みんなのランキング

三国志の武将強さランキング!三国志(演義)で最強の登場人物は?

張飛関羽呂布趙雲諸葛亮孔明

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数35
投票参加者数699
投票数4,079

中国の三国時代を描いた『三国志』。ストーリー性の高さから漫画やゲームの題材にされることもあり、多くの親しまれています。今回は「三国志の武将最強ランキング」をみんなの投票で決定します!「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と謳われた武将「呂布」をはじめ、高い知名度を誇る蜀の軍師「諸葛亮(孔明)」、曹操の配下として魏の勝利に大きく貢献した「張遼」や曹操の従弟で隻眼で有名な「夏侯惇」など、三国時代に活躍したすべての武将から投票できます。あなたが最強だと思う武将を教えてください!

最終更新日: 2021/12/01

ランキングの前に

1分でわかる「三国志」

中国三国時代の歴史書『三国志』と小説『三国志演技』

『三国志』は、後漢〜西普にかけての中国の三国時代について書かれた歴史書です。唐・宋・元の時代に説話としてまとめられたものが元となり、明の時代に羅貫中によって『三国志演義』として小説化。一般的に世間から認知されている『三国志』は、この『三国志演義』です。本来の歴史書を基にしながら、作者による独自の設定が盛り込まれ、よりエンターテイメントチックな作品となりました。圧倒的な武力を持つ強い武将や、知略を駆使する軍師など、魅力的な人物が多数登場するのも『三国志』の大きな魅力です。

三国志に登場する武将たち

あらゆる能力を駆使して活躍する武将たちが三国志にはたくさん登場します。『三国志演義』の中盤から終盤の主人公的な存在の蜀の軍師「諸葛亮(孔明)」、劉備の義弟の一人であり、5つの関所を突破した「関羽」、目的のためには手段を選ばないことで知られる「呂布」など、武力・知性ともに優れた武将たちはまだまだたくさん存在します。

関連するおすすめのランキング

三国志の登場人物が決定!

三国志登場人物ランキング

三国志漫画ランキングはこちら!

三国志漫画ランキング

日本の戦国武将・大名に関するこちらも必見!

戦国武将・大名ランキング

戦国武将最強ランキング

軍師ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、歴史書『三国志』や小説『三国志演義』の登場人物が投票対象です。あなたが強いと思う、三国志の武将に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1呂布

呂布

呂 布(りょ ふ、? - 建安3年12月24日癸酉〔199年2月7日〕)は、中国後漢末期の武将・群雄。字は奉先。并州五原郡九原県(現在の内モンゴル自治区包頭市)の人。『三国志』巻七 呂布伝、『後漢書』列伝六十五 呂布伝などに記録がある。 丁原・董卓に仕え、抜群の軍事力を誇った。董卓との亀裂から彼を殺した後天下を失い、放浪するも最期は曹操との戦いに敗れ、殺された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

腕力だけなら最強

単純な腕力だけなら、もちろん呂布奉先が最強だと思います。性格的な問題と知性がないので、もろさがあると思います。それでも、大抵の武将は戦闘を避けること間違いないと思います。呂布の凄いところは、剣術や槍術だけでなく、弓術・馬術にも長けているところです。とても器用なことがわかります。

報告

人類最強の存在

人としての最強の武の保有者は間違いなく呂布だと思います。ただし、人中の呂布という言葉には「人の限界」という意味も込められてるものと感じてもいます。
呂布はあれほどの強さだったにも関わらず、神になれておらず、なんでもありの神話のフィールドには到達できませんでした。
あったとしても、非常にマイナーで人としての武が浮き彫りになってかき消えてしまうほどなので、呂布はやはり人のままなのです。

人としては関羽、張飛を超えるほどの武を誇っていますが、彼らには神としての世界と今があります。故に呂布は人間最強として3位に置きました。

緑偃

緑偃さん

3位に評価

報告

野心の塊

自分を重用していた丁原を殺害したり、一時は親子の契りを結ぶなどとても結びつきが強かった董卓を暗殺するなど、自らの野心のためであればどんなことでもするという点が選んだポイントです。大きな軍を率いていたわけでもないのに、戦乱の世で名を馳せた圧倒的武力も持っており、最強に相応しい人物だと思います。

報告
コメントをもっと読む

2関羽

関羽

関 羽(かん う、拼音: Guān Yǔ グァン ユー、? - 建安24年12月(220年1月))は、中国後漢末期の将軍。字は雲長(うんちょう)。元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の人。子は関平・関興。孫は関統・関彝。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

神格化の対象

数々の戦いで活躍した武芸ももちろんですが、後世で神格化された人物である点が選んだポイントです。曹操や劉備など神格化された三国志の武将は他にもいますが、国をまとめる地位を持っていなかったにも関わらず神格化の対象となっているというのは、それだけ人々からの支持が強いことを表しています。ただ力が強いというだけでなく、このカリスマ性こそ最強といっていい要素です。

報告

呂布に唯一対抗できる武

圧倒的な武力を持って三国志にその名を轟かせる呂布に唯一なんとか対抗できるのはやはり関羽だと思います。関羽の魅力は武力だけでなく義侠心です。一度は曹操の軍門に下りながら、劉備の所在がわかると礼を尽くして曹操の元を去る義の心は魅力的です。

報告

義と勇 これが関羽の強さ

腕力、武力という点では呂布、張飛、典韋、許褚の方が上だと私は思っています。しかし、関羽には自分以上の武を持つ呂布にも臆さずに挑みかかる勇、弱者救済のために自分の武量を終生、弱小勢力の劉備に捧げる覚悟を持っていた義を持ち合わせています。
義勇を併せ持つ姿が関羽の武の圧倒的スケールを生み、最強であると感じるのです。
関羽は神になってからも、その義勇で人々を救い、篤い信仰を受けて、現在では物凄い神様になってますからね。最強の「武」では成せない力を持っていると思います。

緑偃

緑偃さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3趙雲

趙雲

趙 雲(ちょう うん、拼音: Zhào Yún、? - 229年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢にかけての将軍。字は子龍(しりゅう)。冀州常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)の人。封号は永昌亭侯。諡は順平侯。子は趙統・趙広。父と兄の名は不詳。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

単騎突入

趙雲も、三国志のゲームでは、必ず強い設定になっていますし、やはり、長坂の曹操の軍を単騎で子どもを抱えながら掻い潜ったというのは、強いと共に勇気がある証拠だと思います。また、槍の名手としても知られているのはそれだけ強かったのでは?と思いました

報告

弱点のない武将です。

鍛え抜かれた武力を持っているのにもかかわらず知力も相当あり全てを兼ね備えた武将だと思います。知力に関してはあの諸葛亮孔明にも劣らないとされているくらいで相当恐れられていたと思います。弱点がないので最強だと思います。

報告

三国志のキャラクターの中で一番好きです。

何度も読み返している三国志ですが、一番好きなキャラクターが趙雲です。ゲーム等でも必ず使います。趙雲は槍の名手として英才教育を受けた人物で、最後まで劉備を主として蜀の為に尽力した男気が男を惚れさせる要素いっぱいです。

報告
コメントをもっと読む

4張飛

張飛

張 飛(ちょう ひ、拼音: Zhāng Fēi ヂャン フェイ、生年不詳 - 章武元年(221年)6月)は、中国後漢末期から三国時代の蜀の将軍、政治家。字は益徳。幽州涿郡(現在の河北省涿州市)の人。『三国志』蜀志に伝がある。封号は新亭侯、のち西郷侯。諡は桓侯。子は張苞・張紹・敬哀皇后張氏・張皇后。孫は張遵。 後漢末の群雄の1人である劉備の挙兵に当初から付き従った人物で、その人並み外れた勇猛さは下述の通り中原に轟いた。その武勇は後世にも称えられ、小説『三国志演義』を始めとした創作作品でも多くの脚色を加えて取り上げられており、現在でも中国や日本を中心にその人柄を大いに親しまれている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

最強呂布とまともに戦えた武将

三国志最強武将は呂布・そしてその呂布相手にまともに戦えた武将のは、張飛ぐらいというのが二位の理由です。関羽も何合か打ち合いましたが、それは張飛vs呂布の横やりという形でしたし、まともに呂布のプレッシャーを受け止めらたこと、三国志最強の一角である関羽が自分より強いと評価したことのもその理由です。

報告

多方面から評された武力

自国の劉備からはもちろん、他国の人物からも「1人で1万の兵に匹敵する」といわれるような武力を持っていた人物です。それだけの評価をうけるような人物であれば、最強に相応しいと思います。後世でも民衆から親しみをもたれた豪快さ、無骨さも魅力です。

報告

神になっても武は関羽以上でした。

生前に関羽が張飛の武は自分以上と言っている場面があるので、その言葉通りなら、張飛は関羽以上の武を誇っているのでしょう。
清代の文言小説集「子不語」の中にも、神になった関羽と古代の邪神である蚩尤が争い討ち取る話がありますが、そこでは蚩尤の妻が彼以上に奸悪甚だしく張飛でないと退治できない、と関羽が張飛の武勇に頼り、同じく神になった張飛に助力を頼み、颯爽と顕れた張飛が見事に蚩尤の妻を討ち取る話が出てきます。
張飛は神になっても関羽以上の武を誇っていました。

1位でない理由は、神になった関羽は義よって人を助け、その信仰を無限大に吸収して進化[続きを読む]

緑偃

緑偃さん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

5諸葛亮孔明

諸葛亮孔明

諸葛 亮(しょかつ りょう、拼音: Zhūgě Liàng ジューガー リァン、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師。字は孔明(こうめい)。 司隷校尉諸葛豊の子孫。泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。伏龍、臥龍とも呼ばれる。今も成都や南陽には諸葛亮を祀る武侯祠があり、多くの観光客が訪れている。 妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹で戦死した諸葛瞻。孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。親族として叔父の豫章太守諸葛玄、同母兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、同母弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

知と剛の文武両道

数々の撤退戦で軍師自らが殿を勤める胆力は流石の一言です。引き分けでしたが、馬超や姜維との一騎打ちは圧巻の一言でした。
当然広く知れ渡っている通り、知力も並大抵のものではありません。最強武将のランキングでは呂布、関羽、張飛などには敵いませんが、間違いなく文武両道の筆頭といえるでしょう。

てふさん

4位に評価

報告

6張遼

張遼

張 遼(ちょう りょう、165年/169年 - 222年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。字は文遠(ぶんえん)。并州雁門郡馬邑県(現在の山西省朔州市朔城区)の出身。前漢の聶壱(じょういつ)の子孫に当たるという。兄は張汎。子は張虎。孫は張統。『三国志』魏志「張楽于張徐伝」に伝がある。 後漢末の動乱期に丁原・董卓・呂布に仕えた後、曹操の配下となり軍指揮官として活躍した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

勇敢で戦闘力を持ち合わせた武将です。

張遼は合肥の戦いが有名な武将です。呉の大群およそ十万の敵に、張遼はたった800人前後で戦ったという記載があり、一度は兵が少なくなり劣勢になりますが最後には呉の敵を引き下げることに成功したとされています。これは相当な武力と勇気がないと不可能だと思います。

報告

7馬超

馬超

馬 超(ば ちょう、拼音: Mǎ Chāo マ チャオ、熹平5年(176年) - 章武2年(222年))は、中国後漢末期から三国時代にかけての蜀漢の将軍。字は孟起(もうき)。諡は威侯。司隷扶風郡茂陵県の人。『三国志』蜀志に伝がある。 後漢の名将馬援の子孫の出身。祖父は馬平(子碩)。父は馬騰。弟は馬休・馬鉄。従弟は馬岱。妻は楊氏・董氏(側室)。子は馬秋・馬承。娘は劉理の妻。 父が羌族との混血であったため(『典略』)、この血を引いている馬超も漢王朝の支配を受けない民族からの信望が厚かった。関中の独立軍閥の長の座を父から引き継ぎ、曹操に服属していたが、後に韓遂と共に曹操に反乱を起こして敗れた。一族も勢力も失い流浪した末、益州の劉備の下に身を寄せ、厚遇を受けた。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

張飛相手と互角

張飛相手に一騎打ちをし、長時間戦って決着つかずという互角の戦いを演じた馬超が3位です。なら張飛や張飛と互角の戦いを演じた呂布との優劣はどうつける?とも感じたのですが、これは年齢差を考慮しました。馬超と戦った時の張飛はかなりの年齢で戦闘力は下降気味だったと思います。対して呂布は張飛の若い頃、即ち全盛期だったわけなので馬超は少し劣っていたかもしれません。

報告

8夏候惇

夏候惇

夏侯 惇(かこう とん、? - 延康元年4月25日(220年6月13日))は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。字は元譲(げんじょう、拼音: Yuánràng)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の人。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」に伝がある。吉川英治の三国志や横山光輝の三国志などの作品では「かこうじゅん」と江戸時代の慣例に従った読みになっている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

曹操の陣から

劉備の陣だけではなく、孫権や曹操の陣からと考えたときに、曹操の陣から選びました。曹操を支えて、魏の礎を作った一人であることは間違いないと思います。
武力的にも張飛や関羽とも張り合っていたので強い。

報告

9孫策

孫策

孫 策(そん さく、175年 – 200年5月5日)は、中国後漢末期の武将。字は伯符(はくふ)。揚州呉郡富春県の人。 若くして父の孫堅を亡くし、19歳のとき、袁術の将軍となった。袁術軍に組み込まれていた孫堅の兵1000人余りをまとめて軍を編成し、劉繇を倒して勢力を拡大。その後、袁術の元から独立し大きく躍進するが、建安5年(200年)に刺客に襲撃された際に負った傷が原因で26歳で死亡。後継を孫権に定めた。後に孫権によって長沙桓王と諡された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

10曹操

曹操

曹 操(そう そう、拼音:Cáo Cāo、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、後漢末期の武将・政治家。詩人・兵法家としても業績を残した。字は孟徳(もうとく)、幼名は阿瞞、また吉利。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の出身。 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、諡号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。 羅貫中の小説『三国志演義』では敵役・悪役として設定される。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

11姜維

姜維

姜 維(きょう い、建安7年(202年) - 景元5年1月18日(264年3月3日))は、中国三国時代の人物。魏・蜀漢に仕えた。字は伯約。涼州天水郡冀県の出身。父は姜冏。妻は柳氏。子孫に唐の姜恪がいる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

12許褚

許褚

許 褚(きょ ちょ、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の武将。『三国志』魏志「二李臧文呂許典二龐閻伝」に伝がある。字は仲康。兄は許定。子は許儀。孫は許綜。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

13劉備

劉備

劉 備(りゅう び、延熹4年(161年) - 章武3年4月24日(223年6月10日))は、後漢末期から三国時代の武将、蜀漢の初代皇帝。字は玄徳。 黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。 明代の小説『三国志演義』では中心人物として登場する。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

14孫堅

孫堅

孫 堅(そん けん、拼音: Sūn Jiān スン ジアン、永寿元年(155年)または同2年(156年) - 初平2年(191年)または同3年(192年))は、中国後漢末期の武将。字は文台。揚州呉郡富春県の人物。三国時代の呉を建国した孫権の父。廟号は始祖、諡は武烈皇帝。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

15司馬懿

司馬懿

司馬 懿(しば い、拼音:Sī-mǎ Yì 、179年 - 251年9月7日)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将・政治家。魏において功績を立て続けて大権を握り、西晋の礎を築いた人物。字は仲達(ちゅうたつ)。西晋が建てられると、廟号を高祖、諡号を宣帝と追号された。『三国志』では司馬宣王と表記されている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

16周瑜

周瑜

周 瑜(しゅう ゆ、拼音: Zhōu Yú チョウ ユ、175年 - 210年)は、中国後漢末期の武将。字は公瑾(こうきん)。渾名は周郎。揚州廬江郡舒県(現在の安徽省六安市舒城県)の人。高祖父は周栄。従祖父は周景。従父は周忠。父は周異。子は周循・周胤・周妃。妻は小喬。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

17甘寧

甘寧

甘 寧(かん ねい、生年不詳 - 215年?)は、中国後漢末期の武将。孫権に仕えた。字は興覇(こうは)。益州巴郡臨江県(現在の重慶市忠県)の出身。子は甘瓌・甘述(『晋書』「甘卓伝」)。孫は甘昌(『晋書「甘卓伝」』)。曾孫は甘卓(『晋書』「甘卓伝」)。『三国志』呉志に伝がある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

18曹仁

曹仁

曹 仁(そう じん、建寧元年(168年) - 黄初4年3月19日(223年5月6日))は、中国後漢末期から三国時代の武将。字は子孝(しこう)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の人。祖父は曹褒、父は曹熾(字は元盛、侍中・長水校尉)。 従兄は曹操。弟は曹純。子は曹泰・曹楷・曹範ら。孫は曹初(曹泰の子)。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」に伝がある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

19呂蒙

呂蒙

呂 蒙(りょ もう、178年 - 219年)は、中国後漢末期の武将。孫策・孫権に仕えた。字は子明(しめい)。豫州汝南郡富陂県(現在の安徽省阜陽市阜南県)の人。『三国志』呉志に伝がある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

20馬岱

馬岱

馬 岱(ば たい、生没年不詳)は、中国三国時代の蜀漢に仕えた武将。字は不明。従兄は馬超。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~35位を見る

運営からひとこと

三国志に登場する強い人物が大集結した「三国志の武将最強ランキング」はいかがでしたか?ほかにも中国や歴史に関連したランキングを公開中。三国志や歴史が好きな人はぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

各種時代劇ランキングも必見!

時代劇俳優ランキング

時代劇映画ランキング

歴代大河ドラマランキング

歴史・戦国漫画ランキングはこちら!

歴史漫画ランキング

戦国漫画ランキング

このランキングに関連しているタグ

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ