みんなのランキング

サンドラ・ブロック出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

スピードデンジャラス・ビューティーしあわせの隠れ場所ゼロ・グラビティあなたは私の婿になる

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数26
投票参加者数21
投票数97

50歳を超えても輝きを放ち続ける女優「サンドラ・ブロック」。今回は「サンドラ・ブロック出演の人気映画ランキング」をみんなの投票で決定します。路線バスを舞台に爆弾魔とSWAT隊員の攻防を描いた『スピード』や ホームレスからアメリカンフットボール選手になった少年の実話を基にした『しあわせの隠れ場所』、凸凹コンビの捜査官のドタバタ劇『デンジャラス・バディ』など多くの名作があるなか1位に輝く作品とは!?あなたのおすすめ映画に投票してください!

最終更新日: 2021/11/21

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「サンドラ・ブロック」

転機となった映画は『スピード』

サンドラ・ブロックは、1964年7月26日生まれ、アメリカ・バージニア州出身の女優。ニューヨークにある有名な俳優養成学校ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学び、1987年にスクリーンデビューを果たします。転機となったのは、1994年公開の映画『スピード』。ヒロインのアニー役を好演し、高い演技力と美貌で一躍注目を浴びました。以後、ヒューマンドラマ『しあわせの隠れ場所』(2009年)やFBI捜査官を演じたアクションコメディ『デンジャラス・バディ』(2013年)など数々の話題映画に出演。そんな彼女は「GIRL NEXT DOOR(近所のお姉さんのような親しみやすい女性)」という愛称がつけられており、アメリカで多くの人から愛されています。

ラジー賞の授賞式で観客を沸かせたサンドラ・ブロック

アメリカ映画作品・キャストなどの優秀なものが選ばれる「アカデミー賞」と、最低なものが選ばれる「ラズベリー賞(ラジー賞)」。2009年にサンドラ・ブロックは、『しあわせの隠れ場所』でアカデミー賞主演女優賞を獲得しましたが、『ウルトラ I LOVE YOU!』でラジー賞主演女優賞も獲得するという、驚きの記録を残しました。ラジー賞の受賞式では、受賞作『ウルトラ I LOVE YOU!』のDVDとともに壇上に上がり、本当に最低の演技だったかどうか再確認するようスピーチ。賞の意味合いから授賞式に出席しない俳優が多いなか、抜群のエンターテインメントを披露して話題になりました。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

サンドラ・ブロックは何位に?こちらも必見!

歴代ハリウッド女優ランキング

ユーザーのバッジについて

サンドラ・ブロック出演の映画を全作品観たことがある。

サンドラ・ブロック出演の映画を30作品以上観たことがある。

サンドラ・ブロック出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1しあわせの隠れ場所

しあわせの隠れ場所

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間126分
監督ジョン・リー・ハンコック
メインキャストサンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ)、クィントン・アーロン(マイケル・オアー)、ティム・マッグロウ(ショーン・テューイ)、キャシー・ベイツ(スー夫人)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

家族の絆

サンドラ・ブロックが強くてかっこいい女性を演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。

サンドラ・ブロック演じるアン・リーが、ホームレスだった黒人少年を家族として迎え入れ、絆を育んでいく感動の物語。
もちろん裕福だったからというのはあると思うけど、アン・リーたち一家の少年を見つめる眼差しが優しくて、これが実話だというのは凄いなぁの一言。

報告

心優しい家族の中で成功していく少年の姿に感動しました

ホームレスのような生活を余儀なくされていた貧しい少年が、あるちょっと裕福な一家の子供として迎えられたことによって、どんどん成長して行って、最後には優秀なアメフト選手となっていくストーリー展開には感動しました。そしてそんな心優しい家族のお母さんを演じたサンドラ・ブロックの演技もすごく良かったです。この映画を見るまでは、サンドラ・ブロックのイメージはちょっと怖いようなイメージがあったのですが、この映画を見てからは優しい印象に変わりました。

報告

実話

アメリカンフットボール・リーグNFLの選手、マイケル・オアーの半生を描いた感動作。人生の巡り合わせ、人との巡り合わせについて考えさせられる作品だった。差別社会の中、白人夫婦が黒人を養子に迎え入れることは偽善者だっていう意見もあると思うけど、そんな簡単な決断ではなかったと思うし、なにより白人夫婦の決断がなかったらマイケル・オアーはいなかったかもしれないんだ。心から勇気づけられるサクセスストーリーだった!

報告
コメントをもっと読む

2デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間110分
監督ドナルド・ペトリ
メインキャストサンドラ・ブロック(グレイシー・ハート)、マイケル・ケイン(ヴィクター・メリング)、ベンジャミン・ブラット(エリック・マシューズ)、ウィリアム・シャトナー(スタン・フィールズ)ほか
主題歌・挿入歌Break You / マリオン・レイヴン
公式サイト-

もっと見る

女の戦い

爆弾が仕掛けられたミスコンを舞台に描かれたコメディ映画。
女っ気ゼロの捜査官がミスコンに潜入するというなかなかない話で面白い。
ライバルの女の子たちがよくミスコンにいそうな嫌な女をデフォルメしたキャラばかりで笑える。

報告

サンドラブロックの代表的作2

サンドラ・ブロックの主演映画。男勝りなFBI捜査官・グレイシーがひょんなことからミスコンに参加するために女子力を上げていくというストーリー。
女磨きをすることになる経緯やシリアスな設定のなか湧き上がるコミカルな笑いなど、ひと味もふた味も違った展開が魅力です。

食べ方も笑い方も下品で、女を捨ててる仕事ひとすじのグレーシーが成り上がっていく様は見ていて清々しさを感じました。
あと、コンテスト直前に見限られて、メイクの仕方がわからないグレーシーをほかのライバルの出場者がみんなで助けてたとこが泣けた。

報告

サンドラ・ブロックが美しすぎた

サンドラ・ブロックが綺麗すぎて、かっこよすぎて、大優勝すぎたー!
最初のほう男勝り感すごすぎて笑ったけど、変身ぶりが最強すぎやて…。THE王道なシンデレラストーリー♡
そして改めて、女ってマジで大変やなー。世の男性陣も、一回女経験してほしいぃぃぃぃぃ。女子が常に可愛くいるのは大変なんだぞーーーー。

M子

M子さん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

3ゼロ・グラビティ

ゼロ・グラビティ

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間91分
監督アルフォンソ・キュアロン
メインキャストサンドラ・ブロック(ライアン・ストーン)、ジョージ・クルーニー(マット・コワルスキー)、エド・ハリス(ミッション・コントロール)、オルト・イグナチウッセン(アニンガ)、ファルダット・シャーマ(シャリフ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

臨場感あふれる映像と必死に生きようとする主人公たちに感動

この映画はとにかく映像がダイナミックで、臨場感にあふれていて素晴らしかったです。それに加えてたった1本のロープでつながっているだけの主人公の二人が必死に励ましあって、何とか生きようとする姿には感動しました。そんな主人公の一人を演じたサンドラ・ブロックの演技も良かったです。

報告

ジョージ・クルーニーとの別れに涙

とても孤独なストーリーですが、その分サンドラの演技力が際立つ映画だと思います。
主要な登場人物がサンドラとジョージしかおらず、途中で飽きるかなと思いましたが、画像の美しさもあってどんどん引き込まれていきます。
特にジョージと別れるシーンは悲しくて印象に残っています。

報告

虚無感

宇宙空間の静けさ、虚無感に圧倒されました。冒頭で一気に、あの世界観に引き込まれました。広大な宇宙空間での人間って、なんてちっぽけなんだ…。無力すぎる。でも、宇宙飛行士は本当に宇宙に行ってるんだもんなぁ…すごいなぁ…。地球で生きていることさえも、奇跡だなぁ…。

報告
コメントをもっと読む

4スピード

スピード

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間116分
監督ヤン・デ・ボン
メインキャストキアヌ・リーブス(ジャック)、デニス・ホッパー(ペイン)、サンドラ・ブロック(アニー)、ジョー・モートン(マクマホン)、ジェフ・ダニエルズ(ハリー)ほか
主題歌・挿入歌Speed / ビリー・アイドル
公式サイト-

もっと見る

サンドラブロックの代表作

サンドラ・ブロック×キアヌ・リーブスの出演作。減速すると爆発するバスの乗客を救うべく戦う、SWAT隊員の活躍を描いています。
「ダイ・ハード」や「氷の微笑」、「ブラック・レイン」などを手掛けるヤン・デ・ボン監督がメガホンを握り世界的大ヒットを記録。“減速したら〇〇”系の先駆け的作品でもあります。笑

サンドラ・ブロックといえばほかにもラブコメからSFまでさまざまなテイストの作品に出演していますが、そのなかでもこの作品での印象がひときわ強いです。
この作品で彼女を認識したからかも知れませんが、有名なアクション映画なのでどんな人でも見やす[続きを読む]

報告

スリル満点のドキドキハラハラ感がたまりません

次から次へと色んな危機が起こるので、スリル満点でドキドキハラハラさせられっぱなしでした。そしてそんな危機を見事に解決していく主人公たちの姿がカッコ良かったです。そんな主人公を演じたサンドラ・ブロックとキアヌ・リーヴスは息がピッタリでしたし、どちらの演技も流石に上手で映画を盛り上げてくれていると思います。

報告

手に汗握る攻防を描いたノンストップ・アクション

オープニングを観ようものなら、エンディングまで動けません。
先日もテレビであっていましたが、他の事したいのに動けなかった。
麻薬のような映画です。

映画に重要なテンポが凄く良い作品だと思います。

masakari

masakariさん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

5あなたは私の婿になる

あなたは私の婿になる

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間108分
監督アン・フレッチャー
メインキャストサンドラ・ブロック(マーガレット・テイト)、ライアン・レイノルズ(アンドリュー・パクストン)、クレイグ・T・ネルソン(ジョー・パクストン)、メアリー・スティーンバージェン(グレース・パクストン)、ベティ・ホワイト(アニー・パクストン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

キャリア・ウーマンの孤独

みんなが恐れるバリバリのキャリア・ウーマン、マーガレット。
そんなマーガレットが孤独な胸の内を告白するシーンにグッときます。
マーガレットの孤独を受け止めた年下の部下、アンドリュー。
人は見かけによらぬものだとつくづく。

サンドラ・ブロックとライアン・レイノルズ共演のラブコメディ。

アンドリューを演じたライアン・レイノルズ。
「レッドプール」もそうだったけど、情けない男に見えて、実は女心をつかむ天才なのかも。

報告

パワハラ上司!

ビザの関係で、結婚する事に!はちゃめちゃだけど、最後はハッピーな気分になれるラブコメ!!

報告

笑えるラブコメ

これぞラブコメという感じで、笑えて心が温かくなる良い映画だと思います。

報告

6ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間129分
監督スティーブン・ダルドリー
メインキャストトム・ハンクス(トーマス・シェル)、サンドラ・ブロック(リンダ・シェル)、トーマス・ホーン(オスカー・シェル)、マックス・フォン・シドー(間借り人)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

隠れた母の愛

911で亡くなった父の足跡を求め、少年が一人で物探しの旅に出る。
事故当時の、父親をめぐるトラウマが観ていて可哀想だった。
だが、一番の衝撃はそれまで存在感の薄かった、サンドラ演じる母親が実はしっかりと息子を見守っていたということ。
息子が訪ねる人に事前に会い、息子に話をしてくれるように頼んでいた。
そのことがわかった途端、涙腺が崩壊した。
一番泣いた映画。

harry

harryさん

2位に評価

報告

タイトルがラノベ並の長さ

ベストセラー小説の映画化作品。3世代に渡って紡がれる物語と、男の子の儚い顔に泣いた。

圭吾

圭吾さん

3位に評価

報告

7デモリションマン

デモリションマン

引用元: Amazon

制作年1993年
上映時間115分
監督マルコ・ブランビラ
メインキャストシルヴェスター・スタローン(ジョン・スパルタン)、ウェズリー・スナイプス(サイモン・フェニックス)、サンドラ・ブロック(レニーナー・ハックスリー)、ナイジェル・ホーソーン(レイモンド・コクトー)、ベンジャミン・ブラット(アルフレド・ガルシア)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

未来での死闘!

現代世界の犯罪者と警官が遠い未来で激突!!
現代社会とのギャップになじめない昔堅気の警察官と暴れまくる犯罪者の死闘が描かれる傑作!

masakari

masakariさん

1位に評価

報告

アクション映画!

サンドラは未来の警官役!!
主役はスタローンのSFアクション。

報告

8デンジャラス・バディ

デンジャラス・バディ

引用元: Amazon

『デンジャラス・バディ』(原題: The Heat)は、2013年にアメリカ合衆国で制作されたアクションコメディ映画。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

タイトル注意

マジメなFBI捜査官と不良刑事がコンビを組まされ、行く先々でトラブルを起こしつつも最強に成長していくアクションコメディ作品。
タイトル通りデンジャラスなバディ。見た目のミスマッチ感も絶妙です。

彼女の代表的な主演作に「デンジャラス・ビューティー」という作品があり、ちょっと似てますが全然違いますので注意。

報告

9バード・ボックス

バード・ボックス

公式動画: Youtube

『バード・ボックス』(原題:Bird Box)は、2018年制作のアメリカ合衆国のSF映画。ジョシュ・マラーマン原作の同名小説の映画化。サンドラ・ブロック主演。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ネトフリオリジナル

NetflixオリジナルのSFサバイバル映画。
”それ”をみたら即死っていう、何かわからない謎の”それ”から逃げる話。
終始緊張感との戦い。

”それ”を見ちゃいけないから、目隠しした状態で車運転したり、手探りで外歩いたりするんだけどふつーに考えてやばいよね。笑
でも一時期、アメリカとか海外で「バードボックスチャレンジ」っていう遊びが流行って、ニュースになったのめっちゃ覚えてる。笑
目隠ししてピアノひいたり、走り回ったり、車を運転したりしたのを撮影して、SNSにアップするってやつ。
それに対してネットフリックスがTwitterで、「バ[続きを読む]

M子

M子さん

1位に評価

報告

スリラー映画。

常に目を隠して行動しなければ、命を落とといったストーリー。
周りの人たちが、次々と死んでいく姿がスリルがあっていいです。
子供たちを守るために、命を張って守る渾身の演技がさすがだと思います。

報告

10ザ・インターネット

ザ・インターネット

引用元: Amazon

『ザ・インターネット』 (The Net)は、1995年のアメリカ映画。当時、黎明期にあったインターネットをテーマとしたサイコスリラー映画。冒頭に出る主人公アンジェラがプレイしていたゲームは「Wolfenstein3D」。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

諦めないアンジェラ

様々な窮地に立たされ、追い詰められるも諦めずに進んでいくアンジェラが素敵です。
そのアンジェラを演じるサンドラ・ブロックの演技に注目です。
1995年の映画ということもあり、懐かしいフロッピーディスクなども出てきます。
インターネットの危険性を改めて実感できる映画だと思います。

報告

11オーシャンズ8

オーシャンズ8

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間110分
監督ゲイリー・ロス
メインキャストサンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー・ミラー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミータ)、サラ・ポールソン(タミー)ほか
主題歌・挿入歌Hit The Road Jack / スロットル
公式サイト-

もっと見る

かっこいい。

どうどうと犯罪を行っていて、すがすがしい。
気持ちがいいのと、スカッとする映画です。
サンドラ・ブロックの演技も大人の格好いい女性のように思いました。

報告

美しい世界

オーシャンズシリーズのダニーの妹が主人公。
様々なタイプの女性盗人が登場する。メットガラを舞台に描かれているのでとても華やかで美しい。

報告

12イルマーレ(2006)

イルマーレ(2006)

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間98分
監督アレハンドロ・アグレスティ
メインキャストキアヌ・リーブス(アレックス・ワイラー)、サンドラ・ブロック(ケイト・フォスター)、クリストファー・プラマー(サイモン・ワイラー)、 エボン・モス=バクラック(ヘンリー・ワインラー)、ディラン・ウォルシュ(モーガン・プライス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

タイムパラドックス系No.1の映画

タイムパラドックス系の映画は多々ありますが、その中でこれが最も完成度が高く心温まる映画だからです。
キアヌ・リーブスもかっこよく、なかなか会えない二人にヤキモキしました。
ラストは最後の最後までどうなるのかハラハラし、鳥肌もののストーリーです。

報告

13完全犯罪クラブ

完全犯罪クラブ

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間120分
監督バーベット・シュローダー
メインキャストサンドラ・ブロック(キャシー・メイウェザー)、ベン・チャップリン(サム・ケネディ)、ライアン・ゴズリング(リチャード・ヘイウッド)、マイケル・ピット(ジェスティン・ペンデルトン)、アグネス・ブルックナー(リサ・ミルズ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

高校生VS女刑事

高校生2人の計画した犯罪を紐解いていく物語。
初めから犯人がわかっているが、肝心なところが様々な伏線として張られてているので謎解きとして楽しめる。

報告

14シャッフル

シャッフル

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間96分
監督メナン・ヤポ
メインキャストサンドラ・ブロック(リンダ・ハンソン)、ジュリアン・マクマホン(ジム・ハンソン)、シャイアン・マクルーア(ミーガン・ハンソン)、コートニー・テイラー・バーネス(ブリジット・ハンソン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

運命とは何なんだろう?と考えさせられる映画

大切な人を失くすことによって、当たり前の生活が当たり前ではないことが分かるというストーリーに感動しました。そしてその運命を変えようと動く主人公でしたが、結局はその運命を変えることが出来なかったので、運命とは何なんだろう?と考えさせられました。

報告

15デンジャラス・ビューティー2

デンジャラス・ビューティー2

引用元: Amazon

『デンジャラス・ビューティー2』 (Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous) は、2005年に製作されたアメリカ映画。『デンジャラス・ビューティー』の続編。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

変身後はやっぱりゴージャス!

「デンジャラス・ビューティー」の続編。
前作で美しく変身したはずが、またまたガサツなサンドラ姐さんに逆戻り。
でもこのガサツなサンドラ・ブロックがおもしろい!
ブタさんのように鼻を鳴らすなんて、ハリウッド女優には中々できませんよね。

そして美女に変身後はやっぱりゴージャス!
この「デンジャラス・ビューティー」シリーズはサンドラ・ブロックの魅力が最大限に引き出されていて、大好きなシリーズです。

報告

16プラクティカル・マジック

プラクティカル・マジック

引用元: Amazon

小さな港町に暮らす美人姉妹サリーとジリアン。堅実で慎重派の姉サリーと、恋にもセックスにも奔放な妹ジリアン。対照的な彼女たちには、共通に備わった特殊な能力があった。それは誰もが羨む“恋した男を魅了する力”だったのが…。サンドラ・ブロック、ニコール・キッドマン競演で贈る、魔法の力を持つ美しい姉妹の成長をファンタジックに描いたドラマ。(引用元: Amazon)

もっと見る

魔女にかかった呪い。

これは、強い力を持った魔女が、男に捨てられて悲しみの中、妊娠しており、強い悲しみで自分自身と子孫に呪いをかけます「本当に愛した男は死んでしまう」という呪い!!その子孫がサンドラです。シングルマザーの魔女のラブストーリー。

報告

17あなたが寝てる間に…

あなたが寝てる間に…

引用元: Amazon

制作年1995年
上映時間103分
監督ジョン・タートルトーブ
メインキャストサンドラ・ブロック(ルーシー・モデレッツ)、ビル・プルマン(ジャック・キャラハン)、ピーター・ギャラガー(ピーター・キャラハン)、ピーター・ボイル(オックス・キャラハン)、ジャック・ウォーデン(ソウル・タトル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

18クラッシュ(映画)

クラッシュ(映画)

引用元: Amazon

『クラッシュ』(原題:Crash)は、2005年公開のアメリカ映画。配給会社はライオンズゲートで、監督はポール・ハギス。 クリスマスを間近に控えたロサンゼルスで発生した1つの交通事故を起点に、多民族国家であるアメリカで暮らす様々な人々を取り巻く差別、偏見、憎悪、そして繋がりを描く。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

20トゥー・ウィークス・ノーティス

トゥー・ウィークス・ノーティス

引用元: Amazon

『トゥー・ウィークス・ノーティス』(原題: Two Weeks Notice)は、2002年のアメリカ映画。ヒュー・グラントとサンドラ・ブロック共演のロマンティック・コメディ。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~26位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ