みんなのランキング

さとしさんの「戦国武将最強ランキング」

335
更新日: 2020/09/29

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1織田信長

織田信長

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日〈1534年6月23日〉 - 天正10年6月2日〈1582年6月21日〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名、天下人。

とにかく強い歴史上の武将!

この織田信長が評価される店はなんと言っても数的に圧倒的不利であると言える状況でも戦いに勝ちきることができる戦のセンスにあると思います。また様々な面でそのセンスは光り、歴史的に代々その強さが語り継がれていくことが魅力であると言えるでしょう。

2徳川家康

徳川家康

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川 家康)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・戦国大名・天下人。安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開府し征夷大将軍となる。三英傑のひとり。

徳川200年の歴史の創始者!

徳川家康が始めた江戸幕府が200年続きましたが、その江戸幕府を始めることができた強さはどの武将にも劣る事はありません。リーダーシップもとても高く、自分自身でも戦って強さを発揮することができると言うことが素晴らしい点であると思います。

3武田信玄

武田信玄

武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎(たろう)。「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる。

風林火山が魅力的!

非常に様々な戦をこなしている武将をこそがこの武田信玄であると言えるでしょう。風林火山が代表的であるとも言えますし、その風林火山に込められた意味合も非常に凄いものがあります。上司にいたら頼れる上司になること間違いありません。

4豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング