みんなのランキング

斉藤由貴出演ドラマ人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

スケバン刑事警視庁・捜査一課長遺留捜査

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数8
投票数25

みんなの投票で「斉藤由貴出演人気ドラマランキング」を決定!80年代を代表するトップアイドルとして名を馳せ、現在は女優として人気を集める斉藤由貴。たびたびスキャンダルが報じられ世間を騒がせているものの、変わらない存在感で多くの人々を魅了しています。学園を舞台にした青春ドラマ『ごめんね青春!』や、人気漫画がドラマ化され話題になった『カンナさーん!』、復讐を誓い合った双子の運命を描くサスペンスドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』など、話題作がラインアップ!あなたがおすすめする、斉藤由貴出演のドラマを教えてください!

最終更新日: 2021/06/09

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1警視庁・捜査一課長

警視庁・捜査一課長

引用元: Amazon

メインキャスト内藤剛志(大岩純一)、斉藤由貴(平井真琴)、金田明夫(小山田大介)、鈴木裕樹(天笠一馬)、矢野浩二(武藤広樹)、本田博太郎(笹川健志)、床嶋佳子(大岩小春)ほか
放送年2016年
放送局テレビ朝日
原作-
脚本石原武龍ほか
主題歌コブクロ『STAGE』
公式サイトhttps://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho1/

もっと見る

大福食べて事件を解決する斉藤由貴さんが面白い

ドラマの中で大福というニックネームで呼ばれている斉藤由貴さん。ニックネーム通り大福ばかり食べてます。
ドラマの中でも事件の謎を解くヒントを与える役割をしていて面白かったのですが、途中でドラマに出なくなってガッカリでした…でも最新シーズンにて復活!とても嬉しかったです!!

Sanae

Sanaeさん

3位に評価

“だいふく”役がとても合っています

捜査一課のメンバーの中で、ちょっととぼけた印象のある女性捜査官で、独自の勘で捜査に大きな進展をもたらすことが多い役柄がとても合っています。
“だいふく”というニックネームもお馴染みになり、これからのシリーズでも活躍を期待します。

斉藤由貴といえばこのドラマ

私ぐらいのオジサンだとほとんどの人がスケバン刑事と答えるんじゃないでしょうか。それぐらい当時のスケバン刑事人気は凄かった。何せシリーズ化して2や3まで出たぐらいですから。桜の代紋が入ったヨーヨーを振り回し、敵をバタバタと倒していく!痛快なドラマでした。

可愛らしい斉藤由貴さんを楽しめます

スケバン刑事のシリーズは全て見てますが斉藤由貴さんの麻宮サキが一番可愛かったです。アイドル時代の斉藤さんも大好きでした!

Sanae

Sanaeさん

5位に評価

3遺留捜査

遺留捜査

引用元: Amazon

メインキャスト上川隆也(糸村聡)、貫地谷しほり(織田みゆき)、佐野史郎(曽根武雄)、大杉漣(加賀美享)、水野真紀(江藤奈津子)、波岡一喜(横山恵一)ほか
放送年2012年
放送局テレビ朝日
原作-
脚本尾西兼一、坂田義和、池上純哉、伊藤洋子ほか
主題歌MISIA『記憶』
公式サイトhttps://www.tv-asahi.co.jp/iryu_01/

もっと見る

刑事役の斉藤由貴さんも面白い

部下である糸村に振り回される斉藤由貴さんが面白かったです。
斉藤由貴さんが出演しているからドラマを見ていたのに出演者が変わってしまって本当に残念です…。
遺留捜査は斉藤由貴さんが出演している第2シーズンが一番面白いと思います!

Sanae

Sanaeさん

2位に評価

クールな印象をよく出している役柄での出演です

月島中央警察署のクールな女性警部役で、主人公の糸村に苦言を呈することも多いですが、敵という訳ではない立ち位置をうまく表現しています。
さらに、この役が出てくるということは、難しい事件になっていることが分かるという具合です。

ずっと見たかった朝ドラ

ずっと見たかった朝ドラでした。BSプレミアムで放送が始まりとても嬉しかったです。
話の内容も面白かったです。古い時代に一人の女性が子育てしながら働くということが、どれだけ難しいことなのかよく分かりました。
斉藤由貴さんはじめ豪華な出演者たちを見られて幸せでした!

Sanae

Sanaeさん

1位に評価

ぜひおすすめな作品です

親が好きなドラマでおすすめされたのでわたしも見始めて、この作品で斉藤由貴さんを初めて知りました。
主人公の祐輔の母役であり、懸命に自分の息子を支える姿がとても好印象で、どんなことに対しても真面目に取り組む姿を見ていてわたし自身も勇気をもらえました。
出演されている俳優も女優も豪華であり、最後まで飽きないで見ることができるドラマとなっています。
ドラマの内容もとてもわかりやすいので、子どもから大人まで楽しめる作品だと思います(^^)

戦国時代を生きる姫

戦国時代を舞台にした作品になっているのですが、その中で斉藤さんが演じたのは信長の正妻でもある帰蝶姫ということで、かなり重要な役を演じていました。
あの織田信長の正妻ということで、なかなかどんな人だったのかは気になるのですが、彼女の力強さというものがよく伝わってきました!
戦国時代に戦国大名の奥さんになるのはとても大変だけれども、それでも美しく、そして逞しく生き抜いていったということがよくわかった気がします!

7竜の道 二つの顔の復讐者

竜の道 二つの顔の復讐者

公式動画: Youtube

放送スケジュール放送局:関西テレビ放送
放送開始:2020年7月28日 21時00分
放送日:毎週火曜日
メインキャスト玉木宏(矢端竜一)、高橋一生(矢端竜二)、松本穂香(吉江美佐)、細田善(霧島晃)、奈緒(遠山凛子)ほか
放送年2020年
脚本篠崎絵里子
主題歌SEKAI NO OWARI「umbrella」
公式サイトktv.jp/ryu-no-michi/

もっと見る

最後は幸せになって欲しかった

斉藤由貴が演じたのは主人公矢端竜一・竜二兄弟が親の仇!と憎んでいた霧島源平の妻・霧島芙有子。このドラマでは性格の悪いキャラクターが多いのですが、霧島芙有子は数少ない良心キャラでした。それだけに幸せになって欲しかった。倒れたと思ったらまさか亡くなってしまうとは。

8スキャンダル専門弁護士 QUEEN

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

引用元: Amazon

メインキャスト竹内結子(氷見江)、水川あさみ(与田知恵)、中川大志(藤枝修二)、泉里香(東堂裕子)、バカリズム(鈴木太郎)、斉藤由貴(真野聖子)ほか
放送年2019年
放送局フジテレビ
原作-
脚本倉光泰子、三浦駿斗
主題歌YUKI『やたらとシンクロニシティ』
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/QUEEN/

もっと見る

ハッカー役をうまく演じていました

同氏が犯罪スレスレのハッキングを得意とする役柄をうまく演じていた作品。
マイペースなところもうまく表情や仕草などで表現しており、主役級ではありませんが、クセのある難しい役柄において抜群の演技力だったと想います。

有能な事務員役

依頼された案件を解決するために違法スレスレのことまでしてしまう有能な事務員役です。
ドラマは面白くなかったけど、斉藤由貴さんの役は面白かったです!

Sanae

Sanaeさん

4位に評価

9真田丸

真田丸

引用元: Amazon

メインキャスト堺雅人(真田信繁)、大泉洋(真田信之)、長澤まさみ(きり)、木村佳乃(松)、黒木華(梅)、遠藤憲一(上杉景勝)、内野聖陽(徳川家康)、草刈正雄(真田昌幸)
放送年2016年
放送局NHK
原作-
脚本三谷幸喜
主題歌服部隆之
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009050427_00000

もっと見る

大阪の陣が凄かった

真田丸の主役は真田家の面々。ということで戦国時代を舞台しにたドラマなのに関ケ原はサラリと流れていたのが印象的でした。その代わり徳川秀忠を関ケ原へ向かわせないよう、上田城で足止めした戦いは見事でしたけど。その分大阪の陣は凄かったですね。真田丸を造成し、そこで徳川軍を見事足止め。ラストの散り際もカッコ良かった。

11吾輩は主婦である

吾輩は主婦である

引用元: Amazon

『吾輩は主婦である』は、2006年5月22日から7月14日までTBS系列「愛の劇場」で放送されていた日本のテレビドラマ。

もっと見る

13お母さん、娘をやめていいですか?

お母さん、娘をやめていいですか?

引用元: Amazon

メインキャスト波瑠(早瀬美月)、斉藤由貴(早瀬顕子)、柳楽優弥(松島太一)、寺脇康文(早瀬浩司)、石井杏奈(後藤礼美)、大空眞弓(川端玲子)、壇蜜(立原真紀)、麻生祐未(牧村文恵)ほか
放送年2017年
放送局NHK
原作-
脚本井上由美子
主題歌サラ・オレイン『Little Doll』
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=4147

もっと見る

14陽はまた昇る(2011年)

陽はまた昇る(2011年)

引用元: Amazon

『陽はまた昇る』(ひはまたのぼる)は、2011年7月21日から9月15日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系列の「木曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。 2011年5月14日に放送された佐藤浩市主演のドラマ『最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜』の続編であり、主演は同じく佐藤浩市。脚本も前作同様、井上由美子が手掛けた。

もっと見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

人気No.1の面白いドラマといえば?

>面白いドラマランキング

日本の名作ドラマも必見!

>日本の泣けるドラマランキング

>平成の名作テレビドラマランキング

ジャンル別に人気ドラマが知りたい人はこちら!

>ジャンル別 ドラマランキング

斉藤由貴のファンはこちらもチェック!

>斉藤由貴の曲ランキング

昭和のアイドルランキングもおすすめ!

>昭和アイドルランキング

>80年代女性アイドルランキング

今期新作ドラマはこちら!

>2021年夏ドラマランキング

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1信長のシェフ Part2

    信長のシェフ Part2

  2. 2No Image

    水曜シリーズドラマ 暴力教師〜君に伝えたいこと

  3. 3真田丸

    真田丸

詳細を見る
ビジター

ビジターさんの評価


0
  1. 1No Image

    はね駒

  2. 2遺留捜査

    遺留捜査

  3. 3警視庁・捜査一課長

    警視庁・捜査一課長

  4. 4スキャンダル専門弁護士 QUEEN

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

詳細を見る
Sanae

Sanaeさんの評価


0
  1. 1スケバン刑事

    スケバン刑事

  2. 2竜の道 二つの顔の復讐者

    竜の道 二つの顔の復讐者

  3. 3真田丸

    真田丸

詳細を見る
木村でした

木村でしたさんの評価


0
  1. 1No Image

    それでも僕は君が好き

  2. 2お母さん、娘をやめていいですか?

    お母さん、娘をやめていいですか?

  3. 3スキャンダル専門弁護士 QUEEN

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

詳細を見る
みくのり

みくのりさんの評価


0
  1. 1警視庁・捜査一課長

    警視庁・捜査一課長

  2. 2遺留捜査

    遺留捜査

  3. 3スキャンダル専門弁護士 QUEEN

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

詳細を見る
ぐっさん

ぐっさんさんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング