みんなのランキング

徳川家康に関するランキングとコメント・口コミ

徳川家康

最高評価

82.2

(70人の評価)

徳川将軍ランキング」で最も高い評価を得ています。

徳川家康の詳細情報

生没年1543年〜1616年

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川 家康)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・戦国大名・天下人。安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開府し征夷大将軍となる。三英傑のひとり。(引用元: Wikipedia)

全 149 件中 1 〜 20 件を表示

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

大河ドラマを見て彼の凄さを知りました。

NHKの大河ドラマ葵徳川三代というドラマを見て徳川家康の凄さを知りました。織田信長、豊臣秀吉に仕えてようやく自分の天下を取った徳川家康。それまで耐えに耐えた人生が天下を取る事で報われた事になります。もちろん自分が耐えただけではなく妻や息子も犠牲になりました。大河ドラマを見て初めて歴史小説も読みました。徳川家康のお陰で他の武将にも興味を持つようになりました。歴史について興味を持つようになったのは徳川家康のお陰なので私の一番好きな歴史上の人物は徳川家康です。

コムギちゃん

コムギちゃんさん(女性)

1位(100点)の評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ天下人

徳川家康は健康に気を使っていたり、滅びた大名の家臣を取り入れたり、
自分に勝った大名の優れた作戦を取り入れたりしたことが天下につながった。
しかも天下統一後も幕府で武家諸法度などのさまざまな法律を作って対抗できる大名がなくなるようにして幕府を固めたこともすごいと思う。

ゲストさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

忍耐の人

織田、今川の人質として幼少期を過ごし、信長、秀吉というライバルの陰で耐え忍んで、最後に天下を取った武将。200年以上の長きに渡る江戸幕府の礎を作った名将。苦しい経験を積んだ分、言葉に重みがあります。「堪忍は無事長久の礎、怒りは敵と思え。」 今の時代にも通じる言葉です。

JS

JSさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強

滅びた大名の家臣を受け入れたり、過去に自分に勝った武将の作戦を真似したり、健康に気を使ったりして天下を取ったという最強王者。
秀吉の2倍以上の大軍に待ち伏せ攻撃をして大勝利したり、関ヶ原の戦いでは事前に裏切り工作をして大人数の敵に勝ったり、大坂の陣でも真田に威力では劣ったものの、策略のうまさを使って最終的に大勝利したりと、最強王者の頭を使って天下統一した。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ最強の戦国武将

まず並外れた作戦を立てる能力です。姉川の戦い・高天神城の戦い・長久手の戦い・関ヶ原の戦い・大坂夏の陣などが挙げられます。特に大阪の陣では力では真田や後藤がいる方に劣ったものの、堀埋め作戦を考えて大勝利。
次に、政治の力です。大名の領地や役職など、幕府の支配を固めました。
誰も逆らえないようにしたこの幕府の支配体制は最強と言っても過言ではありません。

ゲスト1さんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥

家康は本当に苦労して我慢してその結果。戦国の世を見事に泰平の世の中に変えた雄だと思います。世の中には家康は臆病で面白みがないという人がいますが、この人がいなければずっと戦国の世が続き荒れ果てた日本になり、今の日本はなかったかもしれません。そういう意味で家康というのは素晴らしい戦国武将だと思います。

りん

りんさん(男性・40代)

3位(70点)の評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

安泰築いた最強漢

まさに江戸時代まで続いた徳川幕府が物語るように、日本に最強と平安を築いた人物。織田、豊臣を見ながら良いところ悪いところを学び、それを生かして成し遂げた天才。まさに戦国の世で頭脳を駆使、また人を上手く使った人物。現代社会においても社長になる人物だったのであろう。

りゅうちゃん

りゅうちゃんさん(男性・30代)

4位(85点)の評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強武将

1570年の姉川の戦いでは浅井軍を横から攻めて大勝利。
1600年の関ヶ原の戦いでも手紙を送ってから、敵の武将を戦闘中に裏切らせるように約束し、大勝利。
大阪の陣は真田に勢いでは劣ったものの、堀埋め作戦を使って大勝利した。天下の頭で天下をとり、戦国最強武将。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強

家康は戦国絶対王者である。
理由1 滅びた大名の家臣に才能があれば取り入れたこと。徳川を確実に強くさせた。
理由2 健康に気を使ったこと。天下への道を妨げるものが死ぬまで生きるということをしたから天下をとった
理由3 勢いで自分に勝った者に策略を使って勝ったことです。大坂の陣で負ける理由を捉え、最新の大砲と和議を使って大勝利。これは黒田・山本でも思いつかない考えであり、戦国最強である。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強

関ヶ原の戦いや大坂の陣では威力では少し劣ったものの、作戦が成功して大勝利。
姉川の戦いでは少人数で作戦を練って信長軍を救い、浅井・朝倉軍に大勝利した。
天下の頭で天下をとった最強王者。家康に勝てる奴はいない。
(運勢が互角・軍勢は同じの条件が守れていたら)

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ天下であり戦国最強

家康は歳を取ってから参加した戦では一回も負けたことがない。
関ヶ原の戦いでは裏切りの約束や手紙などを使った優秀な作戦で大勝利。
大坂の陣では勢いでは劣ったものの、堀埋め作戦という優秀作戦で大勝利。
家康は天下の頭で天下の政治をしているのです。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ天下人

これこそ戦国最強
滅びた大名の家臣を受け入れたり、過去に自分に勝った武将の作戦を真似したり、健康に気を使ったりして天下を取ったという最強王者。
秀吉の2倍以上の大軍に待ち伏せ攻撃をして大勝利したり、関ヶ原の戦いでは事前に裏切り工作をして大人数の敵に勝ったり、大坂の陣でも真田に威力では劣ったものの、策略のうまさを使って最終的に大勝利したりと、最強王者の頭を使って天下統一した。

ゲスト2さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強

家康は最強でございます。
理由1 豊臣10万を家康が3.5万で圧倒し、秀吉も1回戦った後は戦をせずに降伏させる道を選んだ。
理由2 家康は優秀な人を身分にこだわらずに出世させたり、家臣にしたりして自分の力を強めた。
理由3 三方原以外の戦で全勝し、敵だった信長も実力を認めていたこと。
理由4 いつも素晴らしい作戦を練って勢いで勝る相手に勝ってきたこ とです。真田信繁にも大砲と掘り埋めを使って勝ったし、大谷・島津・立花・宇喜多がいる西軍にも裏切り作戦で大勝。秀吉にさえボコボコに叩きつけてやった。ボクシングであれば秀吉の完全なる判定負けとなるだろう。

ゲストさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

これこそ戦国最強

神戦略で全ての敵を倒し、天下を取った戦国第一の英雄。
戦歴としては
・豊臣の2倍の大軍に大勝利した   ・姉川で浅井・朝倉に大勝した ・掘り埋めを使って真田・後藤側に勝った   ・武田を滅ぼした
ということで、最強さを感じることができます。

ゲスト2さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

天下の頭と天下の政策

一つ目は並外れた頭脳です。大坂の陣では大阪城の鉄壁さに苦戦したが、大砲を撃つという戦国のどんな城も落とすことができる策略を思いつき、城取り名人の山本勘助よりすごくいと思います。若い頃も信長は家康に恐れていて、今川家の当主よりもその家臣の家康の方が大きくうつってそうです。
二つ目は江戸幕府の支配体制で、源頼朝・足利尊氏・足利義満でも思いつかなかった、大名を貧乏にさせ、力を持たせないようにする政策を使いました。また、他の将軍とは違い、先進した欧州との貿易を積極的に行っていて、外国人まで家臣にしているほど。

ゲスト7さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

この人こそ真の天下人

滅びた大名の家臣を受け入れたり、過去に自分に勝った武将の作戦を真似したり、健康に気を使ったりして天下を取ったという最強王者。
秀吉の2倍以上の大軍に待ち伏せ攻撃をして大勝利したり、関ヶ原の戦いでは事前に裏切り工作をして大人数の敵に勝ったり、大坂の陣でも真田に威力では劣ったものの、策略のうまさを使って最終的に大勝利したりと、最強王者の頭を使って天下統一した。

ゲスト7さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

戦国を生きる方法を知っている武将

人生を戦場として生きるということに長けた武将だと思います。チャンスが来るまで待つ姿勢も戦国を生きる上で大切なことだし、自分を負かした相手の戦略を利用し、戦いに取り入れるなど、戦国を生きる方法を熟知している武将だと思います。ここまでは、ほかの大名も徹底的にやってておかしくないことですよね。しかし、家康はそれだけではありません。ほかの大名たちに比べてとても健康に気を使っていたのです。この待つ姿勢と健康に対する取り組み、この二つが合わさって家康はほかの大名たちより長く生き残り、天下を横取りすることに成功したのだと思います。今川の人質時代だった時の桶狭間の戦いでは、義元より信長に警戒されていたので、この時点で義元より格上確定。姉川、長篠の戦いでも難なく勝利し、負けたのは三方ヶ原だけという化け物です。小牧、長久手の戦いでは、秀吉の別働隊が三河に攻め込んでいることを知り、別働隊を壊滅させ、池田恒興と森長可を倒したりして、秀吉軍10万に対し、1万6千の兵で散々に蹴散らしてしまいました。そして、徳川家を守るために最後は降伏しました。さらに関ヶ原の戦い。七将による三成襲撃事件の際、家康はわざと三成を生かしておきました。三成を生かしておくことで家康には2つのメリットがあったのです。一つ目は、三成を餌にして七将をはじめとする豊臣恩顧の武将を操れること、もう一つは、三成が自分の敵を一つにまとめてくれることです。三成が自分の天下取りを邪魔する敵を集めてくれれば、戦で一気に滅ぼすことができるのです。さらに、手紙を使って味方を増やしたりして、三成らを蹴散らしました。そして家康最後の戦いである大坂の陣。家康は、秀頼が奉納した方広寺の鐘を口実にして戦いを起こします。冬の陣では、真田丸に苦戦するも、和睦の際に掘り埋め作戦で真田丸を取り壊したあと、夏の陣でついに豊臣家を滅ぼしてしまいました。こうした頭脳に加え徳川四天王などの優秀な家臣までいて、その強力な家臣団を束ねる統率力の高さも考えると、間違いなく戦国最強なのです(現に、三方ヶ原の戦いでは、夏目吉信が、自ら名乗り出て、家康を守るための囮として、武田軍に突撃し、戦死している)。また、三方ヶ原の戦いで家康の強さを決める人がいますが、家康は、三方ヶ原の戦いから学習して強くなったので、三方ヶ原の戦いだけで家康の強さを決めるのは違うと思います。

歴史マニア(中2)さんの評価

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

戦国の世を戦い抜いた戦国武将

徳川家康の若い頃の名前は竹千代。
親と離れて、2年間織田家の人質となる。
その後今川家の人質となる。
織田信長と清洲同盟を結ぶこととなる。
長篠の戦いで武田勝頼を倒す。
関ヶ原の戦いで西軍石田三成を破り、征夷大将軍になる。
そして265年続く江戸幕府を開くが病死する。

歴史大好きさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

戦国無双

家康の強さは、一つ目は並外れた頭脳です。大坂の陣では大阪城の鉄壁さに苦戦したが、大砲を撃つという戦国のどんな城も落とすことができる策略を思いつきました。まるでこれまでの常識をひっくり返すようです。若い頃も信長は家康に恐れていて、今川家の当主よりもその家臣の家康の方が大きくうつってそうです。また、関ヶ原の戦いで小早川軍が直ぐに動かなかった時も怒って終わりではなく、空鉄炮を撃ち、使者を何度も送り込みました。
二つ目は江戸幕府の支配体制で、前には誰も思いつかなかった、大名を貧乏にさせ、力を持たせないようにする政策を使いました。また、他の将軍とは違い、先進した欧州との貿易を積極的に行っていて、それは外国人まで家臣にしているほど。
他に、家康は寺部城攻め・桶狭間の戦いで丸根砦などを攻める時などでなかなかの武勇も発揮しました。
家康は信長や秀吉とは違い、我慢強く、無謀なところがほとんどありません。
三方原の戦いでの失敗から学んで強くなってきたのが家康ですから、三方原の戦いだけで家康の強さを決めるのは違うと思います。そして、上田合戦は2度とも、家康自身は参加していません。総大将も家康ではありません

ゲスト家康さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

諸葛亮より強いの能力、天下の政策

一つ目は並外れた頭脳です。大坂の陣では大阪城の鉄壁さに苦戦したが、大砲を撃つという戦国のどんな城も落とすことができる策略を思いつき、城取り名人の山本勘助よりすごくいと思います。若い頃も信長は家康に恐れていて、今川家の当主よりもその家臣の家康の方が大きくうつってそうです。また、関ヶ原の戦いで小早川軍が直ぐに動かなかった時も怒って終わりではなく、空鉄炮を撃ち、使者を何度も送り込みました。
二つ目は江戸幕府の支配体制で、源頼朝・足利尊氏・足利義満でも思いつかなかった、大名を貧乏にさせ、力を持たせないようにする政策を使いました。また、他の将軍とは違い、先進した欧州との貿易を積極的に行っていて、それは外国人まで家臣にしているほど。
このように、家康は秀吉や信長とは違って焦らず、我慢強く、無謀なところがほとんどない立派な武将です。

ゲスト15さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ