みんなのランキング

おきなさんの「静岡の食べ物・郷土料理ランキング」

00
更新日: 2020/11/11

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1桜えび

桜えび

サクラエビ(桜海老、桜蝦、十脚[5] 、学名:Lucensosergia lucens)は、サクラエビ科に属するエビの一種。深海に生息する小型のエビである。

沼津湾で水揚げされる新鮮な桜海老は最高!

静岡のお土産にあるくらいです。冷凍のお土産や天ぷら、お菓子まで、沢山。旬の時期に居酒屋で出てくる桜海老が楽しみてした。

2しらす

しらす

シラス(白子、英: Whitebait)とは、イカナゴ・ウナギ・カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。キュウリウオ目シラウオ科のシラウオ(白魚)、スズキ目ハゼ科のシロウオ(素魚)とよく混同され、シロウオのことをシラスと呼ぶ地方もあるが、ここでは稚魚について述べる。これを塩ゆでにして干したものは、ちりめんじゃこ、白子干し(白子乾し)などと呼ばれる。

まさに白きダイヤの美味しさです。

生のシラスが食べられるシーズンは最高でした。
他では味わえない食材。冷凍のお土産も美味しいです。

あっさりしたおでん。

関東とも関西とも違うさっぱりした味わい。
冬の居酒屋の定番でした。

4ウナギ

ウナギ

ウナギ(鰻、うなぎ)とは、ウナギ科(Anguillidae) ウナギ属(Anguilla) に属する魚類の総称である。世界中の熱帯から温帯にかけて分布する。ニホンウナギ、オオウナギ、ヨーロッパウナギ、アメリカウナギなど世界で19種類(うち食用となるのは4種類)が確認されている[3]。 フウセンウナギやデンキウナギ、タウナギなど、外見は細長い体型をしていてウナギに似ている魚類には、分類学上では別のグループでもウナギの名を持つ種がある。また、ヤツメウナギ、ヌタウナギは硬骨魚類ですらなく、原始的な無顎魚類(円口類)に分類される。 種類や地域によっては食用にされる。日本では主にニホンウナギで蒲焼や鰻丼などの調理方法が考案されて、古くから食文化に深い関わりを持つ魚である。漁業・養殖共に日本では広く行われてきたが、近年は国外からの輸入が増えている。

浜松と言えば、鰻です!

そこらじゅうにある鰻の老舗、ほんと美味しいです。三島で食べた特上は、山盛りだったのが忘れられません!

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる