みんなのランキング

歴史上の人物人気ランキング!最も愛される歴史上の人物は?

豊臣秀吉徳川家康織田信長坂本龍馬源義経

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数85
投票参加者数896
投票数4,038

みんなの投票で「歴史上の人物人気ランキング」を決定します!教科書に載ったり、伝記やドラマ・映画の題材にされたりと、現代においてもなじみ深い偉人や歴史上の人物。高いカリスマ性をもつ戦国武将や軍人、人類の進歩に貢献した発明家や研究者、人々の心を動かす作品を生み出した芸術家や文学者など、さまざまな人物が歴史上に名を残しています。「偉大な発見をして尊敬されているから」や「強くてかっこいいから」など理由は何でもOK!あなたが好きな歴史上の有名人・著名人を教えてください!

最終更新日: 2021/09/27

このランキングの投票ルール

このランキングでは、歴史上の人物が投票可能です。武将や政治家、研究者や芸術家など分野は問いません。また、歴史には解明されていないことが多いため、実在が疑われている人物にも投票OK!あなたが好きな日本や海外の偉人や歴史上の人物に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1織田信長

織田信長

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日〈1534年6月23日〉 - 天正10年6月2日〈1582年6月21日〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名、天下人。

もっと見る

\ ログインしていなくても採点できます /

採点・コメントする

改革者

織田信長に関してはやはりリーダーシップと責任感というのが伝わってきます。凄まじいカリスマ性というのを感じるしタイムスリップして見れるならば1番、見てみたいのが織田信長です。オーラを感じるだろうなと推測しています。

凄い人

知らない人はいないほどの歴史上の超有名人です、信長の数々の戦や武勇伝は教科書でも習うほどです。
圧倒的な強さと賢さがとても大好きです、もし本能寺の変で暗殺されなかったら今の日本はどんな風になっているのだろうととてもワクワクします。

約100年に渡る戦国時代を終結させた偉大な存在です

色々な小説やドラマ、漫画などでもおなじみのとても有名な戦国武将で、この存在なくして日本の戦国時代に終わりはなかったとも言われているほど卓越した頭脳をもち、武芸にも優れていたと思っています。日本から戦をなくし、平和な世の中を作るといった志を誰よりも強くもっていたものの、その天下統一の前に謀反に遭い、その志を遂げることはできませんでしたが、その結末も含めて日本の歴史上に名を刻む存在になったと考えることができそうです。

コメントをもっと読む

2徳川家康

徳川家康

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川 家康)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・戦国大名・天下人。安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開府し征夷大将軍となる。三英傑のひとり。

もっと見る

大河ドラマを見て彼の凄さを知りました。

NHKの大河ドラマ葵徳川三代というドラマを見て徳川家康の凄さを知りました。織田信長、豊臣秀吉に仕えてようやく自分の天下を取った徳川家康。それまで耐えに耐えた人生が天下を取る事で報われた事になります。もちろん自分が耐えただけではなく妻や息子も犠牲になりました。大河ドラマを見て初めて歴史小説も読みました。徳川家康のお陰で他の武将にも興味を持つようになりました。歴史について興味を持つようになったのは徳川家康のお陰なので私の一番好きな歴史上の人物は徳川家康です。

江戸時代の大将軍

徳川家康と言ったら江戸時代の象徴でもあり正に天下人としても有名で、とにかく素晴らしい人物だと思います。江戸時代の初代将軍として多くの歴史や伝説を作り上げ、現代でも多くの人から愛されている様は本当に圧巻です。

天下人

江戸時代の天下人といえば、徳川家康❗️とわかりやすい名前と、賢い頭で、いいなと思いました。

なーなさん

8位に評価

コメントをもっと読む

偉大すぎる存在です。

常識にとらわれない生き様というのがスゴいなと坂本龍馬には感じています。あれだけたくさんの坂本龍馬のドラマというのが放送されている点というのを考えても偉大さというのが伝わってきます。格好良すぎる存在です。

ドラマ

彼もカリスマ性がありますし、名前もとてもカッコ良くて好きです。また、福山雅治さんが坂本龍馬を演じられたドラマの龍馬伝のイメージがとても強いですし、ドラマを観ていたら尚更好きになりました。優しく信念のある生き方も好きです。

歴史上の人物で1番好き

龍馬伝で目頭が熱くなるシーンが沢山あった。
船中八策や大政奉還のシーンは鳥肌が立った。

人の死を嫌い血が流れることを嫌い
明るくユーモアがあり人情深く人から愛された人。

船中八策により身分差別の無い皆が幸せに暮らせる世の中の基盤を作った人だと思う。

Kさん

1位に評価

コメントをもっと読む

4豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

もっと見る

百姓から天下を取ったのは凄すぎる

豊臣秀吉の生まれは貧しく、何ら背景のない状態でした。よくこんな何も持たざる所から天下を獲れたものだと感心します。主君の織田信長も凄かったですけど、こちらは元々大名。素寒貧だった秀吉とは苦労の度合いが違います。本当に凄い人ですし、尊敬しています。

一般人から天下人になった武将

木下藤吉郎と言う名前で暮らしている頃から、頭の中は天下統一を夢見ていたのでは無いかと思わせるほど、素晴らしい出世を果たした人で尊敬もします。ただの一般人である秀吉がのちに武将としてこれほどまでに活躍をし歴史に名を刻むとは誰が想像したでしょうか。

天下統一したから

さん

1位に評価

5源義経

源義経

源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将。鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝は異母兄。仮名は九郎、実名は義經(義経)である。

もっと見る

かっこいい伝説のような逸話

小さい頃から本などで読んでいてすごいなと思ってました。弁慶との出合い、ひよどり越え、屋島、檀ノ浦の戦いから頼朝に終われる最後まで映画のようなストーリーにのめり込みました。

支え合い

兄の源頼朝と壇ノ浦の戦いで活躍したりと、天才の源頼朝 圧倒的に強い源義経、そんな良い兄弟、あまりいませんよ^_^

なーなさん

2位に評価

6伊達政宗

伊達政宗

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名で、伊達氏の第17代当主。近世大名としては仙台藩の初代藩主である。幼名梵天丸。没後は法名から貞山公と尊称された。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世「独眼竜」の異名がある。

もっと見る

強さ

右目を失明して眼帯を付けている姿がとにかくカッコいいですし、独眼竜とも呼ばれた伊達政宗はイメージとしてはとても強いイメージがありました。また、伊達政宗は漫画やアニメなどでもすごくカッコ良く描かれているので、良いイメージがあります。

否定しているわけでわありませんがバツイチさん違います。

伊達政宗は、9歳で右目をえぐりだされました。
 病んだ右目を気にしていた政宗は、9歳のとき、家臣の片倉小十郎に命じて、自分の目を小刀でくりぬかせた。これがきっかけで、政宗の性格は明るく積極的になり、「独眼竜(ひとつの目の竜)」とよばれるようになった。
政宗と小十郎は、一生、深く信頼しあった。

SNOOPYさん

1位に評価

東北地方の誇りです!

伊達政宗は、私のふるさと東北地方の誇りです!

百瀬 崇裕さん

2位に評価

果てしない功績

やはり天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずというのが印象に残っています。人間は平等だということを語っているのが尊敬に値します。人間的にも出来た人だったんだなというイメージがあり高く評価しています。

どうして一万円札に乗っているのか

福沢さんはどうして一万円札に乗っているのかが不思議に思いました。
でも私は、福沢さんを何となく尊敬をしています。
なぜ乗ったのか分かる人は教えて下さい。

みかさん

1位に評価

覚えてないけど

福沢諭吉さんって、多分一万円札に載ってる人ですよね!載れるということは、それだけ有名とういことじゃないでしょうか。

なーなさん

6位に評価

8アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン](独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。 特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績で知られる。 それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」とも評される。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。

もっと見る

お気に入り

アルベルト・アインシュタインは、わたしが1番尊敬している人物です。彼が考えた相対性理論はとても難しくて理解するのにとても時間がかかりましたが、内容が分かったときに彼の偉大さを痛感しました。とても素晴らしいのでぜひ読んでもらいたいです。

9明智光秀

明智光秀

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、本能寺の変を起こして主君を自害させた。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れる。一説では、落ちていく途中、小栗栖(現・京都府京都市伏見区小栗栖)において落ち武者狩りで殺害されたとも、致命傷を受けて自害したともされる。

もっと見る

麒麟効果

大河ドラマ「麒麟が行く」の主人公が明智光秀でした。
ずっとみている間に愛着がわいてすきになりました。大きな土地をおさめる大名にまでなったのに、織田信長と折り合いが悪くなったためにひどい仕打ちを受けて、反旗を翻し織田信長を撃ちましたが、豊臣秀吉にすぐに撃たれてしまいました。
麒麟では反旗を翻すまでの心のやりとりを細かく描かれており、そこが面白かったです。明智光秀の考えが正当化されて描かれていたので、すごく気の毒になりました。

個人的に嫌い

個人的にやだ

ダニエル・ナンシーさん

2位に評価

10マーティン・ルーサー・キング・Jr.

マーティン・ルーサー・キング・Jr.

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(英語: Martin Luther King, Jr.、1929年1月15日 - 1968年4月4日)は、アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。キング牧師(キングぼくし)の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。 「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。1964年のノーベル平和賞受賞者。本人死後、2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。

もっと見る

計り知れない功績を残したからです。

人種差別に対して取り組みリスクを背負って生きる捨て身の生き様というのは尊敬以外ありません。素晴らしい存在です。

レオ

レオさん

1位に評価

わたしには夢がある。

世界を変えた一人。見習いたいものです。

rekisidaisukiさん

1位に評価

11真田幸村(真田信繁)

真田幸村(真田信繁)

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。真田昌幸の次男。通称は左衛門佐で、輩行名は源二郎(源次郎)。真田 幸村(さなだ ゆきむら)の名で広く知られている。 豊臣方の武将として大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されるなどした。後世、そこから軍記物、講談、草双紙(絵本)などが創作され、さらに明治-大正期に立川文庫の講談文庫本が幅広く読まれると、真田十勇士を従えて宿敵である家康に果敢に挑む英雄的武将というイメージで、庶民にも広く知られる存在となった。

もっと見る

家康に対抗できた

天下人:家康に対抗できる人はなかなかいません。

rekisidaisukiさん

1位に評価

最強

家康を二度も自害覚悟させる、凄い人

ddさん

1位に評価

12豊臣秀長

豊臣秀長

豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。

もっと見る

名参謀

豊臣秀吉のナンバー2。秀吉の不得手な面を補い秀吉を補佐する名参謀。徳川家康、伊達政宗ら秀吉を支える有力大名が外様が多く秀吉と外様大名との調整役でもありました。秀長は若くして亡くなりましたが、秀長が長く生きていたら秀吉の朝鮮出兵にも戒める事が出来たと思います。豊臣政権も変わっていたと思います。秀吉政権のナンバー2の名参謀です。歴史時代劇の表にあまり出てこないのが残念です。

溢れ出る忠誠心

織田信長への忠誠心の強さに胸打たれます。気配りができるだけでなく、頭の回転が速いところも彼が愛される理由の一つです。

この人なしでは今の医学はどうなっていたのか!?

江戸時代後期に、ターヘル・アナトミアを日本語に翻訳し解体新書を世に広めたパイオニアである玄白。彼の努力なしでは日本における医学の目覚ましい発展はなかったでしょう!生家が私の自宅の近くにあるのも個人的に親近感がわきます。

15曹操

曹操

曹 操(そう そう、拼音:Cáo Cāo、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、後漢末期の武将・政治家。詩人・兵法家としても業績を残した。字は孟徳(もうとく)、幼名は阿瞞、また吉利。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の出身。 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、諡号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。 羅貫中の小説『三国志演義』では敵役・悪役として設定される。

もっと見る

ラスボス感が凄い

曹操は三国志に登場する人で、三国志は蜀の劉備を主人公しているものが大半です。だからか劉備と対立している曹操は敵役になるわけですけど、その能力が高すぎてラスボス感がハンパないですね。宦官の曹騰の孫なので、裕福な家庭で育ちはしました。しかし他の群雄と比べると見劣りするのは間違いありません。それでも中原の覇者となったのは流石ですね。戦に敗れても、そこから学び取って次に活かしました。また兵法だけでなく政治や詩にも明るく、マルチタレントな人だな~と感心します。

16芥川龍之介

関連するランキング

羅生門(小説)

芥川龍之介おすすめ作品

あなたがおすすめしたい芥川龍之介の作品を教えて下さい!

ミステリー

芥川龍之介が自殺で生涯の幕を閉じたことは有名ですが、その原因に関してはいまだに謎に包まれたままです。「芥川賞」の存在などから芥川龍之介は日本屈指の文豪として知られていますが、芥川龍之介本人についてはあまり知られていません。知られていないというよりも、謎に満ちた人物であり、生涯全体を通して不明な点が多い人物です。本人についての情報は謎に満ちつつも文学作品は数多く残っていることから、後世の人々にとって人生全体を使って大きなミステリーを残した彼の生き様がとても好きです。

ky

kyさん

1位に評価

17諸葛亮孔明

諸葛亮孔明

諸葛 亮(しょかつ りょう、拼音: Zhūgě Liàng ジューガー リァン、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師。字は孔明(こうめい)。 司隷校尉諸葛豊の子孫。泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。伏龍、臥龍とも呼ばれる。今も成都や南陽には諸葛亮を祀る武侯祠があり、多くの観光客が訪れている。 妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹で戦死した諸葛瞻。孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。親族として叔父の豫章太守諸葛玄、同母兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、同母弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。

もっと見る

高潔な人柄

三国志に登場する諸葛孔明が1番好きです。諸葛孔明の卓越した才能、政治力と先を見通す戦略が好きです。そのうえ、当時、甚大な力のあった曹操や孫権に仕えずに民のことを第一に考えて行動する弱い劉備を支えて理想を追求する姿に感銘を受けました。また、権力を持つ身でありながらも権力に固執せずに自らが富めることも望なかったのも魅力です。夜空の様子を見て、天文を読むことで戦争の吉凶から自分の寿命まで、ありありとわかってしまうのも驚くべき能力です。

なかなかいない

頭がいいから。

rekisidaisukiさん

1位に評価

歩きで日本を測量したなんて考えれません。

日本地図を徒歩で測量、完成させた忠敬。毎日40km歩いていたとか。現代では考えられないほど過酷な工程を経て完成させた地図は驚くほどに精巧だというので尊敬せざるをえません。55歳から測量を始めたというのも驚きです。

フランスの文化・芸術の礎となった女性

ブルジョアとはいえ、一般庶民の出自で初めて公妾となった、とても才能あふれる女性です。
その才気煥発さは、残されている彼女の肖像画からも、にじみ出ており、数多の高貴な婦人のなかでも傑出した神々しいばかりの美しさがあります。
現在でも十分通用する美貌でもありましょう。
また、ポンパドゥール夫人は、数多くの芸術や文化へのパトロンでもあり、今のフランスの世界のなかでの立ち位置を築いた重要な人物でもあります。
趣味の良さやセンスは、非常に学ぶべきところが多いです。

美人で賢い寵妃

ルイ15世の寵妃で、政治にまで口を出したとして知られていますが、なかなかの美人で色々調べると本当にルイ15世を愛していて一緒にいたいがために勉強して政治の場にいたらしいです。
浪費ばっかりしたみたいに言われるけど、豪華な館や城を建てて、その時代を代表する絵画などを飾ったことで美術や陶芸などのパトロンとして発展に貢献したとか、実に興味深いんですよね。

恵那

恵那さん

4位に評価

20黒田官兵衛(黒田孝高)

黒田官兵衛(黒田孝高)

黒田 孝高(くろだ よしたか、旧字体:黑田 孝高)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。キリシタン大名でもあった。 諱(実名)は初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは剃髪後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。軍事的才能に優れ、豊臣秀吉の側近として仕えて調略や他大名との交渉など、幅広い活躍をする。竹中重治(半兵衛)とともに秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。

もっと見る

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

世界の偉人ランキングはこちら!

世界の偉人ランキング

戦国武将好きはチェック!

戦国武将・大名ランキング

戦国武将最強ランキング

軍師ランキング

歴史がテーマの作品も必見!

歴史漫画ランキング

歴史アニメランキング

歴史映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ