みんなのランキング

伊達政宗に関するランキングとコメント・口コミ

伊達政宗

最高評価

76.9

(1,087人の評価)

戦国武将・大名ランキング」で最も高い評価を得ています。

伊達政宗の詳細情報

生没年1567年〜1636年

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名で、伊達氏の第17代当主。近世大名としては仙台藩の初代藩主である。幼名梵天丸。没後は法名から貞山公と尊称された。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世「独眼竜」の異名がある。 (引用元: Wikipedia)

全 148 件中 1 〜 20 件を表示

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

否定しているわけでわありませんがバツイチさん違います。

伊達政宗は、9歳で右目をえぐりだされました。
 病んだ右目を気にしていた政宗は、9歳のとき、家臣の片倉小十郎に命じて、自分の目を小刀でくりぬかせた。これがきっかけで、政宗の性格は明るく積極的になり、「独眼竜(ひとつの目の竜)」とよばれるようになった。
政宗と小十郎は、一生、深く信頼しあった。

SNOOPYさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州の未来を変えた大英雄

周辺の反対する大名とは堂々と戦って勢力を広げたが、天下まであと一歩の秀吉には降伏し、伊達家の未来を守った。
政宗は仙台藩を発展させ、豊かにさせ、それが今も続いている。
運によって失敗するも、スペインと同盟を組むという偉大な挑戦は政宗だからこそ目指せた。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

伊達家の未来を守った英雄

伊達政宗は片目の視力を失っているが、裏切った家臣やそれに味方した奥州の大名たちに堂々と戦いに挑んで大勝利した。このことから奥州の英雄と言える。
天下統一が目前に迫っているという秀吉には従った。このことから、伊達家の未来を守れる大名だということがいえ、大名の当主としてふさしいと思う。

ゲストさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

片目を無くすも必死に生きた

伊達政宗は片目を失っても相馬氏や佐竹氏と戦い武功をあげてるのが凄いと思いました。師匠の虎哉宗乙から独眼竜の異名を持たされ虎哉宗乙も凄いと思いました。そして料理が上手く発酵系の食べ物ばかり作ってたと言う説もありました。政宗の最後は片方の方に目を入れてもらい両目が開眼したと言われました。

伊達信者さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州の未来を変えた大英雄

周りの戦国大名とは堂々と戦い、勢力を大幅に増やすが、秀吉には降伏し、政宗は自分の未来を守れる武将だということがわかる。
さらに仙台藩の発展に力を尽くした。
しかも、秀吉に罪を疑われたときに、白装束を着たり黄金の十字の柱を掲げたりして与えられる罰を少なくしたということもあり、政宗は天才です。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州の未来を変えた大英雄

仙台藩を発展させ、スペインとの軍事同盟など難しいことを狙って本格的に動き出した時も運の悪さによって失敗したが、政宗だからこそ目指せた。
政宗は頭が良く、秀吉に罪を疑われたときには秀吉の派手好き性格を利用して罰をほぼ最小限にとどめた天才でもある。
覇気もあり、伊達家も守った英雄でもある。

ゲスト1さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州最強の独眼竜

政宗は絶対強い。
理由1 秀吉に罪を疑われた時に秀吉の性格を利用して罰を最小限にとどめられたこと。
理由2 戦で負けても諦めずに奥州1の大名へと成長したこと。
理由3 周囲から恐れられて連合軍の敵と戦ったほど勇敢だったこと。
理由4 スペインとの軍事同盟などと偉大な発想をして家康・秀忠がいなかったら実現できたということ。

ゲストさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

大往生の天下の副将軍

三英傑の時代は、その年齢がデメリットだったか、最終的には家光の時代まで生き延びその名を後世まで残した。様々な困難も持ち前の発想力でやり凌ぐしたたかさはまさにヘソ曲がりの極意!
発想の奇抜さが目立つが領内の治世は誠実で領民にも慕われる。
部下は若い頃はキャリア組と同年代が互いに錬磨し、中盤は同世代の部下とまるでいたずらを画策するかの様な戦略思案は痛快。開幕後は上手に世代交代を進ませてお家存続を見事に成し遂げた。

自燈明・法燈明さんの評価

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

独眼竜の紳士

彼は幼少期天然痘にかかる。当時は現在のような高度な医療はなく
ひたすら神頼みであった。奇跡的に一命を取り留めるものの片目を失う。
家督を継いでからすぐに悲劇は起きる。
父が倒した畠山義継(二本松義継)に父の輝宗が拉致され、輝宗は「撃て」
と叫んだ。政宗は迷ったものの畠山と自分の父を撃った。
片倉小十郎(片倉景綱)を家臣に秀吉や家康を度々裏切るもその度に死装束
(切腹などの時に着るもの)をきたり重い十字架を背負い謝罪。
(この件に関しては父が殺されたトラウマの可能性がある)
その後は乱戦の覇者である家康に息子に政治を教えてやれと言われ、
なんと徳川家光の代まで政治に関わる。長寿でもあり素晴らしい人物。

戦国時代は俺のソウルさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州の未来を変えた独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱いわけではないことを示せた武将です。
周囲の大名にはどうどうと戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸と武力も申し分ありません。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあります。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。

ゲスト7さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

さすが独眼竜・伊達政宗

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱いわけではないことを示せた武将です。
周囲の大名にはどうどうと戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸と武力も申し分ありません。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあります。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。

ゲスト9さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

天才で勇敢な独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱いわけではないことを示せた武将です。
周囲の大名にはどうどうと戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸と武力も申し分ありません。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあります。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。

ゲスト9さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

奥州の覇者、独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱く、あまり頼りにならないのではないことを示せた武将です。
周囲の大名には堂々と戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸は満点で、武勇も真田十勇士のいる真田信繁と渡り合えたほど。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあることがいえます。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。

ゲスト家康さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

流石、独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱いわけではないことを示せた武将です。
周囲の大名にはどうどうと戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸と武力も申し分ありません。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあります。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。

NO.10さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

政治上手

政宗は、18で家督を継いで、自分よりも格上の佐竹に対しても優勢に戦を進め、人取橋の戦いでも5倍近くある相手軍に対して引けを取らなかった。また対佐竹、上杉の為に北条とも同盟を結び、24歳で120万石まで勢力を広げた。頭も冴えており、政治も上手かったため農民にも慕われていた。

ミナペンさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

信玄を2位にすべき

伊達政宗は、影響力や「独眼竜」などというもので有名になっただけであり、実際はあまり強くなかったのではと考えています。何故なら、有力大名と戦ったのではなく、そこまで強い大名としか戦ってないからです。なにより、上杉謙信と川中島など戦で互角に戦ってきた武田信玄を2位にする
のがいいかなと考えました。

戦国最強さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

勇敢さと発想力や人望に富んだ独眼竜

運河などを作り仙台を発展させ、人々に熱い信頼を得たことはすごいと思った。
そして、片目がなくてもたった8年で奥州の覇者となったことと、秀吉に罪を疑われたときは派手に対応することで許してもらうようにするという素晴らしい技を持っていたことで強いと思いました。
さらに、スペインとの軍事同盟を計画したことはすごい発想だと思いました。

ゲストMさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

流石、独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱く、あまり頼りにならないのではないことを示せた武将です。
周囲の大名には堂々と戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸は満点で、武勇も真田十勇士のいる真田信繁と渡り合えたほど。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあることがいえます。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。
東国の中では、政宗は北条氏康に次いで強くて天才だと思う。

ゲスト15さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

勇敢で天才な独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱く、あまり頼りにならないのではないことを示せた武将です。
周囲の大名には堂々と戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸は満点で、武勇も真田十勇士のいる真田信繁と渡り合えたほど。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあることがいえます。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。
東国の中では、政宗は北条氏康に次いで強くて天才だと思う。

ゲスト15さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

勇敢で天才な独眼竜

仙台藩を発展させ、強力な藩にしたり、片目が見えないからといって弱く、あまり頼りにならないのではないことを示せた武将です。
周囲の大名には堂々と戦を仕掛け、勝ち戦を続けて勢力を広げ、度胸は満点で、武勇も真田十勇士のいる真田信繁と渡り合えたほど。しかし関白秀吉には従い、関ヶ原の戦いの時は家康についたので伊達家の未来を守れる武将でもあることがいえます。
また、罪を疑われたときに相手の趣味(性格)に合わせたことをして罰を最小限にとどめた天才でもある。
東国の中では、政宗は北条氏康に次いで強くて天才だと思う。

ゲスト12さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ