じる映画だと思います。

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

全ジャンル総合の映画ランキングはこちら!

面白い映画ランキング

洋画の人気No.1作品は?

面白い洋画ランキング

ジャンル別に映画をチェック!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

マイケル・ムーア監督作はランクインなるか?

ドキュメンタリー映画ランキング

洋画コメディ人気ランキング

最も愛される映画監督といえば?

日本・海外の映画監督ランキング

映画観賞におすすめのVODはこちら!

映画見放題サービスランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ