みんなのランキング

すみれさんの「ワインに合うおつまみランキング」

00
更新日: 2020/06/13

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1チーズ

チーズ

チーズ(英語: cheese)とは、乳製品の一種で、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなど鯨偶蹄目の反芻をする家畜から得られる乳を原料とし、乳酸発酵や柑橘果汁の添加で酸乳化した後に加熱し固形分(主としてカゼイン)を濾しとる方法や、酵素(レンネット)添加により凝固体(カード)となったものをカットやクラッシュしてから布などで濾し、液体成分(ホエー)と分離してさらに脱水して製造した食品。伝統的に乳脂肪を分離したバターと並んで、家畜の乳からつくる保存食として牧畜文化圏で重要な位置を占めてきた。日本語や中国語での漢語表記は、北魏時代に編纂された『斉民要術』に記されているモンゴル高原型の乳製品加工の記述を出典とする乾酪(かんらく)である。

ワインとの相性が抜群のおつまみ

ワインを買うときは、必ずチーズも買うくらい私にとっての定番のおつまみだからです。その時々で買うチーズは違うのですが、特に好きなのがスモークチーズです。燻製されたチーズの風味とワインがめちゃくちゃよく合います。

2チョコレート

チョコレート

チョコレート(英語: chocolate [ˈtʃɒklᵻt, -kəlᵻt] ( 音声ファイル))は、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。略してチョコともいう[3][注 1]。ショコラ(フランス語: chocolat)と呼ばれることもある。

チョコの甘さとワインの酸味が美味!

チョコレートを口に含んでワインを飲むと、お互いの良さが引き立つと思うからです。特に、酸味のあるワインを飲むときにはチョコレートをおつまみにしたくなります。私のお気に入りは森永のDARSです。ワインに合うちょうどいい1口サイズで、気分によって色々な味を選べるのが嬉しいです。

そのままでもアレンジしてもワインと合う!

生ハムはそのままでも、ちょっとした創作料理にしても、ワインと合うと思うからです。生ハムは塩気があるので、やわらかい口あたりのワインに合うと思います。ワインに生ハムを合わせるときは、そのまま食べることが多いですが、切ったトマトと生ハムにオリーブオイルをかけたものと食べたりしてもとっても美味しいです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング